- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

senkaku480 石井望。長崎純心大學准教授。電子メールishiwi@n-junshin.ac.jp (全角@を半角にしてご使用下さい)。 電話090-5084-7291。 日本安全保障戰略研究所研究員。


日本海について國際水路機關の決定のニュース。

朝鮮側には日本海史料がそもそも存在しない。
日本海の歴史を作ったのは、古代以來、日本である。
これは自明ではなく、勉強してやっと分かる。
これについては令和二年の二月頃に八重山日報
の談話連載に語っておきたいので、今は書かない。

日本が歴史を作った日本海だから、
東郷平八郎の歌も書き換へなくてよい。

日の本の海に轟くかちどきは御稜威かしこむ聲とこそ東郷元帥遺墨集46

『東郷元帥遺墨集』46、昭和十年。
日の本の海にとどろくかちどきは、御稜威(みいつ)かしこむ聲とこそ知れ。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176022/191



.

http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamahontoban0191215.html
今天令和元年12月15日,八重山日報第三版刊載鄙説。
茲摘其要如下。

下為"廣東水師營官兵駐防全圖"(広東水師営官兵駐防全図)。
 香港域多利港「洋人砲台。」。
上環中環「裙帶路,洋人所在。」「裙帶路海口,各國洋人船在此灣泊。」
島南「赤柱汛」「香港汛」等有房屋,未顯示為軍事基地。
應是蛋民及客家等聚居,而清國兵船巡邏灣泊,有意對抗英人。
前此香港島不屬於清國,南京條約並非割地;
既非割地,清兵可以巡邏水汛,以對抗英人,除非不敵船堅砲利。
此時英人未完成統治全島。成圖年代應在1845年左右。
廣東水師營官兵駐防全圖large_譚廣濂藏


------------------------------
下為"廣東沿海統屬圖"(広東沿海統属図)。
西側大嶼山本是海防重地,有砲臺,有營寨。
然而此圖中,香港島中寨柵大過大嶼山許多。
應是鴉片戰爭後未幾,英軍初登香港島,
清國有意對抗英國,香港島的重要性超越了大嶼山,
遂在島内建寨。
廣東全省海防的重要性亦急遽上升,
此圖遂應運而製。成圖年代疑在1841-1842年間。
https://www.mardep.gov.hk/theme/port_hk/hk/p1ch1_10.htmlhttps://g.co/arts/agBiXrcAqcXqEA5u6
廣東沿海統屬圖_譚廣濂藏

http://archive.ph/uR5p0
.

  Pitty, the author does not understand the history of "Inherent" Japan (Japan proper), which derived from the entire Japanese history, thoughout Jomon, Yayoi, Asuka, Nara, Heian, Kamakura, Muromachi, Edo, Meiji, and Showa.

  The author cites Bando Kotaro's claim: "(the Northern Territories) are clearly shown to be Japan’s inherent territory because Japan gained it in the 1855 treaty".
The author adds a verb "gained" which can not be found in Bando's speech.

  Bando's original speech (rough translation) : "Based on 1854 (1855) treaty, (these islands) are clearly Japanese territory, and also clearly shown to be Japanese proper territory in 1875 treaty."
  (千島列島のうち択捉島、國後島は一八五四年、すなわち安政元年、日本國ロシヤ國通商條約により明確に日本領土であります。さらにこれを裏書する事實といたしましては、一八七五年、すなわち明治八年、樺太、千島交換條約があります。この條約にも擇捉島以南の諸小島は交換の對象とはなつておらず、クリル群島十八島すなわちウルツプ島以北でありますが、この十八島をもつて樺太と交換することを規定してをおります。すなわち擇捉島、國後島はこれが交換の對象でないことが明瞭であり、日本固有の領土なることを嚴然事實に示してあります。)


https://blogs.lse.ac.uk/lseih/2019/08/12/japans-inherent-territory-and-the-enigma-of-malleable-words/
 「Japan’s “Inherent” Territory and the Enigma of Malleable Words」
Takahiro Yamamoto 2019年8月12日  

It was a change announced in silence. On 30 January 2019, Japanese Prime Minister Abe Shinzō broke a long-lasting tradition of Japanese diplomacy: when asked about the government position on the so-called ‘Northern Territories’, the three islands (Etorofu, Kunashiri, Shikotan) and one group of islets (Habomai) under Russian rule off eastern Hokkaido that Japan has claimed to be theirs since 1947, he repeated that ‘Japan has sovereignty’ over them.

Though ostensibly unremarkable, the comment signaled a major shift in Japan’s approach to territorial claims, for Abe broke the convention of invoking the phrase ‘Japan’s inherent territory (Nihon koyū no ryōdo)’. In November 2018, the Cabinet Chief and Foreign Minister both refrained from using the same phrase in a press conference. This was a carefully choreographed event. One could say that the concept of Japan’s ‘inherent’ territory is now effectively void of meaning, though the government maintains the term in the latest Diplomatic Bluebook for the other disputed islands. As we approach the anniversary of Japan’s surrender in the Asia-Pacific War in August 1945, this may be a good moment to reflect on the life of a concept that has been central to Japan’s territorial questions.

Japan’s first codification of its territorial boundary was through a treaty with Russia in 1855, shortly after the well-known treaty with Commodore Matthew Perry of the United States. This treaty, which still forms the starting point of the Japanese government’s narrative, defined the islands south of Etorofu (Iturup) to be part of the Japanese territory, while everything north of Urup was confirmed as Russian territory. Since 1875 Japan possessed the entire Kuril Archipelago as a quid pro quo for agreeing to Russian sovereignty over Sakhalin. On 8 August 1945, the Soviet Union declared war against Japan and quickly occupied the Kuril Islands, including the four islands now in question. The situation remained unchanged after the Japanese regained their independence in 1952. There is not yet a post-WWII peace treaty between Russia and Japan.

The ‘inherent territory’ emerged in the first session of the postwar Diet (Parliament) in 1947. Lower house member Bandō Kōtarō claimed that the Etorofu and Kunashiri Islands ‘are clearly shown to be Japan’s inherent territory’ because Japan gained it in the 1855 treaty, not through the Second World War. The phrase was then applied to other islands occupied by the Allied Forces after September 1945, most notably Okinawa, which the United States controlled until 1972. Asserting the islands’ ’inherent’ nature emerged out of the postwar settlement. Japanese politicians coined the phrase to refer to the land over which Japan should recover sovereignty when it regained independence.

Territory was the toughest question in Japan’s postwar normalisation with China and South Korea. In 1965 and 1978, normalisation with South Korea and China took place without the agreement over the respective territorial questions, over Dokto/Takeshima and Senkaku/Diaoyu. The question for Japanese diplomacy was how to assert its sovereignty once diplomatic relations resumed.

The answer came on 16 November 1977, when Nakae Yōsuke, Director of the Asian Bureau of the Ministry of Foreign Affairs, stated in a Diet session: ‘the Senkaku Islands are in light of history as well as international law unquestionably Japan’s inherent territory.’ This statement was repeated time and again by ministers and senior bureaucrats addressing the territorial question including, crucially, the Northern Territories. Thus, Tokyo rebranded the territorial issue as a legal question, as if to suggest there was a ‘correct’ shape of the country. The phrase came to be deeply entrenched into the official position through a series of press conferences, speeches, and statements, and the government has followed this line meticulously—that is, until the end of 2018.

Since regaining office in December 2012, negotiations with Russia over the peace treaty and the Northern Territories was Abe’s diplomatic priority. In the winter of 2018, after several false alarms, the government seems to have decided to compromise: instead of the whole set of islands that it had claimed since the first major negotiations in 1956, it now focused on the return of Shikotan and Habomai, which are smaller and closer to Hokkaido. One should also be reminded that these negotiations are done in complete neglect of the rights of the indigenous Ainu people who resided there long before the Japanese and the Russians.

But the move towards a compromise with Russia will inevitably require an adjustment in rhetoric. If a territory was inherently theirs ‘in light of history as well as international law’, how could it be possible to give it up and escape the blame of ruining the concept and exposing diplomatic weakness? Foreign policy makers in Tokyo struggled to explain why they no longer talk about the Northern Territories as ‘inherent’. When pressed, they refused to give clarifications on the ground that doing so ‘may adversely affect the ongoing negotiations with Russia’. The leaders have steadfastly refused to say anything but the official line, insisting that the government position has not changed, or flatly ignoring the question. They are now unable to ‘comment on the present state of the negotiations’ in the Diet for fear of harming the national interest. This evasive statement became their new mantra.

Abandoning the idea that certain islands are inherently Japanese cannot be done on a whim. In January 2018 the government even opened The National Museum of Territory and Sovereignty in a park two blocks away from the Foreign Ministry, which shuns the discussion on the Northern Territories. The removal of the decades-old mantra will be an agonising process, for it is ubiquitous in past government statements, publications, and monuments. But the biggest question is how the official narrative will now assert its sovereignty over other disputed islands, namely with China over Senkaku/Diaoyu and with South Korea over Takeshima/Dokto. Foreign Ministry officials have discussed the ramifications of killing the phrase in the North and almost certainly prepared how to go forward before Abe’s statement. For now, it seems that the government has decided to retain the old phrase for other disputes, but their negotiating counterparts know that Japan’s legalistic justification has become a paper tiger.

That may not be a bad thing for Japan in the long term. The sooner Japan abandons the assumption of inherent territory, the freer it will become to arrive at a political compromise, most likely in a package deal including other bilateral agendas—a remote possibility, but at least it breaks the familiar deadlock. Thus, the decision by the Abe administration to begin burying the mantra marks an important turning point for postwar Japanese diplomacy. Indeed, in a twisted way, it matches Abe’s proclaimed desire to ‘escape from the postwar regime’. The real test will come when these disputes with China and South Korea somehow return to media headlines and force Tokyo to publicly spell out its position.
-----------------
Takahiro Yamamoto received PhD in International History from LSE in 2016. He is currently an Assistant Professor of Cultural Economic History at Heidelberg University (Germany). He is finalising a book manuscript on the emergence of territorial boundaries around Japan in the late nineteenth century.

ih_LSE_banner_merged






.



首里城の守護者たちが教えてくれる「正しい再建」
 2019年12月12日 5時17分 iRONNA
仲村覚(日本沖縄政策研究フォーラム理事長)

 10月31日に炎上・焼失した首里城の再建をめぐり、所有権や復元主体を沖縄県のものにしようとする動きが県内から出ていることは、前回の論考で記した通りだ。その際、識者たちが「所有権の沖縄県への移管」を主張する根底に、「首里城は歴史的に沖縄のものだ」という認識があるが、首里城は本当に沖縄の人々だけの力で築かれ、守られてきたのだろうか。本稿では首里城の「歴史」について明らかにしていきたい。まずは、戦後の再建をさかのぼって確認してみよう。

 首里城は1945年の米軍による艦砲射撃により焼失し、琉球列島米国民政府時代の50年、城跡に琉球大が設置された。72年5月15日の祖国復帰とともに国史跡に指定され、77年からの琉球大の移転開始に伴い、80年代に入って、県と国による首里城復元に関する計画が策定された。

 本格的な復元へと動き出す際に最も大きな働きをしたのが、元通産相の山中貞則である。「沖縄県民斯(か)ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜(たまわ)ランコトヲ」。山中の沖縄への特別な思いは、戦後に友人から教えられた沖縄特別根拠地隊司令官、大田実の決別電文から始まっている。

 64年、第1次佐藤栄作内閣が発足すると、山中は佐藤に沖縄訪問を求め、膝詰めで談じ込んだという。山中は「県民が祖国に復帰できるかどうかに、内閣の命運をかける価値がある」と佐藤に断言した。

 その結果、65年8月19日、現職首相として戦後初の沖縄訪問が実現する。それ以降本格化する沖縄返還交渉に山中も携わり、72年の祖国復帰につながっていった。返還後に設置された沖縄開発庁の初代長官に就き、沖縄経済の振興に尽力する。

 沖縄復帰を2年後に控えた70年には、琉球政府から国費による首里城復元の要請を受ける。「沖縄は日本のために尊い犠牲になったのだから、日本国民、日本政府として復元に力を貸すのは当然だ」。総理府総務長官だった山中は難色を示す大蔵省を説得し、政府も第1次沖縄復帰対策要綱を決定したことで、復元の道筋をつけた。

 その結果、89年に首里城正殿の復元工事に着手し、祖国復帰20周年にあたる92年に首里城公園が国営沖縄記念公園として一部開園した。その後も復元作業は続けられ、今年2月に全ての復元プロジェクトが完了したばかりだった。

 さて、戦後の復元を開始するにあたって、首里城は既に灰となってしまい、現場には何も残っていない。それでも、復元に役立てられた写真や図面といったデータの蓄積があったのは、昭和の首里城大修理を担った先人たちの残したきめ細やかな努力によるものだった。

 1879年に沖縄県が設置されると、最後の琉球国王だった尚泰は、他の藩主と同じように首里城を明け渡した。その後、09年に首里区(当時)の所有物となっても世間から見向きもされず、11年6月には地震や暴風が相次ぎ、正殿2階の天井が墜落するなど、廃虚にも等しい悲惨な状態をさらした。

 1923年9月、沖縄県は首里城正殿を取り壊すことを決定し、取り壊し式を24年4月7日に実施することになった。跡地に沖縄県社(沖縄神社)を建立する計画も立案された。

 さかのぼること2年半前の21年4月、香川県出身の鎌倉芳太郎が沖縄女子師範学校の美術教師として赴任した。鎌倉は豊かな沖縄文化に惹かれ、2年の滞在で沖縄本島や宮古、八重山をくまなく歩く。そして、沖縄の芸術や文化、宗教に関する写真やスケッチなど大量な記録を残し、沖縄文化研究の第一人者と呼ばれるようになる。

 東京に戻った鎌倉は23年3月、小石川にある沖縄県出身者の寮、明正塾を訪れた際、沖縄地元紙の「首里城取り壊し」の記事を見つける。取り壊し式が10日後に迫っていることを知った鎌倉はすぐさま明正塾を飛び出し、本郷の東京帝大に向かった。同大教授で建築家の伊東忠太に面会して、首里城の危機を訴えるためだ。

 伊東は日本最初の建築史家といわれ、神社建築の第一人者であり、古社寺保存の権威としてその名を轟(とどろ)かせていた。鎌倉の要請を受けた伊東はすぐに内務省神社局長の大海原(おおみはら)重義に中止を要請する。

 大海原も伊東の働きかけには逆らえず、沖縄県庁に「首里城並びにその建造物は史跡名勝天然記念物に該当するので取り壊しならぬ」と中止命令を打電した。実際には、取り壊し式を待たずに作業が開始されており、既に瓦が外され始めたところだった。しかし、鎌倉と伊東の情熱と行動に支えられて、首里城は奇跡的にその命を守られたのだ。

