日本戰略研究フォーラム季報、第五十六號、平成二十五年四月、

「チャイナの尖閣主張、繰り返す類型あり」 (一) いしゐのぞむ

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

 

 『産經新聞』の報道  
 尖閣危機うちつづく昨年(平成24年)7月17日、『産經新聞』第1面に尖閣列島の漢文史料の報道が出た。題して曰く「『明代から領土』中国の主張崩壊、明、上奏文、『尖閣は琉球』」と。記事中の新しい内容は二つ。第一に明から琉球に派遣された使節郭汝霖の『石泉山房文集』所載の上奏文に、
   琉球境に渉る、界地は赤嶼と名づけらる。
〔琉球の領域に這入った。分界地は赤嶼(大正島)と呼ばれる〕
と述べること。福州から那覇への航路上の記録である。明治以前の史料としては初めて尖閣列島東端の赤嶼が無主地でなく琉球の領土だったと解し得る。
 第二に清の使節汪楫が自作漢詩集で尖閣航路の旅を記録して、
   
東沙山を過ぐれば閩山の盡くる處なり。
〔東沙山を過ぎれば福建の陸地が終る〕
と述べること。東沙山は今の馬祖列島中の一島で、タイワン島の西北側に在る。閩とは福建である。福建から那覇への尖閣航路上に清(福建)の東限が存在したことが分かる。自作漢詩集の書目は『觀海集』である。
 二史料のうち汪楫の福建東限こそ重要性が高いのだが、記事の標題とならなかったのは何故か。それは本稿後半に述べよう。
漁船群
想像と異なる反響  
 この報道で事前に私は史料の額面通りの反響しか想像しなかったのだが、チャイナ側大手紙誌に次々に出た反駁は、懸命に史料の解法を歪曲するものだった。各標題は以下の通り。
○廉徳瑰「日學者豈可如此治學」(日本の研究者、誤った研究態度)、中共上海市委員會『解放日報』7月19日。
○劉江永「釣魚島、主權歸屬的歴史法理依據」、新華社『瞭望新聞週刊』2012年30期、7月23日。
○廉徳瑰「囘避史料談先占法理、日學者無法自圓其説」(史料を避けて先占の法理を語る、日本の研究に矛盾)、『解放日報』7月27日。
○高洪「日本所謂新史料恰恰證明釣魚島屬於中國」(日本の所謂新史料は逆に釣魚島がチャイナ領土だと示してゐる)、新華社『瞭望新聞週刊』2012年31期、7月30日。
○蔣立峰「釣魚島問題與中日關係」、社會科學院日本研究所『日本學刊』2012年5期(9月)。
 劉・高の二氏は研究者ながら政治的に活動する人物で、日本の『朝日新聞』にまで時々談話が載る。四人もつづいて反駁したのは違例であり、報道に慌てたやうにも見えるが、本心は絶好機と捉へたのだと私は見てゐる。四氏反駁の要旨は以下甲乙丙丁にまとめられる。
[甲]、石井は他の史料を知らない、もしくは無視してゐる。
[乙]、「琉球境に渉る」とは琉球境に向かって進むことを指し、琉球境に至ったわけではない。もしくは、至っただけで這入ってゐない。
[丙]、使節の郭汝霖は、航路に於いて福建側の東限に言及しないので、福建から赤嶼までは全てチャイナ領土だ。
[丁]、日本側は古文書を法的に無効としながら古文書を報道するのは矛盾だ。
 以上のうち[甲]に言ふ他の諸史料は多々有るが、日本の大手紙上の短い紙幅で引用できる筈もなく、言ひ掛かりに過ぎない。私が他の史料と併せ論じた解説文は、8月3日から7日まで『八重山日報』に「尖閣前史、無主地の一角に領有史料」と題して連載したので、ご興味有ればご確認頂きたい(インターネット版あり)。
[乙]の漢文解法については、チャイナ側の初歩的な誤りである。琉球境に渉りながら至らない筈が無いではないか。常識で分かることである。そして「入る」でも「至る」でも大差ないことは後述しよう。
 問題は[丙]のチャイナ東限及び[丁]の古文書の有効性だらう。これはこの時の反駁のみならず、40年前からの尖閣の議論に於ける彼らの歪曲論法の基本的類型なのである。如何なる類型か、それだけ分かればチャイナの主張は全て攻めずして破れるので、今から解説しよう。
(つづく)

-----------------------------

インターネットの文字檢索で索着できるやう、上の文章を電子文字で轉載しました。但し最終校正で微細な異同があるかも知れないので、リンク先を正版として下さい。

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm