- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

senkaku480 石井望。長崎純心大學准教授。笹川平和財團海洋政策研究所島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。 御聯絡は長崎純心大學(FAX 095-849-1894) もしくはJ-globalの上部の「この研究者にコンタクトする」  http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901032759673007 からお願ひします。 


清末林繩武(惺甫)著「海濱大事記」内「閩海倭氛後記」
http://lib.cysh.cy.edu.tw/taiwan/Content/content.asp?bookno=213&chptno=4

 倭之來中國也,始與閩浙沿海奸民為市,各巨姓出母錢以資惡少,而沒其利,陰為主持勾引,遂以成俗。然倭初惟劫以自資,既獲厚利,勢不自已,乃以數船之眾橫行各郡,佐以奸民及海上群盜,則非當時委靡之兵船水將及諸營佽飛所能敵矣。嘉靖丁未,詔用朱紈巡撫浙江,以絕禍本,因嚴海禁,重勾連主藏者之法。通倭奸豪以不利於己,蜚語中之。紈為言者所劾自殺,禁因日弛。於是徽人汪直、徐惟學、毛勳、李七、浙人徐海、陳東、葉明、閩人曾一本、許棟、廣人許恩之流,爭挾倭為難。自淮揚訖廣海萬餘里,無不被其殘殺,而閩禍始慘矣。向使能早嚴海禁,從朱紈徙薪之謀,則海濱蹂躪,何至若是烈哉?雖戚繼光從浙提兵轉戰,與俞大猷蒐山搗海,竭智窮力,拯閩人於水火血肉之中,蓋自嘉靖壬子迄丙寅,歷時已十有五年矣。自是海宇雖略見清寧,洎萬曆壬子,禁遂益弛,不五十年間,奸民復相率與倭互市,而海氛又作矣。


 先是,長崎倭酋等安與荷蘭人(時據雞籠)搆難,遣船尋其子秋安詰倭好亂者,遂煽傳倭使蔡欽所陳思蘭子督船三百艘來復仇,以考功郎董應舉曾疏請嚴禁通倭,而海道石某(字楚陽)置二人於法也。丙辰五月,有明石道友者艤船東湧(海島名)。謠訛既張,上下震駭,城門晝閉。巡撫黃承元(字玉田,按湧幢小品作與參)募人出探,無敢應者。最後以重犒得董伯起,至則登山,謹見二倭艖栖南風澳、布袋澳間,而潛伺其一於南礁。伯起被掩執,乃危辭以聳之。倭曰:『無他,欲借首軍報命免死耳』。首軍者,彼頭目之稱也。竟挾伯起去。是冬,黃公召寧海廢將沈有容為水標參將,建牙東岐(在閩縣合北里,即府志之翁崎)。有容治兵練械,振法周防,極見信任焉。明年四月,道友投誠,送伯起歸。未幾,倭渠桃煙門者,將二百餘倭,殺擄浙兵,突入閩疆,奪漁船,掠漁戶,而舟觸東沙(海礁也)碎焉。然猶登陸,乘間出肆害。黃公乃檄沈便宜行事,各寨遊俱聽節制。沈遣王居華言道友受撫狀,以動煙門。煙門欲得書為徵。已而果降,遂收桃等還報。是役始末計三年,不遺一簇而巨憝厥角,論者謂沈之功出於黃之善將將,亮哉。疏聞而黃卒於官,有容亦以謗毀日興,改任山東矣。
http://lib.cysh.cy.edu.tw/taiwan/Content/content.asp?bookno=213&chptno=4
http://lib.cysh.cy.edu.tw/taiwan/content/ImageView.asp?ImageName=../Database/Pictures/0213/21330007.gif
http://lib.cysh.cy.edu.tw/taiwan/content/ImageView.asp?ImageName=../Database/Pictures/0213/21330008.gif
http://lib.cysh.cy.edu.tw/taiwan/Content/content.asp?bookno=213&chptno=1


林繩武海濱大事記


.


