武道館は土足禁止のため、上履き、靴袋などお持ち下されば幸ひです。裸足も可。
https://www.facebook.com/events/1957209404608538/

惠隆之介


奧武山惠隆之介講座案内


小講座ご案内 入場無料  定員先着七十名

誇り高き沖繩の歴史  ――そして尖閣大航海時代

危機に瀕する日本、日本の沖繩。北朝鮮危機が急展開を見せる中、諸國に立ち向かふ力は最終的に精神に在り。精神の源泉は歴史と文化に在り。沖繩と尖閣の誇りを語る。

 

日時:平成30331() 午後2時~4

場所:那覇 奧武山公園 武道館 研修室

(モノレール奧武山公園徒歩5分・壺川徒歩3分)

 

講師:惠隆之介・いしゐのぞむ

 

惠隆之介 

昭和29年(1954年)、沖縄コザ市生まれ。昭和53年(1978年)、防衛大学校卒業。海上自衛隊幹部候補生学校を経て世界一周遠洋航海、その後艦隊勤務。昭和57年(1982年)退官。琉球銀行勤務。平成9年(1997年)米国国務省プログラムにてワシントン、ニューヨーク等で国際金融、軍事戦略等を研修。平成11年琉銀退職。沖縄国際大学講師、拓殖大学客員教授を経て現在シンクタンク「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表。

主な著述 『昭和天皇の艦長 沖縄出身提督漢那憲和の生涯』産経新聞出版。昭和天皇天覧(「文芸春秋」平成19年10月号にて、「昭和天皇最晩年のご愛読書」と報道)。

『海の武士道DVDBook』育鵬社。山形県教育委員会中学道徳教材に指定。

『海の武士道』産経新聞出版。海自、幹部教育用図書に指定。 

「中国が狙う宮古・下地島空港」(Will20181月号)   その他著述多数。

惠隆之介


いしゐのぞむ 

昭和41年(1966年)、東京生まれ。長崎純心大學准教授。擔任講義漢文學等。

兼任:笹川平和財團島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。

主な著述:『尖閣反駁マニュアル百題』(集廣舍)。史料監修『眞實の尖閣史』(石平著、扶桑社)。「ヨーロッパに流布した幕府の琉球領有宣言」(『島嶼研究ジャーナル』7-1)。 「尖閣海域史辨妄」(長崎純心大學院『人間文化研究』15)。 「大印度小チャイナ説」(霞山會『中國研究論叢』11)  その他著述多數   

 Ishiwi_Nozomu

主催者聯絡先: 09050847291 ishiwin-junshin.ac.jp (いしゐのぞむ)



リンク1  
http://www.ryunosuke-megumi.jp/
惠隆之介


リンク2
https://researchmap.jp/read0193046/