- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

senkaku480 石井望。長崎純心大學准教授。笹川平和財團海洋政策研究所島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。 御聯絡は長崎純心大學(FAX 095-849-1894) もしくはJ-globalの上部の「この研究者にコンタクトする」  http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901032759673007 からお願ひします。 

テレビ朝日
テレビ朝日の報道。講演會でチャイナの研究員が尖閣を棚上げせよと言ったと。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000007322.html

http://www.youtube.com/watch?v=YMPKTCkDJMY

實際は講演會でなく、記者向けの官製座談會。

http://news.xinhuanet.com/zgjx/2013-06/18/c_132464686_2.htm

發言した張蘊嶺といふ研究員はあまり大物ではない。

http://renwu.hexun.com.tw/figure_2460.shtml

出席したのはチャイナ國内及びチャイナの國外宣傳媒體、

及びアメリカ、イギリス、日本(朝日讀賣)、フィンランド、マレーシアの記者。

海外で報じたのはマレーシアのbernamaといふ社と日本だけ。

内容の報じ方に違ひがある。

チャイナ官製媒體は釣魚島に言及せず。通例の發言だから取り上げるまでもなかったのだらう。

http://news.xinhuanet.com/zgjx/2013-06/18/c_132464686.htm

http://tv.people.com.cn/n/2013/0618/c39805-21876148.html

http://v.ifeng.com/news/world/201306/f0674c45-cfde-4bf0-86af-8487ac789f74.shtml

http://www.chinadaily.com.cn/china/2013-05/30/content_16548208.htm

マレーシアも釣魚島を取り上げず。

http://www.bernama.com.my/bernama/v7/ge/newsgeneral.php?id=956693

臺海網といふ臺灣向けのチャイナ御用媒體は釣魚島を取り上げた。

http://www.taihainet.com/news/twnews/bilateral/2013-06-18/1086324.html

そして日本はテレビ朝日が釣魚島だけを取り上げた。

こんな小さなニュースをなぜわざわざ取り上げるのか。極めて疑問だ。

 

尖閣をまもる秘策あり(下) 日本でなく福建の領土問題を論じよう 

                いしゐのぞむ   
              (八重山日報、六月十八日第五面寄稿

 この六月三日の共同通信電によると、「中國國家圖書館」は「釣魚島文獻圖籍録」といふ史料集を編纂出版するさうである。この種の宣傳(せんでんせん)に 多くの日本國民は困惑してゐる。反駁すれば領土問題が存在することになるし、反駁しなければ言はれ放題となる。日本も對抗して四百八十年にわたる尖閣史料 集を出版すれば良いのだらうか、それとも無視すれば良いのだらうか。
實は、徹底的に反駁して且つ日本の領土問題にしない妙方がある。それは尖閣史料を論ぜず、福建の海防史料だけを論じることである。チャイナ領土を論じるのだから、日本の領土問題にならない。

以下はこのリンクの八重山日報ホームページ無料版をご覽下さい。

http://tinyurl.com/fukkenryodo (短縮アドレス)

 崇武古城
紙面全文はshimbun online (有料)の八重山日報をご覽下さい。

http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamanippo0130618.html

 。

 

 

 

八重山日報 六月十六日 第五面 寄稿。

「尖閣をまもる秘策あり(上)  四百八十周年が横取りされる」
--           いしゐのぞむ   
  尖閣は國際公法の上で疑ひなく日本のものだが、實際の防衞のためには世界の支持が必要である。チャイナ側は尖閣の歴史を前面に出してをり、そこに世界の同情も集まりつつある。既倒の狂瀾を返すために、日本は歴史でも完勝せねばならない。いま歴史を弘報するために二つの秘策を披露したい。一つは尖閣四百八十年史上最古の記念日、今一つは福建海防史料集の編纂である。

以下、八重山日報ホームページの原文リンクでご覽下さい。

http://tinyurl.com/480shunen (短縮アドレス)

金門千戸所
紙面全文はshimbun online(有料)でご覽下さい↓

http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamanippo0130616.html

 

こちらのブログに五月二十五日に投稿したのですが、

http://ameblo.jp/81420097/entry-11305328738.html

掲載して頂けなかったので、保存のため自分のブログに載せます。以下投稿の文。

---------------------------------------------------

今晩は。腹立たせて濟みません。
當該記事には新史料だとは書いてありませんし、

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/577043/

http://archive.is/Z8KE9

「四庫全書存目叢書」(莊嚴文化公司)と注記されてますので

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/577043/slideshow/492705/

http://archive.is/DOfKR

 新史料でなく新事實としての位置づけです。

「知ってゐても、尖閣問題とあへて結びつけなかっただけである」
とのことですから、誰も論じなかった新事實であることはお認めですね。
近代以前に領土領界が存在しなかったとのお説には何か學術的根據ありますか。
私の知る限り有りません。ついでに嚴崇は、嚴嵩ですね。
當方のブログをご笑覽下さい。
http://senkaku.blog.jp/archives/1453551.html