「馬祖日報」電子報社論     2017-06-12
社論/歷史交會的一石、一書、一儒 萬曆45年馬祖那些事
 東莒大埔石刻400年慶祝活動日前熱鬧登場,除了有南台灣交響樂團、三信家商舞蹈班演出的「古蹟之夜」外,活動並邀請王花俤理事長解說大埔石刻的歷史緣由,現場並安排來賓共同書寫大埔石刻碑文,讓人感受到思古之悠。這場慶祝活動讓我們好奇,400年前的歷史大時代,馬祖發生了那些事呢?我們可以從一石「大埔石刻」、一書「東西洋考」、一儒「陳第」這3件事切入擷取馬祖歷史的片段。

 400年前的萬曆45年,大埔石刻記載沈有容不傷兵卒,生擒倭寇69人,一掃之前明朝料羅、大金之敗恥辱,此事件不僅是對倭作戰的亮點戰果,也讓馬祖產生許多東沙之島的歷史紀錄,豐富了馬祖歷史篇章。萬曆45年,這一年除了大埔石刻所記載之沈有容擒倭,馬祖也發生多起與倭寇海盜有關的事件,包括小埕水寨把總李應龍出海追賊,反被海盜所擄,後於竿塘山上被放生。東湧偵倭事件中被擄之董伯起,也是在萬曆45年由明石道友將其送回福建。在諸多文獻中可以發現,400年前的馬祖列島,在抗擊倭寇的作戰戰略中,扮演十分重要的角色。

 萬曆45年也發生一件影響馬祖的事,就是張燮所著之「東西洋考」在當年成書,「東西洋考」是明代對外關係以及亞洲諸國歷史地理的重要文獻。該書對於東引有多筆紀錄,如「至夏五月,有倭舟為風濤擊碎,流泊東湧」、「惟道友二船先到東湧,遇小漁船,挽代樵汲,並作眼目」、「迤南為台山、為礵山、為東湧、為烏丘、為彭湖、為彭山,皆我閩門庭之內,豈容汝涉一跡」等。

 近年南中國海爭端日益提高,「東西洋考」常被引用於南海南沙群島、西沙群島之論述,而在東海釣魚島之爭議,「東西洋考」同時也被雙方學者所據以論辯,令我們意外的是,其中有關「東湧」之記載曾被日本學者引用。部分日本學者認為在東湧偵倭事件中,明石道友在出航前已收到長崎官員「國王嚴禁,不許輙犯天朝一草一粒」之命令,登岸僅是進行淡水等補給,而「湘西紀行」乙書中更記載明石道友說,「我係長砂磯國王差往雞籠復仇耳,共船14隻,遇風飄散,獨我2船停泊東湧,候風順,眾船至,即共發,不入大明境界也」,倭寇認為停留東引,並非入大明境界,有日本學者認為當時日人的認知是東引非屬明朝。而在大明王朝方面,日本學者的觀點是明朝雖認為「東湧」是大明境界,但「東湧」6島形成福建海防線,不包括釣魚台。

 也就是說,部分日本學者根據「東西洋考」、「湘西紀行」、「明實錄」、「盟鷗堂集」等著作,認為當時東湧島可能為中日雙方主權範圍認知不一致的島嶼,而東引島以東之釣魚台則應為中日雙方都一致認同的不屬明朝之無主地,當代日本學者甚至以東引島為界,劃繪公海無主地海圖。400年前「東西洋考」等書有關東引島之記載,400年後讓東引成為國際爭議中出現的地理名詞,這也算是歷史偶然造成的另類提高馬祖國際知名度。

 另外,「東西洋考」也是目前提出媽祖生日日期最早的文獻,該書指出「妃生於宋元佑8年,一云太平興國4年,3月23日始生」,並記載「雍熙4年2月19日升化,一云景德3年10月初10日」,東西洋考成書400年後本縣大力推動「媽祖在馬祖」觀光,也與400年前之此書有所淵源。

