- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

senkaku480 石井望。長崎純心大學准教授。笹川平和財團海洋政策研究所島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。 御聯絡は長崎純心大學(FAX 095-849-1894) もしくはJ-globalの上部の「この研究者にコンタクトする」  http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901032759673007 からお願ひします。 


Ishiwi_Nozomu

Curriculum Vitae              Date prepared: 03/08/2017
ISHIWI Nozomu

1)   Education
1989 Bachelor of Literature, Division of Chinese Literature, Faculty of Letters, Kyoto University

1993 Master of Literature, History of theatre 12c-19c, Faculty of Letters, Soochow (Suzhou) University

1995 Master of Literature, Division of Literature, Graduate School of Letters, Kyoto University

2000 Doctor course completed without degree,  Graduate School of Letters, Kyoto University

2)   Teaching experience
2001-2007   Dedicated Lecturer (recent Chinese), Nagasaki Institute of Applied Science

2008            Dedicated Lecturer (lingua Kanbun or classic Chinese), Nagasaki Junshin Catholic University

2009- present    Associate Professor (lingua Kanbun), Nagasaki Junshin Catholic University

3)  Main activities
2013-2015       Member of Investigation Committee, Center for Island Studies, Ocean Policy Research Foundation (海洋政策研究財團島嶼資料センター調查委員)

2015-present   Member of Investigation Committee, Center for Island Studies, The Sasakawa Peace Foundation (笹川平和財團島嶼資料センター調查委員)

2016-present   Special Researcher of Research Team, Cabinet Secretariat Commissioned Research Project on the Senkaku Islands-related Documents (內閣官房委託尖閣資料特別研究員)

27/06/2016      Lecturer,  "Defend The Senkakus! ", Yoshiaki Harada Political Study Group, at Headquarters of Liberal Democratic Party, Tokyo (尖閣を守れ!原田義昭政治研究會、自民黨本部)

14/01/2017      Lecturer,  The Memorial Ceremony of Senkaku Islands Pioneering Anniversary, Ishigaki City Government, at Ishigaki Civic Hall (尖閣諸島開拓の日式典記念講演、石垣市主催)

13/06/2017      Lecturer,  "What is Going On in Okinawa? --- Public Opinion, the Bases, and the Senkaku Islands",  Association to Convey the Truth About Okinawa,  at Hotel Bristol, Genève      

4)   Main Publications
"Study on Intonational Arrangement in the Syllabary Table Designed by Shim Yak", ISHIWI Nozomu, "Bulleten of the Department of Chinese Literature Fu Jen Catholic University"22, pp.287-322,  2006 (沈約創定紐位高下說、石海青、『輔仁國文學報』第22期)

"Musical Scale of Zi and Kiok Poetry",  ISHIWI Nozomu, "Tamkang Journal of Chinese Literature"17,  pp.48-69,  2007,  Tamkang University(詞曲定調、石海青、いしゐのぞむ、『淡江中文學報』第17期)

"The Circling Method in Syllabaries of Han and Kana Characters",  ISHIWI Nozomu, "Studies in Chinese linguistics"25,  pp.87-99,  2008,  The Chinese University of Hong Kong  (倭漢音圖旋法解、石海青、いしゐのぞむ、香港中文大學『中國語文研究』第25期)

"Big India, Small China", ISHIWI Nozomu, "Chugoku Kenkyu Ronso" (China Research Journal) 11, pp.153-174, 2011,  Kazan Foundation(大印度小チャイナ說、霞山會『中國研究論叢』第11號)

"Hanvun historical documents of Senkaku Tiohisu Islands",   ISHIWI Nozomu,  251pages,  2012,  Institute for Comparative Studies of Culture, Nagasaki Junshin Catholic University (和訓淺解尖閣釣魚列島漢文史料、いしゐのぞむ、長崎純心大學比較文化研究所)

"Guides and Foreigners, Between East and West Borders  :  Respond Prof. Shaw's Article on New York Times",  ISHIWI Nozomu,   "The journal of islands studies"(2)2,  pp.111-127,  2013  (前導者と記録者、東西二界の間にて、ニューヨークタイムズの邵氏の文に駁す、いしゐのぞむ、『島嶼研究ジャーナル』第2卷第2號)

"Senkaku Refutation Manual 100" (Senkaku Hanbaku Manuaru Hyakudai),   ISHIWI Nozomu,  413pages,  2014,  Shukousha Publication(尖閣反駁マニュアル百題、いしゐのぞむ、集廣舍)

"Notes on David Helliwell's The Clashing Rocks" ISHIWI Nozomu, "The journal of islands studies"(3)2, pp.128-137, 2014 (デビッド・ヘリウェル、ぶつかり合ふ岩山、尖閣諸島と2册の航路案内書、附記、『島嶼研究ジャーナル』第3卷第2號)

"Research Kon (Kun) Opera and Folklore, Connect Taiwan and Nagasaki"   ISHIWI Nozomu, "Correspondence of Classic Theatre Research" 9,  pp.328-350,  National Central University, Taiwan  (研究崑曲與民俗、維繫臺灣與長崎、臺灣國立中央大學『戲曲研究通訊』第9期)

"Here Comes the False History Again! Debunking the Fallacy That China Discovered South China Sea Islands Two Thousand Years Ago",  ISHIWI Nozomu,  Taiwan People News (Internet),  22/12/2015  (假歷史又來了!中國發現南海諸島兩千年說之闢謬、石井望、臺灣『民報』網路版)

"Invalid Materials of Modern Senkakus History",  ISHIWI Nozomu, "Chugoku Kenkyu Ronso" (China Research Journal) 15, pp.129-153, 2015,  Kazan Foundation(尖閣現代史料無效說、霞山會『中國研究論叢』第15號)

"Three Discussions on Chogyosho History, Handout materials of The 4th Research Forum on The East China Sea Problem, The Tokyo Foundation & Institute of Japanese Studies in Chinese Academy of Social Sciences" (Chogyosho-shi Sangi),  ISHIWI Nozomu,  64pages,  2016,  self printing(釣魚嶼史三議、東京財團・中華人民共和國社會科學院日本研究所、第四囘東シナ海問題研究會發布資料、いしゐのぞむ自印)

"The Spratly Islands have been beyond the Chinese borders since ancient times------South and East China Sea: It is time to set aside the false history"   ISHIWI Nozomu,  Independent Opinion@CommonWealth Magazine (Internet),  27/06/2016  (南沙自古在界外──南海東海,是時候撇開假歷史了、石井望、臺灣『天下雜誌獨立評論』網路版)

"The Arbitration Tribunal Did Not Refute the Assertion of Latitude Measurement of Gen (Yuan) Empire but Condemn The Taiwan Authorities of China"  ISHIWI Nozomu,  Storm Media (Internet),  24/07/2016  (仲裁庭不反駁元國測緯之說,卻罵中國的台灣當局、石井望、臺灣『風傳媒』網路版)

"Six Articles on East Asia Researching in the Years Heisei 27, 28",  ISHIWI Nozomu, "Junshin journal of studies in humanities" 23, pp.382-329, 2017 (乙未丙申東方學雜録六首、『純心人文研究』第23號)

"History of the Senkaku Territorial Waters",  ISHIWI Nozomu, Nagasaki Junshin Catholic University Graduate School "Studia Humanitatis" 15, pp.63-86, 2017  (尖閣海域史辨妄、長崎純心大學院『人間文化研究』第15號)

"The True History of Senkakus, China Can Not Refute", Sekihei (creator), ISHIWI Nozomu (supervise historical documents), Fusosha Publishing Inc., 2017(石平『中國が反論できない眞實の尖閣史』、いしゐのぞむ監修史料)

5)   Main Presentations  
"Musical Scale of Zi and Kiok Poetry",  ISHIWI Nozomu, "The 10th Literature and Aesthetics, and The 2nd Chinese Thought of Literature and Art International Academic Conference",  22/06/2007,  Tamkang University  (詞曲定調、石海青、淡江大學「第十屆文學與美學暨第二屆中國文藝思想國際學術研討會」)

"Zi (Ci) Poetry Loutousa (Langtaosha) Melody Incorporated in Theatre", ISHIWI Nozomu, "The 2nd Chinese Ci Poetics International Academic Conference",  09/12/2009,  Macau University (詩餘浪淘沙入劇考、澳門大學「第二屆中華詞學國際學術研討會)

"Three Discussions on Chogyosho History" (Chogyosho-shi Sangi),  ISHIWI Nozomu,  25/02/2016,  at Shonan Village, The 4th Research Forum on The East China Sea Problem, Co-hosted by The Tokyo Foundation & Institute of Japanese Studies in Chinese Academy of Social Sciences  (釣魚嶼史三議,いしゐのぞむ,東京財團、中華人民共和國社會科學院日本研究所共辦,第四回東シナ海問題研究會,湘南國際村)

http://worldcat.org/identities/lccn-n2010032114/


.


https://www.jiia-jic.jp/en/
https://www.jiia-jic.jp/en/resourcelibrary/
https://www.jiia-jic.jp/en/resourcelibrary/territory/
http://www2.jiia.or.jp/RYOD/senkaku.php
https://www2.jiia.or.jp/RYOD/
https://www2.jiia.or.jp/
http://www.murc.jp/corporate/cnsl_intl/intl/intl_studies/foreignandsecurity

------ Resource Library    Territory ---------

East Asia and Europen Notion of Territory
    Masaharu Yanagihara
   
Do Not Rush the Territorial Issue
    Akira Kotera
   
The Alleged Title over the Island of Takeshima Invoked by the Republic of Korea*1
    Susumu Takai
   
An Outline of the Territorial Dispute over Takeshima*1
    Takashi Tsukamoto
   
Takeshima*1
    Arata Yokokawa
   
The Takeshima Dispute*2
    Kanae Taijudo
   
Examining the Korean Government's Claims with Regard to Sovereignty over Takeshima: A point-by-point analysis of the official publicity pamphlet "Dokdo, Beautiful Island of Korea" *2
    Takashi Tsukamoto
   
The Creation of a Basis for the Possession of Takeshima by the Korean Government*3
    Yoshiko Yamasaki
   
Fisheries administration in relation to Takeshima*3
    Seizaburo Tamura
   
Issues on the Title of the Senkaku Islands: Analysis of the Viewpoints of Japan and China*1
    Kyoko Hamakawa
   

*1:Rule of Law Series (March 2015) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as part of a research project sponsored by the Government of Japan to promote academic studies on the rule of law. JIIA takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail (jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Rule of Law Series, Japan Digital Library (March 2015), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/rule_of_law.php"

*2:Japan's Territories Series (March 2017) "These articles were translated by Mitsubishi UFJ Research and Consulting (MURC) from Japanese into English as part of a research project sponsored by the Government of Japan to promote academic studies on Japan's territories. MURC takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact MURC by e-mail (info@murc.jp).
Citation: Japan's Territories Series, Japan Digital Library (March 2017), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/japan_s_territories.php"

*3:Japan's Territories Series (March 2016) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as part of a research project to promote academic studies on Japan's diplomacy. JIIA takes full responsibility for the translation of this article. To obtain permission to use this article beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail(jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Japan's Diplomacy Series, Japan Digital Library (March 2016), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/japan_s_diplomacy.php"

*4:Japan and the World Series (March 2017) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as to promote Japanese scholarly works on international relations. JIIA takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail (jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Japan and the World, Japan Digital Library (March 2017), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/world.php"


------------------------



Issues Surrounding the Senkaku Islands and the JapanChina Relationship --A History from Japan's Territorial Incorporation to the Present Day and Contemporary Issues--*1
    Yasuo Nakauchi
   
Territorial Sovereignty over the Senkaku Islands*1
    Toshio Okuhara
   
The Senkaku Islands*1
    Kentaro Serita
   
The Circumstances Surrounding the "Letter of Appreciation," as Seen from the Documentary Records of the Ministry of Foreign Affairs*1
    Ayano Shimabukuro
   
Lecture: The Story of Kuga Doun*2
    Makomo Kuniyoshi
   
What was the extent of the territorial control of Ming Dynasty China? The historical background of Senkaku Islands in historical documents*2
    Yoshiki Mine
   
The Senkaku Islands in the Context of the History of the Modern Fishing Industry in Okinawa*3
    Makomo Kuniyoshi
http://www2.jiia.or.jp/en/pdf/digital_library/japan_s_territories/160414_Makomo_Kuniyoshi_.pdf


Reflections on the Issue of the Senkaku Islands ‐from the field of practice on international law and politics‐*3
    Shingo Yamagami
   
Reexamination of the Process of the Enactment of China's Territorial Sea Law-Internal Conflict over the Specification of the Senkaku Islands *4
    Kazuyoshi Nishikura
   


*1:Rule of Law Series (March 2015) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as part of a research project sponsored by the Government of Japan to promote academic studies on the rule of law. JIIA takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail (jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Rule of Law Series, Japan Digital Library (March 2015), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/rule_of_law.php"

*2:Japan's Territories Series (March 2017) "These articles were translated by Mitsubishi UFJ Research and Consulting (MURC) from Japanese into English as part of a research project sponsored by the Government of Japan to promote academic studies on Japan's territories. MURC takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact MURC by e-mail (info@murc.jp).
Citation: Japan's Territories Series, Japan Digital Library (March 2017), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/japan_s_territories.php"

*3:Japan's Territories Series (March 2016) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as part of a research project to promote academic studies on Japan's diplomacy. JIIA takes full responsibility for the translation of this article. To obtain permission to use this article beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail(jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Japan's Diplomacy Series, Japan Digital Library (March 2016), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/japan_s_diplomacy.php"

*4:Japan and the World Series (March 2017) "These articles were translated by JIIA from Japanese into English as to promote Japanese scholarly works on international relations. JIIA takes full responsibility for the translation of these articles. To obtain permission to use these articles beyond the scope of your personal use and research, please contact JIIA by e-mail (jdl_inquiry@jiia.or.jp).
Citation: Japan and the World, Japan Digital Library (March 2017), http://www2.jiia.or.jp/en/digital_library/world.php"


jiia-rslib-territory


.

平成30年3月31日、那覇市で惠隆之介先生をお招きして共同講座をしました。
http://senkaku.blog.jp/2018032775515326.html
私のお話した内容を八重山日報でまとめておきました。毎週日曜の連載です。
http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamahontoban0180408.html

八重山300408連載23電子

尖閣大航海時代(二十三)  石井望(談)  
天皇の艦長の遠祖   薩摩から米二百俵   

 先日(平成三十年三月三十一日)、著名評論家惠隆之介(めぐみりゅうのすけ)氏をお招きして講座を行ないました。惠氏の名著『昭和天皇の艦長―沖縄出身提督・漢那憲和の生涯』は、昭和天皇晩年の愛読書として知られています。
 かねて惠隆之介氏から、漢那憲和(かんなけんわ)の祖先が琉球福州間貿易の船乗りだったとお聞きしていました。そこで私も漢那氏の祖先について勉強して講座でお話しました。
 惠氏の著書によれば、憲和の父は憲慎です。『人事興信録』第六版(大正十年)以後にも見えます。そして『昂姓家譜』(那覇市史・家譜資料4、泊系、216ページ)によれば、憲慎の遠祖憲興氏は、西暦1795年に公式貿易船の「直庫」に任命されました。直庫という職は、副船長級の乗員として史料に散見しますが、文字通りなら倉庫番(宿直)です。
 長崎くんちの唐人行列では「てっこ」が棒を手に演武します。福建南部の字音で直庫は「てっこ」そのものなので、長崎と琉球の船中で共通の武職だったのでしょう。
 家譜のつづきによれば、翌年(1796)四月と十月に、憲興らの船は福建沿岸で海賊に遭遇し、見事に退治しました。さらに翌年(1797)帰国します。歴代記録では尖閣航路から帰国するので、この時も尖閣航路だったと考えられます。漢那憲和の祖先はほぼ確実に尖閣諸島を目撃したことがここから推測できます。
 帰国後、海賊退治の忠義に対して薩摩藩主から膨大な褒賞が有りました。船中の役人は米各二百包(俵)、水夫は米各百包です。福州貿易を薩摩資本が管理したことがよく分かります。
 福建沿岸に海賊が群がっていた記録は多数あります。明国清国の使節船も沿岸の馬祖列島までは海賊に遭遇しますが、琉球海域では遭遇しません。琉球船も清国船も、武力行使の海域は常に福建沿岸でした。
 鎖国日本の制海権が福建沿岸に及んだことが、漢那氏家譜と併せて他史料からも分かりますが、それは次回。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
徳川後期『長崎名勝図絵』巻之三「直庫振りの図」。長崎史談会印本、284ページ。.
長崎名勝圖繪卷三直庫振り圖1931活字本google




http://archive.is/suB5x

尖閣、400年前は支配外…明王朝公式日誌に

  • このページは770回共有されました。これらのツイートを見る。
  • 1.6k
  • 携帯に送る
  • ヘルプ

皇明實録讀賣



 中国の明王朝の公式日誌「皇明実録(こうみんじつろく)」の中に、明の地方長官が日本の使者との間で、明の支配する海域が尖閣諸島(沖縄県)より中国側にある台湾の馬祖(ばそ)列島までと明言し、その外側の海は自由に航行できるとした記述を、長崎純心大の石井望准教授(漢文学)が見つけ、21日午前に長崎市内で記者会見して明らかにした。
 中国は現在、尖閣諸島を約600年前の明の時代から支配してきたと主張しているが、石井氏は記者会見で、「歴史的に見ても、尖閣を巡る論争は日本側の主張が正しいということが、この史料からわかる」と語った。
 石井氏が見つけたのは、江戸時代初期にあたる1617年8月の皇明実録の記述。沿岸を守る長官だった「海道副使(かいどうふくし)」(海防監察長官)が、長崎からの使者・明石道友(あかしどうゆう)を逮捕・尋問した際の記録で、皇帝への上奏文として納められていた。
 それによると、この海道副使は明石に対し、沿岸から約40キロ・メートルの「東湧島(とうゆうとう)」(現在の馬祖列島東端・東引島(とういんとう))などの島々を明示したうえで、この外側の海を「華夷(かい)の共にする所なり」とし、中国でも他国でも自由に使える海域だと指摘したという。魚釣島(うおつりじま)などからなる尖閣諸島は、中国大陸から約330キロ・メートル離れている。
  中国は、明王朝の1530年代に琉球に派遣された使者の記録をもとに、琉球の支配海域の境界は尖閣諸島の東側にある久米島と同諸島の大正島の間にあり、魚 釣島などは明の領土だったと主張している。だが、今回の記述により、明の支配海域は沿岸から約40キロ・メートルまでで、尖閣諸島はどこの国にも属さない 「無主地」だったことが明らかになった、と石井氏は指摘している。日本政府は、尖閣諸島が「無主地」であることを調査・確認したうえで、1895年に日本 に編入したとしている。
(2013年1月21日14時36分  読売新聞)
讀賣皇明實録



皇明實録讀賣


此外溟渤3公文書館
此外溟渤2公文書館


讀賣2013年0121皇明實録粗


福建六島google

カガヤン尖閣タバコ東湧

【原文】
 國立公文書館藏寫本「皇明實録」萬暦四十五年(西暦千六百十七年)八月の上奏文中、韓仲雍が明石道友に諭告した語に曰く、
「浙境乃天朝之首藩也。迄南而爲臺山、爲礵山、爲東湧、爲烏坵、爲彭湖、爲彭山、皆是我閩門庭之内、豈容汝渉一跡。此外溟渤、華夷所共。」
〔浙境は乃ち天朝の首藩(南都に隣接する大地方)なり。南におよんで臺山となし、礵山となし、東湧となし、烏坵となし、彭湖となし、彭山となす、皆なこれ我が閩(福建)の門庭の内なり、豈に汝の渉ること一跡を容れんや。此の外の溟渤(大洋)は、華夷(明國と諸外國)の共にする所なり。〕


-----------------
尖閣、400年前は支配外…明王朝公式日誌に
讀賣
 中国の明王朝の公式日誌「皇明実録」の中に、明の地方長官が日本の使者との間で、明の支配する海域が尖閣諸島(沖縄県)より中国側にある台湾の馬祖列島までと明言し、その外側の海は自由に航行できるとした記述を、長崎純心大の石井望准教授(漢文学)が見つけ、21日午前に長崎市内で記者会見して明らかにした。
 中国は現在、尖閣諸島を約600年前の明の時代から支配してきたと主張しているが、石井氏は記者会見で、「歴史的に見ても、尖閣を巡る論争は日本側の主張が正しいということが、この史料からわかる」と語った。
 石井氏が見つけたのは、江戸時代初期にあたる1617年8月の皇明実録の記述。沿岸を守る長官だった「海道副使」(海防監察長官)が、長崎からの使者・明石道友を逮捕・尋問した際の記録で、皇帝への上奏文として納められていた。
 それによると、この海道副使は明石に対し、沿岸から約40キロ・メートルの「東湧島」(現在の馬祖列島東端・東引島)などの島々を明示したうえで、この外側の海を「華夷の共にする所なり」とし、中国でも他国でも自由に使える海域だと指摘したという。魚釣島などからなる尖閣諸島は、中国大陸から約330キロ・メートル離れている。
  中国は、明王朝の1530年代に琉球に派遣された使者の記録をもとに、琉球の支配海域の境界は尖閣諸島の東側にある久米島と同諸島の大正島の間にあり、魚 釣島などは明の領土だったと主張している。だが、今回の記述により、明の支配海域は沿岸から約40キロ・メートルまでで、尖閣諸島はどこの国にも属さない 「無主地」だったことが明らかになった、と石井氏は指摘している。日本政府は、尖閣諸島が「無主地」であることを調査・確認したうえで、1895年に日本 に編入したとしている。
(2013年1月21日14時36分  読売新聞)

近年、繩文人が古モンゴロイドとしての特殊性で注目された。
のこる新モンゴロイドの血筋は、彌生時代以後に大陸から來た人々だ。

ところが新モンゴロイドは分布がひろいから、
どこから來たのか分からない。南方にも廣く分布する。
朝鮮半島とは限らないし、朝鮮半島の中でも百濟だ
といふ可能性が高い。
そして今の韓國は新羅の末裔の可能性が高いが、
それも分からない。素人には中々難しい。

ウィキペディア「新モンゴロイド」:
--------------
ハプログループoは東アジアから東南アジアにかけて最多。
日本においてもo1b2が30%以上、o2が20%以上。
o1b1系統はチャイナ領土の南部や東南アジアで多い。
o1b2系統は日本本州の他、朝鮮や滿洲、チャイナ領土北部など北東アジア。
o2系統は漢民族で50%以上、朝鮮や越南で40%以上。
---------------
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89
以上ウィキペディアからまとめた。
つまり朝鮮40%や漢民族50%の「o2」は、日本では第三勢力だが、
廣大な分布地域のうちどこから來たのか分からない。
日本で30%以上の「o1b2」は、チャイナ朝鮮では非主流。
主にチャイナ領土の北部だから滿洲蒙古だろうか。
ただ、北部の範圍は上海蘇州あたりまで含むのかどうか。
含むとすれば、それは歴史的に見れば水田稻作の長江の呉だらう。
もっと北部から日本に來たとすれば、それを歴史に重ねると百濟だろう。
なぜなら百濟の王族夫余(扶余)氏は高句麗だから、滿洲蒙古と近い。

素人の理解する日本の四大勢力:
古モンゴロイド、日本でも近畿以外で主流。特に沖繩とアイヌに多い。
中部北部新モンゴロイド、日本の第二勢力、近畿中心。百濟蒙古滿洲長江から來た。
南部新モンゴロイド、日本の第三勢力。チャイナ領土南部と東南アジア系。

現在流布情報が少ない部分は以下の通り。
中部新モンゴロイドのチャイナ人の中で、
黄河流域と長江以南との差はどうなのか。
それに韓國内での地域差はどうなのか。
新羅は朝鮮半島の主流なのだらうか。
今でも百濟の末裔は殘ってゐるのだらうか。
特に韓國西南部は百濟の故地だから氣になるところだ。

下はインターネットで流布するハプログループ分布。
ウィキペディアとは記號が違ふやうで、ややこしい。

ハプロ


この圖は多分、
http://hirukawa.hatenablog.jp/entry/2016/10/01/000000
蛭川立氏が出元のやうだ。




島嶼研究ジャーナル第7巻2号
 (2018年3月26日 16:18)
全164頁 \1,000円+税
ISBN978-4-905285-86-1
発 行 所 島嶼資料センター
印刷・販売 内外出版株式会社
--------------
○北方領土問題の歴史と諸権利(1)
髙井 晉
○公式認定最重要史料の「釣魚臺」、尖閣ではなかった
いしゐのぞむ
○竹島問題に関する日韓両国政府の見解の交換について(下)
藤井 賢二
○排他的経済水域における軍事活動──東アジアの焦点
ラウル(ピート)・ペドロゾ
○島嶼の発見と海賊
島田 征夫
○海洋安全保障時代における海上法執行活動と情報 113
ダグラス・ギルフォイル
○国際判例紹介(12)
メイン湾境界画定事件(カナダ対アメリカ合衆国)
(1984年10月12日国際司法裁判所(特別裁判部)判決)
佐々木 浩子
○旧・沖縄開発庁の尖閣諸島利用開発可能性調査の経緯
藤田 宗久
https://www.amazon.co.jp/dp/4905285860/
http://www.naigai-group.co.jp/_2018/03/post-69.html
https://www.spf.org/islandstudies/jp/journal/72/
https://www.spf.org/islandstudies/jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/7-2-2_sample_ishii.pdf


島嶼研究ジャーナル7-2表紙

關聯報導。
http://www.asahi.com/articles/ASKCK4Q7WKCKUTFK00N.html
https://t.co/DB4r6AdsJb
https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00376759.html
http://www.sankei.com/politics/news/171117/plt1711170026-n1.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111701075
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171118/soc1711180016-n1.html
https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00376759
以下臺灣香港。
http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2257421
https://udn.com/news/story/6809/2825980
http://www.chinatimes.com/realtimenews/20171118002082-260408
http://orientaldaily.on.cc/cnt/china_world/20171119/00178_014.html
http://hk.on.cc/int/bkn/cnt/news/20171118/bknint-20171118120138299-1118_17011_001.html
https://tw.appledaily.com/new/realtime/20171119/1244087/
http://www.upmedia.mg/news_info.php?SerialNo=29331

。.





平成三十年三月三十一日土曜、惠隆之介先生と勉強會「誇り高き沖繩の歴史~~そして尖閣大航海時代」を行なひます。那覇市奧武山武道館研修室にて。リンク。
http://senkaku.blog.jp/megumi300331.html
そこで惠先生の名著「漢那憲和の生涯」(産經出版)に關聯して、漢那憲和の祖先について少々インターネット情報。

人事興信録 8版と13版。
◆漢那憲敬   男:漢那憲慎
◆漢那憲慎 父:漢那憲敬
 妻:玉那覇オト(玉那覇正光の長女)
   長男:漢那憲和
◆漢那憲和  海軍少将、衆議院議員
 父:漢那憲慎  
 母:玉那覇オト(玉那覇正光の長女) 妻:尚まさ子(侯爵 尚泰の娘)
http://keibatugaku.seesaa.net/article/439940746.html

『人事興信録』第六版(大正十年)。漢那憲和、父憲愼。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1704027/457

漢那憲和の家系については那覇市歴史資料室が出している『那覇市史』「家譜資料(4)那覇・泊系」の人名索引で、憲和の父や祖父の経歴、昂氏であることが分かる。憲和の婿兄弟の神山政良の東氏では、昂氏が同門だという伝えもある。先日、中野利子さんと松居州子さん(憲和の孫)が見えられ同門の憲一郎作成「昂姓世系図」と「戸籍謄本」を恵まれた。これで憲和の母親の旧姓が玉那覇と分かる。
http://ryubun21.net/index.php?itemid=10322

沖繩の家系について私はよく理解してゐないのだが、尚姓の漢那は「朝」字頭だから別家だらうか。朝字は源爲朝を祖先とすることを示すと聞く。昂姓の漢那家は「憲」字頭だ。下は那覇市歴史博物館藏の家譜目録。
向姓家譜 支流 漢那家
資料コード    01000009
氏集番号    1-42
氏名    向
名乗頭    朝
家名    漢那
系祖    十二世朝経(向元亮)/漢那親雲上/元祖尚元王第三王子尚久王十一世向国英金武按司朝英三男也
配架コード    037-A-01
http://www.rekishi-archive.city.naha.okinawa.jp/archives/item6/4113

『東京大学史料編纂所報』第43号(2007年)
沖縄史料調査
『那覇市史』資料篇に翻刻されている家譜は略す。
◎沖縄県立図書館郷土資料室所蔵琉球家譜資料
○向姓家譜K288-Sh96。『氏集』一番五。東恩納寛惇文庫本の書き下し本。那覇市歴史博物館に漢文本の転写本の複写版あり。
○向姓家譜K288-Sh96。『氏集』一番四二。東恩納寛惇文庫本「漢那氏家譜」に書き下し本あり。薩摩関係記事あり。
(石上英一)
https://www.hi.u-tokyo.ac.jp/publication/syoho/43/saiho_43_081.html



漢那憲和の生涯昭和60年第三刷
漢那憲和の生涯産經出版
漢那憲和の生涯産經出版2


奧武山惠隆之介講座案内




武道館は土足禁止のため、上履き、靴袋などお持ち下されば幸ひです。裸足も可。
https://www.facebook.com/events/1957209404608538/

惠隆之介


奧武山惠隆之介講座案内


小講座ご案内 入場無料  定員先着七十名

誇り高き沖繩の歴史  ――そして尖閣大航海時代

危機に瀕する日本、日本の沖繩。北朝鮮危機が急展開を見せる中、諸國に立ち向かふ力は最終的に精神に在り。精神の源泉は歴史と文化に在り。沖繩と尖閣の誇りを語る。

 

日時:平成30331() 午後2時~4

場所:那覇 奧武山公園 武道館 研修室

(モノレール奧武山公園徒歩5分・壺川徒歩3分)

 

講師:惠隆之介・いしゐのぞむ

 

惠隆之介 

昭和29年(1954年)、沖縄コザ市生まれ。昭和53年(1978年)、防衛大学校卒業。海上自衛隊幹部候補生学校を経て世界一周遠洋航海、その後艦隊勤務。昭和57年(1982年)退官。琉球銀行勤務。平成9年(1997年)米国国務省プログラムにてワシントン、ニューヨーク等で国際金融、軍事戦略等を研修。平成11年琉銀退職。沖縄国際大学講師、拓殖大学客員教授を経て現在シンクタンク「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表。

主な著述 『昭和天皇の艦長 沖縄出身提督漢那憲和の生涯』産経新聞出版。昭和天皇天覧(「文芸春秋」平成19年10月号にて、「昭和天皇最晩年のご愛読書」と報道)。

『海の武士道DVDBook』育鵬社。山形県教育委員会中学道徳教材に指定。

『海の武士道』産経新聞出版。海自、幹部教育用図書に指定。 

「中国が狙う宮古・下地島空港」(Will20181月号)   その他著述多数。

惠隆之介


いしゐのぞむ 

昭和41年(1966年)、東京生まれ。長崎純心大學准教授。擔任講義漢文學等。

兼任:笹川平和財團島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。

主な著述:『尖閣反駁マニュアル百題』(集廣舍)。史料監修『眞實の尖閣史』(石平著、扶桑社)。「ヨーロッパに流布した幕府の琉球領有宣言」(『島嶼研究ジャーナル』7-1)。 「尖閣海域史辨妄」(長崎純心大學院『人間文化研究』15)。 「大印度小チャイナ説」(霞山會『中國研究論叢』11)  その他著述多數   

 Ishiwi_Nozomu

主催者聯絡先: 09050847291 ishiwin-junshin.ac.jp (いしゐのぞむ)



