- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

senkaku480 石井望。長崎純心大學准教授。笹川平和財團海洋政策研究所島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。 御聯絡は長崎純心大學(FAX 095-849-1894) もしくはJ-globalの上部の「この研究者にコンタクトする」  http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901032759673007 からお願ひします。 

宜蘭議員抗義taiwan_news

County councilors protest against Japanese statement on Diaoyutais

By  Central News Agency
2016/01/12 00:00
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/2867214

Taipei, Jan. 12 (CNA) Two councilors from Yilan County urged Taiwanese people Tuesday to write protest letters to a Japanese scholar to express anger over what they described as his untrue statement on the ownership of Diaoyutai Islands in the East China Sea.

Tsai Wen-yi and Lin Yueh-hsien launched the "one person, one letter" movement in a press conference at the Yilan County Council Hall, calling for people to take action to defend the Republic of China's sovereignty over the uninhabited islands, which lie around 100 nautical miles northeast of Taiwan.

Displaying a copy of a land ownership certificate updated by the Yilan Land Office in September 2004, Tsai said the document proves that the Diaoyutais are registered as part of Toucheng Township in the eastern Taiwan county. However, Nozomu Ishiwi, an associate professor at Nagasaki Junshin Catholic University, said in Japanese media a few days ago that the islands belong to Japan.

"This untrue statement has made Toucheng residents of Yilan feel resentment," Tsai said. He said people should each write a letter to Ishiwi, spelling out their protest and determination to defend ROC sovereignty.

Lin said the county council has passed a proposal asking the county government to invite President Ma Ying-jeou and his successor, who will be elected in the Jan. 16 presidential election, for a sail to the Dioayutais along with Yilan Magistrate Lin Tsung-hsien after the election.

They will set foot on the islands to hang up a house number plate and hoist a national flag as a gesture of declaring that the Diaoyutais are an inherent part of ROC territory.

The Diaoyutais have been under Japan's administrative control since 1972 but are also claimed by Taiwan and China. (By Worthy Sheng and Elizabeth Hsu)





Ishiwi_Nozomu

Curriculum Vitae              Date prepared: 03/08/2017
ISHIWI Nozomu

1)   Education
1989 Bachelor of Literature, Division of Chinese Literature, Faculty of Letters, Kyoto University

1993 Master of Literature, History of theatre 12c-19c, Faculty of Letters, Soochow (Suzhou) University

1995 Master of Literature, Division of Literature, Graduate School of Letters, Kyoto University

2000 Doctor course completed without degree,  Graduate School of Letters, Kyoto University

2)   Teaching experience
2001-2007   Dedicated Lecturer (recent Chinese), Nagasaki Institute of Applied Science

2008            Dedicated Lecturer (lingua Kanbun or classic Chinese), Nagasaki Junshin Catholic University

2009- present    Associate Professor (lingua Kanbun), Nagasaki Junshin Catholic University

3)  Main activities
2013-2015       Member of Investigation Committee, Center for Island Studies, Ocean Policy Research Foundation (海洋政策研究財團島嶼資料センター調查委員)

2015-present   Member of Investigation Committee, Center for Island Studies, The Sasakawa Peace Foundation (笹川平和財團島嶼資料センター調查委員)

2016-present   Special Researcher of Research Team, Cabinet Secretariat Commissioned Research Project on the Senkaku Islands-related Documents (內閣官房委託尖閣資料特別研究員)

27/06/2016      Lecturer,  "Defend The Senkakus! ", Yoshiaki Harada Political Study Group, at Headquarters of Liberal Democratic Party, Tokyo (尖閣を守れ!原田義昭政治研究會、自民黨本部)

14/01/2017      Lecturer,  The Memorial Ceremony of Senkaku Islands Pioneering Anniversary, Ishigaki City Government, at Ishigaki Civic Hall (尖閣諸島開拓の日式典記念講演、石垣市主催)

13/06/2017      Lecturer,  "What is Going On in Okinawa? --- Public Opinion, the Bases, and the Senkaku Islands",  Association to Convey the Truth About Okinawa,  at Hotel Bristol, Genève      

4)   Main Publications
"Study on Intonational Arrangement in the Syllabary Table Designed by Shim Yak", ISHIWI Nozomu, "Bulleten of the Department of Chinese Literature Fu Jen Catholic University"22, pp.287-322,  2006 (沈約創定紐位高下說、石海青、『輔仁國文學報』第22期)

