報道を見て、下の意見を首相官邸及び内閣官房・外務省等のネット意見頁から送りました。

何としても動きを阻止せねばなりません。歴史上、初の危機です。

 谷内正太郎

--------------------------------

谷内樣:尖閣の歴史研究結果チャイナ側はゼロなので讓歩を取り消して下さい

報道によれば、谷内氏が尖閣で讓歩してしまったさうです。
しかし尖閣の歴史480年間で、チャイナは完全にゼロなので、
「主張を認める」だけでも駄目です。歴史に大きな傷を殘します。
480年といふ長い歴史を考へて、讓歩を取り消して下さい。急いで下さい。
歴史については下ブログの諸リンクから研究成果をご覽下さい。
http://ishiwi.iza.ne.jp/blog/

以下は共同通信の報道です。

http://www.47news.jp/47topics/e/243277.php

http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070801002069.html

日本「外交問題」として対処 尖閣、中国の領有権主張妨げず

沖縄県・尖閣諸島の領有権をめぐり日中が対立している問題で、日本政府が先月、中国政府に「領土問題の存在は認めないが、外交問題として扱い、中国が領有権を主張することは妨げない」との打開案を提示していたことが8日、分かった。複数の日中関係筋が明らかにした。
昨年9月の尖閣国有化後、「日本が領土問題の存在を認める」ことを首脳会談の条件としてきた中国側に対する「回答」の形だが、“満額”ではないため、受け入れられるかどうかは未知数だ。
打開案は先月訪中した谷内正太郎内閣官房参与が示した。日中関係の障害となっている「外交問題」として扱い、事態の沈静化を図るのが狙い。