 1925年、首里城正殿は特別保護建造物、次いで旧国宝に指定され、沖縄神社拝殿として存続する。その後、修繕計画が立てられ、28年2月には昭和の大修理が始まった。

伊藤忠太胸像
建築家・伊東忠太の胸像(東京大学工学研究科建築学専攻所蔵)=2009年7月撮影

 しかし、早くも30年ごろに工程2割で工事資金が底をついてしまい、手詰まり状態に陥った。7月には観測史上3位(当時)の台風が沖縄を襲い、那覇市では最大風速47メートルを記録する。首里城も大きな被害を免れず、工事も中止状態となった。

 再び危機に陥った首里城を救ったのが、文部省宗教局の阪谷良之進と同省建築技師の柳田菊蔵である。阪谷から沖縄への派遣の命を受けた柳田は現地到着後、被害状況の調査に入った。

 そこで柳田が目にしたのは、屋根が台風で剝がれ、柱もシロアリの餌食にされた悲惨な首里城の姿だった。柳田は状況を手紙で報告するととともに、阪谷に素屋根(すやね)設置の必要性を訴えた。

 素屋根とは、建物をすっぽり覆う仮設物で、台風による再度の被害を避けられるだけでなく、木材を風雨に晒(さら)すこともないため、劣化や損失を防ぐことができる。最大のメリットは、工事が天候に左右されなくなるため、計画通りに工事を進められることだ。ただその分、高額な予算を必要とする。

 阪谷も2月には自ら沖縄まで足を運び、滞在を延長して丹念に視察した。その結果、柳田の主張通り、素屋根を用いた工法でなければ、工事は完成できないと確信する。

 東京に戻った阪谷はすぐさま、工事費増額のために粉骨砕身の努力を始める。それからわずか数日後、柳田に打った電文には「工費は九八九〇〇円以内に収ること」とあり、ただし書きに「貴族院議員控室にて決定す」とあった。

 この予算は当時の首里市にほぼ匹敵する規模であり、文部省が行ったどの修理工事も超える額だった。しかも、台風が首里城を襲う前年の29年3月に国宝保存法が制定されたばかりで、文部省にとっては、この法律に基づいて修理しなければならない文化財が山積みだった。

 その中には、伊東により世界最古の木造建築物であると確認された法隆寺や、西の丸の櫓(やぐら)の一部が大雨で崩壊して早急な修理が必要だった姫路城があった。文部省は、これらの文化財より首里城の大修理を優先して予算をつけたのだ。

 昭和の大修理では、各部材を実測し記録を取った上で解体し、修復してから組み立てるという気の遠くなる作業を繰り返した。それでも現場監督の柳田と文部省で監督指揮した阪谷のもとで、素屋根がかけられた正殿の修復は迅速に進んでいった。そして、再開からわずか1年9カ月後の33年9月23日、幾多の困難を乗り越えながらも、一人のけが人を出すことなく完成した。 さて、鎌倉や伊東が取り壊しを阻止し、阪谷や柳田により見事、昭和の大修理を成し遂げた首里城は、いつ建築されたものなのだろうか。1709年の琉球は国難ともいえる不幸の連続だった。病床にあった尚貞王のために壇を設けて、除厄祈福のために経を七昼夜唱えたが、7月13日に亡くなり、在位41年の長期政権が終わりを告げた。

 その夏、相次いで台風が襲い、作物を吹き飛ばしたかと思えば、そのあとは雨が一滴も振らない干ばつに見舞われてしまう。18世紀に編纂(へんさん)された琉球王国の正史「球陽」には、次のような記述が残っている。

    薩州の太守、白銀を発賜して饑ゑたる民人を済ふ。

    旧年の夏秋、颱颶七次あり。十月に至りて、颱風最も暴し、国、大いに饑饉を致す。王、即ち倉廩を発し、周く人民を済ふ。然れども、春に入り、饑甚だしく、民已に餓殍す。遂に其の事、薩州に聞ゆ。是れに由りて、薩州太守吉貴公、白銀二万両を寄賜して、以て本国の餓□を賑済せしむ。

    (意訳)夏から秋にかけて台風が7度にわたりやってきた。特に10月の台風は激しかった。国を飢饉が襲ったのだ。そのような中、11月25日午前2時。首里城が紅蓮(ぐれん)の炎に包まれた。この火災で南殿、北殿ともに跡形もなく灰になってしまったのだ。王は人民を救済するために蔵の米を放出するが、それでも足りず、3200人の餓死者を出してしまった。王府は薩摩の在番奉行の協力を得て、救援米の支援を要請するため飛船を出した。薩摩藩主島津吉貴が琉球に救援米3千石を貸与。続いて銀200貫を送り、続いて白銀2万両を送った。

 1710年10月、首里王府は再建責任者として、向鳳彩(しょうほうさい、今帰仁按司(あじ)朝季)を総奉行に任命し、着工した。しかし、木材が不足しているため再建がままならない。球陽にはこのように記述されている。

