尖閣航路の最古の記録は嘉靖十三年(西暦千五百三十四年)、琉球國から派遣された公務員が
明國使節船中で水先案内をつとめ、尖閣海域を案内した。
https://www.youtube.com/watch?v=a-wNsD_F2Iw
琉球國から派遣された公務員は「三十六姓」と呼ばれ、その祖先は福建人であった。
傳説上、明國初期に琉球國に入籍したとされてをり、後の嘉靖二十六年(西暦千五百四十七年)
には早くから琉球に入籍してゐた記録も有る。
https://www.youtube.com/watch?v=VKoJnhNWOyQ
しかし勘違ひしないで欲しいことは、福建人は元々チャイナ人ではない。
それは漢字音分布(方言)から分かる。 七大方言圖
七大方言
七大方言のうち六大までがチャイナ東南部に偏在してゐる。
これは東南部がチャイナに征服され、日本語・越南語・朝鮮語などと同じやうに
それぞれの民族語で漢字を讀んでゐるからだ。
西南部の四川が北方方言であるわけは、近世清國初期の大虐殺「湖廣填四川」
の時に住民が入れ替はったためと考へられる。
雲南省は近代まで漢字文化圏ではなかったため、近代北方語に制壓された。
この七大方言圖は漢字音學の最も基本とされるもので、學校の教科書にまで載ってゐる。
要するに福建人は元々チャイナ人ではなく、チャイナに征服された人々だ。
福建には近年まで漢字を使はぬ「蜑民」(たんみん)と呼ばれる先住民が留存してゐた。
蜑民と福建人との違ひは、漢字を使ふか使はないかである。どちらも元は先住民であることに變はりない。

さて、本題の稻について述べよう。
近年の報道で、樣々な文化の起源がチャイナだといふ説が流布してゐる。
http://www.afpbb.com/articles/-/2906768?pid=9657341
このリンクのやうに稻作はチャイナ起源だといふのもその一つ。
しかし珠江流域(廣東)起源はチャイナ起源ではない。
古代の廣東はチャイナ統治下ではないし、現在の廣東語も、民族語で漢字を讀んでゐるだけだ。
この種の報道もチャイナの宣傳であり、アメリカ人も日本人もまんまと乘せられてゐる。以下、稻の報道の原文。
-----------------------
すべての栽培米、起源は中国・珠江  英誌ネイチャー
2012年10月13日 10:50 発信地:パリ/フランス
【10月13日 AFP】栽培されているコメ全種類のDNA分析を行った結果、すべて中国南部・珠江(Pearl River)流域を起源としていることがわかった。3日の英科学誌ネイチャー(Nature)で発表された研究論文で明らかになった。
 小麦、トウモロコシと並ぶ三大穀物として世界中で食されているコメ。数百に及ぶ種類があり、その起源については長年論争の的となっており、なかには栽培化は世界各地で同時に始まった、2種類の系統が並行して登場した、などの説もある。
 しかし今回発表された論文によると、世界で初めて栽培されたコメはジャポニカ米で、数千年前に珠江の中流域に自生していた野生のイネから育てられたとされる。栽培米の品種は、大きく分けてジャポニカ米とインディカ米の2系統に分けられる。前者が短く弾力性があり、後者は細長く粘り気が少ない。
 中国科学院(Chinese Academy of Sciences)、上海生命科学研究院(Shanghai Institute for Biological Sciences)の韓斌(Bin Han)氏率いる研究チームは、コメのDNAの塩基配列を構成するわずかな文字列の違いについても比較するため、商業的に栽培されているコメの祖先にあたる野生のイネの地域別446品種と、ジャポニカ米、インディカ米合わせて計1083品種の膨大なデータベースをまとめた。
 それらのイネの系統をたどっていった結果、インディカ米はジャポニカ米とは別に野生種から栽培されるようになったという説を反証できるとチームは述べる。それどころか最初のインディカ米は、ジャポニカ米と野生米を交配させ生まれたとし、またこの交配種が東南アジア、南アジアへ広がり、各地でその地域の条件に合うように改良品種が栽培されていった結果、ジャポニカ米とは別のインディカ米という亜種の系統が確立したとした。
 このゲノムの比較は植物育種家にとって重要な情報であり、改良の際に加わった55種類の遺伝子特性を突き止めることができたという。
 今回の論文では栽培が始まった具体的な時期について触れていないが、昨年米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)で発表された研究によると、コメの栽培は約8200年前に始まったとされており、これは中国・揚子江渓谷(Yangtze Valley)で発見された考古学的な資料と一致するという。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/2906768?pid=9657341