"Musical Scale of Zi and Kiok Poetry",  ISHIWI Nozomu, "Tamkang Journal of Chinese Literature"17,  pp.48-69,  2007,  Tamkang University(詞曲定調、石海青、いしゐのぞむ、『淡江中文學報』第17期)

"The Circling Method in Syllabaries of Han and Kana Characters",  ISHIWI Nozomu, "Studies in Chinese linguistics"25,  pp.87-99,  2008,  The Chinese University of Hong Kong  (倭漢音圖旋法解、石海青、いしゐのぞむ、香港中文大學『中國語文研究』第25期)

"Big India, Small China", ISHIWI Nozomu, "Chugoku Kenkyu Ronso" (China Research Journal) 11, pp.153-174, 2011,  Kazan Foundation(大印度小チャイナ說、霞山會『中國研究論叢』第11號)

"Hanvun historical documents of Senkaku Tiohisu Islands",   ISHIWI Nozomu,  251pages,  2012,  Institute for Comparative Studies of Culture, Nagasaki Junshin Catholic University (和訓淺解尖閣釣魚列島漢文史料、いしゐのぞむ、長崎純心大學比較文化研究所)

"Guides and Foreigners, Between East and West Borders  :  Respond Prof. Shaw's Article on New York Times",  ISHIWI Nozomu,   "The journal of islands studies"(2)2,  pp.111-127,  2013  (前導者と記録者、東西二界の間にて、ニューヨークタイムズの邵氏の文に駁す、いしゐのぞむ、『島嶼研究ジャーナル』第2卷第2號)

"Senkaku Refutation Manual 100" (Senkaku Hanbaku Manuaru Hyakudai),   ISHIWI Nozomu,  413pages,  2014,  Shukousha Publication(尖閣反駁マニュアル百題、いしゐのぞむ、集廣舍)

"Notes on David Helliwell's The Clashing Rocks" ISHIWI Nozomu, "The journal of islands studies"(3)2, pp.128-137, 2014 (デビッド・ヘリウェル、ぶつかり合ふ岩山、尖閣諸島と2册の航路案内書、附記、『島嶼研究ジャーナル』第3卷第2號)

"Research Kon (Kun) Opera and Folklore, Connect Taiwan and Nagasaki"   ISHIWI Nozomu, "Correspondence of Classic Theatre Research" 9,  pp.328-350,  National Central University, Taiwan  (研究崑曲與民俗、維繫臺灣與長崎、臺灣國立中央大學『戲曲研究通訊』第9期)

"Here Comes the False History Again! Debunking the Fallacy That China Discovered South China Sea Islands Two Thousand Years Ago",  ISHIWI Nozomu,  Taiwan People News (Internet),  22/12/2015  (假歷史又來了!中國發現南海諸島兩千年說之闢謬、石井望、臺灣『民報』網路版)

"Invalid Materials of Modern Senkakus History",  ISHIWI Nozomu, "Chugoku Kenkyu Ronso" (China Research Journal) 15, pp.129-153, 2015,  Kazan Foundation(尖閣現代史料無效說、霞山會『中國研究論叢』第15號)

"Three Discussions on Chogyosho History, Handout materials of The 4th Research Forum on The East China Sea Problem, The Tokyo Foundation & Institute of Japanese Studies in Chinese Academy of Social Sciences" (Chogyosho-shi Sangi),  ISHIWI Nozomu,  64pages,  2016,  self printing(釣魚嶼史三議、東京財團・中華人民共和國社會科學院日本研究所、第四囘東シナ海問題研究會發布資料、いしゐのぞむ自印)

"The Spratly Islands have been beyond the Chinese borders since ancient times------South and East China Sea: It is time to set aside the false history"   ISHIWI Nozomu,  Independent Opinion@CommonWealth Magazine (Internet),  27/06/2016  (南沙自古在界外──南海東海,是時候撇開假歷史了、石井望、臺灣『天下雜誌獨立評論』網路版)

"The Arbitration Tribunal Did Not Refute the Assertion of Latitude Measurement of Gen (Yuan) Empire but Condemn The Taiwan Authorities of China"  ISHIWI Nozomu,  Storm Media (Internet),  24/07/2016  (仲裁庭不反駁元國測緯之說,卻罵中國的台灣當局、石井望、臺灣『風傳媒』網路版)