 最後,明代著名之古音韻學家、旅行家、軍事家陳第,辭世於萬曆45年,陳第是我們福建省連江人同鄉,隨戚繼光、俞大猷等將領抗倭,曾任游擊將軍,鎮守古北口,陳第並著有「毛詩古音考」、「世善堂藏書目」、「五嶽遊草」等書,其中以收錄於「閩海贈言」之「東番記」乙文最為著名,是最早有關台灣原住民社會的第一手紀錄文獻。陳第之墓位於大陸連江縣浦口鎮官嶺村,大陸官方除了闢建陳第紀念公園,立有陳第石雕像,並在1991年,也就是陳第誕辰450週年時,邀集兩岸學者約150人召開陳第學術研討會。

 維基百科等資料指出陳第晚年隱居馬祖,有坊間導遊考試的參考書寫陳第是馬祖人,而淡江大學歷史系助理教授戴月芳博士之著作「明清時期荷蘭人在台」也說陳第是馬祖人。陳第是否真的居住過馬祖?還是錯誤的以訛傳訛?目前陳第與馬祖的關聯仍是個謎,馬祖尚未有發現有陳第的足跡,這個迷仍等待400年後的我們去解開。

 萬曆45年,發生大埔石刻留史、東西洋考成書、閩人陳第辭世等事件,這些事件在400年後留給馬祖許多驕傲、爭議、謎團,400年前的萬曆45年那些事,影響現在居住在馬祖的這些人,反過來看,我們也要留心警惕,我們當代馬祖這些人,也將會影響百年後的馬祖那些事。
http://www.matsu-news.gov.tw/news_info.php?UID=185158
.
東引島燈塔

「關鍵評論網」有一篇「釣魚島列嶼的名稱何以混亂不堪?」寫道:

「在英國船長Broughton書中的圖裡記錄了1707年一艘船「the Schooner」曾路過釣魚島,但未知具體事跡如何。見:A Voyage of Discovery to the North Pacific Ocean Performed in His Majesty's Sloop Providence and her tender, in the years 1795, 1796, 1797, 1798。」
https://www.thenewslens.com/article/79226

此年代之誤必須釐清,是1797年,不是1707年。不然,歷史要改寫了。broughton1797_Harvard尖閣
録自哈佛大學圖像庫。
https://iiif.lib.harvard.edu/manifests/view/drs:12329001$5i


http://pds.lib.harvard.edu/pds/view/12329001?printThumbnails=no&action=jp2zoomin&imagesize=2400&jp2x=0&jp2y=0&jp2Res=0.5&rotation=0&n=5&op=j&bbx1=0&bby1=0&bbx2=130&bby2=98&zoomin.x=12&zoomin.y=14

http://ids.lib.harvard.edu/ids/view/12329008?buttons=y



這位作者看了美國生物多元遺産庫(The Biodiversity Heritage Library)的模糊圖片,造成疏誤。

https://biodiversitylibrary.org/page/28590419

https://biodiversitylibrary.org/page/28590420




https://t.co/8z3pOxR4QH

2015年2月26日  八重山日報  
中国「釣魚島」特設サイトの虚構を暴く⑩ 

 チャイナ國家海洋局は平成二十六年末、インターネット尖閣新サイトを開設した。その史料ページの最上段に寫眞(しゃしん)入りで採用されたのが航路書『順風相送』である。今から六百年前の西暦1403年の成立書だとして、彼らの虚榮心の最大の據(よ)り所となってゐる。
 『順風相送』は卷首・卷上・卷下の三部分に分けられる。卷首は東南アジアから西方の航路だけを記載し、卷上はスマトラ以西のイスラム航海術で計測した緯度を記録するが、卷下はルソン島以東の航路だけであり、緯度計測の記録も無い。チャイナ航海術では緯度を計測できなかったのだ。要するに卷上まではイスラム文化の書であり、それと全く異なる文化の卷下を加へて合裝したに過ぎない。そして卷下に長崎開港(西暦1570年)やマニラ築城(西暦1573年)とともに釣魚嶼(今の尖閣)を記載する。西暦1403年とは縁もゆかりも無い。……
▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

https://www.yaeyama-nippo.com/2015/02/26/%E4%B8%AD%E5%9B%BD-%E9%87%A3%E9%AD%9A%E5%B3%B6-%E7%89%B9%E8%A8%AD%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%AE%E8%99%9A%E6%A7%8B%E3%82%92%E6%9A%B4%E3%81%8F%E2%91%A9-%E7%9F%B3%E4%BA%95-%E6%9C%9B/

yaeyama270226特設サイトの虚構10

關聯:
http://senkaku.blog.jp/archives/4895632.html
https://www.youtube.com/watch?v=9y7hKZJuYC8
http://senkaku.blog.jp/archives/1453548.html



