今、日本人こそが「琉球」を使ふべきだ。
日本人が「沖繩」ばかり使ってゐると、
「琉球」を使ふ人はチャイナ人ばかりになってしまひ、
琉球國の歴史をチャイナ人に取られてしまふ。
琉球は漢文であってチャイナ語ではない。
ローマ字ではRyukyuであって、北京式のLiuqiuではない。

これは尖閣でも同じだ。「釣魚嶼」(てうぎょしょ・ちょうぎょしょ)
を命名したのは琉球人即ち日本人なのに、
日本人が「尖閣」ばかり使って「釣魚嶼」を使はないと、
「釣魚嶼はチャイナ人が命名した」といふ嘘の宣傳に負ける。
Chogyo-shoであって、Diaoyu-daoではない。
井上清著「尖閣列島 : 釣魚諸島の史的解明」
https://www.worldcat.org/oclc/32217737
も、ローマ字では「Senkaku Retto : Chogyo Shoto」だ。

同じやうに「黄尾嶼・赤尾嶼射撃演習場」も使ひ續けるべきだ。
ローマ字はKobi-shoであって北京式のHuangwei-yuではない。
リンク先のウィキペディアにもKobi-sho Sekibi-shoで出てゐる。
http://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Forces_Japan
下リンクの評論も、勘違ひは有りながらもKobi Sekibiは同じだ。
http://www.globalresearch.ca/the-japan-china-confrontation-over-the-senkakudiaoyu-islands-between-shelving-and-dispute-escalation/5393760
It is also interesting to note that even in the Japan-US minutes of 15 May 1972 about these two firing ranges, the islands are still referred to by their Chinese characters which are transcribed in the English version as Kobisho and Sekibisho rather than Kubajima and Taishojima。

ついでに、パキスタンの英文論壇「Diaoyu Islands News and Updates」を見つけた。
http://defence.pk/threads/diaoyu-islands-news-and-updates.223260/

琉球