"Six Articles on East Asia Researching in the Years Heisei 27, 28",  ISHIWI Nozomu, "Junshin journal of studies in humanities" 23, pp.382-329, 2017 (乙未丙申東方學雜録六首、『純心人文研究』第23號)

"History of the Senkaku Territorial Waters",  ISHIWI Nozomu, Nagasaki Junshin Catholic University Graduate School "Studia Humanitatis" 15, pp.63-86, 2017  (尖閣海域史辨妄、長崎純心大學院『人間文化研究』第15號)

"The True History of Senkakus, China Can Not Refute", Sekihei (creator), ISHIWI Nozomu (supervise historical documents), Fusosha Publishing Inc., 2017(石平『中國が反論できない眞實の尖閣史』、いしゐのぞむ監修史料)

5)   Main Presentations  
"Musical Scale of Zi and Kiok Poetry",  ISHIWI Nozomu, "The 10th Literature and Aesthetics, and The 2nd Chinese Thought of Literature and Art International Academic Conference",  22/06/2007,  Tamkang University  (詞曲定調、石海青、淡江大學「第十屆文學與美學暨第二屆中國文藝思想國際學術研討會」)

"Zi (Ci) Poetry Loutousa (Langtaosha) Melody Incorporated in Theatre", ISHIWI Nozomu, "The 2nd Chinese Ci Poetics International Academic Conference",  09/12/2009,  Macau University (詩餘浪淘沙入劇考、澳門大學「第二屆中華詞學國際學術研討會)

"Three Discussions on Chogyosho History" (Chogyosho-shi Sangi),  ISHIWI Nozomu,  25/02/2016,  at Shonan Village, The 4th Research Forum on The East China Sea Problem, Co-hosted by The Tokyo Foundation & Institute of Japanese Studies in Chinese Academy of Social Sciences  (釣魚嶼史三議,いしゐのぞむ,東京財團、中華人民共和國社會科學院日本研究所共辦,第四回東シナ海問題研究會,湘南國際村)

http://worldcat.org/identities/lccn-n2010032114/


.


https://www.jiia-jic.jp/en/
https://www.jiia-jic.jp/en/resourcelibrary/
https://www.jiia-jic.jp/en/resourcelibrary/territory/
http://www2.jiia.or.jp/RYOD/senkaku.php
https://www2.jiia.or.jp/RYOD/
https://www2.jiia.or.jp/
http://www.murc.jp/corporate/cnsl_intl/intl/intl_studies/foreignandsecurity

------ Resource Library    Territory ---------

East Asia and Europen Notion of Territory
    Masaharu Yanagihara
   
Do Not Rush the Territorial Issue
    Akira Kotera
   
The Alleged Title over the Island of Takeshima Invoked by the Republic of Korea*1
    Susumu Takai
   
An Outline of the Territorial Dispute over Takeshima*1
    Takashi Tsukamoto
   
Takeshima*1
    Arata Yokokawa
   
The Takeshima Dispute*2
    Kanae Taijudo
   
Examining the Korean Government's Claims with Regard to Sovereignty over Takeshima: A point-by-point analysis of the official publicity pamphlet "Dokdo, Beautiful Island of Korea" *2
    Takashi Tsukamoto
   
The Creation of a Basis for the Possession of Takeshima by the Korean Government*3
    Yoshiko Yamasaki
   
Fisheries administration in relation to Takeshima*3
    Seizaburo Tamura
   
Issues on the Title of the Senkaku Islands: Analysis of the Viewpoints of Japan and China*1
    Kyoko Hamakawa
   

*1:Rule of Law Series (March 2015) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as part of a research project sponsored by the Government of Japan to promote academic studies on the rule of law. JIIA takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail (jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Rule of Law Series, Japan Digital Library (March 2015), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/rule_of_law.php"

*2:Japan's Territories Series (March 2017) "These articles were translated by Mitsubishi UFJ Research and Consulting (MURC) from Japanese into English as part of a research project sponsored by the Government of Japan to promote academic studies on Japan's territories. MURC takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact MURC by e-mail (info@murc.jp).
Citation: Japan's Territories Series, Japan Digital Library (March 2017), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/japan_s_territories.php"

