- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

石井望。長崎純心大學准教授。笹川平和財團海洋政策研究所島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。 御聯絡は長崎純心大學(FAX 095-849-1894) もしくはJ-globalの上部の「この研究者にコンタクトする」  http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901032759673007 からお願ひします。 


「甦る朱印船大航海時代、三浦按針は尖閣を見た」、八重山日報連載全七囘。平成二十九年七月二十日から二十六日まで。刊行後の單日ご購入はリンクから。
http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html

以下、平戸市内の三浦按針像。望遠鏡を構へて製作されてゐます。平成二十九年七月に撮影しました。按針が尖閣を見た西暦千六百十七年。それは既に千六百十年にガリレオが、十四倍の望遠鏡で土星の環を模糊として捉へた後だった。歐洲では軍事的需要により望遠鏡精度競爭が始まってゐたさうです。

三浦按針平戸像望遠鏡大


三浦按針平戸像望遠鏡




三浦按針平戸像



.


 尖閣の歴史が廣まらぬ原因の一つは、歴史以外との分野爭ひであらう。工業製品と似た側面がある。新式の蚊帳をアフリカで普及させようとしたら、邪魔が這入ったといふ話。曰く、
http://www.mag2.com/p/news/257360/2
 しかし、思わぬ所から横やりが入った。マラリア対策に取り組んでいるアメリカの国際開発庁から、1990年にクレームが届いたのである。
    自分たちがせっかく殺虫剤を「含浸するタイプの蚊帳」を広め、ユーザーである住民自身での「再処理」習慣を根付かせるための啓蒙活動を行っている横で、「再処理をしなくてよい」という製品を展開するとは、どういうことなのか。マラリア対策プログラムに対して、「マイナスの影響を与える製品」の展開はやめてほしい。

マラリア蚊帳住友

 似たやうな話は、自動運轉車普及にタクシー業界が抵抗するとか、電氣自動車普及に既存の自動車生産者が反對するとか、耳に這入る。
 尖閣も、これまで日本では近代以前の歴史研究者がほとんど扱はず、現代の國際政治、國際法の研究者が主役であった。しかし國際政治は、なるやうにしかならないし、國際法で日本の勝利は既に確定してゐるので、彼らの役割は既に終ってゐる。今、尖閣の主役は悠久の歴史である。三浦按針であり、德川家康であり、豐臣秀吉であり、グロチウスである。朱印船東印度會社聯合が、尖閣の遙か西方でチャイナと對峙する。それが尖閣の話題の中心だ。
 しかし、歴史の話をさせまいと阻止する人が多い。國際法で解決するのだといふ。そもそも國際法では既に解決してゐるのに、今さら何の仕事があるのか。單に自分らの分野が目立ちたいだけではないか。
 彼らは何も中身を理解しようとしない。歴史が無ければ世界輿論は支持しない。支持が無ければ政府は動けない。そして尖閣は喪失する。さうならぬために國際政治、國際法の論客が今すべきことは、脇役に徹して歴史戰を助けることだ。
 尖閣の歴史研究でここ數年に加はった新史實を、石平氏が分かり易く解説したのが、『眞實の尖閣史』である。他の書とは全く異なる内容だ。尖閣を守るために刊行された正義の書。歴史阻止派の論客も、これを避けては通れなくなった。
------------------------------
http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730
『中国が反論できない 真実の尖閣史』  扶桑社、平成二十九年八月刊。
石平 (著), いしゐのぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)

sekihei石平表紙6
.


Ishiwi_Nozomu

Curriculum Vitae              Date prepared: 03/08/2017
ISHIWI Nozomu

1)   Education
1989 Bachelor of Literature, Division of Chinese Literature, Faculty of Letters, Kyoto University

1993 Master of Literature, History of theatre 12c-19c, Faculty of Letters, Soochow (Suzhou) University

1995 Master of Literature, Division of Literature, Graduate School of Letters, Kyoto University

2000 Doctor course completed without degree,  Graduate School of Letters, Kyoto University

2)   Teaching experience
2001-2007   Dedicated Lecturer (recent Chinese), Nagasaki Institute of Applied Science

2008            Dedicated Lecturer (lingua Kanbun or classic Chinese), Nagasaki Junshin Catholic University

2009- present    Associate Professor (lingua Kanbun), Nagasaki Junshin Catholic University

3)  Main activities
2013-2015       Member of Investigation Committee, Center for Island Studies, Ocean Policy Research Foundation (海洋政策研究財團島嶼資料センター調查委員)

2015-present   Member of Investigation Committee, Center for Island Studies, The Sasakawa Peace Foundation (笹川平和財團島嶼資料センター調查委員)

2016-present   Special Researcher of Research Team, Cabinet Secretariat Commissioned Research Project on the Senkaku Islands-related Documents (內閣官房委託尖閣資料特別研究員)

27/06/2016      Lecturer,  "Defend The Senkakus! ", Yoshiaki Harada Political Study Group, at Headquarters of Liberal Democratic Party, Tokyo (尖閣を守れ!原田義昭政治研究會、自民黨本部)

14/01/2017      Lecturer,  The Memorial Ceremony of Senkaku Islands Pioneering Anniversary, Ishigaki City Government, at Ishigaki Civic Hall (尖閣諸島開拓の日式典記念講演、石垣市主催)

13/06/2017      Lecturer,  "What is Going On in Okinawa? --- Public Opinion, the Bases, and the Senkaku Islands",  Association to Convey the Truth About Okinawa,  at Hotel Bristol, Genève      

4)   Main Publications
"Study on Intonational Arrangement in the Syllabary Table Designed by Shim Yak", ISHIWI Nozomu, "Bulleten of the Department of Chinese Literature Fu Jen Catholic University"22, pp.287-322,  2006 (沈約創定紐位高下說、石海青、『輔仁國文學報』第22期)

"Musical Scale of Zi and Kiok Poetry",  ISHIWI Nozomu, "Tamkang Journal of Chinese Literature"17,  pp.48-69,  2007,  Tamkang University(詞曲定調、石海青、いしゐのぞむ、『淡江中文學報』第17期)

"The Circling Method in Syllabaries of Han and Kana Characters",  ISHIWI Nozomu, "Studies in Chinese linguistics"25,  pp.87-99,  2008,  The Chinese University of Hong Kong  (倭漢音圖旋法解、石海青、いしゐのぞむ、香港中文大學『中國語文研究』第25期)

"Big India, Small China", ISHIWI Nozomu, "Chugoku Kenkyu Ronso" (China Research Journal) 11, pp.153-174, 2011,  Kazan Foundation(大印度小チャイナ說、霞山會『中國研究論叢』第11號)

"Hanvun historical documents of Senkaku Tiohisu Islands",   ISHIWI Nozomu,  251pages,  2012,  Institute for Comparative Studies of Culture, Nagasaki Junshin Catholic University (和訓淺解尖閣釣魚列島漢文史料、いしゐのぞむ、長崎純心大學比較文化研究所)

"Guides and Foreigners, Between East and West Borders  :  Respond Prof. Shaw's Article on New York Times",  ISHIWI Nozomu,   "The journal of islands studies"(2)2,  pp.111-127,  2013  (前導者と記録者、東西二界の間にて、ニューヨークタイムズの邵氏の文に駁す、いしゐのぞむ、『島嶼研究ジャーナル』第2卷第2號)

"Senkaku Refutation Manual 100" (Senkaku Hanbaku Manuaru Hyakudai),   ISHIWI Nozomu,  413pages,  2014,  Shukousha Publication(尖閣反駁マニュアル百題、いしゐのぞむ、集廣舍)

"Notes on David Helliwell's The Clashing Rocks" ISHIWI Nozomu, "The journal of islands studies"(3)2, pp.128-137, 2014 (デビッド・ヘリウェル、ぶつかり合ふ岩山、尖閣諸島と2册の航路案内書、附記、『島嶼研究ジャーナル』第3卷第2號)

"Research Kon (Kun) Opera and Folklore, Connect Taiwan and Nagasaki"   ISHIWI Nozomu, "Correspondence of Classic Theatre Research" 9,  pp.328-350,  National Central University, Taiwan  (研究崑曲與民俗、維繫臺灣與長崎、臺灣國立中央大學『戲曲研究通訊』第9期)

"Here Comes the False History Again! Debunking the Fallacy That China Discovered South China Sea Islands Two Thousand Years Ago",  ISHIWI Nozomu,  Taiwan People News (Internet),  22/12/2015  (假歷史又來了!中國發現南海諸島兩千年說之闢謬、石井望、臺灣『民報』網路版)

