「釣魚島が中国に属する証拠」261年前の古地図を展示=マカオ
XINHUA.JP 9月20日(金)10時10分配信
最も古い航海図は1752年のもの。261年前に釣魚島が中国の領土の一部であったことを示すものだという。羊城晩報が19日伝えた。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/360053/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130920-00000012-xinhua-cn

只今ヤフーの主畫面に掲載されてます。

羊城晩報の元の記事は下のリンクです。

(チャイナのネットはウイルスが多いのでご注意。)

http://www.ycwb.com/ePaper/ycwb/html/2013-09/19/content_256459.htm

下のリンクはもう少し詳しいです。(ウイルスご注意。)

http://zhan.renren.com/tag?value=%E8%B0%AD%E5%85%86%E7%92%8B%E6%95%99%E6%8E%88

 

この報道の西暦1752年「Hao yu su」は、既知の圖であり、

新發見ではありません。Haoyusuも福建語ではありません。

例へば下のリンク 

http://blog.sina.com.cn/s/blog_6593f6530101bgt9.html

のブログなどにも前から出てをります。尖閣部分はチャイナ領土ではありません。この關聯については近いうちに私からも報道に出します。

 

この程度の無意味な史料は、いつもチャイナの報道では出てゐるものです。單に報道で勢ひを釀し出し、論爭が成立してゐるかに見せるだけのものです。そんなものをヤフーの主畫面に置いてしまふヤフー社の姿勢こそ問題です。ヤフーの皆さんのコメントに、「1752年基準で領土を決めるな」といふ聲が多いですが、そもそもチャイナの出すどの史料も誤りなので、1752年でもチャイナ領土外です。そこを日本國民が認識しないと輿論戰で負けます。

 1752圖