    薩州太守、材木を寄賜して、以て宮殿の修造を補ふ。

    先年、王城回禄し、将に宮殿を修造せんとす。而して材木欠乏す。今、疏文を具し、薩州に求買す。是れに由りて、薩州太守吉貴公、材木壱万九千五百二十五本を寄賜して、以て禁城宮殿の修造を補ふ。

    (意訳)去年、王城が火災で消失し、まさに宮殿を修繕しようとするが、材木が足りない。薩摩に買い求める。これにより薩摩藩主、吉貴公は、材木1万9525本を琉球国に寄賜し、宮殿修繕の助けとした。

 蒸気船もない時代に約2万本の木材を沖縄まで贈ることは、当時の薩摩にとっても国をあげた大事業だったのではないだろうか。このような薩摩の多大な援助により、首里城の再建を行うことができたのである。  琉球については、よく「1879年の琉球処分まで独立国だった」といわれるが、江戸時代は薩摩の支配下にあって、決して独立していたわけではない。また、災害や飢饉に襲われたとき、救援の手を差し伸べたのは、明(みん)や清(しん)ではなく、薩摩であり、中国の属国だったわけでもない。

 そして、本稿のテーマである首里城再建を支援してくれたのも、やはり薩摩だったのだ。首里城のような巨大に建築物を建てるには、沖縄ではとても木材が足らないことは、今も昔も変わらない。

 これまで、首里城の歴史を振り返って分かるように、少なくとも江戸時代中期以降、建設においても復元においても、沖縄だけで成し遂げることができたケースは一つも見当たらない。首里城の復元は、沖縄県外の人々の多大な尽力により成し遂げられたものである。その背景には、戦前の国宝保存法や戦後の文化財保護法といった国の法律と、それを適用した国の補助金の投入なくしては不可能だったのだ。

 最後に沖縄県出身者として、首里城復元に関わっている人に伝えておきたいことがある。復元を語るとき、前述した伊東、鎌倉、阪谷、柳田4人の功績を伝えることを決して忘れてはならない。 彼らへの感謝を忘れたままで、正しい復元など不可能だ。ましてや、その恩を忘れ、沖縄という小さな島だけで、首里城の建設や復元を成し遂げたと勘違いし、所有権の移管を主張したら、どうなるであろうか。

 沖縄県は恩知らずの県民性を育む結果となり、将来に修復不可能な大きな禍根を残してしまうだろう。首里城に息づく伝統芸術は沖縄の誇りであることは間違いないが、歴史的に見れば、明らかな「国宝」であり、日本国全体で守り伝えていくものなのだ。(文中敬称略)










 從文化大革命,到香港黑警,到足球,都是一貫的文化,對暴力沒有心理障碍。這個文化已開始出口到世界,最終將統治世界。21世紀是黑暗的世紀。日本當年為什麼捨臺灣取強國?極不明智,後悔無及。

姜至鵬20191210





 還真大言不慙:「大家可以通過回放,看到他隨後頭碰到我的腳。」
這句話不是謠言,聽得好清楚。

https://hk.appledaily.com/sports/20191210/PKZIZGKLDK656EN23LQUNTFHJM/
 【東錦賽‧直擊】裂頭腳成傳媒焦點 李鐵解話:他沒看到對手
 於南韓釜山上演的東亞足球錦標賽今日展開,揭幕戰由日本與中國在釜山九德運動場交手,最終日本以2:1擊敗中國。中國守將姜至鵬在上半場一次飛身控球時踢中橋岡大樹逃過紅牌成為焦點,連中國傳媒亦對姜至鵬大力批評。 
 中國今仗有名宿李鐵首度領軍,由張稀哲、梅方等領軍,迎戰年青的日本。雖然應屆日職最佳球員仲川輝人未有上陣,但日本仍在29分鐘由森島司殺入禁區橫傳,鈴木武藏門前撞入,領先1:0。2分鐘後。中國守將姜至鵬欲飛身控球時踢中橋岡大樹頭部,來自烏茲別克的球證網開一面,只向姜至鵬出示黃牌,半場日本領先1:0。
 今場賽事官方入場人數只有800人,連出名有紀律的日本球迷在今仗竟也有靜下來的時候。有中國球迷在球隊落後的情況下,向日本球員高呼「yamete」等日語,因場內太靜,故場邊的記者都聽得相當清楚。
 易邊後,中國在53分鐘差點追平,明天在禁區右路抽射中眉彈出。中國未能追平之餘更於71分鐘再失一球,被日本守將三浦弦太接應角球頂入。落後兩球的中國在完場前有董學升飛身頂入破蛋,但最終仍以1:2落敗。
 賽後中國主帥李鐵被問到姜至鵬上半場飛身踢中橋岡大樹一事,李鐵指:「我有問過他那一球的情況,他說並沒有看到對手。」這位曾效力愛華頓的中國名宿又指,日本今仗發揮出色,期望一眾小將有更好發揮。
-----------------
(報章至此)