"Invalid Materials of Modern Senkakus History",  ISHIWI Nozomu, "Chugoku Kenkyu Ronso" (China Research Journal) 15, pp.129-153, 2015,  Kazan Foundation(尖閣現代史料無效說、霞山會『中國研究論叢』第15號)

"Three Discussions on Chogyosho History, Handout materials of The 4th Research Forum on The East China Sea Problem, The Tokyo Foundation & Institute of Japanese Studies in Chinese Academy of Social Sciences" (Chogyosho-shi Sangi),  ISHIWI Nozomu,  64pages,  2016,  self printing(釣魚嶼史三議、東京財團・中華人民共和國社會科學院日本研究所、第四囘東シナ海問題研究會發布資料、いしゐのぞむ自印)

"The Spratly Islands have been beyond the Chinese borders since ancient times------South and East China Sea: It is time to set aside the false history"   ISHIWI Nozomu,  Independent Opinion@CommonWealth Magazine (Internet),  27/06/2016  (南沙自古在界外──南海東海,是時候撇開假歷史了、石井望、臺灣『天下雜誌獨立評論』網路版)

"The Arbitration Tribunal Did Not Refute the Assertion of Latitude Measurement of Gen (Yuan) Empire but Condemn The Taiwan Authorities of China"  ISHIWI Nozomu,  Storm Media (Internet),  24/07/2016  (仲裁庭不反駁元國測緯之說,卻罵中國的台灣當局、石井望、臺灣『風傳媒』網路版)

"Six Articles on East Asia Researching in the Years Heisei 27, 28",  ISHIWI Nozomu, "Junshin journal of studies in humanities" 23, pp.382-329, 2017 (乙未丙申東方學雜録六首、『純心人文研究』第23號)

"History of the Senkaku Territorial Waters",  ISHIWI Nozomu, Nagasaki Junshin Catholic University Graduate School "Studia Humanitatis" 15, pp.63-86, 2017  (尖閣海域史辨妄、長崎純心大學院『人間文化研究』第15號)

"The True History of Senkakus, China Can Not Refute", Sekihei (creator), ISHIWI Nozomu (supervise historical documents), Fusosha Publishing Inc., 2017(石平『中國が反論できない眞實の尖閣史』、いしゐのぞむ監修史料)

5)   Main Presentations  
"Musical Scale of Zi and Kiok Poetry",  ISHIWI Nozomu, "The 10th Literature and Aesthetics, and The 2nd Chinese Thought of Literature and Art International Academic Conference",  22/06/2007,  Tamkang University  (詞曲定調、石海青、淡江大學「第十屆文學與美學暨第二屆中國文藝思想國際學術研討會」)

"Zi (Ci) Poetry Loutousa (Langtaosha) Melody Incorporated in Theatre", ISHIWI Nozomu, "The 2nd Chinese Ci Poetics International Academic Conference",  09/12/2009,  Macau University (詩餘浪淘沙入劇考、澳門大學「第二屆中華詞學國際學術研討會)

"Three Discussions on Chogyosho History" (Chogyosho-shi Sangi),  ISHIWI Nozomu,  25/02/2016,  at Shonan Village, The 4th Research Forum on The East China Sea Problem, Co-hosted by The Tokyo Foundation & Institute of Japanese Studies in Chinese Academy of Social Sciences  (釣魚嶼史三議,いしゐのぞむ,東京財團、中華人民共和國社會科學院日本研究所共辦,第四回東シナ海問題研究會,湘南國際村)


.

平成二十九年度。尖閣史について學會發表、學術誌投稿の場所として以下可能性あり。情報を見つけるごとに書き加へたい。

ケンブリッジ大學「The China Quarterly」
https://www.cambridge.org/core/journals/china-quarterly
https://en.wikipedia.org/wiki/The_China_Quarterly
大學紀要ながら、一流とされる。勿論歐洲の東洋學といふのは決して高い水準ではないが、何せ尖閣のためならば先進國に出さねばどうにもならない。



中央研究院明清史
2017 中央研究院明清研究國際學術研討會 12 月 18 日(一)下午 1:30
徵求論文  投稿時間從即日起至 2017 年 5 月 10 日止。
個別論文報名者請提供論文題目和摘要(250字內)。
報名截止日: 2017. 5. 10.
http://mingching.sinica.edu.tw/News_Detail/884
繁忙に紛れて間に合はず。
次は、……




.

八月十三日(日曜)那覇市中心部の旭町「市町村自治會館」にて、午後二時より。近隣の皆樣、是非お會ひしませう。町名がいいね。
290813我那覇

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730
『中国が反論できない 真実の尖閣史』
石平 (著), いしゐのぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)
扶桑社表紙

かういふ書は、今まで有りませんでした。チャイナが反論できないといふより、「日本人が知らない尖閣史」。さういふ新しさの書です。そして何より、正義の書です。決して面白をかしく賣り捌くだけの目的ではありません。扶桑社がこれを刊行して下さったのは、實に容易ならざることです。有り難いことです。百田氏の推薦も實に有り難い。石平氏と私が個人として有り難がることではなく、日本人として有り難い。なぜならこれは正義の書だから。個人ではありません。尖閣の正義が世界に理解されぬ今、これほど重い正義の書が他にあるでせうか。英譯は當然、出るでせう。これの英譯が刊行されないやうなら、世界の目は節孔(ふしあな)です。

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730

中国が反論できない 真実の尖閣史
石 平 (著), いしゐ のぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)
内容紹介
<構成>
序章 尖閣を守るために中国との歴史戦で勝つべきとき
民主党政権が中国の圧力に屈した「国恥記念日」を忘れるな
なぜ、尖閣を死守しなければならないのか
ほか

第一章 中国が曲解する「最古の史料」
明王朝の官僚による記録が示す事実
島の存在すら知らなかった中国
「舵手」を水先案内人だと曲解する中国側のデタラメ
ほか

第二章

第三章 中国が主張する「有力史料」の捏造疑惑
ニセ骨董商も顔負けの中国の詐欺的手法
中国人学者も疑問を提した「ニセ着色疑惑」
ほか

第四章 中国歴代王朝の官製地誌に記された領海
唐王朝の地誌では中国の領土は海岸線で尽きる
尖閣は領土外と宣言した清王朝皇帝 ほか

第五章 琉球と清朝の領海の記録を検証する
尖閣は昔から「海の国境線」の日本側にある
「風水域」から見た尖閣の所属問題
ほか

第六章 近代西洋人の航海記録に登場する尖閣
「魚釣島は琉球に属する」と明示した最初の地名辞典
「尖閣は琉球に帰属」と明記したドイツの地誌
英雄クルーゼンシュテルンも尖閣を琉球としていた
ほか

第七章 現代地図と尖閣名称の変遷から探る領有権問題
中国製公式地図に日本名「尖閣」が採用された理由
1967年刊行のソビエト公式地図でも、尖閣は日本領
中国政府が使う「釣魚島」の名称も日本人が命名
ほか

第八章 尖閣諸島に初めて上陸したのは日本人
外務省に採用された琉球史料の重要な意味
江戸後期、与那国島民はすでに尖閣の存在を知っていた
ほか

終章 尖閣の陥落は日本の終わりの始まり

<概要>
「中国人にとって歴史はニセモノの骨董品」と断じる著者。 実際、「明の時代から尖閣は中国が支配していた」と強弁してきた中国だが、史料監修者・石井望准教授によると、明朝の公式文書「皇明実録」の中では、尖閣は琉球に属し「明の領土ではない」ことが明示されており、さらに「台湾の付属島嶼」でもないことが証明された。中国の漢文史料や世界中の航路図を読み解き、数々の学術的スクープを発見し続け、内閣官房領土室の関連事業で尖閣史研究委員も務める石井准教授は、「歴史で議論すれば日本の完勝である」からこそ、尖閣古典全史料を網羅研究し続ける。
しかし、中国の領土拡大の手口を今、もっともよく知る著者・石平氏は、昨今の尖閣情勢を分析し、「このままでは日本は闘わずして尖閣を奪われる」と危惧する。そこで、本書では膨大な尖閣史料から核心部分を石平氏が徹底解説。
「中国による領有権の主張を一挙に粉砕し、日本の領有権を歴史的に証明できる決定的な一冊になるだろう」(著者)。
中共のウソと捏造から、わが国の領土を守るべく、気鋭の評論家と漢文学者が中共に挑む史料戦!


