- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

石井望。長崎純心大學准教授。笹川平和財團海洋政策研究所島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。沖繩平和協力センター受託尖閣資料調査事業特別研究員。 御聯絡は長崎純心大學(FAX 095-849-1894) もしくはJ-globalの上部の「この研究者にコンタクトする」  http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901032759673007 からお願ひします。 

            
明实录校勘记凡例

  一、今校明实录及编制实录校勘记,盖以竟李晋华王崇武二先生未竟之业。旧校系据国立北平图书馆红格本之晒蓝本为底本,今编制校勘记,亦据此本为底本。凡校签所载别本与底本异同,其可以补正底本者,均予录记。惟其中底本笔划微误,如己亥误为已亥,甲戌误为甲戍,毋作母之类,读者自能改正,录之不胜其繁,仍多从省略。底本所载别体俗字,如商作□,命作人□丙,冀作□□异之类,此皆宋元以来俗字,可参看本所出版刘复先生所编宋元以来俗字谱。旧校于此,间或改正。今以其无关大体,且录不胜录,仍多从省略。
  一、所据校勘各本,仅少数畸零残卷,钞写精工,无一错字。其他各本皆讹脱甚多。其属文理不通,讹误显然者,苟一一录记,则校勘记将不胜其繁。为免繁冗,均从省略。至其错简,则以校时颇费力,故仍注明。如为旧校所省略,则不复增补。
  一、抱经楼本实录及天一阁本世宗实录,以经传钞影印,其脱漏至十字以上者,仍注明。其为旧校所省略者,不复增补。
  一、各本文义两通,人名官名有异,未能遽定其是非者,谨录记以供参考。他本讹误,经查书始知者,仍斟酌录存。
  一、晒蓝本讹字,旧校间径行改易,而省略原粘校签。盖其时拟排印实录正文,不欲校语冗杂,故有此举。今系影印红格本实录,据晒蓝本编制校勘记,自须注明原字。凡晒蓝本原字,改后犹依稀可识者,校勘记书:“旧校改某字作某”;如原字不可复识,则书:“旧校改□作某”,均不复查注据何本改。校勘记此类校语,于印行前,当取红格本微卷或其放大照片,一一比对,并注明所改原字,以免有误。
  一、晒蓝本前后错乱处,旧校或据他本校正,剪贴缀合。编制校勘记时,尚未得见红格本微卷,无从知其原貌,亦无法注明此处行页。今为阅读方便计,凡底本剪贴缀合处,此卷实录即据剪贴缀合本钞录影印。至各本异同,仍斟酌录入校勘记。
  一、晒蓝本有缺卷缺页。旧校于缺页则据别本钞补;缺卷则据别本晒补,或仿红格本行款,据别本钞后晒补。今影印红格本实录,于旧校整卷钞补者,或据钞补本影印,或取所据原本影印。其钞补缺页,则照相影印,或另纸钞录影印。均印入实录正文内。校勘记则仅注明钞补影补所据,并录别本异文。
  一、红格本中缝无书名卷数及每卷页数。今作校勘记,于晒蓝本上添注每卷页数。红格本印行时亦将添注。红格本系北平图书馆藏,故校记中称之为馆本。馆本每页二十四行,校记所云前几,指前半页第几行,后几指后半页第几行。
  一、校签所载各本异文,编制实录校勘记时,均甄别去取,审定其正误。以晒蓝本只此一部,不能分类剪贴,又未作人名索引,致考订未能精详,阅者谅之。
  一、太祖实录卷一至三十六校签,王氏崇武曾考订整理。今于此三十六卷内,彰健如有所见,则书彰健按以资识别。卷三十七以下,王氏如有所见,则注明王氏崇武曰,示不掠美。
  一、凡校语云:“某本甲作乙,下同。”此下同,盖谓下亦作乙。然亦仅限于实录此节或此卷,不指实录他卷。
  一、凡校某朝实录,所据各本存缺藏印题识,均于各朝实录校勘记引据各本目录中详予开列,并附书影,其校者姓氏,亦附载焉。
  一、凡例所载,作各朝实录校勘记时,或斟酌情形,变通改订。其变通之故,亦附见于该朝实录校勘记引据各本目录。校印国立北平图书馆藏红格本明实录序
  中央研究院历史语言研究所校勘国立北平图书馆藏红格本晒蓝之明实录,开始于抗战前,中经战乱停顿,迁南港后始再继续,到现在总算校完,开始影印红格本实录及排印校勘记了。
  这一工作费了许多人的心血,因此在序文中,我不能不将这一工作的经过及其意义,作一简单的叙述。
  史语所校勘明实录,与整理内阁大库旧藏明清档案有关。在民国十九年,史语所整理内阁大库档案,发现其中有明内阁进呈熹宗实录散页。熹宗实录今存红格本缺十三卷,既发现这些散页,所长傅孟真先生就想从散页中找寻缺卷,并改正红格本的脱漏及误字。内阁大库所藏明清档案系原始资料,可纠正官书的讳饰,使人对明清史有一新的了解;而实录系根据档册修成,明代档册多已散佚,则明实录也可说是原始资料。历代修正史,多取材于实录,明实录是纪录明代朝章国政最重要的典籍,因此傅先生就决定,一方面整理内阁大库档案,编印明清史料,同时又筹划校勘明实录了。
  熹宗实录散叶计千余叶,其装裱工作至民国二十一年一月始完竣。
  在民国二十年的下半年,傅先生向国立北平图书馆洽借所藏明实录红格钞本予以晒蓝。红格本虽残缺,仍有二万几千叶,计费时年余始晒毕。
  在民国二十二年六月,承兵工署以广方言馆旧藏明实录钞本赠予本所。广本明实录仅阙熹宗一朝。在那个时候,政府机构所藏的明实录像这样大部头的即少见。
  民国二十二年七月,助理员李晋华先生到职,从事校勘明实录。李君于卒业国立中山大学历史系后,即入燕京大学文科研究所研究,著有明代敕撰书考及明史纂修考二书,由燕京大学出版。李先生专攻明史,系傅先生的高第弟子。
  明十三朝实录计三千零四十五卷,正文约二万八千余页,一千六百余万字,决非一个人所能校完,因此在二十三年七月,又增聘工作人员,请那廉君邓诗熙潘悫三先生任初校,由李晋华先生任覆校,并兼总其成。李君三助手,其中邓君二十五年离职,潘先生后来调往本所第三组,以那廉君先生从事校勘工作时间最长。
  由晒蓝本现存校签看来,在李君主持下,其时校勘计划系以晒蓝本为校勘底本,与广本对校;遇广本或晒蓝本有缺卷缺页,即以他本校勘。如太祖实录,晒蓝本缺卷十四至二十四,此十一卷即据广本钞配,而以北平图书馆藏礼王府本校勘;宣宗实录晒蓝本缺卷一至十二,此十二卷即以广本配补,而以北京大学藏本校勘;英宗实录广本缺景泰元年正月至五月计六卷,此六卷即以北京大学本校勘;世宗实录广本嘉靖三十七年正月至十二月各卷,审其纸墨行款系钞配,而钞配者以嘉靖朝他年事写于嘉靖三十七年各月下,冒充配全,而此十余卷北平图书馆本亦系据北京大学本钞配,故校签即注明北平图书馆本此处系据北大本钞补,以表示无本可校;神宗实录广本缺万历四年至八年及十四年至十七年各卷,晒蓝本万历四年这一册卷首即注明此册据北大本校;北大本缺神宗实录卷六十一,故此处即注明北大本阙此月;卷六十二有校签云:“诗题以下至月底,北大本缺”。
  由国立北京大学图书馆善本书目看来,北京大学所藏明实录钞本并不止这几卷。检视晒蓝本所黏校签,凡广本晒蓝本俱全处,未见提到北大本及礼王府本。当时为甚么不将北大本及礼王府本全部校勘一过?我想其理由应该如下:
  礼王府本明太祖实录,李晋华于所著明代敕撰书考中,已指责其钞写潦草,讹脱太多。最近我得见此本微卷,发现此本是一删节本,讹字错简,的确不少。
  北京大学本,由校签所载看来,也不是很好的钞本。北平图书馆红格本明仁宗实录系民国十九年北平图书馆据北大本钞配,而这一仁宗实录即不见佳。北大本明太祖实录,由北京大学善本书目看来,也似乎是一删节本。
  礼王府本及北京大学本皆系畸零残本,远不如晒蓝本及广本之完善。为了供给学人一个较完善的本子,自然应优先以广本与晒蓝本对勘,遇二本有缺卷缺页,然后以他本补配校勘。
  在民国二十二年春,史语所由北平迁至上海,二十三年又由上海迁到南京。李晋华先生及其助手为了校勘明实录,仍留居北平。他们在北方校勘明实录,利用北方所藏的本子仍未能将晒蓝本的缺页配全。其时又曾驰书武汉大学,洽借所藏本。武汉大学藏有穆宗实录残本,并非晒蓝本及广本所缺,既已借到,不能久假不还,所以这一个本子是校勘了的。
  其时所中藏有内阁大库旧藏朱丝阑精钞本成祖实录二卷。这一个本子非常好,是由李光涛先生读,李晋华先生校的。
  在北方既无法将晒蓝本缺页配全,于是就想到往南浔刘承干嘉业堂,洽借所藏明实录,就晒蓝本广本残缺部份,补钞补校。李先生给院方的工作报告,认为明实录校勘工作这样就大功完成。在那个时候,他似乎还没打算借嘉业堂本从头到尾校勘一过。
  既打算借南浔刘氏嘉业堂藏本,于是在二十五年秋他们就奉命南迁了。在二十五年冬十一月,李晋华那廉君二先生访书于南浔刘氏嘉业堂,就所中所阙部份借钞借校。晒蓝本缺页,据广本北大本补配的,至此更续有补配,而那些缺卷据广本配补而以北大本礼王府本校勘的,至此也均据嘉业堂所藏抱经楼本校勘一过。宪宗实录广本缺卷一至十二;世宗实录广本及北大本缺卷一至九;武宗实录卷一五四至一六二,晒蓝本缺,据广本配补,至此亦均据抱本补校一过。神宗实录广本缺卷,并据抱本传钞。神宗实录这几卷,我发现系据传钞本校,因此这几卷现在又据抱经楼原本校勘一过。
  嘉业堂所藏熹宗实录,其实是熹宗七年都察院实录。谢国桢晚明史籍考说,嘉业堂藏有熹宗实录,这因为他没有看见原书。这一书及嘉业堂所藏崇祯实录,均史语所所无,遂亦传钞一部,另外还钞了不少的书。
  李那二先生假馆于南浔刘氏,补钞补校,最值得一提的是他们对明世宗实录的校勘。明世宗实录广本与晒蓝本的出入最大,常整段的多出,有时同记一桩事,而造语遣辞也不同。他们利用嘉业堂所藏天一阁本及抱本,就这些出入最大处,讐校一过。密行细字,据广本阁本所补,有些地方多达几千字。审其字体,均系李那二先生笔迹。其中出入既那么大,则嘉业堂所藏本是应该从头到尾校勘一过了。假馆于南浔刘氏,工作实多不便,因此就动念购买。在民国二十六年二月那廉君张政烺二先生往南浔洽购,至是年四月遂以重金购归。
  李晋华先生以连年工作辛劳,不幸于民国二十六年二月七日病逝。在晒蓝本武宗实录卷一百四十四第一页,李君贴有校签云:“贴签有、号者应去”。由今存校签看来,李君用红笔所作“、”号,至神宗实录万历元年十二月卷止。在武宗实录卷一百四十四以前,晒蓝本上所粘广本校签,凡认为不值得保存的,他都省去,而留下撕去的痕迹。李君主持时所编的校勘记稿,今存太宗及世宗二朝。前者系以广本作底本,后者系以晒蓝本为底本。二者均记广本与晒蓝本异同。其太宗实录校勘记所载广本与晒蓝本异同,多不见于晒蓝本校签,当为李君所省略。我曾以校勘记与校签核对一部份,知其省略得很不错。校签多得骇人。只要尝试做这一种省略工夫,就知道李君对明实录的校讐是的确费了不少心血的。
  在李君主持下,广本是校完了的。仅其中神宗实录卷一至八,广本书头误写作穆宗实录,致遗漏未校。又神宗实录广本错乱甚多,其中有几卷错乱最甚处,现在重校一过。所中所藏明熹宗实录稿散叶,其装裱成册的,已由李那二先生校勘一过。这些实录稿散叶,原本无针孔,当系蝴蝶装;其中缝注明卷页处最易损坏,因此还留下百多页未装钉未校勘,是我现在校完的。
  李晋华先生于二十六年二月去世,而那先生亦在是年夏改任本所图书管理员兼傅先生秘书。
  在二十六年七月,傅先生遂另请北京大学高材生王崇武吴相湘姚家积三人来所,从事明实录嘉业堂旧藏本的校对工作。
  在二十六年七月,中日战争爆发。这年秋,史语所迁往湖南长沙。在晒蓝本太祖实录卷一百五十四第一页,有吴相湘君校签云:“自此以后,未用抱本校,二十六年十二月二十日”。吴君大概系这时离职,而姚君之离职亦当在此前后不久。
  在二十六年七月后,王吴姚三先生校勘明实录,由校签看来,大概是先校嘉业堂所藏明红丝阑钞本明太祖实录,然后才校抱经楼本明实录。
  史语所于民国二十七年春由长沙迁往云南昆明,十月又迁到昆明近郊龙泉镇。在龙泉镇时,傅先生拟派人赴香港督印明实录。傅先生在晒蓝本上朱笔批:“凡有△号,皆用双行小字排”;“凡有:号,均提行顶格排”。在这时的计划是将各本异文双行排于正文下。因拟排印实录,嫌校语冗杂,不便阅读,遂用朱笔改正晒蓝本误字,而将原粘校签略去。有些地方用朱笔改,嫌过于果决,则又注“此条存”。有些异文,需参考他书始能决其是非的,则批一“查”字,而由王崇武先生查书。这些校签原本粘于正文下方,仅粘一端,至是亦由王先生用更小的纸改书,于正文右侧全部黏实。这为的是运晒蓝本到香港排印,校签不致脱落。校签如有脱落,那是不容易复原的。
  傅先生的整理工作,只做到太祖实录卷三十六止。在史语所集刊第三十本上册有傅先生在云南昆明龙泉镇校勘明实录的照片。其时傅先生所作的工作,由晒蓝本看来,当如上述。
  史语所迁昆明不久,太平洋战争爆发,越南为日军所占。史语所遂于二十九年秋由昆明龙泉镇迁往四川南溪李庄。
  在李庄时,王崇武先生对太祖实录校签曾作进一步的整理。在他给院方三十年度至三十二年度的工作报告中,曾说:“这一校订工作,颇费时日。每有异文,除显然错误者外,均需参考有关史传文集以求其正,故每因一字费若干日之力,因而有时发现弇州史料等书之错误,及明史依据之失”。他并举数例以证校时的费力:
  如太祖实录卷十壬寅二月癸未条:“震等从员成自桐庐来降”。员成,嘉业堂藏红丝阑钞本作元成。检苏平仲文集谭济传及实录本书戊戌八月条均作员成,则嘉本当误。
  太祖实录卷十六乙巳正月甲申条:“大都督朱文正有罪,免官,安置桐城”。此卷晒蓝本缺,嘉本作桐城,而广本抱本作桐庐。案应作桐城,桐庐其时尚为张士诚所据。
  太祖实录卷二十一丙午十一月己丑条:“文忠遂进兵杭州。未至,张士诚平章潘原明惧,遣员外郎方彝诣军门,请纳款。……(文忠)遣元明以下官属入朝”。此卷晒蓝本缺,广本前作原明,而后作元明。抱本嘉本则前后均作原明。按陈基夷白斋集有潘元明之父母郑国公并夫人合葬墓志,文中说:“子男十人,长元明,次元绍”。元明兄弟系以元字排行,则作元不误。实录记元绍不作原,则作元当系实录原本。其作原盖避太祖讳,而钞写前后不一。明史张士诚传前作原明,而后作元明,即不识明人避讳,犹沿实录之误。
  这些例子已可证校签整理之费力。我这里再替他举一例子。如晒蓝本太祖实录卷七第七页前四行:“驻兵缙云之黄龙山”,抱本黄龙山作黄云山。王氏按语云:按嘉庆一统志处州府有黄龙山,无黄云山。凡是检查过方志一统志的,就知道查方志小地名之不易。像这样一条也就得花他不少的时间了。而校签所载这种类似的异文多得很。
  王崇武先生将其考证所得,用长纸条记录,浮黏于晒蓝本上。所黏签条多在太祖实录卷三十六以前。卷三十六后只有一条,那就是太祖实录卷六十三第四页前十一行:“子瑱为平凉知县”,嘉本瑱作顼,王氏按语云:“太祖文集卷八赐平凉县尹王轸父谕作轸”。最近我得见北平图书馆藏明内府精写本太祖文集微卷,则内府本仍作瑱。史语所藏太祖集虽然是明刊本,但系俗本,自不如内府精写本之可据。
  在晒蓝本熹宗实录第一册,也有几处系王氏贴签。这大概是写论文,阅读熹宗实录,而随手改正晒蓝本误字。
  王氏所校抱本实录,由今存校签看来,是至英宗实录卷二百五十第七页第一行止。太祖实录卷一百五十四至二百五十七,未见抱本校签,这几卷现在重校一过。又抱本英宗实录原缺三十五、三十六、三十七、三十九、四册,系嘉业堂抄配;这四册可能系据北平图书馆本钞配,因此在晒蓝本此处即无抱本校签。抱本英宗实录第三十八册,因夹于钞配本内,致遗漏未校,这一册现在也校勘一过。
  王先生校抱本太宗仁宗宣宗英宗实录,仅签记抱本异同,并未像李晋华先生那样抉择去取,也没有用整理太祖实录校签的方法整理这些校签。
  王先生校勘明实录,在昆明时尚有一工作助手,但不久即离职。王先生未能完成这一工作,自与战乱有关。在民国三十年,梁鸿志将江苏省立国学图书馆本明实录影印问世。这一影印本的刊行,对明实录校勘工作也应该有影响。
  王崇武先生于民国三十七年夏赴英,其后返回大陆,据说已逝世。王先生的撰著,在史语所出版的,皆功力深至,为前人所不及。
  彰健是在民国三十三年五月入史语所。我所读的明实录,自太祖实录至世宗实录,系用的广方言馆本。三十五年冬,史语所迁回南京,我才买到梁鸿志影印本。三十七年冬,史语所迁到台湾杨梅镇。当图书室于夏天开箱晒书时,我曾取晒蓝本约略翻检,曾有意将晒蓝本校签过录于梁鸿志影印本上,但以卷帙浩繁,不敢着手。而且在那个时候,我的兴趣已转向宋明理学,时常害病,也无功夫着手。
  四十三年秋,史语所迁至南港。四十四年冬,李济之先生继任史语所所长,拟恢复明实录校勘工作。在这时王崇武先生已离职,遂徵询彰健的意见,而我在那个时候对过去的校勘工作情形并不清楚。
  于是我重新翻阅晒蓝本,希望对过去工作情形有所了解。我发现英宗实录卷二百五十第七页第一行以前的校签提到广本抱本,而以后的校签仅记某作某,不言所据何本。我在架上随手抽晒蓝本宪宗实录成化十年九月这一卷,与广本抱本对校,始知此所谓某作某,系据广本校后所黏的校签,而抱本这一卷的正文,除前面一页半,其余与广本晒蓝本完全不同。在那时我还不知抱本宪宗实录前后错乱有几十处之多,不过当时既发现抱本与晒蓝本出入既如此之大,而梁鸿志影印所据本又源于抱经楼本,则明实录是不能因有影印本而不校勘了。在那时我又在书架上抽阅抱本神宗实录,见其上明人眉批说,此处有错落,此处应移接某处,这类眉批就有几十处。这样看来,抱经楼本显然不是好本子。
  在民国三十年以后,既已有梁鸿志影印本,自不必再谈排印。明十三朝实录正文一千六百余万字,排印需时费钱,而且校勘也不容易。如果说影印北平图书馆红格本,则当时虽已风闻北平图书馆善本甲库书已运美,已摄制微卷,但还未经证实,而且影印红格本也得费不少的钱,所以当时决定校勘底本改用梁鸿志影印本,校勘记则分朝出书。
  这一计划在实行中发现了许多困难。前面已说过,旧校系据晒蓝本为底本。当底本改变,则校语也得更易。而改易校语时,如求叙述某本作某,正确不误,则需将校签与原书一一核对,而这是不胜其繁的。而旧校所用的礼王府本北大本武大本又不在台湾,也无从核对。而且以前校勘明实录,为了怕校签冗杂,常将已黏校签省略;有些异同虽已发现,也不予签记。举例来说,如明太宗实录进书表,旧校说,“据宣宗实录补,以抱本校”。当时为甚么不据抱本补?这因为抱本表文前后错乱。旧校于抱本错乱处即一字不提。这种例子,如以抱本重校,一定还可以发现不少。旧校于抱本误谬,有时可省略不予签记,而梁鸿志影印本又源于抱本。如果以梁本为底本,编制校勘记,要想一一指出梁本错误,那就得以梁本与本所所藏各本,从头到尾,校勘一过了。
  以梁本与所中所藏各本校勘,我的助手杨庆章君曾校了太祖实录卷二至六十,并编有校勘记。当我沿用以前的办法,省略无用校语,我发现以晒蓝本作底本的校勘记,要比以梁本为底本的校勘记页数要少得很多。前人说,校书需选择底本。就校勘记的编制来说,就读者的方便说,又何尝不如此?
  以梁本作底本,与所中所藏各本从头讐对一过,这一工作是太大而不易完成的。而且将已省略无用的校语补出,这一工作也乏味得很。
  梁鸿志影印所据本,除熹宗实录外,皆系据嘉业堂所藏本传钞。嘉业堂所藏本既归本所,则梁本除熹宗实录外,无校勘之价值。而且梁本缺光宗实录,其熹宗实录也系节本,在校勘记中,自可将光宗实录及熹宗实录删节处全部收入,但利用起来,毕竟不方便。梁本流传不多,以梁本为底本的校勘记如果印行,则将来势必重印梁本。与其令谬种流传,那不如设法影印红格本为好。红格本系明史馆为修明史而钞的,这个本子是应该让牠化身千万,流传于人间的。
  影印北平图书馆所藏红格本,自然要钱。但可少校源于嘉业堂藏本的梁本。明实录二万几千叶,少校一个本子,也省钱省事不少。而且影印红格本,则校勘底本可以不变,不需改易校语,不需从头核对,只需继续校前人所未校的本子,这样明实录校勘工作可以早观厥成。
  在四十七年初,胡适之先生由美返国,主持中央研究院院务。胡先生告诉我,红格本确已运美。他并说,北平图书馆善本甲库书的微卷,尚有一全份存于美国国会图书馆,为原拟赠送中国政府之第三份。他将去函美国国会图书馆,请其转赠史语所。
  在这时,李济之陈槃庵劳贞一三先生均认为校勘计划应改变,应仍以红格本为校勘底本,编制校勘记。自四十七年七月起,由所长李先生设法,获得哈佛燕京学社及洛氏基金会的资助,校勘工作人员得大量增加。于是嘉业堂旧藏未校各本遂得校完。本所藏内阁大库旧藏各种残卷散叶,及抗战胜利后所接收的北平人文科学研究所藏本,均校讫。国立中央图书馆藏明太祖太宗仁宗英宗孝宗世宗实录及仁宗英宗宣宗窦训,承胡先生代借到南港校讫。北平图书馆善本甲库书微卷,于四十八年十二月运到,其中有礼王府本太祖宣宗实录,安乐堂本英宗实录,及明钞本宣庙圣政记,今亦校讫。
  在四十七年冬,胡先生并出示其旧作记葛思德东方书库藏的大明实录一文。取与所中校本对照,知所中所藏英宗实录缺进书表及凡例,世宗实录缺修纂官,可据东方书库本配补;所中所藏宪宗实录,最末一卷馆本有缺页,旧校据广本抱本补,由于抱本尾页断烂,仍未能配全,而东方书库本正有这一卷,于是商请胡先生及蓝乾章先生出面接洽,承普林斯顿大学童世纲先生将这些可以补正校本处摄赠本所。
  现在将史语所校勘明实录所用的本子开列于下。凡注※号的,即系旧校所校;未注明的即系此次新校。底本系用国立北平图书馆藏红格本的晒蓝本,今省略不记,仅注明与底本对校的本子。
  (1) 太祖实录
  ※广方言馆本
  ※嘉业堂本 缺卷三十八至四十二
  抱经楼本 (旧校仅校至卷一百五十三)
  中央图书馆藏明黄丝阑钞本 存卷一至七
  中央图书馆藏旧钞本 存二百十三卷
  礼王府本 (旧校仅校卷十四至二十四)
  内阁大库旧藏清初明史馆钞本散叶
  内阁大库旧藏洪武宝训钞本 存卷九至十一
  (2) 太宗实录
  ※广方言馆本
  ※抱经楼本
  ※内阁大库旧藏明红丝阑精写本 存卷四十八至四十九
  ※内阁大库藏清初明史馆钞本 存卷一至九,六十三至七十
  中央图书馆藏明内府写本 存卷三十六至三十九
  内阁大库旧藏清初明史馆钞本散叶
  (3) 仁宗实录
  ※广方言馆本
  ※抱经楼本
  中央图书馆藏明蓝格钞本 存卷一至卷四之下
  晨风阁丛书本仁宗圣政记 (旧校仅校一小部份)
  仁宗宝训
  (4) 宣宗实录
  ※广方言馆本
  ※北京大学本 校卷一至十二
  ※抱经楼本
  礼王府本
  内阁大库旧藏清初明史馆抄本散叶
  宣宗宝训
  宣庙圣政记
  (5) 英宗实录
  ※广方言馆本 缺卷一百八十七至一百九十二
  ※北京大学本 校卷一百八十七至一百九十二
  抱经楼本 旧校未校毕,今续校完
  嘉业堂本 存卷三百六十一一卷
  北平人文科学研究所旧藏本 存卷一百四十九至一百五十
  中央图书馆藏明翰林院钞本 存卷十三至十七,一百八十七至一百九十,二百七十四至二百七十九
  安乐堂本 存英宗天顺朝
  英宗宝训
  (6) 宪宗实录
  ※广方言馆本 缺卷一至十二
  抱经楼本
  嘉业堂本 存卷二至五
  北平人文科学研究所旧藏本 存卷十三至二十四
  (7) 孝宗实录
  ※广方言馆本 缺卷一至八
  抱经楼本
  中央图书馆藏明天一阁本
  中央图书馆藏旧钞本 存卷一百七十七至一百七十八
  (8) 武宗实录
  ※广方言馆本 缺卷一百五十四至一百六十二
  抱经楼本
  内阁大库旧藏清初明史馆抄本散叶
  (9) 世宗实录
  ※广方言馆本
  抱经楼本 (旧校仅校一部份)
  天一阁本 (旧校仅校一部份)
  北平人文科学研究所旧藏本 存十六册
  中央图书馆藏旧钞本 存卷一百九十七至二百零七
  北平国立历史博物馆本 存卷三百六十九至三百八十
  内阁大库旧藏清初明史馆抄本 存卷五百四十二至五百五十三
  内阁大库旧藏清初明史馆抄本散叶
  (10)穆宗实录
  ※广方言馆本
  ※武汉大学本 存卷一至十三
  抱经楼本
  嘉业堂本
  内阁大库旧藏清初明史馆抄本散叶
  (11)神宗实录
  ※广方言馆本
  ※北京大学本 校卷四十六至六十,六十二至七十,一百七十至一百八十一
  抱经楼本
  明内阁精写本 存卷五百八十九
  明内阁精写本神宗宝训 存十二页
  万历起居注
  (12)光宗实录
  ※广方言馆本
  明内阁精写本光宗宝训残页 存七页
  春明梦余录
  (13)熹宗实录
  ※明内阁进呈稿本 存一千四百一十五页。旧校一千三百十四页。
  梁鸿志影印本
  明内阁精写本熹宗宝训 存五十三页
  高阳李氏看云忆弟居钞本 存卷一至二十
  史语所校勘明实录,所据本子不可说少,但仍然有些本子无法借校。据我所知,在国内,辽宁省立图书馆藏有吴廷燮送的太宗英宗穆宗实录;天一阁藏书目著录有太祖武宗实录;李玄伯先生藏有传是楼钞本太祖实录及旧钞本英宗实录;伪中华人民共和国上海图书馆北京图书馆还藏有钞本数百册;而罗振玉大云书库藏书题识所著录的太祖宣宗实录,则抗战胜利后就不知道流散归于何人了。
  在国外,美国普林斯顿大学葛思德东方书库、英国剑桥大学、及法国国家图书馆各藏有一部;日本宫内省图书寮、国立上野图书馆各藏有一部;内阁文库藏有两部;另外韩国据说也藏有一部。这些海外所藏,多半是穆宗以前各朝实录,而神宗光宗熹宗实录,仅日本有,但恐怕也是残本。
  这些本子虽然都有残缺讹脱,但毕竟可供校勘。要一一借校,这是不可能的。好在学术研究本贵合作,应各尽所能。如果有人有机缘能见到上述那些本子,不妨参照本所所编校勘记,斟酌选录他自己所校出来的异文,刊印传世。校书如扫落叶,这一校勘工作是还可以继续做的。
  关于校签的整理,我这里也想约略说一下。校勘实录毕竟与校勘秦以前的书不同。为了避免校勘记过于繁冗,我仍然沿用傅先生及李晋华先生的办法,于那些文理讹误,一望可知的校签,即迳予省略。我也沿用王崇武先生的方法,有时也取明史及他书参校。
  为了读者方便,对于这些异文,间亦判定其正误是非。当我做这一工作的时候,我深深地觉得作这一判断工作应极其矜慎。
  我们对明代历史的知识,主要得自明史,而明史多取材实录。取明史所记以判断实录异文的是非,有时只能证明修明史的人所见的实录作某,而不能证明应该作某。而且修明史的人所利用的实录不止一种本子,他所根据的本子也可能有错。例如太祖实录记,“洪武二十九年十一月壬申命刑部主事邓文铿署都察院事”,而同书三十年正月癸酉条“刑部主事邓文铿”,嘉业堂本铿作鉴。邓氏系署都察院事,检明史七卿表也作鉴,则似乎作鉴对。但实录洪武二十九年十一月壬申条说,邓氏登洪武乙丑进士第,检进士题名碑录作铿,则作铿当不误。明史作鉴,其所据乃系误本。如果根据明史来判断,这就错了。
  又如太祖实录洪武二十一年七月辛巳仇成本传说,仇成于洪武五年“以事降永平卫指挥使”,嘉业堂本及明史仇成传永平作永昌。考实录洪武五年十一月壬申条记其事作永平,而永昌卫据实录系洪武十五年二月始置,洪武五年时尚无永昌卫,则自以作“平”为是。如果据明史来判断,则又错了。
  如果取国朝典汇及国榷这一类的书来判断,这也不稳妥。这些书也常常整段钞实录,自然不妨参校,但有时也只能证明他们所见的实录作某,而不能证明应该作某。而且这些书传钞刊刻多误,有时所记人名常与实录各本不同,这在我看来,倒应该用实录来校正这些书,而不能用这些书来校正实录。
  判断实录各本异文的是非,在我看来,宜引用那些材料来源可靠,而又非因袭实录的载籍。如地名异文,宜参考一统志;某些人名异同,宜参考进士题名碑。这些书所记如与实录某本合,则实录某本所记就大概是对的。
  判断实录异文,也宜参考实录所根据的书。如实录之修曾参考起居注。今本万历起居注虽有讹脱,然实录某本异文如与起居注合,则与起居注相合的异文,也多半是对的。
  实录所载奏疏,多源本档册。其载于文集的,自亦可供校勘。
  实录所附臣工传,有时系据墓志神道碑润色。文集中所载墓志神道碑之类,自亦可供参证。不过,用文集来校订,所据文集也得系精本。本文前引太祖文集,内府写本与明刊本不同,即其一证。像皇明文衡所载明人神道碑,其中错字极多,用来校勘,即令人放心不下,总觉得应找到石刻拓本来校勘才好。
  以实录所根据的材料来校实录,不仅可以帮助我们对那些不易决定孰是孰非的异文,作一良好的选择,而且可以使我们对史实了解得更多,可进一步欣赏研究实录的去取,有时还可以发现实录记事的疏漏及其忌讳处,这一点这里不能详论了。
  宝训与实录系同时进呈。起初我以为宝训系节抄实录所记皇帝行事之可以称道处,然后再分类编辑成书。等到以宝训与实录对校,我发现宝训行文有些地方与实录全同;有些地方较简;有些地方则较详。这些较详的地方显然的不是抄实录,而是根据原有档册。根据同一档册润色为文,自然与实录有文句相同处。凡实录某本异文,如与宝训合,则与宝训合的,也多半是对的。
  明代官修的书,如会典,自然也可供参证。
  现存的明实录,民间传钞本错字当然很多,但实录进呈写本决不如此。李光涛先生曾见过清实录废篇,就因为有一个错字,经校对的人指出,而作废重写。
