首相官邸及び外務省等に以下の意見を送りました。
-------------------------------
産經新聞「中国、首脳会談に2条件 提示受け福田氏が返書」
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/141013/plt14101308000003-n1.html
と有りますが、
安倍首相はチャイナに讓歩するならば靖國で讓歩して下さい。
靖國はまた次の首相が參拜すれば良いです。
尖閣讓歩は不可です。
なぜなら尖閣は言葉の上だけでも讓ったら戻りません。
尖閣が紛爭地だと認めたら、
憲法で「國際紛爭を解決する手段としては」武力を行使できません。
内閣自身が憲法をそのうやうに解釋しなくても、
左翼がそのやうに騷ぎます。内閣はその束縛を受けます。
そして永遠に尖閣を防衞できなくなります。
尖閣が日本に屬する根據については、拙著
『尖閣反駁マニュアル百題』
http://www.amazon.co.jp/dp/4916110986
をご覽下さい。   いしゐのぞむ
------------------------------------------
以上です。

首相官邸