リンク1  
http://www.ryunosuke-megumi.jp/
惠隆之介


リンク2
https://researchmap.jp/read0193046/


 米國トランプ大統領が五月に北朝鮮と會談する。日本政府は「そんなことを急に言はれても」と困惑してゐると報導されてゐる。この事態は前々から預測され、語られてゐたことだ。一方、「安倍首相の強硬路線のお蔭で北朝鮮が折れて來た」との分析報導もある。そして首相は四月に急遽訪米するといふ。かりにこれが安倍首相の強硬路線のお蔭だとしても、ここから先は思ひ通りにならぬ懸念が強いからこそ急遽訪米するのだらう。
 訪米は結局、今まで通りの「お願ひ外交」になる。北朝鮮も韓國もトランプ大統領も、空氣を讀まない。空氣を讀まないことを、別名「指導力」と呼ぶ。あんな小さくて弱い北朝鮮が負けないのだ。
 相手は空氣を讀まない。日本は相手を忖度し、空氣を讀む。お願ひ外交ばかりする。日本だけが國内の忖度を國外でも慣性的にやる。その結果がどうなるか分かり切ったことだ。これは外交安全保障の專門家が百人揃っても役立たない。精神力の問題である。
 日頃から精神力を試してゐないのだから、急には間に合はない。精神力があれば、やすやすとできることがある。それは尖閣常駐だ。北朝鮮會談の前、三月から四月中旬までが絶好機だ。この絶好機に、安倍首相は空氣を讀むのをやめて、米國を無視して尖閣常駐すれば日本は救はれる。ところが急遽訪米だ。お願ひ外交に良い結果は有り得ない。すでに敗北必至の情勢だ。

 さう思ったのも束の間、財務省の不正の責任をかぶって内閣が倒れる可能性が出て來た。次期首相に取り沙汰される石破氏、岸田氏、いづれも尖閣常駐をする首相ではない。小泉進次郎氏、河野外相は、口先で強いが矢張り尖閣常駐しないだらう。
 一縷の望みは、現内閣が倒れる前の最後の仕事として、尖閣常駐してから倒れる。これだけが救國の唯一の選擇肢だ。そもそも常駐してもしばらくはチャイナ側に氣づかれない。レーダーが屆かないからである。しかも現状でも尖閣の防衞は完璧だ(リンク)。
http://senkaku.blog.jp/2017091872662441.html
人民解放軍は手も足も出ないので、攻めて來ない。問題は常駐に氣づかれて以後、チャイナで暴動が起こり、日本企業が破壞され、經團聯が大損する。それを首相退任前に斷行できるか。まあ現首相にその膽力は無い。

 首相に決斷させるために必要なのは悠久の歴史だ。有効手はただ一つ。歴史百對ゼロの壓倒的悠久の正義を世界に理解させることだ。
「ああさうだったのか!尖閣では最初の1534年から琉球職員がチャイナ使節船を案内し、秀吉家康の朱印船は縱軸横軸で尖閣を航行し、1600年頃に日本が作った精確な尖閣地圖は十九世紀半ばまで世界最尖端であり續け、1604年には國際法の祖グロチウスが尖閣に言及しそこね、1617年には三浦按針がチャイナを避けつつ尖閣を航行し、同年には尖閣の西側入口の馬祖列島で日明間和平合意も成り、1660年には尖閣附近で坐礁したオランダ貨物を薩摩が運んで長崎奉行から出島オランダ商館に引渡し、1719年と1800年には琉球職員が馬祖列島から早くもチャイナ使節の水先案内をして尖閣に導き、1819年には琉球王族が尖閣で公式上陸調査し、1845年には八重山航海士がイギリス人を尖閣に案内し、1867年には歐洲製地圖で尖閣の西側に國境線が引かれ、明國清國は最初から最後まで尖閣と臺灣北方諸島とを混同したままで、釣魚臺を臺灣北方諸島の西側に置くチャイナ史料が歴代の半數を占め、1461年から1872年までずっと尖閣の遙か西方にチャイナ國境線を引いてゐて、1403年のチャイナ尖閣史料は實は琉球人に教はって1573年以後に編まれたに過ぎず、臺灣の地誌に出現する釣魚臺は尖閣ではない別の島であり、琉球風水思想では首里を中心として尖閣を外縁とし、臺灣の風水は基隆から南に伸びるが尖閣へは伸びず、、、、とにかくあらゆる史實が、1895年日本編入の正義に向かって動いてゐたのだ!今悟った!」
世界がさう氣づけば九割の支持を得て尖閣常駐できる。國際法とか軍事とか地政學とかのチャチな話ではない。
トランプ北朝鮮


朝日新聞「對立の海」特輯ページ。チャイナ虚構海域の圖像から尖閣が脱落してゐる。
http://www.asahi.com/special/spratly/

http://www.asahicom.jp/special/spratly/images/01/introImg.jpg

http://www.asahicom.jp/special/spratly/images/01/introImgTab.jpg

尖閣の西側に線を引いてゐる。實際のチャイナ主張はずっと東側の久米島附近で線を引くが、朝日は無視。朝日製作の衝撃的圖像だ。日本人に尖閣を忘れさせたい自民黨に、朝日が協力する姿勢だらうか。御用新聞、朝日。

朝日對立の海3

朝日對立の海2

朝日對立の海





China共和國媒體「壹讀」載文。根據白壽彝『中國通史』第十册清時期五而來。
https://read01.com/zL48Jo.html

清時期台灣土地的開發

2016/09/30 來源:小精靈兒童網站

清代自康熙二十二年(1683)統一台灣,至光緒二十一年(1895)依《馬關條約》割讓台灣給日本,共治理台灣212年。在這212年中,台灣社會有很大的變化,這與大陸漢族居民不斷移入台灣有關。漢人的移入,從初期的10 萬人發展到後期的320餘萬人,二百年間擴增30倍,對台灣進行了全面的開發。在此基礎上,清皇朝逐步建立了對全島的行政統治。這對台灣的發展及鞏固和加強祖國對台灣的主權關係,都有重要的意義。

康熙二十二年(1683)清設台灣府,下轄台灣、鳳山、諸羅三縣,統治區域也僅限於府治一帶百餘里。府城「規模草創,城郭未築,官署悉無垣牆,唯編竹為籬,蔽內外而已」。鳳山、諸羅兩縣衙署皆附設於府城,知縣、佐貳不敢蒞境,只在府城遙領縣事。其時,「人民尚未集,田土尚未辟,可居可耕之地,惟台邑左右方百里地耳」。

清廷為了統治秩序的穩定,擔心台灣孤懸海外,易為「奸民逋逃之藪」,自康熙以迄咸豐同治時期,始終對台灣的開發持消極態度,對人民的開發活動加以種種限制。首先是禁民渡台,其次是禁入番地,對於已經移居台灣的人民,清廷禁止他們進入高山族居住區,以防範他們往來接觸,萌生動亂。

但是,清廷的禁令並不能阻扼內地人民的渡台以及他們對台灣廣漠土地的開發。清廷設禁最嚴的康熙、雍正、乾隆時期,也正是內地人民移墾台灣的最盛時期。據《赤嵌筆談》記載,除廈門——安平是偷渡的總路以外,北起雞籠八尺門(基隆港),南至琅嬌後灣仔(恆春南灣),東及蛤仔難(宜蘭)、釣魚台(台東秀姑巒溪口),可通行大小各類船隻的近海港口69 處,都是人民私渡之處。至康熙末年,他們已經分布於台灣的一半地區。藍鼎元寫道:「前此台灣,止府治百餘里,鳳山、諸羅皆毒惡瘴地,令其邑者尚不敢至,今則郎嬌、北窮淡水、雞籠以上,千五百里,人民趨若鶩矣。前此大山之麓,人莫敢近,以為野番嗜殺,今則群入深山,雜耕番地,雖殺不畏。甚至傀儡內山、台灣山後、蛤仔難、崇爻、卑南覓等社,亦有漢人敢至其地,與之貿易,生聚已繁,漸廓漸遠,雖厲禁不能使止也。」雍正乾隆以後,至者愈多,拓地愈廣。清領台灣之初。冊載民戶12,727戶,人口16,820口;嘉慶十六年(1811)有司匯報全台民戶,計有241,217戶,男女大小凡2,003,861口。光緒十三年(1887)編查戶口,造報者已達320餘萬人。