*3:Japan's Territories Series (March 2016) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as part of a research project to promote academic studies on Japan's diplomacy. JIIA takes full responsibility for the translation of this article. To obtain permission to use this article beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail(jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Japan's Diplomacy Series, Japan Digital Library (March 2016), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/japan_s_diplomacy.php"

*4:Japan and the World Series (March 2017) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as to promote Japanese scholarly works on international relations. JIIA takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail (jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Japan and the World, Japan Digital Library (March 2017), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/world.php"


------------------------



Issues Surrounding the Senkaku Islands and the JapanChina Relationship --A History from Japan's Territorial Incorporation to the Present Day and Contemporary Issues--*1
    Yasuo Nakauchi
   
Territorial Sovereignty over the Senkaku Islands*1
    Toshio Okuhara
   
The Senkaku Islands*1
    Kentaro Serita
   
The Circumstances Surrounding the "Letter of Appreciation," as Seen from the Documentary Records of the Ministry of Foreign Affairs*1
    Ayano Shimabukuro
   
Lecture: The Story of Kuga Doun*2
    Makomo Kuniyoshi
   
What was the extent of the territorial control of Ming Dynasty China? The historical background of Senkaku Islands in historical documents*2
    Yoshiki Mine
   
The Senkaku Islands in the Context of the History of the Modern Fishing Industry in Okinawa*3
    Makomo Kuniyoshi
http://www2.jiia.or.jp/en/pdf/digital_library/japan_s_territories/160414_Makomo_Kuniyoshi_.pdf


Reflections on the Issue of the Senkaku Islands ‐from the field of practice on international law and politics‐*3
    Shingo Yamagami
   
Reexamination of the Process of the Enactment of China's Territorial Sea Law-Internal Conflict over the Specification of the Senkaku Islands *4
    Kazuyoshi Nishikura
   


*1:Rule of Law Series (March 2015) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as part of a research project sponsored by the Government of Japan to promote academic studies on the rule of law. JIIA takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail (jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Rule of Law Series, Japan Digital Library (March 2015), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/rule_of_law.php"

*2:Japan's Territories Series (March 2017) "These articles were translated by Mitsubishi UFJ Research and Consulting (MURC) from Japanese into English as part of a research project sponsored by the Government of Japan to promote academic studies on Japan's territories. MURC takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact MURC by e-mail (info@murc.jp).
Citation: Japan's Territories Series, Japan Digital Library (March 2017), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/japan_s_territories.php"

*3:Japan's Territories Series (March 2016) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as part of a research project to promote academic studies on Japan's diplomacy. JIIA takes full responsibility for the translation of this article. To obtain permission to use this article beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail(jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Japan's Diplomacy Series, Japan Digital Library (March 2016), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/japan_s_diplomacy.php"

*4:Japan and the World Series (March 2017) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as to promote Japanese scholarly works on international relations. JIIA takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail (jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Japan and the World, Japan Digital Library (March 2017), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/world.php"


jiia-rslib-territory


.

平成30年3月31日、那覇市で惠隆之介先生をお招きして共同講座をしました。
http://senkaku.blog.jp/2018032775515326.html
私のお話した内容を八重山日報でまとめておきました。毎週日曜の連載です。
http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamahontoban0180408.html