著者について

石平(せき・へい)
1962年、四川省成都市生まれ。ʼ84年、北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、ʼ88年に来日。ʼ95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を発表、中国の反日感情の高まりを警告。以後、中国や日中関係の問題について、講演・執筆・テレビ出演などで精力的に活動している。2007年、日本国籍を取得。『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP 新書)で第23回山本七平賞を受賞。著書に『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』『習近平にはなぜもう100%未来がないのか』(徳間書店)、『これから始まる中国の本当の悪夢』(黄文雄との共著、徳間書店)、『暴走を始めた中国2億6000万人の現代流民』(講談社)、『韓民族こそ歴史の加害者である』(飛鳥新社) 、『朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか』(徳間書店)など多数

いしゐ のぞむ
戸籍名、石井望。長崎純心大学比較文化学科准教授、漢文学専攻。1966年、東京生まれ。ʼ89年、京都大学中国語学中国文学科卒業。ʼ00年、同研究科博士課程学修退学。ʼ01年、長崎総合科学大学講師。ʼ08年、長崎純心大学講師。ʼ09年より現職。笹川平和財団島嶼資料センター調査委員。ʼ16年度内閣官房委託沖縄平和協力センター尖閣資料調査事業特別研究員。論文「詞曲定調」(ʼ07年『淡江中文學報』)、「沈約創定紐位高下説」(ʼ06年『輔仁国文学報』)など
登録情報

    単行本(ソフトカバー): 230ページ
    出版社: 扶桑社 (2017/8/2)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4594077730
    ISBN-13: 978-4594077730
    発売日: 2017/8/2
扶桑社表紙

https://pbs.twimg.com/media/DGX_F65UMAEPQMd.jpg
sekihei石平表紙6


八重山日報紹介の短縮リンクは  
https://t.co/DxZ5hyUfId
こちらです。
沖繩の我那覇眞子女史講座で販賣したら、
https://pbs.twimg.com/media/DHOzzomVwAAcNha.jpg
全册完賣、册數不足となってびっくりしました。
.
https://pbs.twimg.com/media/DHUdeZTVwAAt84h.jpg
産經新聞に載った廣告。
.



まづは關聯リンク。琉球を日本の領土として確かなものとした調所廣郷。
http://senkaku.blog.jp/2017020969236319.html

そして史料發見の報導。琉球王から薩摩藩士宛て書状(琉球新報)。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-538979.html
尚育王二階堂右八郎琉球新報

--------------------
私から論評。
 調所笑左衞門廣郷の偉業がまた一つ明らかになりました。幕末、薩摩藩士二階堂右八郎らを、警護のため琉球に派遣。その藩命を傳達した署名者が、調所廣郷、薩摩藩の家老です。そして今度の發見は、派遣された二階堂に對する琉球王からの儀禮的書翰ださうです。
 勿論、チャイナからは警護兵など來ません。なぜなら琉球は日清兩屬ではありませんから。フランス軍艦の到來を琉球から清國に報告しましたが、
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/yokoyama/okinawa/ok080014.htm
これに對して清國が一切何もしなかったことは、西里喜行氏がかつて研究で明らかにしてゐます。そもそも清國は尖閣航路を自力で渡航できず、琉球の水先案内人に頼ってゐたので、派兵など不可能でした。


 調所廣郷が藩命を傳達した文書の活字を、中村覺氏フェイスブックから、以下に轉載します。
--------------------
仲村 覚 2時間前 ·
琉球新報幕末が幕末の琉球で、尚育王が薩摩藩士宛に送った書状が広島で発見されたことを伝えています。その書状を受けたのは、フランス軍艦の来琉により薩摩から琉球警衛の命令をうけて部隊を率いて琉球入りした二階堂平八郎です。幕末の琉球は西洋列強から日本を守る国防最前線だったことがわかる史実です。琉球を守っていた薩摩は、西洋列強の危機を肌で感じ多くの情報をもっていたので、明治維新が薩摩から始まったのは当然といえます。

二階堂平八郎の琉球派兵の命令書、及び帰国命令書は、東京大学史料編纂所蔵島津家本『琉球外国関係文書』目録に電子化され検索可能なかたちで保管されています。薩摩の資料は膨大な量があるのですが、これらを活用した幕末の琉球研究の成果は数件程度しかありません。宝物がたくさん眠っている未開の分野です。下記に、
琉球警護の命令(弘化元年(1844年)6月23日)

琉球警吏帰国ヲ命シタル報告(弘化二年3月)
転載いたしました。 
—————————————————————
弘化元年(1844年)6月23日
—————————————————————
六月廿三日
琉球国警衛ノ為メ出兵スベキ旨ノ報到ル此時
国老等ハ予メ出兵ノ準備ヲナシ命令ノ到ルヲ
待チタルカ故同月廿五日左ノ人員ニ派遣ノ命
ヲ発シタリ
 番頭兼御用人        二階堂右八郎(行健後静馬ト改ム)
 物頭            坂元休左衛門
 同             近藤彦左衛門
 御旗奉行          宮内清之進
 御目附           松本十兵衛
 同             安田助左衛門
 兵粮奉行          原田直助
 唐舩改役(兼異国舩掛筆吏) 川上弥四郎
 藩庁筆吏         野元一郎
 同             児玉宗八
 番頭筆吏          葛西四郎太
 騎馬御小性組目付      松岡十太夫
 同(蘭学者)        岩切英助
 騎馬御小姓組        中村孫次郎
 同             池上良右衛門
 同             山口吉五郎
 同             久保正之進
 同             野間休之進
 同             西田次郎太
 同             園田彦九郎
 同             坂元広四郎
 医師            田中道節
 御兵具方与力        川路正右衛門
 同             山下清之丞
 同             坂口源七兵衛
 唐通事           橋口五助
 足軽六十人
 外ニ右人員従者七十三人
  合計上下人員百五十九人
 一 白米三百石
 一 鎧具五十弐領
 一 火薬千三百斤
 一 鉐 百五十斤
 一 大砲 三門(二百銭又ハ五百銭)
 一 小銃 五十挺(硝藥一万個)
 一 火縄七千二百曲
  此外陣具略ス
 右至急渡海スベキ旨達セラレタリ

—————————————————————
弘化二年3月
—————————————————————
琉球警吏帰国ヲ命シタル報告
 其許ヘ渡海被 仰付置候近藤彦左衛門中途
 交代之儀ハ別紙ヲ以申越候通ニ候然共
 公辺他所向等ヘハ矢張是迄之通リ一組之人
 数差渡被置候姿ニテ無之候テハ不相成事ニ
 テ他所向等ヘ交代被仰付候儀共相響候テハ
 大変之事候付人々其通相心得急度不相響様
 上国之面々ヘ相達シ家来末々ハ勿論舩頭等
 ヘモ急度相達候様可取計候且着舩之上ハ友
 野市助海老原宗之丞方ヘモ届申出候様可申
 渡候左候ハヽ猶又両人ヨリ委敷為相達候様
 可致候此段極御内用ヲ以申越候以上
   巳三月
              調所笑左衛門
              島津石見
              島津主計

二階堂右八郎殿
 去年三月其地ヘ異国船来着ニ付二階堂右八
 郎其外被差渡置候処又々本船来着モ難計候
 付右八郎儀此涯致滞在候様別紙之通被仰付
 候付其段申渡追テ返答可申越候以上
   三月
              調所笑左衛門
    平田善太夫殿
              二階堂右八郎
 右者去年三月琉球ヘ異国船来着異国人等両
 人残置本船致帰帆又々来着難計候付別段御
 吟味之訳有之此涯琉球ヘ致滞在候様被仰付
 候条可申渡候
  但引取頃合之儀ハ追テ可申渡候
   三月 主計(島津) 笑左衛門(調所)
    滞琉ヲ命シタル人名
              御目付
               松本十兵衛
              唐船改
              御家老座書役
               野元一郎
              御代官
               原田尚助
              御記録方見習
              助教勤
               宮内清之進
              異国舩掛書役
               児玉宗八
              御趣法方書役
               松岡十太夫
              御用人座書役
               葛西四郎太
              唐通事
               橋口五助
              御兵具方肝煎煎
               川路正右衛門
              右同与力
               児玉源左衛門
               坂口源七兵衛
              右同足軽
               拾五人
 右者去年三月琉球ヘ異国船来着異国人等両
 人残置本船致帰帆又々来着難計候付別段御
 吟味之趣有之此涯琉球ヘ右之面々ハ致滞在
 候様被 仰付候条可申渡候
  但引取頃合之儀ハ追テ可申渡候
   三月 主計(仝上) 石見(仝上) 笑左衛門(仝上)


『琉球外国関係文書』
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/yokoyama/okinawa/okcrindx.htm


--------------------------
扶桑社表紙
http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730
『中国が反論できない 真実の尖閣史』
石平 (著), いしゐのぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)

八重山日報。刊行後の單日ご購入はリンクから。
http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html
以下は八重山日報平成二十九年五月十五日第五面「國際法の始祖グロチウスと尖閣朱印船時代」第四囘より。

……ペリー來航後の西暦1854年に至り、長山樗園(ちょゑん)『大日本唐土輿地全圖』(横濱市立大學デジタル公開)では、釣魚臺を省略しながらも、黄尾嶼・赤尾嶼を琉球の黄色に刷ってある。臺灣(たいわん)から福建までは抹茶色となってゐる。手彩ではないので、軍學者長山樗園自身が尖閣を臺灣福建の外としたのだらう。
 西暦十九世紀前半までの歐洲製地圖では、黄尾・赤尾を往々琉球の色に塗るので、長山圖はそれを採用した可能性がある。勿論尖閣未編入時だから、着色の一例に過ぎない。なほ松島(今の竹島)は位置不精確ながら隱岐の黄色に刷られ、樺太北半は滿洲の桃色に刷られてゐる。
 末尾ながら、八重山日報五月四日第六面に元空將織田邦男氏の重要な指摘があった。大意に曰く、「先に自衞隊を出すと、チャイナは日本が先に軍を出したと國際社會に宣傳(せんでん)する。日本は輿論戰にやられてしまふ」と。精到の論だ。自衞隊常駐のために必要なのは世界的輿(よ)論戰に勝つことである。それには國際法でも安全保障でも足りない。歴史戰こそ勝負の鍵となる。
 宏闊にして悠久、嗚呼偉なるかな尖閣史。世界の九割の人々がそれを理解した時、自衞隊は世界的支持のもとで尖閣に常駐できる。歴史をマニアだとか趣味だとか馬鹿にするやうでは尖閣を守れない。尖閣の主役は歴史である。


刊行後の單日ご購入はリンクから。
http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html

上の引用文中の長山樗園『大日本唐土輿地全圖』、横濱市立大學デジタル版を下に載せておきます。
長山樗園大日本唐土輿地全圖横濱市立大學藏1

長山樗園大日本唐土輿地全圖横濱市立大學藏2

關聯書誌リンク。

http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~ycu-rare/views/WC-2_1.html?l=1&amp;n=165

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA78349264

http://umdb.um.u-tokyo.ac.jp/DChiri/yamasakibunko/mokuroku/browserecord.php?-action=browse&-recid=417

http://umdb.um.u-tokyo.ac.jp/DChiri/yamasakibunko/mokuroku/recordlist.php




(關聯舊記事リンク)
http://senkaku.blog.jp/2016122768286450.html


門外漢ながら、スペインに尖閣關聯史料はあるか。
直接尖閣はほぼ難しい。何故ならマニラでは西暦千五百九十七年になっても臺灣の地理すらよく分からずに、秀吉がマニラに攻め寄せる可能性を議論してゐる。(尖閣獺祭録で論及濟み。)

西暦千六百二十四年、八重山キリシタン事件。石垣永將。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

その後、西暦千六百二十六年に臺灣最北端の鷄籠を占領したが、尖閣の地理認識を持った形跡は無く、「レイスマゴス」から進歩しない。
とはいへ、直接尖閣でなくとも、尖閣西方海域及び臺灣東岸情報ならば、スペイン古文書の中から得られる可能性はある。

「聖ペドロ・バウティスタと織豊期の日西関係」
伊川健二  待兼山論叢. 文化動態論篇44
http://hdl.handle.net/11094/9077
まづはこの伊川論文に出てゐる未公開史料の確認が必要。
秀吉の使者はスペイン人とともに朱印船航路を南下北上したと考へられる。朱印船航路はそのまま日本と明國との最前線勢力均衡線であるから、それをスペイン人がどう認識したか、記述された史料があれば重要だ。

さらに家康時代の1608年にはマニラに三浦按針を派遣してゐるので、そのあたりまでのスペイン古文書の中から何かが出る可能性はあある。問題はスペイン語よりも、手書き古文書がさっぱり讀めない。活字スペイン語にさへなってくれれば、「Formosa」「Japón」附近の記述を辭書引き引き讀める。

國立メキシコ文書館。
Archivo General de la Nación
https://www.gob.mx/agn

メキシコ・デジタル圖書館
Biblioteca Digital Mexicana - BDMx
http://bdmx.mx/

西暦千六百二十六年にスペインが臺灣東岸を北上した記録は活字になってゐる。日記ではあるが、あまり詳しく書いてない(尖閣獺祭録で論及濟み)。その後でスペインは臺灣全島地圖を作成する。そのあたりの關聯古文書でも、尖閣西側海域情報が得られるかも知れない。一般的な書は確認したので、必要なのは手書き古文書だ。

「豊臣秀吉とルソン総督間の交渉」以下の歴史概要。
http://www.mex-jpn-amigo.org/doc.id/47fb313c/
1591.9
秀吉はスペインのルソン総督に宛てた入貢を促す書簡を持たせて原田孫七郎を派遣した。
豊臣秀吉はキリスト教布教の伴わない南蛮貿易を望み、自らルソンとの交易を推進しようとしていた。

1592.7
ルソン総督ゴメス・ペレス・ダスマリーニャスはドミニコ会士のフアン・コポスを派遣、秀吉に書信を返し友好関係樹立を標榜する一方で使節に高い身分を要求する等して時間を稼いだ。また秀吉に贈物を届けた。
他方、日本人来襲を恐れ、在ルソン日本人をマニラのデイオラ地区に集団 居住させる措置を採った。(日本人町の始まり)

1592.7
秀吉はコポスを総督宛返信を届ける使者に起用したが、コポスが帰路遭難したために秀吉の返信は総督に伝わらなかった。

1592.10
秀吉は再度総督宛に返信を届けるため原田喜右衛門を起用し、原田は翌年4月マニラに到着した。
この頃在マニラ中国人約2000名の一斉蜂起があり、政庁の要請でマニラに在住していた日本人多数が反徒鎮圧に協力した。

1593.5
総督は新たにフランシスコ会士のペドロ・バウチスタ・ベラスケスを特使に起用し日本に派遣した。
朝鮮出兵中の秀吉は名護屋で特使を引見し、重ねて服従と入貢を強要するとともに、10月には来航した船の船長ペドロ・ゴンザレス・カルバハルにも同様の内容の記した書簡を持たせて総督に送った。

1594.4
新しく総督となったルイス・ダスマリニャスはアウグステイン・ロドリゲスを使者とし、口実を設けて回答を引き延ばしする返信を持たせて日本に派遣した。
使者は9月に日本に到着したが秀吉は朝鮮出兵に忙殺されていて交渉は進展しなかった。
この年ヘロニモ・デ・ヘスス以下フランシスコ会の修道士4人が布教を目的としてルソン総督より日本に派遣され、到着後布教を開始した。

http://www.mex-jpn-amigo.org/doc.id/47fb3229/
1596年 9月
マニラ発太平洋を東航中のガレオン船サン・フェリペ号が途中暴風雨により船体を破損し、その修理のため土佐、浦戸に向い、港内に入る際に座礁した。船長が上洛してフランシスコ会士を介して交渉中に、同船の舵手が当局を威嚇するために世界地図を見せてスペイン王の勢威に言及し、新しく土地を征服するには始め宣教師を送って人々を改宗させ後に軍を送りこむなどと日本も征服するが如き暴言を吐いた。これを知って秀吉が激怒し、サン・フェリペ号の臨検により発見した銃砲、火薬、財宝等の船荷を没収し、また乗客、乗組員のマニラ帰還を命じた。
更に12月には先の1587年(天正15年)に下した外国人宣教師の国外追放令にも拘わらず京都ほかに潜伏していたとして宣教師、日本人キリシタン等24人(後日2名が志願して加わる)を捕らえて死刑を言渡した。
たまたまフィリッピンでの三年にわたる布教活動を終えサン・フェリペ号に乗船して帰国途次にあったメキシコ生まれの宣教師フェリペ・デ・ヘススもこの際に捕らえられた。

http://www.mex-jpn-amigo.org/doc.id/47fb32a8/
1597年 2月5日
(メキシコの聖人フェリペ・デ・ヘススが殉教者中に含まれていた)
秀吉はキリシタン禁制の断固たる決意をキリシタンの多い九州に示すために、捕えたパウロ・三木以下イエズス会、フランシスコ会修道士、日本人キリシタン等を各地を引き回し、長崎に連行して2月5日公開磔に処した。 この時の殉教者の一人がフランシスコ会のフェリペ・デ・ヘスス修道士であり、1862年にメキシコ人としてはじめて列聖されることとなった。
(1961年クエルナバーカ市のカテドラルー当時フランシスコ会の修道院であったーの修復中に、その内部壁面 下に長崎26聖人殉教の場景を描き太閤様が死を賜ったと記されたフレスコ画が石灰で塗り込められているのが発見された。)