291201仲間均散らし

尖閣海域の現状と歴史

 現場写真と貴重史料を豊富に映写。
 今そこに迫る危機。五百年の平和。
 最先端の二人が熱く語り合う講演会

講師  (講話順)
石井 望   長崎純心大学准教授  
仲間 均   石垣市議・副議長  

場所 石垣市登野城二-七十                     
   大濱信泉記念館 研修室(入場自由)
日時 平成29年12月1日(金)午後6時半~8時半            
主催 八重山日報社 www.yaeyama-nippo.com            
後援 集広舍 www.shukousha.com                 
連絡先 090-5084-7291(石井) 


https://www.japantimes.co.jp/news/2017/05/15/national/history/government-says-document-indicates-earliest-landing-senkaku-islands-ryukyu-royalty-1819/

National / History
Government says document points to earliest Senkaku landing by Ryukyu royalty in 1819

JIJI    May 15, 2017

The government has announced the discovery of a document indicating that royal family members of the Ryukyu Kingdom, which ruled an area in modern-day southwestern Japan, landed on the Senkaku Islands in 1819, the oldest recorded visit to the Japanese-administered islands.

The documented visit precedes that of a Briton in 1845, previously considered the first person to set foot on the Senkakus.

The discovery serves as a counterargument to China’s claim that Japan was not linked to the Senkaku Islands, according to an official at the Cabinet Secretariat’s Office of Policy Planning and Coordination on Territory and Sovereignty.

China claims the uninhabited islands in the East China Sea as its own, calling them Diaoyu.

The document was discovered in a book about the Ryukyu Kingdom in the custody of the Okinawa Prefectural Library, during a government-commissioned project to research related documents, the government said Friday. The kingdom existed for about 450 years until the establishment of Okinawa Prefecture in 1879.

According to the document, a ship carrying royals from the Ryukyu Kingdom heading for Satsuma Domain, in current Kagoshima Prefecture, was caught in a storm after leaving Naha, Okinawa, in 1819. The ship was washed ashore on an island known locally as Yokonkobajima.

The royal party spent three days on the island searching for drinking water, the document said.

The island is believed to be part of the Senkaku Islands, judging from the positional relationship depicted in the document, researchers said.

“(It shows that) the people of Satsuma and the Ryukyu Kingdom were aware of the Senkaku Islands long ago,” the official said.

The Meiji Era government launched an on-site survey of the Senkaku Islands in 1885. After confirming the islands as “terra nullius,” or nobody’s land, the government formally incorporated them into Japan in 1895.

However, the Chinese government claims that the Senkaku Islands have been an inherent part of China since ancient times and have been used by fishermen.
https://www.japantimes.co.jp/news/2017/05/15/national/history/government-says-document-indicates-earliest-landing-senkaku-islands-ryukyu-royalty-1819/

see also:
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo_eg/img/data/archives-senkaku03.pdf
那覇市史向氏家譜2
scanned from Junshin Univ.

.



.


ツイッターで、或る人の意見:
「日本人が多様性を受け入れなければ、生物種として滅びるみたいな意見、おかしくないですか? 今や、日本人は生物多様性に貢献してる絶滅危惧「種」でしょ。 保護されて純血守らなきゃいずれ消滅する。 なにしろ、地球上の人類、今やほとんどが中国人と印度人なんだから。 詭弁に乗っかるな~。」