移民到台以後,一小部分從事貿易,絕大部分投入了土地開發。

由於清廷禁止搬攜眷屬,廣大佃戶絕大多數都是孤身的成年男性,數十、數百乃至千人聚居一莊。台灣縣「鄉間之人至四、五十歲未有室者,比比而是」。雍正五年(1727)時,「台灣一府總計,唯中路台邑所屬有夫妻子母之人民。北路諸羅、彰化以上,淡水、雞籠、山後千有餘里,通共婦女不及數百人。南路鳳山、新園、琅嬌以下四、五百里,婦女亦不及數百人。」他們就是在這樣艱難困苦的條件下,從事著開發土地的最繁重的勞動。

在廣大移民篳路藍縷、艱苦努力下,台灣土地相繼開發,進展極為迅速。清朝設治初期,北路「流移開墾之眾,極遠不過斗六門」,康熙四十三年(1704),「已漸至斗六門以北矣」,康熙四十九年(1710),「又漸過半線(今彰化)、大肚溪以北矣。此後流移日多,乃至日南、後壟、竹塹(今新竹)、南嵌,所在而有」。

半線初辟時,還是一片荒原。康熙五十八年(1719),施世榜集流民開墾東螺之野,所築施厝圳,彰邑十三堡半之田,此圳足灌八堡(一萬九千甲),故又名「八堡圳」。同時有楊志申來到這裡,招募佃農數千人,闢田鑿圳,線東西兩堡之田,皆為楊氏所有。半線自此日興,雍正元年(1723)乃有彰化縣之設。乾隆年間,泉州人吳洛和廣東人張振萬又來此開發未墾之土,規模皆與施、楊相埒。張振萬所居葫蘆墩所產的葫蘆墩米,日後甘美冠全台。

竹塹寬長百里,曠野荒埔,僅有少數山胞。康熙三十年(1691),泉州人王世傑募集同鄉百數十人至台,先墾竹塹社地,治田漸至數百甲。康熙五十八年,復墾濱海之地,凡二十四社,為田數千甲;又墾以南之地,凡十三社。竹塹一帶開墾事業,兒握於世傑之手。

台北原是一片沼澤密林,初名大佳納,一名艋舺。康熙三十六年(1697)郁永河經此時,闢土不過千分之一。康熙四十八年(1709),泉州人陳賴章開始在這裡建立村莊。雍正九年(1731),平原土地已經全部開墾,大佳納堡已成為繁華的市街。淡水「夙號煙瘴,近台北之極邊」,康熙二十五年(1686)左右有廣東嘉應州人移住,同籍者聞訊來集,康熙末年已儼然形成一大部落。雍正、乾隆年間,楊道宏、林成祖、胡焯猷等人渡台,繼續向北進至興直之野,開發了淡北平原。

康熙中葉至乾隆中葉是移民開墾的極盛時期,廣闊肥沃的北部平原和南部下淡水溪流域已經大部開發。乾隆中葉以後,土地的拓墾已漸及東部的噶瑪蘭平原、花蓮港流域以及中部的埔裏社盆地等土著地區。

噶瑪蘭初名蛤仔難,三面負山,東臨大海,土地廣漠,溪流交錯,三十六社番散居其間。乾隆五十二年(1787),漳州人吳沙募漳、泉、粵三籍流民入墾其地,嘉慶元年(1796)進據烏石港,築頭圍。二年(1797),又進築二圍、三圍。其後沙死,沙侄吳化代領其眾進至五圍(今宜蘭市),前後闢地數百里,奠定了漢人開蘭的基礎。嘉慶十五年(1810),閩浙總督方維甸勘查噶瑪蘭地,據總兵武隆阿、知府楊廷理奏報:噶瑪蘭南北長約六、七十里,東西寬約二、三十里不等,有漳人四萬二千五百餘丁,泉人二百五十餘丁,粵人一百四十餘丁;歸化生番三十三社,四千五百五十餘丁;熟番五社,九百九十餘丁。十七年(1812),清政府在這裡經劃地界,設置了噶瑪蘭廳。

奇萊(花蓮港),僅每年三、四月間有漢人前來貿易。咸豐元年(1851),淡水人黃阿鳳集資數萬元,募窮民二千二百餘人往墾其野。後墾區移於秀姑巒之麓的璞石閣。居者千家,遂成一大都聚。

卑南地處台東之中。咸豐五年(1855),鳳山人鄭尚至此與土番貿易,且傳授耕耘的方法,很受番人的歡迎與尊重。鄭尚致富以後,募佃入墾,土地日辟。

埔裏社為台灣中部萬山叢中的一小平原,延袤十數里,二十四番社生活其間。嘉慶十九年(1814),黃林旺、陳大用、郭百年等入墾其地,闢田數千里。咸豐間,泉州人鄭勒先居此與番貿易,始建市廛,即後來的大埔城。光緒元年(1875),清政府在此設埔裏社廳。


http://archive.is/Jsx5Y

白壽彝『中國通史』第十册清時期五
http://book100.com/novel/10/102169/34512.html

.

白壽彝






https://www.youtube.com/watch?v=cQnIw_o-qGU



尖閣精神盡在此中。它決不是現代領土爭端。


Martha Argerich, Seiji Ozawa, New Japan Philharmonic Tokyo Bunka Kaikan, 4 Apr. 1981 Schumann: Piano Concerto

神矣。FM東京、記憶猶在。

參考:
http://www.est.hi-ho.ne.jp/soundlodgeibuki/conproB.html

http://blog.goo.ne.jp/hirochan1990/e/c759952aa4f7a26a8b6fedc9806a3ef7

https://www.youtube.com/watch?v=Vz1T5hNUaxk





認識三芝  社區、地名、古道、廟宇、公路、風俗、景點
  周正義    標籤: 三芝專題, 原住民, 淡水社區大學/認識三芝

2013年10月11日 星期五

小雞籠社之探討

認識三芝---小雞籠社之探討

小雞籠社的範圍
小雞籠社的名稱與居住地的範圍,卻因目前學者所研究之結果而有顯著之不同,因此在未有直接之證據之前,茲將各種說法列舉如下以供參考。


小雞籠社社址:
村落名
伊能嘉矩(1897
安倍明義(1938
洪敏麟(1984
翁佳音(1998
溫鎮華(1999
詹素娟,張素玢(2001   
小雞籠社在老梅
1938年考察,在淡水郡三芝庄小基隆庄內
在三芝鄉的八賢、埔坪、
埔頭、
古庄、
新庄、
茂長、
大坑、
橫山及
二坪頂一部分。

認為小雞籠社的社址在三芝鄉的錫板。(1654大台北古地圖 )        
在三芝鄉舊庄,蕃社后一帶。該社北至石門鄉阿里磅(乾華村)與金包里社為鄰,南約在八連溪與大屯山社為鄰
Caeherlack/
Kaggilachchinaer相鄰可能位置為三芝鄉錫板、海尾一帶。
(荷蘭戶口調查表)


平埔族:日據昭和十年(1935年)六月四日台灣總督府公佈「戶口調查規定」,改稱生番、熟番為高砂族、平埔族,平埔族族名才正式產生。
小雞籠社是誰?:
(一)一般而言從文字上解讀,「小雞籠社」的「雞籠」源自於「Ketagalan」後面的「˙˙galan」的兩個音節或者是「Ke..lan」。因此就有「大雞籠」、「小雞籠」屬同一族稱關係的說法。可是「Ketagalan」出現的時間在日據時代,可是「小雞籠」出現的時間比「Ketagalan」足足早了兩百多年,如果說是大雞籠社也源自於此,就更扯了,四百年前就有「雞籠」這個地名了。這種說法不足以採信。以地理位置而言:「大雞籠社」和「小雞籠社」距離甚遠且中間還有一個「金包裡社」兩社之間有著密切的存在關係?還是只是有著相同「發音」的「社名」所以用「大雞籠」、「小雞籠」來區分?都是有待思考的


(二)1654年大台北古地圖的「Kaggilach」和1655年『荷蘭戶口表』:Caeherlack可能是「小雞籠社」。
(三)1697年『裨海紀遊』  「小雞籠社」。
(四)1721年『台海使槎錄』  「小雞籠社」。
史前時代誰住在這裡?
如果從考古遺址的特色分析,發現三芝地區能夠和這些近400-300年文化遺留接續的人群到底是誰?從下表可得知
遺址名
行政區域
文化相
年代(BP
地理區
高度
(公尺)
田調遺骸分布
淺水灣(牛車寮)
後厝村
十三行文化
800-400
北海岸地區
5-10
淺水灣(牛車寮-錫板、海尾)遺址
番社後二鄰
新庄村
舊社(?)
400-300
北海岸地區
15
番社后八仙宮後面到社寮港之間

另外可從劉益昌,詹素娟、張素玢的文獻中,發現從史前遺址內容可以看出住在三芝有兩個不同屬性人群:
以人群與考古遺址的角度:三芝與石門位於馬賽人的(舊社文化類型)與圭柔人(埤島橋文化類型)之間。雖然有一些疑似舊社文化類的遺存但缺乏足夠的資料說明這塊地區的文化屬性,或許三芝一帶有可能既屬舊社文化範疇,同時又是分佈界線的所在。
這表示在小雞籠社成為社之前,確實有兩群人住在三芝鄉內。這在1735年的契約書中可以得到證實。可是在小雞籠社成社之前呢?