1597
ルソン総督フランシスコ・デ・テーリョは事件の発生に遺憾の意を表明し、船の残存備品、没収された積荷及び修道士の遺体の返還を求める書簡を送ったが、秀吉はイスパニア人達が国法を護らなかったからと責任を回避する回答を送った。 この際、総督の使者は秀吉への贈り物として日本に初めて象を運び入れた。


http://www.mex-jpn-amigo.org/doc.id/47fb33f6/
1598
秀吉死去。天下統一事業は家康が引き継いだ。
フランシスコ会士のヘロニモ・デ・ヘススが、通商に関心を持っていた家康と会談した。家康はルソンとの友好と通商関係の樹立を望み、マニラのガレオン船の日本寄港を歓迎すると表明した。一方で日本船のルソンとヌエバ・エスパーニャでの受け入れ方を要望、その実現のため造船技術者、航海士、また鉱山開発のための技師の日本への派遣を要請した。
ヘロニモ・デ・ヘススはマニラ総督テーリョに宛てて書簡で家康の要請を報告した。総督はヌエバ・エスパーニャの上司に本件を伝達するも特段の反応が得られなかった。

1600
この年の春、2年前に西回りで東洋に向けて出発したオランダ東インド会社の船隊の生き残りの一艘リーフデ号が豊後に漂着した。その航海長であった英人ウイリアム・アダムスはその後家康の顧問となった。

1601
家康は再度スペイン植民地との通商関係樹立を図ろうとしてマニラ総督にペドロ・ブルキーリョ修道士を使者として送り込み、日本人海賊数百人を捕らえて処刑したので日本近海の制海権が確保されたことを知らせ、ヌエバ・エスパーニャとの通商を要請する旨を伝えさせた。また、ヘロニモ・デ・ヘススもマニラ総督に回答を促進させるために送り込んだ。

1602
ペドロ・デ・アクーニャルソン総督は日本との通商関係を結ぶことに好意的な返信を送り、実際に家康の希望に沿って商品を積んだ商船を関東に送る手配をしたが、船舶建造等のための技術者派遣は自分の権限外としてヌエバ ・エスパーニャ副王とスペイン国王宛に報告を送った。
家康は総督に対し返信を送り、その中でガレオン船が通商目的で、あるいは悪天候から避難するために日本の港への入港することを認めることを伝え、他方日本船のルソン、ヌエバ・エスパニャでの受け入れ方を要請した。 ペドロ・デ・アクーニャ ルソン総督が日本に派遣した商船は家康の支配下の関東でなく、九州の港に到着した。
この年のナオ・デ・チナの一隻エスピリツ・サント号が暴風雨で難船し土佐清水に入港した際に積み荷の一部没収等当局の不適切な取り扱いがあった。
10月、抗議を受けて家康は没収品の返還を命じた文書を発行し、再度 マニラ総督に宛て日本の港への緊急避難時の入港と船の修理を保証する書状8通 と入港許可書を送付した。

1603
ペドロ・デ・アクーニャ ルソン総督が日本に派遣した商船サンテイアゴ号でフランシスコ会士ルイス・ソテーロ等が日本に到着し、ソテーロは家康から布教する許可を得た。
イエズス会の布教活動開始からは凡そ半世紀遅れたが、フランシスコ会は関東を中心に本格的布教活動を開始し、京都、大分、大阪、浦賀に聖堂、修道院を建てた。 この年、ヌエバ・エスパーニャ、スペインとの直接交易を望んでいた家康 の命を受けたウイリアム・アダムスがマニラに赴き、家康の直接支配下の地方との通 商関係樹立についてスペイン側に説得を試みた。

1604
アクーニャ総督、友好を求める書簡を贈物と共に家康に送る。

1605
家康、アクーニャ総督に書簡の受領と贈物への謝意を述べた返信を送る。
この中で家康は日本でキリスト教の布教は許されないとの見解を表明した。

1605
ロドリーゴ・デ・ビーベロ総督代理は家康に派遣されてマニラに滞在していたウイリアム・アダムスに託して家康と秀忠に宛てて書簡を送り、友好関係の継続を望み、日本船のマニラ入港を歓迎する、また天候によってはスペイン船が徳川幕府の支配下の日本全土への入港が認められるべきこと、キリスト教布教活動を行う宣教師への待遇改善等の要請を行った。

1606~08
マニラ在住の日本人約1500名が武力蜂起したが、修道士達により慰撫されて事なきを得た。日本人の暴動は1607/08両年にも発生し、武力鎮圧されて日本人はマニラ市外に追放された。ビーベロ総督代理は日本からの来航船を制限して欲しい旨家康に要請し、同時に暴動時に捕らえていた日本人を送還した。

1608
この年初めてルソン発商船の関東の港(浦賀)への入港が実現した。
家康・秀忠はビーベロ総督代理の書簡に対し交易拡大を望む旨書き送った。

1609
フアン・デ・シルバ新総督が着任し、マニラの日本人の行為について不快であることを家康に書き送り、家康は返信で不穏分子の処罰を促した。
新総督はまた日本における宣教師の取り扱い、日本のガレオン船受け入れに謝意を表した。

http://www.mex-jpn-amigo.org/doc.id/47fb3538/
サンフランシスコ号漂着事件
1609年(慶長14年)9月
太平洋を東航中のスペイン船サンフランシスコ号、サンアントニオ号、サンタアナ号が大暴風雨に遭遇し全三艘が難破し、その中でも乗員・乗客373人を乗せたサン・フランシスコ号が9月30日上総沖、岩和田(大多喜領、現御宿)で座礁 した。住民が救出に向かい、317名が救助された。
城主本田出雲守忠朝(家康の功臣本田忠勝の次男)自身も現場を訪れて遭難者が必要とした衣類等を提供と、一行の保護を命じ、37日間の滞在中厚遇した。岩和田村民の物心両面 にわたる援助は遭難者から大いに感謝された。同船にはたまたま帰国途次のロドリーゴ・デ・ビーベロ・イ・ベラスコ前ルソン総督代理が乗船しており、日本滞在中ビーベロは江戸に出て二代将軍秀忠に会見し、また翌年には駿府の家康を訪問した。
当時日本に居たフランシスコ会士ルイス・ソテロを介して初めて日本の支配者とスペインの高官の対話が実現し、ここに両国間通 商交渉が開始された。
家康はヌエバ・エスパーニャとの交易を望むこと、また銀採掘のための冶金技術者50名をヌエバ・エスパーニャから招請したいとの希望を述べた。
これに対してビーベロはスペイン船の海難への救助協力と宣教師の保護、家康とフェリペ三世間の友好関係の維持、及びスペインの敵オランダ人の日本追放を要請した。
イスパニア、ヌエバーエスパーニャ間の通商開始のため、以下内容の協定案が家康ービーベロ間に作成された。
・ビーベロは家康の要請をスペインの支配者に進言する
・メキシコからの鉱山技師派遣と、採掘された銀の関係者間配分の規定
・フランシスコ会宣教師の日本でのキリスト教*布教の容認
・日本の港におけるスペイン船の入港許可と保護、及び商館設置等
(オランダ人の日本からの追放は受け入れられなかった)
家康はビーベロがヌエバ・エスパーニャに帰還出来るよう、ウイリアム・アダムスに洋式船の建造を命じ、サン・ブエナベントウラ号120トンの建造とその艤装に必要な経費4000ドウカート相当を幕府より提供した。
*この頃日本の総人口は2000万人と推定され、内キリシタンの数は凡そ75万に達していたとされる。

http://www.mex-jpn-amigo.org/doc.id/47fc1a3c/
家康、ヌエバ・エスパーニャへ使節派遣
1610年8月
ビーベロ他を送り届けるためウイリアム・アダムスの指導で日本で始めて(慶長15年)建造された洋式船サン・ブエナベントウーラ号(日本名安針丸)は8月 1日浦賀を出港、10月27日ナヤリット州マタンチェルに到着し、その後アカプルコへ回航された。同船には家康の使者としてビーベロとアロンソ・ムニョス神父を、また通 商開始を期待して京都の商人、田中勝介、朱屋隆成、堺の商人、山田助左右衛門等23人を乗船させた。
帰着後ビーベロは副王に日本各地の見聞について詳細な報告を行うと共に「ドン・ロドリゴ日本見聞録」を著した。
更に、太平洋横断に際して嵐に多く遭遇するロス・ラドローネス諸島(グアム・マリアナ)経由でなく、船の補給、修理に都合良い、また交易の可 能性も高い日本経由航路の開設 と鉱山技師の日本派遣について副王、イスパニア皇帝に意見具申した。これに対しスペイン本国は、日本との通商はイスパニア領のフィリピンを窓口にするとの意向を示した。

http://www.mex-jpn-amigo.org/category.id/%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2