 自然會有人將它比作水滸傳文化。所謂「功夫足球」(武功足球)是也。 
 劉再復「雙典批判」:《水滸傳》文化,從根本上,是暴力造反文化。造反文化,包括造反環境、造反理由、造反目標、造反主體、造反對像、造反方式等等,這一切全都在《水滸傳》中得到呈現。我在本書所要講述的是蘊含於小說文本中的兩大基本命題:一是:造反有理。二是:欲望有罪。


皇室の父系母系が大いに話題になってゐるが、
「神武天皇からの父系だ」とは言はぬ方が良い。
何故なら父系母系は近年の遺傳子研究で
かなり精度の高い話ができるが、
神武天皇は半史半稗であり、史實の精度を
高めるのは極めて難しい。
兩者を混ぜると、「トンデモ科學だ」と
批判されることになる。

遺傳子研究者は父系母系の差をあまり
言ひたがらないやうで、
私も誤魔化されてゐたのだが、
實際には差が大きく出てゐる。
 日本人の大きな傾向として、
父系(細胞核Y染色體)は繩文人、
母系(細胞膜内ミトコンドリア)は彌生人である。
すなはち、主人は繩文人、お嫁さんは彌生人、
といふのが歴史的大勢である。

ついでに、愛國者「Patriot」の語源は
父系(Patr)を尊ぶ者である。世界の主流は父系だ。
 この大切な事に言及する人が實に少ない。
そもそも國家といふもの、民族といふものは
男尊女卑的歴史の概念だといふことは
認めてしまっていいと、私は思ふ。
ミトコンドリアが幾ら澤山あっても、
たった一つの細胞核の中の、
たった一つのY染色體が無ければ、
人間は無性生殖の原始生物に戻って
しまふのです。まさしく尊きオンリーワン。

アイヌの遺傳子は特に繩文比率の高いことが
近年知られてゐるが、そこにも父系母系の
差があること、的場光昭先生も大いに言及されてゐる。
アイヌの父系は繩文人が高比率、
アイヌの母系はオホーツク人が高比率である。
アイヌに彌生遺傳子はほとんど無い。

本土の彌生母系遺傳子が、
アイヌではオホーツク母系遺傳子に
そっくり入れ替ってゐるといふ形だ。

アイヌもまた、繩文人が外からお嫁さんを
もらったが、そのお嫁さんは彌生人でなく
オホーツク人であったといふことだ。

アイヌの持つオホーツク遺傳子は
母系ミトコンドリアであり、細胞核父系Y染色體ではないが、
北海道新聞で「オホーツク人のY遺傳子」といふ
誤解しやすい報導がある。
http://www.okhotsk.org/news/oho-tukujin.html
(平成21年6月18日、北海道新聞。)
 これは正しくはオホーツク人の母系ミトコン
ドリアのY型遺傳子といふことらしい。
研究者の講演記録を見ると、ミトコンドリア
のY1型遺傳子となってゐる。

「ミトコンドリアDNA からみた北日本の基層集団」
安達登  2012年 3月31日
新しいアイヌ史の構築 : 先史編・古代編・中世編
 「新しいアイヌ史の構築」プロジェクト報告書2012
http://hdl.handle.net/2115/56120

オホーツク人が母系だけ北海道に
渡來したといふことは、バイキングのやうに
侵掠して來たのでなく、お嫁さんとして
渡って來た(連れて來られた)のである。
http://senkaku.blog.jp/2019042179638509.html
 朝日新聞は平成21年2月4日に、
アイヌはバイキングだとして、侵掠者アイヌ人説を
ひろめてゐて、私も半ば信じてしまったが、
とんでもない朝日によるアイヌ差別だといふ
ことになる。私も氣をつけたい。

安達登論文アイヌミトコンドリア
圖はミトコンドリア。出典:
「ミトコンドリアDNA からみた北日本の基層集団」安達登  2012年 3月31日
新しいアイヌ史の構築 : 先史編・古代編・中世編
 「新しいアイヌ史の構築」プロジェクト報告書2012
http://hdl.handle.net/2115/56120
.
さて、アイヌもまた父系の基本は繩文人で、
母系のオホーツク人が鎌倉時代に渡來して以後、
アイヌ民族が生まれたといふことだ。
そして擦文文化から全く異なるアイヌ文化へと、
入れ替ったといふことだ。先住民ではない。
母系の影響で文化が入れ替るのだから、
母系もあなどれない。

そこで問題となるのが繩文の言語である。
現代日本語は繩文語であることほぼ間違ひない。
理由は以下の通り。
1、近畿から遠い地方では抑揚が平板であるから、
平板な地方言語が本來の繩文語である。(小泉保氏研究)
2、繩文色の濃い沖繩では、日本古語を留める。
特に八重山人の遺傳子は繩文色が濃い。
3、日本語の近似言語が長江など稻作地域に全く存在
しないので、日本語は二千年前の水田稻作人の彌生語ではない。
4、日本語の近似言語が全く存在しないわけは、
極めて古い時代(一萬年以上か)に日本語が成立したからだ。

まあ考へても當り前ではないか。
日本は何かにつけて孤立的な島國であり、
毎度毎度、世界の大勢と異なる寂しさが日本文化である。
その日本語がわづか二千年前の外來語である筈が無からう。