------------------
 國名以外は贊同します。議論は多樣性の定義にもよります。多樣性を受け容れ、結果的に雜種になると、全世界が同じ雜種になり、多樣性が失なはれます。逆に日本が多樣性を拒否すると、それが個性となって、世界全體で見れば多樣性が一つ増えます。あちこちに鎖國が澤山あった時代の世界の方が、各自風俗習慣制度等千差萬別でした。
 言ひ換へれば、日本は多樣性を輸入するよりも輸出すべきです。日本人は變な人々なので、外へ出て行けば世界を多樣化できます。變な個性を維持するためにも、日本國内は多樣性を拒絶すべし。今の日本の問題は、個性を輸出することに積極的でないこと。我々は外に出て戰ふべきなのです。尖閣論爭でも同じです。
 日本はガラパゴス。ガラパゴスの存在によって世界の生物の多樣性は正負の正を一つ維持しました。ガラパゴス諸島に外來種を多數投入してはいけません。逆にガラパゴスの稀少生物を世界にひろめれば、それは世界の多樣性となります。よって、日本の學生や若者が外へ出て戰へるやうに奨勵する大規模な補助金制度が必要です。逆に外國人を受け容れる方向に預算をつけてゐるやうでは、政府の施策として自殺行爲です。
 なほ、チャイナでは東南六大漢字語が今まさに滅びようとしてゐます。
http://senkaku.blog.jp/archives/19112464.html
http://senkaku.blog.jp/2016032757304880.html
中華思想は多樣性を滅ぼす思想です。中華思想を撲滅せよ。(チャイナを滅ぼせとは言ってませんので。今話題の某タイムス記者殿。)

ガラパゴス軍艦鳥


ケンペルは西暦1692年に長崎出島に居住した。その著『日本誌』に掲載された「御條目」(Godziomoku)第五條が幕府が琉球領有をオランダに毎年宣告してゐること、最近拙著に書いた。
http://www.naigai-group.co.jp/_2017/10/post-66.html
(島嶼研究ジャーナル7-1「ヨーロッパに流布した幕府の琉球領有宣言」)

ケンペル『日本誌』は西暦1728年から英、獨、佛、蘭語で刊行された。書中では「御條目」だけでなく、また琉球を薩摩の屬下としてゐる。その情報がヨーロッパで刊行された地圖にも採用されたことは、上記論文には間に合はなかった。ここにひとまづ掲載して置かう。Homann氏の名を冠する1739年地圖。

Homann_1752_Imperii_Russici_琉球_Rumsey12138033

Lequeyo=Riukiu。薩摩侯。日本(ラテン語Iapon)の屬國。
 これはかなり稀少である。ケンペルの日本情報はかなり歐洲で流布してゐましたが、その中で琉球に言及した個所は少ない。そのためケンペルの琉球情報は、ほとんど歐洲で流布しない。琉球單獨の流布は少ない。その中でこのホーマン地圖は注目に値ひする。
 
後に1751年ゴービル「琉球録」で琉球がチャイナの朝貢國として記述されて以後、琉球は日本なのかチャイナなのか、兩系統の情報が同居する時期が續き、十九世紀になって琉球を訪問する歐洲人が一人また一人と出現するに隨ひ、琉球は矢張り日本だとの認識が廣まる。ところが明治になって1879年分島改約案などの影響で、また琉球は日本なのかチャイナなのか分からぬといふ空氣が生まれ、その後次第に矢張り日本だといふことになって行く。

書誌。ラムゼー氏電子圖像庫。
https://www.davidrumsey.com/luna/servlet/detail/RUMSEY~8~1~290987~90067322
Johann Baptist Homann(1663-1724)
刊行者:Homannianis Heredibus
圖册題『Major Atlas Scholasticus』
第33圖題「Imperii Russici et Tatariae Universae」
圖中署名年:1739
圖册刊行年:1752
ラムゼー圖像庫番號:12138033。

第33圖中の左下の製圖年は1739年とあり、圖册の扉の刊行年は1752年とある。
https://www.davidrumsey.com/luna/servlet/detail/RUMSEY~8~1~290956~90067353

ヨハン・ホーマン。ドイツ。
https://en.wikipedia.org/wiki/Johann_Homann

關聯論文:「ケンペルが持ち歸った萬國總界圖」
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007154193
.。

https://web.archive.org/web/20171031005717/http://senkaku.blog.jp/2017103173362001.html
http://archive.is/dbXSD
https://twitter.com/ishiwinozomu/status/925166428407218176
.