Formosa Hernando Rios Coronel_1597
西暦千五百九十七年、スペイン人の描いた臺灣島及び呂宋島。
地圖とともに送られた書翰は西暦千五百九十七年六月二十七日と署する。臺灣(Hermosa)征討を説く。
「Memorial que dirigió al Rey desde Manila con fecha de 27 de junio de 1597 Hernando delos Rios Coronel」。インディアス綜合古文書館。ES.41091.AGI / 23.6.13 // FILIPINAS, 18B, R.7,N.68。 リンク:

http://pares.mcu.es/ParesBusquedas/servlets/Control_servlet?accion=3&txt_id_desc_ud=421141
http://pares.mcu.es/ParesBusquedas/servlets/Control_servlet?accion=3&txt_tipo_busqueda=dl&txt_correo=S&txt_id_desc_ud=421141

書翰の全文活字と解説。

https://www.upf.edu/asia/projectes/che/s16/rios.htm



東京都に集まった尖閣寄附金15億(14億でしたか)を超えてゐます。外務省補助の領土研究五億圓五年間計25億圓について、昨年末の産經報導はこちらリンクです。
http://senkaku.blog.jp/2017010268402412.html
そして外務省が公表した要項の類には、まづ以下の文言があります。

領土・主権・歴史に関する基礎的情報収集・調査研究を行っており,それらの分野に知見を持つ研究者を」云々。
「我が国の領土・主権・歴史に関する国内外での一次資料収集・整理・分析・公開(英語等への翻訳含む)」云々。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/pp/page23_001876.html

基礎情報収集現地調査の充実及び蓄積作業など、情報収集・調査分析を強化する」云々。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000251851.pdf

「我が国の調査研究機関による自主的な領土・主権・歴史に関する調査研究・対外発信活動を支援し、」云々。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000224044.pdf

補助金を獲得したのは日本國際問題研究所JIIAです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/pp/page23_002017.html

虎の門三井ビル
http://www2.jiia.or.jp/

 何故歴史が重視されてゐるのか。それは日本政府の公式見解が四十年前から「尖閣は歴史的にも法的にも固有の領土」となってゐるからです。固有である以上、歴史上の英國もオランダも東印度會社もフランスも明國も清國も、いかなる政權も尖閣を領有したことが無いと證明せねばなりません。中華人民共和國だけが相手ではないのです。證明は既に終ってますが、更に強化せねばなりません。だから歴史なのです。そもそも史料ゼロで國際法廷で戰へると思ひますか。戰へる筈がありません。

當然ながら、一次史料を扱ふ研究者を中心に研究費が支給されるでせう。それにつき、私としてはノーコメントです。ただこの情報があまりにも世間に知られてゐないことを危惧します。


----------------------------
扶桑社表紙


http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730
『中国が反論できない 真実の尖閣史』
石平 (著), いしゐのぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)

或る人のインターネット・コメントに曰く、
「素晴らしい発見に感謝します。ただ現在の国境問題に明王朝とか歴史を出してしまうとその時点で日本側が負けてしまいます。言わずもがな中華人民共和国は大東亜戦後成立の国家。明かに尖閣諸島は日本領です。そもそもそれを向こうが歴史問題にすり替えようとしている戦術に日本が乗せられていると思います。明国と中華人民共和国は国家としての継続性はありません。もちろん資料としては大変重要だと考えますが、中共の策略に嵌まってしまう可能性があると危惧します。かつて漢民族の領土で…という話になるのならば、エジプトはローマに返還、イランはマケドニアに返還、ロシアはモンゴルに返還なんてバカげた話になります。批判をしている訳ではなく心より応援しておりますが、説明をひとつ誤ると、国民がその論理で自縄自縛することにも成りかねないかと心配しております。」

私の返信は以下の通り。

「明王朝とか歴史を出してしまうとその時点で日本側が負け」。
あなた方みんな、いい加減にして下さい。もう五年、私も怒りますよ。

「向こうが歴史問題にすり替えようとしている戦術」。
違ひます。日本が歴史を語ってます。政府公式見解は40年前から「歴史的にも法的にも日本の領土」となってます。

「明国と中華人民共和国は国家としての継続性はありません」。
では國家として以外の繼續性はどうなんですか。尖閣に於いてチャイナ文化が存在したのですか。馬鹿げてる。

「中共の策略に嵌まってしまう可能性」。
研究の中身を見なさい。どこにその可能性が有るのか具體的に指摘せず、幽靈を怖がるみたな、それでも堂々たる日本人ですか。

「エジプトはローマに返還、イランはマケドニアに返還、ロシアはモンゴルに返還」。
では尖閣はかつて一度でもどこかの國の領土だった可能性があるのですか。中身も見ずに何を言ってるのですか。チャイナの戰術にはまってるのはあなた自身だ。

「説明をひとつ誤ると、国民がその論理で自縄自縛」。
現在まさしく自繩自縛してますよ。あなた自身が典型例です。

要するに日本は尖閣の歴史を避けるべきだと仰せでせう。歴史を避けねばならない領土、それが尖閣ですか。尖閣なめんなよ。

アレクサンドロス


もう四年半にもなりますが、産經新聞。全國版第二十面。平成二十五年一月二十二日。これが三浦按針と濃密な繋がりを持ってゐたのです。

産経2013年0122全國第20面

下は九州版第二十四面。
02a産経2013年0122九州第24面


尖閣周辺は「海防対象外」 中国・明王朝の歴史書に記述
2013/01/22   産經新聞
 中国・明王朝(1368~1644)が1617年に作成した公式文書で、明が国防の対象海域を、福建省から東約40キロ沖合の東湧島(現台湾・馬祖列島の東引島)までと定め、沖縄・尖閣諸島周辺海域は防衛対象として想定していなかった可能性があることが21日、長崎純心大の石井望准教授(漢文学)らの調査で分かった。
 記述があったのは、明王朝の歴史書「皇明實録(こうみんじつろく)」。この中に、福建省の海防の高官・韓仲雍(かんちゅうよう)が1617年8月、長崎から明に来航した明石道友(あかしどうゆう)に告げた内容を記録していた。
 この中で、韓仲雍は福建省沿岸から約40キロの東湧島など馬祖列島や近隣の島々を列挙した上で「この外の溟渤(めいぼつ)(東側の海)は華夷(中国と諸外国)の共にする所なり」と述べた-と記されていた。
 石井准教授は「『華夷の共にする所』とは、各国の船が自由往来できる場所という意味であり、海防範囲外だということだ」と指摘している。
 中国の楊潔チ(よう・けつち)外相は昨年11月、ラオスでのアジア欧州会議で「中国は明代の600年前から釣魚島(尖閣諸島)を支配している」と発言している。
https://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-11455895515.html

下は長崎新聞第二十面。
長崎新聞20面2013年0122



https://www.youtube.com/watch?v=EGolgKQhWTY




.

「甦る朱印船大航海時代、三浦按針は尖閣を見た」、八重山日報連載全七囘。平成二十九年七月二十日から二十六日まで。刊行後の單日ご購入はリンクから。
http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html

特に第五、六、七囘は、尖閣西方海域のチャイナ限界線と三浦按針との關はりを論じました。領土に關心をお持ちの場合は是非ご覽下さい。

miura_anjin_rensai7

關聯リンク

https://pbs.twimg.com/media/DFI5iXBU0AEkCNA.jpg



----------------------------
扶桑社表紙


http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730
『中国が反論できない 真実の尖閣史』
石平 (著), いしゐのぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)

我那覇眞子女史 29/6/14國聯演説。 
https://www.youtube.com/watch?v=EmO3y5q5VM0
 





そして29/6/16我那覇・依田兩氏歸國聯合記者會見。二十九分から、私のオランダ・琉球・朱印船・尖閣の挨拶ビデオを放映。
https://www.youtube.com/watch?v=a2fD23WTdOw

29分から私の挨拶ビデオ放映につき、ユーチューブの下方コメントで、「しろうま」さんがまとめて下さってます。
「29:00から、長崎純心大学の石井望准教授が尖閣についてのお話をされてます。
・江戸幕府がオランダ使節に宣布した御条目
・朱印船時代の尖閣地図
 御条目第5条で琉球は日本に属するのでオランダは邪魔をしてはならぬと述べる。上記を叢書したものが1800年代までに英・独・仏・蘭語で活字出版されている。
 朱印船尖閣地図は精度の高さが伺える。精度の証明は下記の三点。
1台湾最北端よりも高緯度に尖閣が位置する。
2台湾北方三島と尖閣との間がかなり隔絶している。
3尖閣が与那国島よりも経度でやや東に位置している。
これら三条件は現在のGoogleMapでも共通。尖閣の位置は偶然その位置に書かれたのではなく補足する古文書も存在する。一方19世紀以前のヨーロッパ製の地図では三条件を満たす地図は皆無。
 これらの歴史的事実はあまり認知されておらず、日本の検定教科書に採用すべきだと石井准教授は主張されてます。尖閣の日本帰属の正統性を主張する上で、非常に大きな武器となるでしょう。


下は同じ記者會見映像です。音聲鮮明。
https://www.youtube.com/watch?v=A-Q9Iqe66PA


https://www.youtube.com/watch?v=sGfE2StqiRc
こちらは32分から。


使用した元の挨拶ビデオは下リンクで鮮明にご覽頂けます。
https://www.youtube.com/watch?v=tJitG_LaN1I


同日記者會見で記者諸氏に配布した資料は以下の裏表一枚です。

ジュネーブ歸國會見メッセージ1

ジュネーブ歸國會見メッセージ2


------------------------------
扶桑社表紙

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730
『中国が反論できない 真実の尖閣史』
石平 (著), いしゐのぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)

「甦る朱印船大航海時代」、八重山日報連載第三囘。七月二十二日。ご購入はリンクから。
http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html
miura_anjin_rensai3

七月二十日「八重山日報」第一面で既報の通り、三浦按針の朱印船は、西暦千六百十七年七月二十二日に尖閣南北小島を「トリシマ」として望見し、地形を記録した。今日がまさしくその四百周年記念日であった。今日も忙しく暮れてしまひ、餘す所わづか二時間を切った。四百周年のその日に連載第三囘で地形記録の詳細を述べることができたのは歴史的因縁となった。

南北小島のリンク
http://www.panoramio.com/photo/79775132


http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html

渡嘉敷蜥蜴八重山日報290718

http://www.shimbun-online.com/titlelist/yaeyamahontoban.html

八重山日報のスクープ、完全獨自報導。
他社は全く報じてゐない。
八重山日報は他社を輕く超えてゆく預感がしてきた。
報じられた論文は下記PDFで公開されてゐる。
http://www.ahr-journal.com/OA/pdfdow.aspx?Sid=20170203
「On the Live Coloration and Partial Mitochondrial DNA Sequences
in the Topotypic Population of Goniurosaurus kuroiwae orientalis
(Squamata: Eublepharidae), with Description of a New Subspecies
from Tokashikijima Island, Ryukyu Archipelago, Japan」
著者:Masanao HONDA  Hidetoshi OTA

四川省成都の『アジア爬蟲類兩棲類研究』に掲載された。
http://www.ahr-journal.com/en/Corp/50.aspx

四川省といふ生物多樣性に富んだ地域だからだらうか。
しかし世界的知名度は全く無い刊行物だ。
https://en.wikipedia.org/wiki/Category:Herpetology_journals
誌名そのものがグーグルで93件しかヒットしない。
https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%22Asian+Herpetological+Research%22&start=90

日本にも著名誌はある。
http://herpetology.jp/CurHerp/
http://herpetology.jp/publications/bhsj_j.php
.
なぜ著名誌はこの貴重な論文を載せなかったのだらうか。
かりに學術でなく社會的要因で排除されたならば惜しいことだ。
私の論文も著名誌に中々投稿できないので、
同じ要因があるのかも知れないと、勝手に心配する。
しかしそれを獨自に報じた八重山日報の眼力には敬服する。


----------------------------

扶桑社表紙

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730
『中国が反論できない 真実の尖閣史』
石平 (著), いしゐのぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)

琉球新報
https://ryukyushimpo.jp/hae/prentry-190248.html
コラム「南風」 琉球語のなかの中国語
2012年4月20日 09:35
 琉球語には多くの中国語があると信じられている。ここでいう中国語とは、中国から直接琉球に入った言葉を指す。沖縄の研究者も言うのだから、そうだろうと漠然と思っていた。そこで、確信を得るためにこの状況について調べてみた。
 時に研究は当初の予想を裏切る。先行研究は極めて少なく、そこで挙げられる例を言語学的にみると、直接中国に由来しない例が数多く含まれていた。調べれば調べるほど、否定的な結果が出た。ツハーラ(チュハーラ)は、本家の中国語にそうした表現が存在しない。シーミーは確かに中国に由来する習俗だが、言葉は中国語(チンミン)より日本語(セイメイ)との関連が強い。ハーリーも習俗自体は中国起源だが、琉球語の発音に対応する言葉が本家中国語には存在しないのである。
 結論として琉球語に残る中国語はサンピン茶の「香片」など料理や食材に関する語彙(ごい)に限られる。実際、圧倒的多数は、まず本土が中国から受け入れて日本語化した語彙を、改めて琉球語が受け入れたものである。三母音化等の変化で琉球語と本土方言との対応がわかりにくくなった結果、語源不明の言葉の由来を、中国語に求めたのだろう。
 当初の考えと研究結果が異なり、それが一般の期待に反する場合、どう振る舞うべきか。研究する者としては、結果をありのままに出すことが求められる。批判を恐れ、一般の期待に迎合すれば、ボクが存在する意味はない。されど親切に教えてくださる方に、面と向かって否定するのも気が引ける。
 ではなぜ琉球語に多くの中国語があるという話が広まるのか。沖縄には中国との交流の証を言葉にも求める、また本土の影響より中国からの影響を好意的にみる傾向があるのではないか。もしそうなら、それこそが沖縄の特色だといえる。
(石崎博志(いしざきひろし)、琉球大学准教授)
http://kenkyushadb.lab.u-ryukyu.ac.jp/profile/ja.KRvq.eSw-SeTl9x09ouJKg==.html
.

參考:五十嵐陽介(2016)
「琉球語を排除した「日本語派」なる系統群は果たして成立するのか?
―「九州・琉球語派」と「中. 央日本語派」の提唱―」
国際日本文化研究センター共同研究会「日本語の起源はどのように論じられてきたか」、平成二十八年。
http://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=116897



下は佐藤優氏のプロパガンダ滿載なコラム。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/79/a4/084f6e2e44b80246797348b661199364.jpg

佐藤優琉球語

過去の歴史上に琉球語の正書法なるものは存在しませんでした。念のため。


 日本政府內閣官房領土室五月十二日公布資料,內載西元1819年琉球王親登上「魚根久場島」,為現知最早登島紀錄,較之西元1845年八重山導航員引導英軍提督登島紀錄提早二十六年。
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/img/data/archives-senkaku03.pdf

 五月二十二日,社會科學院近代史研究所台灣史研究室副研究員李理在中國評論新聞網反駁說,魚根久場島是慶良間久場島,不是尖閣久場島。此說已被駁回,見下連結:
http://senkaku.blog.jp/2017053171152848.html
http://www.ssri-j.com/SSRC/island/ishi-13-20170602.pdf
 六月二十日,社會科學院同一位研究員又反駁說,西元1879年日清談判島嶼時,日本未把釣魚列島包含在八重山群島之中。
http://hk.crntt.com/doc/1046/7/9/8/104679856.html
http://www.sohu.com/a/150375158_817469

 很遺憾,此說仍然不構成任何異議。日本遲至西元1895年纔將之劃歸領土,西元1879年該列島還是無主地,地位未定,自然可以排除在八重山群島之外。西元1819年琉球王親登島,只顯示文化層面日本人進軍釣魚島的過程如此。相形之下,明國清國從未發現、命名、停泊、登陸、管轄、利用過釣魚列島。

 現舉五條紀錄,說明明國清國一向不能停泊該島。西元1534年,冊封使高澄東渡琉球,往返海程都遇到風浪,回國寫一篇《操舟記》,記載了水手謝敦齊的一句簡括之語:「琉球去閩萬里,殊無止宿之地。」亦即釣魚台航線無處可泊船。謝敦齊是漳州人,在琉球人導航之下,第一次去琉球,此語蓋實錄也。後來清國各冊封使往往加以引述,從不反駁。

 西元1683年,琉球國王尚貞上疏康熙皇帝,說冊封船隻離開福州沿岸小島之後,「中道絕無停泊之處」,徑直到達琉球,見琉球國《歷代寶案》。當時清國汪楫東渡琉球,途中目睹釣魚台,回國後寫《中山沿革志》,亦收錄此疏。汪楫是欽命冊封使,琉球國王多管閑事,說冊封使不能在釣魚台停泊,可是汪楫並不疑惑。

 乾隆間冊封使周煌東渡琉球,也目睹釣魚台,後作《琉球國志略》,同樣收錄此疏,並無微辭。

 嘉慶年間冊封使齊鯤、費錫章《續琉球國志略》云:「自閩出五虎門,至彼國姑米山,始有山可寄碇。」五虎門是福州河口的小島,姑米山是琉球久米島,意謂兩國中間的釣魚台無法停泊。這是冊封使親自寫的官方定論,不是琉球國王對天朝領土妄下論斷。
http://opinion.cw.com.tw/blog/profile/52/article/3197

-------------------------
以下是社科院研究員李理原文。

中國評論新聞
http://hk.crntt.com/doc/1046/7/9/8/104679856.html
http://www.sohu.com/a/150375158_817469
中評專論:釣魚島與歷史琉球國沒有任何關係    
   2017-06-20 00:21:50
  中評社香港6月20日電(作者 李理)5月12日,日本政府公布了一份報告,其中包括約670份關於釣魚島(日本稱尖閣列島)及日韓爭議島嶼獨島(日本稱竹島)的“新史料”。日本稱這些史料“佐證了日本對相關島嶼擁有主權的合法性”。此次公布的關於釣魚島的史料中,包括清朝18世紀中期“未將釣魚島列入領土範圍”的官方地圖,以及琉球王族1819年登陸釣魚島群島中久場島(史載稱“魚根久場島”)的文字記述。日本政府利用民眾對史料的不了解,又開始了彌天大謊。

   釣魚島在歷史上與琉球沒有任何關係。這在1879年日本的“分島案”中已經明確記載“宮古、八重山”的範疇不包括釣魚島。

   1879年3月,日本完全不顧清政府駐日公使的抗議,單方面強行實施針對琉球的廢藩置縣。日本政府任命鬆田道之為處分官,率警部巡查160人,又由熊本鎮台撥步兵一隊隨行,27日,向琉球王尚泰宣布日本政府的廢藩置縣令,強行要求琉球“騰出首里城”,藩王赴京,“交付土地、人民及官簿等其他各類文件”。次年9月,日本政府公然在琉球實行新審判和警察制度,實施海外護照制度,凡琉球人到中國必須請發護照。日本完全控制了琉球的內政與外交,從制度上斷絕了與中國的藩屬關係。

   琉球正式被日本吞並後,日本政府繞過意志堅定的何如璋,與北京政府直接交涉。李鴻章並不想因琉球而與日本失和並導致對立狀態,不主張對日興師問罪,恰值前美國總統格蘭特游歷亞洲中日兩國,李鴻章等便請格蘭特調停琉球問題。

   格蘭特接受了李鴻章、恭親王等要求其調停琉球問題的要求。到達日本後的格蘭特通過了解日本關於琉球問題的主張後提出“琉球三分案”,即將琉球中部的沖繩諸島,恢復琉球王國,南部的宮古、八重山群島,劃歸清國,北部的奄美群島,劃歸給日本。這個方案沒有得到日本的認可,在日本看來,北部的奄美島中的五個島嶼,實際上早就由薩摩藩統治,這樣的方案對日本來說沒有什麼益處,更沒有討論的價值。
 
  在修約的壓力下,日本政府又向清政府提出了琉球的新處理方案,即所謂的“分島改約論”,其大體內容如下:清國若應我之請求,我政府為敦厚將來親睦,可以琉球接近清國地方之宮古島、八重山島二島屬於清國,以劃定兩國之異域,永遠杜絕疆界紛紜。
  
   為了明確劃分區域,日本就“宮古、八重山”區劃進行了界定,其內容如圖所示:
    (圖從略)

   從以上檔案中所記載的其“宮古、八重山”的範圍,根本沒有釣魚島。故日本政府所謂釣魚島為“西南諸島”之說法,是無視歷史史實的謊言。那麼今天還公布史料說釣魚島屬於古琉球,完全是彌天大謊!

   (作者系中國社會科學院近代史研究所台灣史研究室副研究員)

中國社會科學院李理副研究員



三浦按針は、かつて全米で大ヒットした「將軍Shogun」の主役だった。しかし先日ジュネーブの講演でこの映畫に言及したら、誰も知らなかった。まあいいさ。近い内に分かる時が來ます。
http://www.crank-in.net/drama/news/23867
島田陽子出演のゴールデン・グローブ賞受賞ドラマ「将軍 SHOGUN」が再リメイク
2013年03月22日 14:18
 ジェームズ・クラヴェルの1975年のベストセラー小説「SHOGUN」を米FOXネットワークが再ドラマ化することが明らかになった。映画ニュースサイトThe Hollywood Reporterが伝えている。
 この作品は、17世紀初頭の日本に漂着した一人の英国人航海士が、天下取りの争いに巻き込まれていくさまを描く歴史大河ロマンドラマ。1980年に米NBC局が「将軍 SHOGUN」というタイトルで、リチャード・チェンバレン、三船敏郎、島田陽子らの出演でドラマ化するると、全米でミニシリーズとして「ルーツ」(77・79)に次ぐヒットを記録し、空前の“日本ブーム”をもたらしたことで知られている。日本では編集版が1980年に劇場用映画として公開され、1981年には全8話がテレビ放送されている。
 また「将軍 SHOGUN」(80)は批評家からの評価も高く、1981年のゴールデン・グローブ賞テレビ部門で作品賞、主演男優賞(チェンバレン)、主演女優賞(島田)の3冠を達成。同じ年のエミー賞でも作品賞、コスチューム・デザイン賞、グラフィック・デザイン賞を受賞。島田は、一躍、国際派女優の仲間入りを果たした。
 今回のリメイク版のプロデューサーには、映画「ソーシャル・ネットワーク」(10)のマイケル・デ・ルカとテレビ映画「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~」(05)のナイジェル・ウィリアムズが決定。FOXは「『SHOGUN』は世界中の何百万の人々を魅了する作品です。この歴史上ユニークでドラマチックな作品に新しい命を吹き込むことを大変うれしく思っています」との声明を発表している。
 島田が演じたまり子役に日本人女優が配役されるのか、早くも楽しみな作品になっている。全米放送は2014年の予定とのこと。
shogun將軍2


最高視聴率36.9%を記録したのだが。まあいいさ。
https://news.google.com/newspapers?id=c1ofAAAAIBAJ&sjid=1dgEAAAAIBAJ&pg=4612%2C2640694
Shogun視聴率1

Shogun視聴率2


shogun將軍

.
その三浦按針のものと見られる遺骨が平戸で發掘され、遺傳子を檢査される見込みと、各紙一齊に報じてゐる。リンク。
http://www.asahi.com/articles/ASK6X4HBJK6XTOLB00F.html
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170707-OYT1T50116.html
https://mainichi.jp/articles/20170708/k00/00e/040/190000c
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/06/21/JD0055868962
https://mainichi.jp/articles/20170708/ddl/k42/040/542000c
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/culture/history/20170708-OYS1T50042.html
https://mainichi.jp/articles/20170628/ddl/k42/040/168000c
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/06/28090033051720.shtml
https://mainichi.jp/articles/20170623/ddl/k42/040/212000c