  由于实录进呈本缮写极其郑重,因此我觉得判断实录某些异文的正误,有时宜利用实录,以本书校本书。像左侍郎一本作右侍郎,如果根据雷礼国朝列卿纪一类著作来判断,也不如根据实录上下文为好。像国朝列卿纪这一类著作,错误极多,有时应取实录来校正,而不可根据牠来校正实录。
  以本书校本书,就得分类剪贴,或作人名索引,而这一点是现在人力财力所不允许的。
  利用明人文集来参订,这也得先有明代文集篇目分类索引,而这也非短时间所能完成的。
  即令有这些书,而某些文义两通的异文,其去取也不易定。而某一些异文,要判断其是非,还需具有某些特殊的知识。如判断四夷人名异文,有时就需要通晓其时四夷的语言;如判断与天文历法有关的异文,还需通晓天文历法。实录所记,天文地理,典章经制,无所不包,而一人所知毕竟有限。校签既如是之多,内容所牵涉的又如此之广,而工具书又如是的欠缺,我们也只好尽力而为,于所不知,就存疑不断,多存异文了。
  由于校签浩繁,判断异文不易,我才深深的体悟到为甚么有些校勘记仅列举异文。凡是大部头的书,如大正藏之类,所附的校勘记,是仅能列举异文,而无法详细考证抉择的。
  现存各本,除一二精写本外,皆有讹脱。现存的红格本仅其中一部份系后来钞配,其余皆是明史馆钞本。明史馆钞本,大体说来,要较其他民间传写本为好。明史馆本自然也有讹脱错简,经过这一次校勘,我们总算有一个可以依据的本子了。
  这一校本刊行以后,应该做的工作将如下所述:
  (1) 编实录人名索引。这不仅用以整理实录校勘记,还可用以考证实录,校订明史。以野史家乘文集与实录核对,这一人名索引也是不可少的工具书。
  (2) 分类剪贴实录。这用以整理明代典章制度,及明史外国传土司传等等。修明史时。曾分类摘钞实录。如潘耒修食货志,即钞实录所记有关材料为数十钜册。这一类实录长编,在以前无法印行,而现在则可以。日本学人所编明代满蒙史料明实录钞,即采用孟心史先生明元清系通纪的方法。这一类书籍,对研究明代历史的人是很有用处的。
  (3) 编明代文集篇目分类索引。修明史时,虽曾广搜文集,但未有这一种工具书,还有许多宝贵的材料未曾利用。
  就明代遗留下的史料来说,实录所记,与野史家乘常有不同。国史所记,常失之于忌讳,但以源本档册,其所记年月日常较他书为可信。野史虽可用以参求事情内幕,但多本诸传闻,常多无稽之谈。而家史所记,又多谀冢中枯骨,失之溢美。要审核野史家史之误,仍得利用实录中那些真实可信的材料。
  由于史料浩繁,无上述工具书以驾驭那些材料,因此清人所修的明史,即有许多地方误采野史家乘,未能据实录订正。
  实录之修,虽据档册,但作臣工本传时,也采墓志行状。而档册所记,与墓志行状,也可能抵触。
  明史之修,虽主要取材于实录,但其中人名地名年月日及数目字也常有误。
  实录所记也有讹误,这可参看钱谦益及潘力田二氏之所考。可惜所整理的,也只是洪武永乐二朝。这一工作是应该继续完成的。
  不管是重修明史也好,考证实录也好,整理明代历史,毕竟应先校印实录。而校勘实录,这也只是整理明代历史第一步应该做的工作而已。
  这也可以说是研究明代历史的基本研究,而这一工作即经历三十年始得完成,而其刊行完毕,又得历时数年。目下国家多难,人力财力俱绌,有些事想到而不能做,这也是无可奈何的了。
  史语所校勘明实录的工作费用,迁台以后,承所长李济之先生设法,由洛氏基金会予以资助;又承济之先生所主持的中国东亚学会的推荐,由哈佛燕京学社予以资助。在工作进行中,承院长胡适之先生代借中央图书馆所藏善本,函请美国国会图书馆以北平图书馆善本甲库书微卷赠送本所,并谆谆告诫校勘古书应多存异文。太祖太宗实录校勘记清稿承陈劳二先生详阅一过,并有所指正,这都是应该感谢的。史语所校勘明实录是傅先生主持所务时开始的,其间从事校勘工作的人,李晋华先生王崇武先生那廉君先生,皆功劳不小。在迁台以前,还有几位曾参与校勘,可惜其姓名及工作成果,我不知道。总之,这一工作是费了许多人的心血,集腋成裘,才能成功的。我常常这样的想,傅先生曾亲手整理了三十六卷校签,以傅先生的鸿才博学来完成这一工作,一定比我现在所做的要好,可惜傅先生已逝世了。
  我的助手的姓名,可参看每朝实录校勘记引据各本目录。在这些助手中,以杨华爕曾超球杨庆章三君工作时间最长,现在还在从事校勘记的核对工作。
  在校勘明实录时,曾多次得到本所图书室主任蓝乾章先生的协助,如洽购红格本明实录 Negative 微卷,函请普林斯顿大学童世纲先生摄赠所需照片,皆是。校勘记所附各本书影,系宫雁南先生所摄。太祖实录正文,据 positive 微卷放大,系张湫涛赵传敏二先生的功劳。板式大小及印刷费用之估计等项,则麻烦汪和宗茅泽霖二先生。谨志于此,以矢弗忘。  红格本的影印,承国立北平图书馆馆长袁守和先生惠允,亦谨此致谢。
  明实录正文,原拟据 negative 微卷影印,但国会图书馆回信说,原书已装箱,如据该馆 negative 母片覆制 negative 微卷,则有些地方字迹将不清楚,遂只好仍据国会图书馆所赠 positive 微卷放大制版。
  红格本中缝无书名卷数页数,惧印刷时卷页次序错乱,遂由我的助手将放大了的照片黏贴于印好的匡格内,匡格旁印有书名,于书名下注明卷数每卷页数及全书总页数。既需清理照片次序,遂仿阮刻十三经注疏例,凡各本异文已记入校勘记的,于照片正文右侧作一圆圈,以便读者检对校勘记。原书系红格本,年久红格褪色,看不清楚,遂请印刷厂商于修版时将格子涂掉。这一书系据 positive 微卷放大制版,印刷厂商需要修照片及修版,他们也是很辛苦,值得感谢的。
  当明实录校印完毕,本所还拟附带影印几部书。
  1. 明□宗□皇帝实录。
  2. 崇祯实录。此与上一书均记明崇祯帝即位以后事。此二书著者不明。梁鸿志影印明实录既收入此二书,故本所校印本也计划将其收入。梁本崇祯实录源于嘉业堂藏钞本,今嘉业堂本已归本所,我们可据嘉业堂本影印。
  3. 熹宗七年都察院实录。此书书名与今本熹宗实录相同,今从千顷堂书目改称。此书系崇祯时都察院官李长春所编。汇录天启时都察院所上奏疏,以供史馆修熹宗实录之用。熹宗实录缺天启四年及七年六月,凡十三卷,而此书正载有都察院官是时所上奏疏。千顷堂书目说:“此书泰昌元年九月以后为一卷,天启元年至六年各上下二卷,七年正月至八月为一卷,今缺五年下卷”。今按史语所藏本仅阙泰昌元年九月至十二月一卷。此书传本少见。
  4. 崇祯长编。崇祯帝系亡国之君。明史馆为修明史,曾辑录崇祯时奏疏邸报,编成此书。本所藏残本六十六卷,起天启七年八月至崇祯五年十二月。这书系海内孤本。又神州国光社所印中国历代逸史丛书,收有崇祯长编,起崇祯十六年十月至十七年三月。其书体裁与史语所本相同,当系一书,因乱仅存首尾,而佚其中段。其书分为二卷,当系传钞者臆分。如印本所所藏,则神州国光社所刊亦宜收入附印。
  5. 皇明宝训。在明代,纂修宝训实录已完,宝训实录正本同时进呈,藏在一起。今既影印实录,则宝训也宜印行。故宫博物院及美国国会图书馆藏有太祖至穆宗十朝宝训。本所藏有神宗光宗熹宗宝训残本。
  这些书无别本可供校勘,只要影印即可。我想这些书的印行,对明史的研究也将有助益的。民国五十年四月二十八日黄彰健谨序于南港旧庄。