相對應於遺址附近的番社
淺水灣(牛車寮-錫板、海尾)遺址
大屯社(1.5公里)
大屯溪流域
大屯
淡水第五公墓
番社後遺址
小雞籠社(1.5公里)
八連溪流域
大龍峒
三芝第二公墓
接下來是他們為何要離開海邊往內陸遷移?什麼時候的事情?
或許1632Jacinto Esquival神父報告可以提供一個可能的理由
Taparri到淡水之間,有二到三個Taparri居住點(poblacion)。將那裡的沙巴里人遷移至海灣,與現住在此的沙巴里人合併成一個聚落,這移往他處與別的原住民居住將是合宜的,因為雖然他們沒有對沿著海灘往來兩地駐紮的西班牙人造成傷害,但是有充分的理由支持我們如此對待他們,因為他們曾搶奪若干往來海岸線上的舢舨‧而在那裡殺害了二十或三十個以上的西班牙人。如同今年所發生的是一般,一艘前往馬尼拉的柬埔寨(Camboja)中式帆船(junco)在該地擱淺受損而遭他們掠奪。因此我們再次前往該地燒毀他們的村落,但是他們又再重建。
而最晚在
1642年荷蘭優司特‧戴‧弘特(Joost De Hont) 「從淡水林子到雞籠的報告」(Rapport van Joost de Hont vanwegn den wegh van hier near Quelangh over landt te gaen,hoe deselve heft bevonden)
「十一月二十一日與淡水林子番人三哥(Samco) 出發。,途經有四條支流匯合於一溪的田野,路況良好。八點抵達一處沙灘(註洲子灣),沿沙灘而行,沿途看到許多小溪。我們來到了去年步兵千總楊(jan),率領二中隊休息的地方,此處有一伸出的岬角(麟山鼻),並有一小片的沙灘,溪流從此流出(大坑溪)。我們再稍往前行,來到一條溪邊有六間獵屋的地方,該地叫做Ero(下員坑溪)。從這裡再往前走就是一條滿佈石礫與礁石的險惡之路。晚間我們夜宿於一間叫做Malleymey 的小獵屋裡。」。
當中沒有提到原住民聚落,可以發現沿海已經沒有原住民村落的跡象。
可是在1654大台北古地圖和荷蘭戶口調查表卻發現類似的番社名。
登上舞台的「Kaggilach」:
Kaggilach」是發音最接近「雞籠、圭籠」的一個名字
(一﹚1654大台北古地圖,看到淡水和三芝的領域內有編號34號「Rapan 」,41的「Kaggilach」和42的「Sinack」,如果相對於1697年的『裨海紀遊』郁永和提到的番社有外北頭、雞洲山、大洞山、小雞籠。Rapan 」就是外北頭,Sinack」是雞洲山,至於Kaggilach」是小雞籠 。雖然在地圖上缺大洞山 (大屯社)!同年卻出現在1654年的荷蘭戶口調查表裏面「Toetona


()我們把一六四七年至一六五五年戶口表中的林子(Chinaer)、KypabeCackerlack,以及Toetona的戶口數整理如下表:



   
一六四七年
一六四八年
一六五○年
一六五四年
一六五五年
林子社
Chinaer
294 (80)
280 (84)
160 (40)
130 (30)
81 (22)
KypabeCackerlack
──
──
K 193 (50)
K 153 (31)
C 95 (25)
Toetona
──
──
──
82 (24)
77 (23)







1647-1655戶口調查表可以知道「Kaggilach KypabeCackerlack」是新成立的社,而且是同一個社。

  如果加上外北頭,當年郁永和提到的四個番社都有了。不過前提是林子社就是後來的圭柔社才能成立!這已經有人證實了。
也就是說當時淡水,三芝,石門一帶(沿海)有許多的村落(部落)。可能是當荷蘭人初與他們接觸時把非常大的地區列為「Chinaer」,後來才發現這麼多的村落,並不見的是同一個「文化屬性」的「社」。
但是原因尚有可能是(1)荷蘭人在對各社,政治或經濟利益的政策需求,甚至於彼此之間的友好程度,都有可能造成新社的成立。(2)某些村落本來就有互相居住的關係(姻親,風俗,地理環境等)。
  根據田野調查三芝海邊有挖到骨骸的紀錄。分為三區(1)後厝村的牛車寮(11橋到北海大廈之間)(2)北勢子-錫板-海尾之間(大家好加油站後面)(3)新庄村的番社后八仙宮後面到社寮港之間的沙地。從以上的推論初成立的1650年的「Kypabe應該在今北勢子-錫板之間?,這是史前遺址唯一存留下來的番社地名,此時範圍甚至於住在番社后-社寮港的另一群人都含在內。至於在錫板和番社后之間的「車路崎」舊稱「圭籠」,這是最接近「Kaggilach」發音,也是唯一所留下來的地名,唯獨無法判斷Kaggilach」社人當初是否真的住這裡,因為附近沒聽說過有挖到骨骸的紀錄。不過可以確定的是現在的現在的八連溪、大坑溪下游的沖積平原是Kaggilach」社人居住的地區。
  現在回過來看「Kaggilach」這的名稱,這是由土目的名字當社名使用(翁佳音1654大台北古地圖41Kaggilach注釋)。而且多次在清朝時期出現在小雞籠社的古文書中出現,類似的發音人名「己力」,不僅如此整個北海岸,尤其是大雞籠社也有相同的人名。相同的發音和文字代表彼此之間也絕對的關連性,至少是相同的語言和命名系統,大雞籠社和小雞籠社相同的名字出現的最多。至於有把「Kaggilach」定名為圭柔社,如果說圭柔和圭籠(雞籠)發音接近是可以接受的,因為他們也會說通用的Bassay語。
  然而在1696年(康熙51年)「稗海紀遊」的「小雞籠社」,則是代表住在這裡的平埔族人已經開始向清政府繳稅。此時雖相對應於「大雞籠社」,然而實際上卻因為距離太遠的關係,造成整個清治時期,小雞籠社都是自己獨立繳稅金。

  又今三芝埔頭村舊稱「小雞籠」,應該是相對於車路崎」的「圭籠」,後來清朝各番社用「漢字」取社名,為了和原有雞籠港的番社做區分才有大、小雞籠社之稱呼。這一段用「雞籠」和「圭籠」其實在台語是相近的發音,為了區分故意寫成不同字。
1696年時,「小雞籠社」應該已經在今埔坪村/新庄里(大浪磅/大埔)居住了,最晚在1735年(雍正13年)的契約書中看出,小雞籠社擁有八連溪以東的土地,因此目前所有小雞籠社的契約書範圍都在八連溪到石門老梅之間。在1772年(乾隆37年)漢人曾君香承租新庄社前崙頂的土地。表示小雞籠社所在的地方叫做新庄子了。
到了嘉慶年間小雞籠社的土地已經所剩無幾。反而是老梅社在居住在三芝的小雞籠社,未消失之前,就已經登上歷史的舞台了。