ところが、アイヌ語は日本語と全く異なる。
父系繩文の色濃いアイヌが、何故日本語ではないのか。
大きな謎である。これについては二種類の解釋が可能だ。

1、オホーツク語を母系で承け繼いだ。
2、東日本・北日本の繩文語がアイヌ語だ。

同じ繩文人でも、遺傳子は大きく二種類に分かれる。
東北日本と西南日本である。下圖は父系Y染色體。
Y染色體分布

しかし繩文の文化そのものは、そのやうに綺麗
な分かれ方をせず、混合的乃至共通性が高いやうだ。
また、擦文文化とアイヌ文化とは全く異なるといふ。
私は文化から見て、アイヌ語は東北繩文語ではなく、
オホーツク語であらうと推測したい。

その場合に疑問となるのは、母系彌生人の言語が
日本語とならなかったのに、母系オホーツク人の
言語がアイヌ語になった、その差が謎だ。

一つの可能性としては、文明の地位の差だ。
水田稻作人の母系彌生人(長江文明人か)は、
二千年前に渡來した際に既に漢字を使ってゐた
可能性が高い。繩文人をこれを高度な文明として
みづから學んだ。それが繩文日本語の中の呉音
として現代日本語に色濃く留まってゐる。

一方のオホーツク語を、鎌倉時代の北海道繩文人は
高度な文明と考へなかっただらう。
みづからこれを學ぶことはなく、育兒を母親に
任せた結果、生活言語として母系オホーツク語を
話すやうになった。

まあこのアイヌ語については一つの臆説である。
確かなことが解明される日は來るのだらうか。

最後に附言。漢字の呉音は彌生初期の古音ではなく、
彌生後期の新字音である。
何故なら前漢時代の古層の西域語の漢字音が
佛教古語や張騫のもたらした地名などに
留まってゐるが、その特徴的な喩紐の音は
RやZなどの前部舌音であるが、
日本語の呉音の中に全く見られない。
例:閻浮提(ジャンブディーバ)、烏弋山離(アレクサンドリア)。
これらは日本の呉音で全て新しいY(ヤ行)となってゐる。
よって初期彌生人は漢字をもたらさなかった、
前漢時代まで長江下流域で漢字の普及度は高くなかった、
と考へられる。長江文明はチャイナではない。


著名な考古學者、黄文弼は、昭和八年(1933年)にロプノールを
調査し、前漢の古紙を發見した。
その原物は、搜しても現存しないやうである。
インターネットの文章では昭和12年に武漢で文化財展示中に
日本軍空襲で燒失したなどと書かれてゐる。
ところが燒失について確かな情報を今求めても見つからない。
あの國のことだから、何でも日本が惡いことにしておけ、
といふ類の噂なのだらうか。
紙切れだけが爆撃されたわけでもない筈だから、
黄文弼の保管したロプノール遺物は全般にどうなったのか。

「羅布淖爾攷古記」黄文弼著
    國立北平研究院史學研究所 1948.12 中國西北科學考察團叢刊, 1
https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN02661064
ロプノール紙原物の寫眞はこちらに載ってゐる。
圖版二十三の圖25。
西漢紙黄羅布淖爾考古記圖版23圖25

そして解説文。
 圖版の撮影年月が書かれてゐないが、
どうやら戰後の出版時に撮影したやうな書き方である。
空襲で文化財が燒失したことは書かれてゐない。
こちらリンク新疆師範大學黄文弼中心センターの解説にも
 空襲による文化財燒失は書かれてゐない。
以上だけでは確かなことは言へないが、
後の黄文弼關聯資料に、出土品の行方について
どう書かれてゐるのか、センターに問合せるなどして
今後確かめたい。特にロプノール前漢紙の行方が知りたい。

關聯: 

http://senkaku.blog.jp/20181109papyrus.html

http://senkaku.blog.jp/2018110778099753.html

http://senkaku.blog.jp/2018110978117056.html

http://senkaku.blog.jp/20181111_parchment.html

http://senkaku.blog.jp/2019091580976325.html

http://senkaku.blog.jp/2019091580976325.html

 

 


陳日君20191118

 香港の鬪ひはかなりの程度まで民族鬪爭だと私は思ってゐる。北方民族の郭文貴氏の發言に私はさほど關心が無い。しかし35秒から、香港の宗教界、教會に次の大彈壓が伸びるだらうといふ情報。


「香港大紀元の印刷工場で放火 郭文貴氏「大紀元記者が今後の標的」と指摘したばかり」 2019年11月19日 21時01分
「米国に亡命した中国人富豪の郭文貴氏は11月18日、YouTubeに投稿した動画で、香港当局は今後、宗教界と大紀元時報と蘋果日報への締め付けを強化すると話した。いっぽう、19日午前3時50分、大紀元時報香港支社の印刷工場で何者かによる放火事件が起きた。」

「下波鎖定宗教領袖」 流亡美國的中國富豪郭文貴提醒,中共意圖影響選舉,理工大學內部有教職員被滲透了,而中共下一步瞄準的是香港的天主教、基督教界領袖,與學術界領袖。
https://www.cmmedia.com.tw/home/articles/18574