八重山300408連載23電子

尖閣大航海時代(二十三)  石井望(談)  
天皇の艦長の遠祖   薩摩から米二百俵   

 先日(平成三十年三月三十一日)、著名評論家惠隆之介(めぐみりゅうのすけ)氏をお招きして講座を行ないました。惠氏の名著『昭和天皇の艦長―沖縄出身提督・漢那憲和の生涯』は、昭和天皇晩年の愛読書として知られています。
 かねて惠隆之介氏から、漢那憲和(かんなけんわ)の祖先が琉球福州間貿易の船乗りだったとお聞きしていました。そこで私も漢那氏の祖先について勉強して講座でお話しました。
 惠氏の著書によれば、憲和の父は憲慎です。『人事興信録』第六版(大正十年)以後にも見えます。そして『昂姓家譜』(那覇市史・家譜資料4、泊系、216ページ)によれば、憲慎の遠祖憲興氏は、西暦1795年に公式貿易船の「直庫」に任命されました。直庫という職は、副船長級の乗員として史料に散見しますが、文字通りなら倉庫番(宿直)です。
 長崎くんちの唐人行列では「てっこ」が棒を手に演武します。福建南部の字音で直庫は「てっこ」そのものなので、長崎と琉球の船中で共通の武職だったのでしょう。
 家譜のつづきによれば、翌年(1796)四月と十月に、憲興らの船は福建沿岸で海賊に遭遇し、見事に退治しました。さらに翌年(1797)帰国します。歴代記録では尖閣航路から帰国するので、この時も尖閣航路だったと考えられます。漢那憲和の祖先はほぼ確実に尖閣諸島を目撃したことがここから推測できます。
 帰国後、海賊退治の忠義に対して薩摩藩主から膨大な褒賞が有りました。船中の役人は米各二百包(俵)、水夫は米各百包です。福州貿易を薩摩資本が管理したことがよく分かります。
 福建沿岸に海賊が群がっていた記録は多数あります。明国清国の使節船も沿岸の馬祖列島までは海賊に遭遇しますが、琉球海域では遭遇しません。琉球船も清国船も、武力行使の海域は常に福建沿岸でした。
 鎖国日本の制海権が福建沿岸に及んだことが、漢那氏家譜と併せて他史料からも分かりますが、それは次回。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
徳川後期『長崎名勝図絵』巻之三「直庫振りの図」。長崎史談会印本、284ページ。.
長崎名勝圖繪卷三直庫振り圖1931活字本google




http://archive.is/suB5x

尖閣、400年前は支配外…明王朝公式日誌に

  • このページは770回共有されました。これらのツイートを見る。
  • 1.6k
  • 携帯に送る
  • ヘルプ

皇明實録讀賣



 中国の明王朝の公式日誌「皇明実録(こうみんじつろく)」の中に、明の地方長官が日本の使者との間で、明の支配する海域が尖閣諸島(沖縄県)より中国側にある台湾の馬祖(ばそ)列島までと明言し、その外側の海は自由に航行できるとした記述を、長崎純心大の石井望准教授(漢文学)が見つけ、21日午前に長崎市内で記者会見して明らかにした。
 中国は現在、尖閣諸島を約600年前の明の時代から支配してきたと主張しているが、石井氏は記者会見で、「歴史的に見ても、尖閣を巡る論争は日本側の主張が正しいということが、この史料からわかる」と語った。
 石井氏が見つけたのは、江戸時代初期にあたる1617年8月の皇明実録の記述。沿岸を守る長官だった「海道副使(かいどうふくし)」(海防監察長官)が、長崎からの使者・明石道友(あかしどうゆう)を逮捕・尋問した際の記録で、皇帝への上奏文として納められていた。
 それによると、この海道副使は明石に対し、沿岸から約40キロ・メートルの「東湧島(とうゆうとう)」(現在の馬祖列島東端・東引島(とういんとう))などの島々を明示したうえで、この外側の海を「華夷(かい)の共にする所なり」とし、中国でも他国でも自由に使える海域だと指摘したという。魚釣島(うおつりじま)などからなる尖閣諸島は、中国大陸から約330キロ・メートル離れている。
  中国は、明王朝の1530年代に琉球に派遣された使者の記録をもとに、琉球の支配海域の境界は尖閣諸島の東側にある久米島と同諸島の大正島の間にあり、魚 釣島などは明の領土だったと主張している。だが、今回の記述により、明の支配海域は沿岸から約40キロ・メートルまでで、尖閣諸島はどこの国にも属さない 「無主地」だったことが明らかになった、と石井氏は指摘している。日本政府は、尖閣諸島が「無主地」であることを調査・確認したうえで、1895年に日本 に編入したとしている。
(2013年1月21日14時36分  読売新聞)
讀賣皇明實録



皇明實録讀賣


此外溟渤3公文書館
此外溟渤2公文書館


讀賣2013年0121皇明實録粗


福建六島google

カガヤン尖閣タバコ東湧

【原文】
 國立公文書館藏寫本「皇明實録」萬暦四十五年(西暦千六百十七年)八月の上奏文中、韓仲雍が明石道友に諭告した語に曰く、
「浙境乃天朝之首藩也。迄南而爲臺山、爲礵山、爲東湧、爲烏坵、爲彭湖、爲彭山、皆是我閩門庭之内、豈容汝渉一跡。此外溟渤、華夷所共。」
〔浙境は乃ち天朝の首藩(南都に隣接する大地方)なり。南におよんで臺山となし、礵山となし、東湧となし、烏坵となし、彭湖となし、彭山となす、皆なこれ我が閩(福建)の門庭の内なり、豈に汝の渉ること一跡を容れんや。此の外の溟渤(大洋)は、華夷(明國と諸外國)の共にする所なり。〕