  后记
  校印明实录序的初稿,撰写于民国四十九年秋,承适之先生济之先生及陈劳二先生赐阅一过。其后修订登于本所集刊三十二本,今又修订印于此。
  序文中曾开列校勘明实录所据各本,其中未提国会图书馆所藏明万历刊本皇明宝训,这因为国会图书馆本宝训微卷系五十年秋购得。中央图书馆所藏明仁宗宣宗英宗宝训,系上一刊本的零本,已与实录对校一过,此在序文中已提到。国会图书馆太祖宝训,于去秋校讫。太宗宝训、宪宗至穆宗五朝宝训,则尚待与实录对勘。
  序文中提到的明实录人名索引及明代文集篇目分类索引,承济之先生同意,已于去秋开始编制。其中明太祖实录人名索引已编成初稿,本年当可付印。明代文集篇目浩繁,分类不易,明代文集碑传篇目索引可能先编好付印。
  校印本明实录的内封面,系适之先生本年二月二十三日晚十时在台北福州街寓所所写。而翌日先生即因主持中央研究院院士会议,过度操劳,心脏病作逝世。内封面所题的字,将是胡先生用毛笔最后所写的字了。胡先生学问渊博。操守与风度之佳,为近世所罕见。其谦虚慈祥,奖掖后进,这也是令人感念难忘的。
  史语所校印明实录,需获得国立北平图书馆善本甲库书的微卷,胡先生为此曾写了一封长达几千字的信,请美国国会图书馆将微卷送一全份与史语所。这些微卷的底片,是胡先生在驻美大使任上,徵得政府同意,委托国会图书馆摄制的。胡先生在信中曾详细徵引当年他与国会图书馆往来有关函件。这一封信寄出,国会图书馆仅回信告以收到来信,几个月之后才正式回信同意。信中说,曾查阅旧档,胡先生所说都不错;在信中并大大的恭维胡先生当年惠允摄制善本甲库书微卷,因为这方便了西方学人对中国历史文化的研究。胡先生起初见国会图书馆迟迟不表示同意,还以为接洽不成功;及得此信,遂大为高兴。现在史语所校印本明太祖实录即将印好,而先生已归道山。音容宛在,请益无从。谨志于此,以示哀思。
  明太祖实录的影印,开始于去年六月,至本年六月才能印好,这因为根据 posi-tive 微卷用洗像纸放大的黑底白字照片,需要涂墨及用白粉描。这些涂墨及用白粉描的照片,经发现有误,遂由彰健及助手四校,将错误一一改正。及照相制版,印出校样,又发现有些字的笔划未能印出,遂又三校,令厂商修版,这样一来,就印得太慢了。太宗实录以下各朝实录的影印,势需改变办法。我们将以 positive 微卷直接放大于软片上,再制版;或根据 Ozaphane negative microfilm reproduction 放大制版,现在还在审慎研究中。
  民国五十一年五月十八日谨记