石泉山房文集についての見解は下のリンク
http://tinyurl.com/sekisen (短縮アドレス)
http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm
などをご覽下さい。

 産經240717九州切取

 http://archive.is/yOKF6

ウォールストリートジャーナルに載ったジェラルド・カーティス氏の論説に對して、當方の研究成果を發信しておきました。

http://realtime.wsj.com/japan/2013/06/12/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E5%B0%96%E9%96%A3%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%82%92%E3%80%8C%E6%A3%9A%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%80%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8C%E5%BE%97%E7%AD%96%E3%81%A0%E3%82%8D%E3%81%86/tab/comments/

英語版は無いやうですが、カーティス氏には日本語通じます。
        10:49 pm June 12, 2013
        いしゐのぞむ さん:    カー ティス氏は歴史をご理解でないやうだ。安倍政權は固執してゐるのでなく、歴史的に無主地から日本の領土になったもので、チャイナと無縁の地だ。

     西暦 1534年に琉球人が明國人を案内して尖閣航路を渡航したのが最古の記録だが、チャイナ側は黙殺してゐる。それ以前の15世紀の公式記録「大明一統志」 に、チャイナ領土は大陸海岸までと明記されてゐる。

     チャイナ側が1403年成立と言ふ「順風相送」は長崎のポルトガル人に言及してをり、明らかに1570 年成立であり、且つ琉球人特有の北寄り航路で尖閣を記録してゐる。

     1617年に明國高官は福建沿岸40km以外は公海だと、日本の使者に向かって明言し た。

     1683年に清國の使者汪楫は福建沿岸の馬祖列島までがチャイナ領土だと言ひ、その後で琉球領土附近で「中外の界」(琉球の内外の境目)を記録する。 馬祖列島と琉球の中外の界との中間は公海及び無主地だ。

     1871年の「重纂福建通志」で尖閣に言及した箇所には、清國の東北端は臺灣東北端の岬までだと明 記してあり、尖閣は國外情報部分に記載されてゐる。

     明國と清國が尖閣を記録したのは、白人がアメリカインディアンの文化を記録したのと同じであり、それを 以てチャイナが權益を主張するならば、琉球人に對する重大な差別だ。
 

ジェラルドカーティス


   八重山日報、六月五日及び六日第三面寄稿

「明は併合に公式に同意した」上下。 ¥100圓、購入お薦め。

http://bit.ly/111Ujif

文字テキスト版もあり。 

下 http://bit.ly/15CNGY2  (主要部分)

上 http://bit.ly/11qELsy

 

紹介記事は 

http://bit.ly/10NzsDS 

こちら6/4です。この件のビデオは 

http://www.youtube.com/watch?v=kGDaomDfJ9o

http://bit.ly/10Nzr2G

チャンネル櫻で。

大高美貴

尖閣史料集を出版へ 中国国家図書館 - MSN産経ニュース

 

チャイナの報道も。釣魚島文獻圖籍録。

http://news.ifeng.com/mainland/special/diaoyudaozhengduan/content-3/detail_2013_06/03/26034674_0.shtml

http://news.xinhuanet.com/mil/2013-06/03/c_124805325.htm

 

日本は福建臺灣海域史料集を編纂すべきです。

出版すれば必然的に尖閣の西側はるかな海域まででチャイナ領土・チャイナ兵力線が終ることが明らかになります。

 

 m_a3zbs91223367684520

西日本新聞2

福岡で尖閣講座やります。

■講義Ⅰ:明は「尖閣は琉球の領土」と認めていた!!
■講師:長崎純心大学 比較文化学科準教授 いしゐ のぞむ
■日時:6月8日(土)午後1時~3時
■講義趣旨:石井先生は、明代史料に明の領土は中国大陸に近い現在の台湾・馬祖島までとする記述、及び明代皇帝への上奏文に、尖閣諸島のうち大正島(赤嶼)が「琉球の境」と記された文書を発見されました。本講義では「尖閣諸島は明代から領土だった」とする中国の主張を、明代漢文史料を読み解いて明確に論破していただきます。
●受講料:2,000円
●会場:福岡市早良区西新6丁目 西南学院大学東キャンパス内
西南コミュニティーセンター
●お問合せ・お申込は 080-5602-1586 永嶋まで
事務局:〒819-0013 福岡市西区愛宕浜2丁目-1-11-307
事務局長(主宰者)永嶋直之

定員寡少のため事前申し込みが必要です。