内閣府、尖閣輿論調査が報導された。
http://www.asahi.com/articles/ASKBW5D7CKBWUTFK00C.html
平成二十九年
http://survey.gov-online.go.jp/tokubetu/tindex-h29.html
平成二十五年
http://survey.gov-online.go.jp/tokubetu/h25/h25-senkaku.html

各社報導には何故か「歴史」の二文字が出て來ないが、實際には國民が高い關心を示してゐるのは「歴史」「根據」である。

内閣府尖閣調査平29b


内閣府尖閣輿論調査平25


尖閣世論調査八重山日報赤

唯一、八重山日報だけは「歴史」に關心が高いことを正確に報じてゐる。流石だ。左側は昨日沖繩で講演した百田尚樹氏。

 國民が尖閣常駐完全防衞を支持するか否か、最後の勝負は大きな歴史で決まるのだ。勿論、世界輿論が支持するか否かも、平和にして悠久にして重厚なる尖閣歴史ロマンで決まる。
 「ああさうだったのか!尖閣では最初の1534年から琉球職員がチャイナ使節船を案内し、秀吉家康の朱印船は縱軸横軸で尖閣を航行し、1600年頃に日本が作った精確な尖閣地圖は十九世紀半ばまで世界最尖端であり續け、1604年には國際法の祖グロチウスが尖閣に言及しそこね、1617年には三浦按針がチャイナを避けつつ尖閣を航行し、同年には尖閣の西側入口の馬祖列島で日明間和平合意も成り、1660年には尖閣附近で坐礁したオランダ貨物を薩摩が運んで長崎奉行から出島オランダ商館に引渡し、1719年と1800年には琉球職員が馬祖列島から早くもチャイナ使節の水先案内をして尖閣に導き、1819年には琉球王族が尖閣で公式上陸調査し、1845年には八重山航海士がイギリス人を尖閣に案内し、1867年には歐洲製地圖で尖閣の西側に國境線が引かれ、明國清國は最初から最後まで尖閣と臺灣北方諸島とを混同したままで、釣魚臺を臺灣北方諸島の西側に置くチャイナ史料が歴代の半數を占め、1461年から1872年までずっと尖閣の遙か西方にチャイナ國境線を引いてゐて、1403年のチャイナ尖閣史料は實は琉球人に教はって1573年以後に編まれたに過ぎず、臺灣の地誌に出現する釣魚臺は尖閣ではない別の島であり、琉球風水思想では首里を中心として尖閣を外縁とし、臺灣の風水は基隆から南に伸びるが尖閣へは伸びず、、、、とにかくあらゆる史實が、1895年日本編入の正義に向かって動いてゐたのだ!今悟った!」


明治三十三年、伊能嘉矩「アシンコルト島調査復命書」。
http://www.tanaka-kunitaka.net/senkaku/th/investigation/
貴重な資料である。田中邦貴ネット。

臺灣北方諸島中の「彭佳嶼」について曰く、
「第三島は支那人の呼びて彭佳嶼或は草萊嶼又鷄心嶼と稱し、俗に大嶼と言ひ、西人の呼びて「アジンコルト」島 Agincourt Id と稱するものにして、彭佳及び草萊の名は「此嶼幽邃、不泥俗塵、可以靜養神氣、如古昔老彭祖住居佳景之壽山」といひ、「遍山皆草芥、如入無人之境、亦彷彿仙家之蓬萊」といふに因み」
云々と。
http://www.tanaka-kunitaka.net/senkaku/th/investigation/10.pdf