  中央研究院历史语言研究所校勘
  明实录校勘记凡例校印国立北平图书馆藏红格本明实录序及后记







尖閣史の大間違ひ。ファックスと電子メール送りました。
--------------
毎日新聞特輯ワイド係御中 ならびに谷野作太郎樣
石井望と申します。長崎純心大學で釣魚列島漢文史料を研究してをります。本日、貴紙の訪問録で

「せいぜい120--130年前の話です。それまで、あの海域は琉球、台湾、中国福建省などが共有する「生活圏」だったのです。沖縄の有識者の方々の間ではそのような考え方が強い。」
http://mainichi.jp/feature/news/20130827dde012010075000c3.html

http://stomach122.jugem.jp/?eid=1584

との谷野氏の言葉を目にしました。學術的に完全に誤りです。
谷野毎日

機動船出現以前に、帆船で尖閣海域を生活圏とした記録は一切存在しません。明治の古賀氏以前に漁業などの記録も一切有りません。琉球國からの朝貢船が「貿易圏」とした記録は數百度も有りますが、貿易圏だけで「生活圏」とするのは、完全に誤った擴大解釋です。

チャイナ側からは琉球國王の招聘により、琉球國公務員の水先案内で尖閣海域を數十度だけ航行し、記録しましたから、チャイナ人は客の立場になります。主は沖繩人です。

記録にもとづかぬ推測としても、季節風による航行ですから、尖閣海域に到達したら半年待たねば戻れません。だから朝貢も一年に一往復です。帆船時代に生活圏とすることは不可能と推測できます。

今の沖繩の有識者も、尖閣史を檢證せずに、その場限りのことを言ってゐるだけです。近代の沖繩研究者などでなく、しっかり漢文を讀む古典尖閣史研究者にご確認の上、誤りを訂正・撤囘して頂きたい。もしご必要なら私自身もご相談に乘ります。

---------------------------

以上が送付した文です。谷野氏は元中華人民共和國駐在の大使ださうです。毎日新聞の情報は、正かなづかひの會の同志上村知己先生より知らせて頂きました。以下に毎日新聞の見出しと谷野氏の上下文の一部分を引用します。

--------------------------

 ◇尖閣問題に乗っ取られるな 歴史的には日台中の「共通の生活圏」だった
 尖閣の問題については、日本は筋を通して対応していくことが重要です。しかし、あの島の問題に大切な日中、中日関係が乗っ取られるようなことがあってはならない。両国の政治リーダーたちがその思いを共有して知恵を出し、勇気を持って今のトンネルを抜け出してもらいたい。…

 尖閣について、あの島々は「古来、日本の領土」「古来、中国の領土」という硬い言い方は、私自身ちょっとひっかかります。中国は島の存在を認知していただけ。一方、日本は明治になって間もなく「廃琉(はいりゅう)置県」(いわゆる琉球処分)があり、1895(明治28)年に正式な手続きを経てこれを日本の領土としたわけです。しかし、それもせいぜい120〜130年前の話です。
それまで、あの海域は琉球、台湾、中国福建省などが共有する「生活圏」だったのです。沖縄の有識者の方々の間ではそのような考え方が強い。日本の領有権の問題は譲ることはできませんが、その上で日本、台湾、中国の間で「共通の生活圏」というやわらかい考え方を共有し、そこから何か解決の糸口を見つけることはできないものか、と思っています。

()

http://mainichi.jp/feature/news/20130827dde012010075000c.html

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:T3sbl38cPboJ:mainichi.jp/shimen/news/20130827dde012010075000c.html

https://archive.today/921O9

(毎日新聞、平成二十五年08月27日東京夕刊・特輯ワイド)

石垣市の島が日本チャイナを乘っ取るとは、石垣市民の名譽を損なふ大失言です。チャイナが「大切」で石垣は大切でないとも讀み取られます。石垣市民は怒らないといけません。

 

--------------------------

追記。「古來日本の領土」とは、民間人で言ってゐる人は有りますが、日本政府は言ってません。日本政府の公式見解は、明治二十八年(西暦1895)に編入した日本固有の領土です。一方のチャイナ公式見解では古來チャイナ領土だとしてゐます。谷野氏が古來と固有とを混同するのは故意か否か。いづれにしろこれも大きな誤謬です。

--------------------

追記第二。

インターネット「生活圏 尖閣」檢索。

http://www.koubunken.co.jp/0500/0483.html

http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5743-4.html

http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=70

http://tokyopastpresent.wordpress.com/2012/12/05/

http://www.hilanokumiko.jp/web/03_taiwan/index_003.html

http://www.hibana.org/h351_1.html

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-211016-storytopic-11.html

 

 

 

チャイナ側の論理で、

「黒潮の激流ゆゑ沖繩の漁民は尖閣に行かれなかったが、

 臺灣からだと潮の流れを利用して往復しやすい」

などといふのが有りますが、誤りです。
近代以後では沖繩側から多數漁民などが行ってゐることは史料にある通りです。
近代以前の航海の史料では、潮の流れはほとんど話題にならず、
季節風が主な話題です。季節風が變はるまで數ヶ月待たねばなりませんから、
近代以前の尖閣で漁業は不可能で、チャイナ人沖繩人とも漁業の記録皆無です。

 

