<サンゴ密漁>漁船、週内に撤退か 中国政府が帰港指示
毎日新聞 11月14日(金)7時10分配信
http://mainichi.jp/select/news/m20141114k0000m040169000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20141114k0000m040169000c.html

サンゴ密漁船、中国浙江省が呼び戻し始める
読売新聞 11月13日(木)7時32分配信
http://www.yomiuri.co.jp/world/20141112-OYT1T50160.html


今囘の漁船がチャイナ政府の黙認による可能性は高いものの、
證據までは無い。
しかし傳統的なチャイナ政府の着想と同じであることは確かだ。
危機に於ける政治鬪爭の手段として民衆煽動を好む。

これまでの例として、最高權力者が敗北の危機に際して、
劣勢挽回に民衆暴動を利用したのは、
1、義和團(西太后が西洋列強に勝てずに義和拳を煽動。)
2、文革(毛澤東が劉少奇に勝てずに紅衞兵を煽動。)
3、尖閣反日暴動(胡錦濤政權が日本に勝てずに反日暴動を黙認。)
以上三つを思ひつく。それより以前では思ひつかない
特徴は、
甲、權力者側が暗に煽動する。乙、權力者側が劣勢の危機。丙、民衆の暴力。
の三條件であると私は考へる。
チャイナ共産黨は元々民衆煽動の遺傳子を持ってゐるので、
丙の民衆の暴力だけなら他にも多々有るが、
最高權力者が逆に煽動側となったのは上記三つだけと考へられる。
これについての評論は以下の通り。

2012年(平成24年) 9月17日 NYタイムズの引用する李偉東(Li Weidong)氏の私信。
http://www.nytimes.com/2012/09/17/world/asia/anti-japanese-protests-over-disputed-islands-continue-in-china.html
http://kitanotabibito.blog.ocn.ne.jp/kinyuu/2012/09/post_b5b3.html
http://cn.nytimes.com/china/20120917/c17protests/zh-hant/
http://localizednews.blogspot.jp/2012/09/blog-post_18.html
The political analyst Li Weidong said the official tolerance fit a
longstanding pattern of behavior in which the Chinese government uses
mass protests to further its foreign policy goals. In a text message
sent to friends and associates, Mr. Li compared the current protesters
to the Boxers, a quasi-religious group that was used by the Qing dynasty
to oppose foreign incursions in the late 19th and early 20th centuries.
“Beijing dares not to fight, but it’s unable to talk it over either,”
Mr. Li wrote. “So it has to employ Boxers, using product boycott to press Japan.”


2012年9月19日 福島香織
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20120917/236894/?P=3
今回の大衆の反日暴動デモを利用したのは誰なのか。黒幕は存在するのか。
それは誰がこの一連の反日デモで得をするのか、ということになる。
 たとえば次期国家主席の座が約束されている習近平か?……
私がとある中国筋から耳打ちされたのは、胡錦濤黒幕説である。


2012年9月19日 大紀元
http://www.epochtimes.com/b5/12/9/19/n3686075.htm
《華爾街日報》中文網主編袁莉認為,這哪裏是反日,分明是左派反撲嘛。
廣西的媒體人李冠才也表示「感覺像回到文革時候了」。


2012年11月5日 梶谷懷
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20121101/238871/?P=2
梶谷:それもありますが、もうひとつ、反日デモのような「民衆の暴力」が発生すると、必ず共産党の指導部の中で、暴力を肯定する言説が出てくるからです。
 「暴力的な状況が起こることをきっかけに、自分の都合のいいように政局を持っていこう」と考える人たちが間違いなく出てくるんです。文革期に毛沢東自身が、民衆の暴力を利用して、劉少奇から政治的実権を一気に奪還した、という事実を思い起こす必要があります。
Y:そういう問題は、日本の政治にはありませんね。デモにしても静かに国会を取り囲んで、静かに解散していく。
梶谷:これは中国の政治の特徴だと思います。それは認識しておく必要があるのではないかな。こと指導層については、暴動をある程度にせよ見逃しているのは、単に「日本が嫌い」とか、ガス抜きだとか、そういう単純な捉え方をするべきではないでしょうね。

------------------
以上のうち、大紀元・福島女史・梶谷氏は
「暴動をチャイナ國内の權力鬪爭に利用した」、
NYタイムズは「義和團暴動を對外關係に利用した」との見方をしてゐる。
私の見方は、義和團・文革・反日デモのいづれも、
「權力者が相手に勝てない時、苦し紛れの方法だ」といふものだ。
今囘のAPECでは、チャイナとしてはどうしても安倍首相と會談したいが、
安倍首相側が要求をなかなか呑まないので、
漁船を繰り出して脅迫した、その結果日本政府は折れた、そのやうに見える。
胡錦濤の時の反尖閣暴動で味を占めて、
この手は日本に對して効き目ありと思ったのだらう。
小笠原の漁船ならば、胡錦濤の時のやうに
反政府暴動に轉じる可能性は無い。うまい方法を考へついたものである。

今度の尖閣合意を支持する人々は、主權も領土問題も
言及してゐないから日本の勝ちだと言ふが、
主權を保有したまま對話してメカニズムを決めるとは、
まさしく領土に於ける治外法權ではないか。
平成の不平等條約が11月7日に發効してしまったのだ。
主權を保持してゐるから大丈夫だと安心してゐる場合ではない。

小笠原珊瑚チャイナ漁網