伊能嘉矩アシンコルト島調査復命書彭佳嶼田中邦貴

 知り得る限り「草萊嶼」(草莱嶼)はこれが始出である。清國の臺灣方志にはそもそも彭佳嶼(彭家山)が見えない。彭佳嶼は琉球への航路中にだけ出現する。
 鷄心嶼は范咸『重修臺灣府志』の卷前「淡水廳圖」及び卷一「山川・淡水廳」所載の鷄心嶼にもとづくであらう。しかし『重修臺灣府志』の鷄心嶼の位置をよく見れば、彭佳嶼ではない。伊能嘉矩(もしくは地元協力者)の武斷と思はれる。
 數年後、吉田東伍『大日本地名辭書』續編「臺灣」の編纂を伊能嘉矩が任され、第二十六、二十七頁にそのまま草萊嶼が使用されてゐる。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2937060/397
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2937060/398

吉田東伍大日本地名辭書續編彭佳嶼1

吉田東伍大日本地名辭書續編彭佳嶼2

 遍山草芥とか彷彿蓬萊といった語も伊能嘉矩以前の書中に無いものか、以前から少々搜してゐるが、どうやら無いので、伊能嘉矩が基隆で見た地元の何らかの民間文書にもとづくのだらうか。篤學の士にご教示を乞ひたい。



長崎大學の深見聰先生、「領土教育の現状と課題」、八重山日報連載、十日間連續、今日(平成29年10月27日)が最終囘。刊行後の單日電子版ご購入はリンクから。第四面。
http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html
なるほど!え~さうだったの!と思はされる議論が滿載。
深見聰291027八重山10

そして同じ今日(平成29年10月27日)第六面に、私の談話連載「尖閣大航海時代」第二囘も掲載。選舉の影響で遲い掲載となりましたが、今後ほぼ毎週日曜に掲載されるらしいです。なほ第一囘は十月十五日(日曜)第六面でした。刊行後に全文お讀みになるには、單日電子版ご購入リンクからどうぞ。
http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html

yaeyama291027尖閣大航海02電子切

談話なので八重山日報が内閣告示暫定漢字かなづかひで掲載してゐます。


10/27は開催されましたが、今日10/28はバス運休、コンベンションセンター閉館のため講演延期となりました。
https://hyakutanaoki-okinawa.weebly.com/
殘念。
http://www.oki-conven.jp/
コンベンションセンター。


21768170_10203497418713091_1021518687319195673_n


百田尚樹講演會。
平成29年10月27日(金) 數久田體育館(名護市)
      開場18:00 開演18:30
平成29日10月28日(土) 沖繩コンベンションセンター劇場(宜野湾)
     開場12:00 開演13:00
https://hyakutanaoki-okinawa.weebly.com/38283206522701035201.html
https://hyakutanaoki-okinawa.weebly.com/20250225801253912450124631247512473.html








花より男子花發多風雨人生足別離

勸君金屈巵  君に勸む金屈巵(きんくっし)。
滿酌不須辭  滿酌、辭するをもちゐず。
花發多風雨  花ひらけば風雨多く、
人生足別離  人生まれて別離足る。


知名度の高からぬ唐詩の一首だが、
日本で以下の現代語に譯されて著名となった。
「花に嵐の喩へも有るぞ。左樣ならだけが人生だ。」

映畫「花より男子ファイナル」の末尾、
五人像を置いて立ち去る場面でこの句を獨語する。

そのチャイナ字幕は原詩「花發多風雨、人生足別離」
(くゎはつたふうう、じんせいそくべつり)
が充てられてをり、愛好家らは映畫のお蔭でこの句を知ったといふ。

http://blog.sina.com.cn/s/blog_4b41aa2d0100c2ay.html
https://ddnews.me/film/umnjv142.html
http://s9.sinaimg.cn/bmiddle/4b41aa2dg6110b654d2f8
http://geomancytw.com/42065/
http://big5.3mt.com.cn/g2b.aspx/ido.3mt.com.cn/Article/201408/show3824457c24p1.html


ついでに東山疏水を詠じた橋本關雪詩。
朶雲壓水一渠斜  朶雲、水を壓し一渠斜めなり。
春伴潺湲遶我家  春は潺湲を伴って我が家をめぐる。 
惱殺幽人殘夜夢  幽人殘夜の夢を惱殺するは、
風風雨雨不離花  風風雨雨、花を離れず。
http://img-cdn.jg.jugem.jp/8d2/497792/20141107_1224380.jpg
http://img-cdn.jg.jugem.jp/8d2/497792/20141107_1224381.jpg
橋本關雪詩1
橋本關雪詩2