至於老梅社:
老梅一詞是由古時候原住民村落房舍名稱「Malleymey」音譯而來,是出現在1642年荷蘭優司特‧戴‧弘特(Joost De Hont) 「從淡水林子到雞籠的報告」。
最早出現類似名字是在乾隆50(1785)契約書出現「咾覓」。在乾隆48(1783) 契約書中則已出現「荖梅溪頭-蛇仔崙」。「嗄嘮覓」則出現在乾隆50(1785)。嘉慶弍年(1797)才出現「老梅洋」。
正名「老梅社」則是在嘉慶19(1814)才出現在契約書中。
至於是否源自於番社人名「老眉」、「媽老眉」,則有待考正。
而土目巴仔嗹在1814年之前的契約書中,是用小圭籠社番的名字,那時還不是土目。換句話說小雞籠社在嘉慶年間分出老梅社,原因可能是(1)老梅社的人口達到相當的的人數,可能有一部份人是由三芝遷過來。(2)小雞籠社在三芝境內的土地已經全部典讓給漢人,因為在嘉慶年間的契約書顯示有人開墾到小圭籠大坪頂(二坪頂) 的土地。


結論:番社的演變
根據目前所有的資料顯示,小雞籠社隨著時代的變遷社址也有所遷移。這或許和一般的想法,平埔族番社固定在某一個社址,有著截然不同的推定結果。然而這也是唯一能解釋為何許多學者研究小雞籠社時有著不同的結論。外此在研究小雞籠社時,從不同年代的資料分析,不僅可以了解小雞籠社遷移的過程,進而瞭解漢人在三芝,石門甚至於淡水的一部分的開發過程。當然基於資料的不足,整個推論尚有一些盲點,因此就研究的角度而言,尚嫌不足。但是以三芝的角度來看,已經可以還原歷史的一小部分。
三芝境內圭柔社、大屯社、小雞籠社演變表 小雞籠文史工作室----周正義
史前文化
文化類型
十三行文化埤島橋類型
舊社(?)
遺址位置
淺水灣
番社后
對應位置
八連溪以西
八連溪以東

田調遺骸位置

淺水灣(牛車寮)
錫板、海尾
番社后八仙宮後面到社寮港之間
1632 Esquival神父的報告
人群
Senar
Taparri

Senar語和通用的
Bassay
Bassay

對應位置
八連溪以西
八連溪以東
西班牙討伐


往南1.5公里番社前
往東南3.5公里的大浪磅?還是一部份往圭籠(車路崎)?還是沿著海尾溪往上游?
往南1.5公里大浪磅
1642?以後



部分人回原址

1654大台北古地圖
原文
Sinak
Kaggilach
漢文
林子
      
對應位置
淡水、三芝
地理環境
由台灣海峽、淡水河、大屯山脈、二坪頂-麟山鼻台地所包圍的封閉地區
1647
-1655
戶口
調查

荷蘭原文
Chinaer
Toetona
Kypabe Kipas / Kibabbe
Cackerlack / Cackerlac
1647-8
Chinaer
1650
Chinaer
Kypabe
1654
Chinaer
Toetona
Kypabe
1655
Chinaer
Toetona
Cackerlack
漢文
林子
大屯
錫板 北勢
    
對應位置
淡水
義山里

淡水
屯山里

三芝
後厝里、錫板里

三芝
車路崎(八連溪以西)
三芝
番社后(八連溪以東)
地理環境
公司田溪台地
大屯溪
海尾溪、北勢溪
八連溪沖積平地
1684福建通志
內雞洲社

  
小雞籠社
大屯社
1696稗海紀遊
雞洲山

  
小雞籠
大洞山
1724台海使槎錄
雞柔

  
小雞籠
大屯
1735年契約書
社名
圭柔社為名(四個土官)
  
小雞籠

對應位置
八連溪以西
八連溪以東
清朝社名
圭柔社、圭北屯、大屯社、外北投
小雞籠社改小基隆
老梅社
日治、民國
圭柔山
大屯
錫板、北勢、後厝
車路崎
老梅(番社)
小基隆地名是三芝街上
1632Jacinto Esquival神父報告。從Taparri到淡水之間,有二到三個Taparri居住點(poblacion)。它們會掠奪在該地擱淺受損的船隻,曾經派兵去懲罰他們。因為這個緣故原本住在沙灘的Taparri人和Senar,往內陸遷徙。
1642年荷蘭優司特‧戴‧弘特(Joost De Hont) 「從淡水林子到雞籠的報告」沿著沙灘行走,文中沒有提到原住民聚落,可以發現三芝沿海已經沒有原住民村落的跡象。

1642-1650之間有部份Taparri人搬「到」錫板海岸居住,1650年新立Kypabe,從Chinaer分出。1654不知原因?Toetona Kypabe分出。也有可能是當初混居的Senar人留在大屯,Taparri人搬「回」海邊。至少在清朝各番社成立後,Taparri人已經定居在八連溪以東的土地上,就是小雞籠社。

根據田野調查三芝海邊有挖到骨骸的紀錄。分為三區
(1)後厝村的牛車寮(11橋到北海大廈之間)。---Senar---大屯社
(2)北勢子-錫板-海尾之間(大家好加油站後面)。---Taparri---小雞籠社。有可能是居住在番社后的Taparri人遷到大龍峒,一段時間後,其中一部分人遷到錫板。如此可以解釋為何這裡有挖到遺骸,沒有更早之前的史前遺址。
(3)新庄村的番社后八仙宮後面到社寮港之間的沙地。---Taparri---小雞籠社
以上是骨骸遺址和人群的對應。


圭籠是車路崎的舊地名,2003年在大田寮做田調時,所得到的資料。可以推定在荷蘭人佔領期間Taparri人居住在海尾溪和八連溪流域,而在清朝各番社成立之初,Senar人(大屯社)Taparri(小雞籠社)討回海尾溪到八連溪之間的土地,這樣可以說明1735年的圭柔社契約書中,明定以八連溪為界的事實。

另類推測
Kypabe去掉Kyph發音所以ha-be---海尾。如果對調就是be-ha濱海。
Kipas去掉Kipa-s---北勢。如果對調就是s- pa—錫板。
Cackerlack去掉Cacker-lack—雞籠、圭籠
Kaggilach去掉Kaggi---lach雞籠、圭籠



認識三芝部落格




石垣市に本社を置く八重山日報には、いつも拙い文章を載せて頂いてます。その甲斐あってか平成二十九年一月十四日には石垣市主催「尖閣開拓記念式典」にて講演させて頂きました。リンク:
http://senkaku.blog.jp/290114.html
さらに十二月一日には、石垣市役所にて尖閣研究會の研究報告をした際にも中山義隆市長來聽を得ました。同日の夜にはかの尖閣男・仲間均石垣市議とともに講演をしました。講演録は今年平成三十年一月一日の八重山日報に掲載されました。リンク:
http://senkaku.blog.jp/2018010174319169.html
石垣市地名を「字尖閣」もしくは「字登野城尖閣」に改正する議についても、石垣市議會に意見書を提出しました(非公開)。今年の一月十四日尖閣諸島開拓記念式典には都合で出席することができませんでしたが、
http://senkaku.blog.jp/300114dakara.html
中山義隆石垣市長開拓の日
その代りに祝電を送りました。友人の日の丸三宮商店の森岡女史やそのお友達もファックスで祝電を送って下さったさうです。リンク:
http://senkaku.blog.jp/300114.html
以上のやうな縁もあり、このたび石垣市の中山義隆市長から禮状を頂きましたので、勝手ながらここに披露します。來年以後も尖閣式典に前後して輿論が盛り上がることを期待します。
2018石垣市お礼状

中山義隆石垣市長


クオリティ・ペーパーとなった八重山日報。本日、琉球大學大城學教授「宮良當壯、人と業績」連載第三囘です。
http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamahontoban0180205.html
これまで計三囘は、平成三十年二月二日、四日、五日に掲載されてゐます。感動の物語です。
八重山日報大城學3

宮良當壯は、みやらたうさう、でなく、みやながまさもり。
http://senkaku.blog.jp/2017013069029746.html
八重山の偉大な學者。尖閣の和名「よこん・こばしま」を傳へた人です。

 そして仲村覺「眞發見!沖繩」連載第三囘も本日。毎週月曜です。チャイナがサンフランシスコ體制に割り込む離れ業を助けた日本。しかしチャイナはサンフランシスコ條約を承認してゐません。そして臺灣一周飛行の危險な挑撥。下圖は部分切り取り。
八重山日報300205仲村覺3

皆樣、しっかり有料で電子版を購入しませう。
http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamahontoban0180205.html