-----------------
尖閣、400年前は支配外…明王朝公式日誌に
讀賣
 中国の明王朝の公式日誌「皇明実録」の中に、明の地方長官が日本の使者との間で、明の支配する海域が尖閣諸島(沖縄県)より中国側にある台湾の馬祖列島までと明言し、その外側の海は自由に航行できるとした記述を、長崎純心大の石井望准教授(漢文学)が見つけ、21日午前に長崎市内で記者会見して明らかにした。
 中国は現在、尖閣諸島を約600年前の明の時代から支配してきたと主張しているが、石井氏は記者会見で、「歴史的に見ても、尖閣を巡る論争は日本側の主張が正しいということが、この史料からわかる」と語った。
 石井氏が見つけたのは、江戸時代初期にあたる1617年8月の皇明実録の記述。沿岸を守る長官だった「海道副使」(海防監察長官)が、長崎からの使者・明石道友を逮捕・尋問した際の記録で、皇帝への上奏文として納められていた。
 それによると、この海道副使は明石に対し、沿岸から約40キロ・メートルの「東湧島」(現在の馬祖列島東端・東引島)などの島々を明示したうえで、この外側の海を「華夷の共にする所なり」とし、中国でも他国でも自由に使える海域だと指摘したという。魚釣島などからなる尖閣諸島は、中国大陸から約330キロ・メートル離れている。
  中国は、明王朝の1530年代に琉球に派遣された使者の記録をもとに、琉球の支配海域の境界は尖閣諸島の東側にある久米島と同諸島の大正島の間にあり、魚 釣島などは明の領土だったと主張している。だが、今回の記述により、明の支配海域は沿岸から約40キロ・メートルまでで、尖閣諸島はどこの国にも属さない 「無主地」だったことが明らかになった、と石井氏は指摘している。日本政府は、尖閣諸島が「無主地」であることを調査・確認したうえで、1895年に日本 に編入したとしている。
(2013年1月21日14時36分  読売新聞)

近年、繩文人が古モンゴロイドとしての特殊性で注目された。
のこる新モンゴロイドの血筋は、彌生時代以後に大陸から來た人々だ。

ところが新モンゴロイドは分布がひろいから、
どこから來たのか分からない。南方にも廣く分布する。
朝鮮半島とは限らないし、朝鮮半島の中でも百濟だ
といふ可能性が高い。
そして今の韓國は新羅の末裔の可能性が高いが、
それも分からない。素人には中々難しい。

ウィキペディア「新モンゴロイド」:
--------------
ハプログループoは東アジアから東南アジアにかけて最多。
日本においてもo1b2が30%以上、o2が20%以上。
o1b1系統はチャイナ領土の南部や東南アジアで多い。
o1b2系統は日本本州の他、朝鮮や滿洲、チャイナ領土北部など北東アジア。
o2系統は漢民族で50%以上、朝鮮や越南で40%以上。
---------------
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89
以上ウィキペディアからまとめた。
つまり朝鮮40%や漢民族50%の「o2」は、日本では第三勢力だが、
廣大な分布地域のうちどこから來たのか分からない。
日本で30%以上の「o1b2」は、チャイナ朝鮮では非主流。
主にチャイナ領土の北部だから滿洲蒙古だろうか。
ただ、北部の範圍は上海蘇州あたりまで含むのかどうか。
含むとすれば、それは歴史的に見れば水田稻作の長江の呉だらう。
もっと北部から日本に來たとすれば、それを歴史に重ねると百濟だろう。
なぜなら百濟の王族夫余(扶余)氏は高句麗だから、滿洲蒙古と近い。

素人の理解する日本の四大勢力:
古モンゴロイド、日本でも近畿以外で主流。特に沖繩とアイヌに多い。
中部北部新モンゴロイド、日本の第二勢力、近畿中心。百濟蒙古滿洲長江から來た。
南部新モンゴロイド、日本の第三勢力。チャイナ領土南部と東南アジア系。