季刊沖繩63表紙

南方同胞援護会「季刊沖縄」第63号、昭和四十七年。西暦千九百七十二年。
「明代および清代における尖閣列島の法的地位」、奧原敏雄著。
中村拓『御朱印船航海圖』から尖閣の記述を整理。
http://www.tanaka-kunitaka.net/senkaku/kikan-okinawa63/
http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka64/kikan-okinawa63/25.jpg
http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka64/kikan-okinawa63/26.jpg
http://ifs.nog.cc/akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/page007.html
 尖閣列島の島々も次々にかれらに知られるようになり、その存在が十六世紀末以後の西洋諸国海図にもしるされるようになった。他方日本においても豊臣秀吉の天下統一成るや積極的な海外進出政策がとられるようになり、いわゆる御朱印船貿易が開始されるにいたった(一五八六年)。そうしてこれら御朱印船貿易業者によって作成された航海図にも、西洋諸国の海図とほぼ時を同じくして、尖閣列島の存在があきらかにされるようになった。
 西洋諸国海図および御朱印船航海図については、今日、中村拓氏による綿密周到な調査研究の成果が存する。ここでは中村氏の『御朱印船航海図』(昭和四十年)を借りてこれらの事情を指摘しておきたい。
 中村氏によって尖閣列島の島々が示されているとされる『航海図』は、西洋諸国のものが十一枚、御朱印船航海図七枚である。これらを列挙すると次の通りである。
(一)西洋諸国海図(三枚略す)
    (ⅰ) 『ドオエッツ海図』(Cornelis Doetszoon 一五九八年ポルトガル図のオランダ製写本)
   (ⅱ) 『ギズベルツ海図』(Evert Gijsbertz 一五九九年、オランダ)
   (ⅲ) 『サンセス海図』(Sances 一六二三年、スペイン)
    (ⅳ) 『ラングレン海図』(A.Langren 一六二〇年、オランダ)
   (ⅴ) 『コムベルフオド海図』(Comberfod 一六四〇年、ポルトガル)
   (ⅵ) 『カバリーニ海図』(Cavallini 一六五二年、オランダ)
   (ⅶ) 『サンチェス海図』(Sanches スペルが異なるが、右のSancesに同じ、一六四一年、スペイン)
   (ⅶ) 『ダメル海図』(John Damell 一六三七年、オランダ)
(二)御朱印船航海図(一枚略)
    (ⅰ)『東亜航図』(一六二〇年代)
   (ⅱ)『葡海図』(一六二〇年)
   (ⅲ)『東洋諸国航海図』 (一六一三―一六一六年頃のもの)
    (ⅳ)『角屋七郎衛図』 (一六三一―一六三六年頃使用のもの)
   (ⅴ)『小加呂多』 (江戸初期。「加呂多」はオランダ語のKaartで、海図の意味)
   (Ⅵ)『盧草拙』(一六七一―一七二九年頃のもの)
これらの海図においては、尖閣列島の島嶼数は一定していないけれども、二から五個である。なお全体としての島嶼あるいは個々の島の名前を付していないものが大多数であるが、若干の航海図には名称も付されている。すなわち御朱印船海図では『小加呂多』と『廬草拙』が「レイス」、『角屋七郎兵衛図』では「鳥島」と記されている(注、現地では南・北小島のことを「シマグァー」または、「鳥島」とも呼ばれていた)。

----------------
坂東將門氏ツイッターも。
https://twitter.com/qqpy5uv9k/status/255938459447984128
https://twitter.com/qqpy5uv9k/status/255939219720134656
https://twitter.com/qqpy5uv9k/status/255939396761694208

季刊沖繩63奧原朱印船1

季刊沖繩63奧原朱印船

.
奧原敏雄先生への追悼文リンク。
http://senkaku.blog.jp/2016010852123884.html