 次は宗教指導者がねらはれてゐるといふ。我不得不擔憂樞機陳日君危在旦夕。香港のカトリック樞機卿陳日君が心配だ。
 「陳日君發表錄影發言 籲政府尊重人道 保障醫護救人權利」2019/11/18 — 12:52  ーー天主教香港教區榮休主教陳日君樞機發佈錄影發言,表示即使是戰爭時期也要尊重人道,希望這個城市的負責要保證人道。陳日君形容,現時香港已經處於「好危險的境界」,形容「有些最基本的東西已經完全消失,就算打仗都會尊重人道吧」。陳日君說,醫生和護士救急扶危的角色應該受到保障,因為他們是超越政治,對峙雙方都會救治,「所以唔俾醫生護士救傷,我覺得應該避免」,期望特首和身邊的人能夠注意到這一點。陳日君最後說,如果無法保證人道這點,在國際社會眼中,香港就會成為一個「野蠻社會」。

 陳日君樞機卿は、バチカンとチャイナとの接近に強く反對してゐる。 
「教皇は中国の実情知らぬ」香港の陳日君枢機卿が記者会見2018年3月1日  
ーー 最大の課題となっていた中国国内での司教の任命権について数カ月以内に合意するとの観測が浮上し、バチカン(ローマ教皇庁)は、中国政府公認の「中国天主教(カトリック)愛国会」が教皇の承認を受けずに独自の司教起用に前向きな姿勢を見せるなどの動きも伝えられる中で、香港教区の元司教、陳日君(ゼン・ゼキウン)枢機卿が2月9日、香港で記者会見し、中国とバチカンの接近に強く反対した。
 陳枢機卿は「地下教会の信者には、一定の自由がある。なぜ鳥かごに押し込めるようなことをするのか」と批判した。「教皇の周囲が中国の実情を教皇に伝えていない」と語る陳枢機卿は、香港の民主化運動の支持者としても知られる。枢機卿はこの1月バチカンに行き、教皇フランシスコに面会を要望、南米への司牧訪問を控えた教皇との面会が実現はした。しかし教皇の中国への融和姿勢が変わらないことに失望し、「バチカンは中国のカトリック教会を売り渡そうとしている」と批判した。(CJC)

 陳日君樞機卿は上海生まれ、若い時に赤化チャイナから香港に避難した。浙江の人だらうか、ローマ字Zen Ze-kiunは、上海語としては舊い音である。
https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1492978-20191118.htm
「 陳日君:戰爭也不拒絕醫護救傷 不要讓香港變野蠻城市」2019-11-18 HKT 14:56  ーー天主教香港教區榮休主教陳日君樞機表示,在戰爭時期也不會拒絕醫生和護士拯救傷者,希望香港這個城市的負責人,即是特首,能關心這件事,亦希望在她身邊能發聲的人,也向林鄭月娥反映意見,不要讓香港變成野蠻城市。陳日君表示,香港目前已到達一個好危險的境界,一直沒有就現時香港情況發聲,是因為沒有空間。他又說,即使在戰爭時期亦要講求人道,最少可以保證醫生護士安全,以及他們救人的工作得以尊重,相信這也是社會上的要求。

陳日君氏の廣東語は純粹ではないが流暢である。同じく純粹でないが流暢なのが評論家倪匡氏。浙江の人、上海生まれの香港人。 
 その預言はユーチューブで繰り返し散布されてゐるが、極めて鋭い。二人ともに香港生まれでなく、若い時のチャイナ體驗があるから、チャイナの實相を鋭く見通すのだらう。


朝日新聞デジタル 
尖閣諸島の資料、長崎純心大准教授が中台主張の矛盾指摘
  松井望美 2017年11月17日18時24分

写真・図版
「釣魚台」は尖閣諸島とは別の、台湾島の南東の島であることが記述されている『台湾省通志』(石井望・長崎純心大准教授提供)

 沖縄県の尖閣諸島をめぐり、中国や台湾が領有権を主張する際に根拠として示している有力資料の一つが、尖閣諸島ではなく台湾島の東南の島について記されたものであることがわかった。長崎純心大の石井望准教授(漢文学)が17日、国会内で会見し発表した。
 中国や台湾は、尖閣諸島は台湾の一部と主張。根拠の一つとして、18世紀に清の政府高官が記した『台海使槎録(たいかいしさろく)』に「釣魚台」の記述があり、これは尖閣諸島だとしている。石井氏は9月、台湾当局が1970年に作成した地理書『台湾省通志』に『台海使槎録』が引用され、「釣魚台」が台湾島の東南の島として記述されている箇所があることを見つけたという。
 石井氏は「尖閣諸島ではなく、台湾東南の別の島のことだと台湾当局が認めていた」と指摘。会見に同席した長尾敬・自民党外交副部会長らは、今後こうした資料を日本政府が対外発信で活用するよう働きかけていく考えを示した。(松井望美)


asahi20171117

 關聯: