NHKスペシャル「中國文明の謎」平成24年10月放送預定。

http://www.nhk.or.jp/special/china-civilization/about/index.html

番組概要に、チャイナ文明だけは斷絶せず、他文明は滅亡した
とありますが、これは近年のチャイナの宣傳そのままです。
問題が三つあります。
第一に、メソポタミア文明はバビロニア・アッシリア・ペルシア・イスラムへと繋がり斷絶してゐません。

インダス文明は黄河文明の殷より前に斷絶し、

その後の印度文明はチャイナ文明と同じ長さで續いてます。
印度の方が短いやうな印象づけは不公正です。

第二に四大文明とは嘘で、ギリシアを含む五大文明です。
ギリシア文明もローマから西歐へと繋がり斷絶してゐません。
第三にチャイナ文明は斷絶してゐます。
各朝代の斷絶はもちろんのこと、大きな文明史としても
後漢で黄河文明は斷絶し、インド文明圏の一部分になります。
そして唐末でインド文明時代も斷絶し、宋からの中華思想時代
となります。中華思想時代は朱子學に代表されるやうに
斷絶した古代儒教文明の復興運動に過ぎません。
以上は斷絶の定義次第ですが、チャイナだけ不斷絶で他文明は斷絶とするのは不公正です。

他文明を斷絶でなく變化發展と呼び、チャイナを繼續でなく停滯と呼ぶのが公正でせう。

詳細は拙著「大印度小チャイナ」(霞山會「中國研究論叢」11)をご覽下さい。
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA12099678

 

追記。

http://www.nhk.or.jp/special/china-civilization/schedule/01.html

夏朝に相當する時代の文化が實在したのはほぼ間違ひありませんが、
それを「夏」と呼んでゐた證據はゼロです。「夏」とは後世の呼び名です。夏の時代にまだ漢字は存在しません。
夏と殷との關係は、インダス文明と後の印度文明との關係と同じく斷絶してゐます。夏と殷とは別の民族である可能性が高いです。