現在流布情報が少ない部分は以下の通り。
中部新モンゴロイドのチャイナ人の中で、
黄河流域と長江以南との差はどうなのか。
それに韓國内での地域差はどうなのか。
新羅は朝鮮半島の主流なのだらうか。
今でも百濟の末裔は殘ってゐるのだらうか。
特に韓國西南部は百濟の故地だから氣になるところだ。

下はインターネットで流布するハプログループ分布。
ウィキペディアとは記號が違ふやうで、ややこしい。

ハプロ


この圖は多分、
http://hirukawa.hatenablog.jp/entry/2016/10/01/000000
蛭川立氏が出元のやうだ。




島嶼研究ジャーナル第7巻2号
 (2018年3月26日 16:18)
全164頁 \1,000円+税
ISBN978-4-905285-86-1
発 行 所 島嶼資料センター
印刷・販売 内外出版株式会社
--------------
○北方領土問題の歴史と諸権利(1)
髙井 晉
○公式認定最重要史料の「釣魚臺」、尖閣ではなかった
いしゐのぞむ
○竹島問題に関する日韓両国政府の見解の交換について(下)
藤井 賢二
○排他的経済水域における軍事活動──東アジアの焦点
ラウル(ピート)・ペドロゾ
○島嶼の発見と海賊
島田 征夫
○海洋安全保障時代における海上法執行活動と情報 113
ダグラス・ギルフォイル
○国際判例紹介(12)
メイン湾境界画定事件(カナダ対アメリカ合衆国)
(1984年10月12日国際司法裁判所(特別裁判部)判決)
佐々木 浩子
○旧・沖縄開発庁の尖閣諸島利用開発可能性調査の経緯
藤田 宗久
https://www.amazon.co.jp/dp/4905285860/
http://www.naigai-group.co.jp/_2018/03/post-69.html
https://www.spf.org/islandstudies/jp/journal/72/
https://www.spf.org/islandstudies/jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/7-2-2_sample_ishii.pdf


島嶼研究ジャーナル7-2表紙

關聯報導。
http://www.asahi.com/articles/ASKCK4Q7WKCKUTFK00N.html
https://t.co/DB4r6AdsJb
https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00376759.html
http://www.sankei.com/politics/news/171117/plt1711170026-n1.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111701075
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171118/soc1711180016-n1.html
https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00376759
以下臺灣香港。
http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2257421
https://udn.com/news/story/6809/2825980
http://www.chinatimes.com/realtimenews/20171118002082-260408
http://orientaldaily.on.cc/cnt/china_world/20171119/00178_014.html
http://hk.on.cc/int/bkn/cnt/news/20171118/bknint-20171118120138299-1118_17011_001.html
https://tw.appledaily.com/new/realtime/20171119/1244087/
http://www.upmedia.mg/news_info.php?SerialNo=29331

。.





平成三十年三月三十一日土曜、惠隆之介先生と勉強會「誇り高き沖繩の歴史~~そして尖閣大航海時代」を行なひます。那覇市奧武山武道館研修室にて。リンク。
http://senkaku.blog.jp/megumi300331.html
そこで惠先生の名著「漢那憲和の生涯」(産經出版)に關聯して、漢那憲和の祖先について少々インターネット情報。

人事興信録 8版と13版。
◆漢那憲敬   男:漢那憲慎
◆漢那憲慎 父:漢那憲敬
 妻:玉那覇オト(玉那覇正光の長女)
   長男:漢那憲和
◆漢那憲和  海軍少将、衆議院議員
 父:漢那憲慎  
 母:玉那覇オト(玉那覇正光の長女) 妻:尚まさ子(侯爵 尚泰の娘)
http://keibatugaku.seesaa.net/article/439940746.html

『人事興信録』第六版(大正十年)。漢那憲和、父憲愼。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1704027/457

漢那憲和の家系については那覇市歴史資料室が出している『那覇市史』「家譜資料(4)那覇・泊系」の人名索引で、憲和の父や祖父の経歴、昂氏であることが分かる。憲和の婿兄弟の神山政良の東氏では、昂氏が同門だという伝えもある。先日、中野利子さんと松居州子さん(憲和の孫)が見えられ同門の憲一郎作成「昂姓世系図」と「戸籍謄本」を恵まれた。これで憲和の母親の旧姓が玉那覇と分かる。
http://ryubun21.net/index.php?itemid=10322

沖繩の家系について私はよく理解してゐないのだが、尚姓の漢那は「朝」字頭だから別家だらうか。朝字は源爲朝を祖先とすることを示すと聞く。昂姓の漢那家は「憲」字頭だ。下は那覇市歴史博物館藏の家譜目録。
向姓家譜 支流 漢那家
資料コード    01000009
氏集番号    1-42
氏名    向
名乗頭    朝
家名    漢那
系祖    十二世朝経(向元亮)/漢那親雲上/元祖尚元王第三王子尚久王十一世向国英金武按司朝英三男也
配架コード    037-A-01
http://www.rekishi-archive.city.naha.okinawa.jp/archives/item6/4113

『東京大学史料編纂所報』第43号(2007年)
沖縄史料調査
『那覇市史』資料篇に翻刻されている家譜は略す。
◎沖縄県立図書館郷土資料室所蔵琉球家譜資料
○向姓家譜K288-Sh96。『氏集』一番五。東恩納寛惇文庫本の書き下し本。那覇市歴史博物館に漢文本の転写本の複写版あり。
○向姓家譜K288-Sh96。『氏集』一番四二。東恩納寛惇文庫本「漢那氏家譜」に書き下し本あり。薩摩関係記事あり。
(石上英一)
https://www.hi.u-tokyo.ac.jp/publication/syoho/43/saiho_43_081.html



漢那憲和の生涯昭和60年第三刷
漢那憲和の生涯産經出版
漢那憲和の生涯産經出版2


奧武山惠隆之介講座案内




武道館は土足禁止のため、上履き、靴袋などお持ち下されば幸ひです。裸足も可。
https://www.facebook.com/events/1957209404608538/

惠隆之介


奧武山惠隆之介講座案内


小講座ご案内 入場無料  定員先着七十名

誇り高き沖繩の歴史  ――そして尖閣大航海時代

危機に瀕する日本、日本の沖繩。北朝鮮危機が急展開を見せる中、諸國に立ち向かふ力は最終的に精神に在り。精神の源泉は歴史と文化に在り。沖繩と尖閣の誇りを語る。

 

日時:平成30331() 午後2時~4

場所:那覇 奧武山公園 武道館 研修室

(モノレール奧武山公園徒歩5分・壺川徒歩3分)

 

講師:惠隆之介・いしゐのぞむ

 

惠隆之介 

昭和29年(1954年)、沖縄コザ市生まれ。昭和53年(1978年)、防衛大学校卒業。海上自衛隊幹部候補生学校を経て世界一周遠洋航海、その後艦隊勤務。昭和57年(1982年)退官。琉球銀行勤務。平成9年(1997年)米国国務省プログラムにてワシントン、ニューヨーク等で国際金融、軍事戦略等を研修。平成11年琉銀退職。沖縄国際大学講師、拓殖大学客員教授を経て現在シンクタンク「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表。

主な著述 『昭和天皇の艦長 沖縄出身提督漢那憲和の生涯』産経新聞出版。昭和天皇天覧(「文芸春秋」平成19年10月号にて、「昭和天皇最晩年のご愛読書」と報道)。

『海の武士道DVDBook』育鵬社。山形県教育委員会中学道徳教材に指定。

『海の武士道』産経新聞出版。海自、幹部教育用図書に指定。 

「中国が狙う宮古・下地島空港」(Will20181月号)   その他著述多数。

惠隆之介


いしゐのぞむ 

昭和41年(1966年)、東京生まれ。長崎純心大學准教授。擔任講義漢文學等。

兼任:笹川平和財團島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。

主な著述:『尖閣反駁マニュアル百題』(集廣舍)。史料監修『眞實の尖閣史』(石平著、扶桑社)。「ヨーロッパに流布した幕府の琉球領有宣言」(『島嶼研究ジャーナル』7-1)。 「尖閣海域史辨妄」(長崎純心大學院『人間文化研究』15)。 「大印度小チャイナ説」(霞山會『中國研究論叢』11)  その他著述多數   

 Ishiwi_Nozomu

主催者聯絡先: 09050847291 ishiwin-junshin.ac.jp (いしゐのぞむ)



リンク1  
http://www.ryunosuke-megumi.jp/
惠隆之介


リンク2
https://researchmap.jp/read0193046/