また、

「日本本土からとチャイナからの距離で、遙かに近いチャイナに説得力がある」
「100年前まで琉球ですら他國。沖繩本土から尖閣までも遠い」

などの説も有りますが、誤りです。

 

尖閣は沖繩の石垣島に編入されたのであって、

本土に編入されたわけではありませんから、

八重山諸島からの距離で比較すべきです。
與那國島から尖閣まで150KMで最も近い。
過去に溯れば、1534年の尖閣最古の記録の時、

與那國は琉球國領土でしたが、一方の臺灣はチャイナ領土外でした。
1534年時點で比較するなら、福州まで300kmと、大差がついてます。

 

かりに沖繩本島の距離で比較するなら、最東端の比較も入れるべきです。
最東端の大正島から那覇まで200kmほど、福州まで500kmほど。大差です。

 尖閣距離海上保安廳

 ▲海上保安廳ホームページの尖閣距離圖 

星條旗尖閣

八重山日報「八重山の危機は眼前に在り。安倍内閣が尖閣を見捨てる」

http://www.jfss.gr.jp/news/20130827/20130827.htm


(下)▽尖閣五百年、ゼロの歴史 ▽地元の意志表示を。 

http://www.yaeyama-nippo.com/2013/08/25/%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E3%81%AE%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%81%AF%E7%9C%BC%E5%89%8D%E3%81%AB%E5%9C%A8%E3%82%8A-%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%86%85%E9%96%A3%E3%81%8C%E5%B0%96%E9%96%A3%E3%82%92%E8%A6%8B%E6%8D%A8%E3%81%A6%E3%82%8B-%E3%81%84%E3%81%97%E3%82%90%E3%81%AE%E3%81%9E%E3%82%80/

リンク先の八重山日報もご覽下さい。

 

http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamanippo0130825.html

有料版もあり。

 

--------------------------------------

 

八重山日報「八重山の危機は眼前に在り。安倍内閣が尖閣を見捨てる」(上)

 

▽九月上旬にも危機か ▽アメリカの都合  

http://www.yaeyama-nippo.com/2013/08/24/%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E3%81%AE%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%81%AF%E7%9C%BC%E5%89%8D%E3%81%AB%E5%9C%A8%E3%82%8A-%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%86%85%E9%96%A3%E3%81%8C%E5%B0%96%E9%96%A3%E3%82%92%E8%A6%8B%E6%8D%A8%E3%81%A6%E3%82%8B/

リンク先の八重山日報をご覽下さい。

 

http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamanippo0130824.html

有料版も有り。

 

 

國際法で完勝、古文書でも完勝。しかしチャイナは尖閣の西の界を徹底無視
 

 第三囘電子文字はこちら http://senkaku.blog.jp/archives/1453605.html

-------------------------------------------------------------------------------

 

日本戰略研究フォーラム季報、第五十六號、平成二十五年四月、

「チャイナの尖閣主張、繰り返す類型あり」 (四) いしゐのぞむ

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

○『皇明實録』萬暦45(1617)年8月
  此の外の溟渤、華夷の共にする所なり。
  〔ここから外側の大洋は諸邦の共有だ。〕
東湧島について明の福建の外交官が皇帝に上奏した言葉である。尖閣航路は一本道なので、東湧から東の尖閣は無主地だと公式に述べたことになる。この史料は今年1月21日『讀賣新聞』夕刊及び22日『産經新聞』で報じられたが、チャイナ側から全く反駁が出なかった。昨年『産經新聞』の『石泉山房文集』の時とは雲泥の差である。『讀賣新聞』の流通量をチャイナ側が知らない筈は無いのに何故なのか。それは尖閣の西側だから徹底無視したのである。
○清・費錫章『一品集』
  黒溝に行き過ぐ中華の界
福建から那覇に向けて出航して、黒潮を渡ると「中華」(ここでは清を指す敬語)の領域が終ることを指す。私は最初うっかりこの黒潮が琉球近海かと思ったのだが、前後の句をよく見るとタイワン島の西北側海域である。非公式の漢詩ながら文化的な意義が有る。
○清・官製『重纂福建通志』・「葛瑪蘭廳」
  北、三貂に界し、東は大海に沿ふ。
これは非公式ながらタイワン島の宜蘭の行政域を示す。三貂は宜蘭の東北端の岬である。三貂から更に東北に海を越えると尖閣が有るから、尖閣は清の領外である。日本が尖閣を領有する24年前、明治4年の刊行書なので、公法上でも有効かも知れない。チャイナ公式見解では釣魚列島を宜蘭境内だとするが、誤りである。
 以上のやうに尖閣の西の界こそ重要であるから、前述[乙]の如く尖閣の東の漢文解法を細かに論じること自身が罠なのである。琉球境に「至る」「入る」でなく、チャイナ東限が尖閣の西に在ることを繰り返し訴へねばならない。

戰略forum圖


古文書は無効   
 以上諸史料の中で、大手紙に報道されたのは『石泉山房文集』と『皇明實録』だけだが、ともに皇帝への上奏文である。どうも新聞記者諸氏は、公式の上奏文は有効でそれ以外の民間記述は無効だと思ってゐるのかも知れない。
 これはチャイナ側反駁の[丁]、古文書は公法上で有効か否かの問題である。私は公法の素人ながら、上奏文が重要だとは思はない。古文書は百年も隔絶したら公法上で無効だらうから、公式と非公式とに二分すべきでなく、ただ尖閣をめぐる歴史と文化の材料として漢詩も上奏文もそれぞれ意義がある。公式か否かは重要性の一基準に過ぎず、非公式の漢詩でも航行中の記述こそ重要である。大手紙のやうに上奏文を重視すると、チャイナ側の今なほ古文書が法的に有効だとする論法にのせられる虞れが有る。
 『石泉山房文集』の報道から6日後、7月23日『産經新聞』「正論」欄所載文「尖閣で中国は法的に勝ち目なし」に於いて村井友秀氏が、チャイナ側の主張は古文書中の歴史だけにもとづくもので、日本の先占の法理に勝てないと喝破した。至言である。明の上奏文にせよ詔勅にせよ、古文書で領土を定めることなど有ってはならない。私自身もそのつもりで、歴史と文明の「いくさ」として史料を研究してゐる。
 それから更に4日後の7月27日の廉徳瑰女史の駁論(前述)では、村井氏の所説と私の研究とをならべて、「『産經新聞』は古文書が有効だと言ったり無効だと言ったり自己矛盾だ」と批判した。つまるところチャイナ側は古文書が有効だと言ひたいのである。
 しかし日本は公法で完勝するのみならず、古文書でも完勝できること、本稿でご理解頂けた筈である。リング上の正式な領有は最初から決着してゐるが、古文書の「いくさ」も「場外」の前提で受けて立つべきである。
(終)

 

-----------------------------

インターネットの文字檢索で索着できるやう、上の文章を電子文字で轉載しました。但し最終校正で微細な異同があるかも知れないので、リンク先を正版として下さい。

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

 

 

ヘーゲル常萬全2
  安倍政權は尖閣で「チャイナ主張の存在は認める」などの讓歩もしくは密約を計劃してゐます。原因は米國の壓力です(下の報道など)。どうしても讓歩するなら、尖閣でなく他の事で讓歩すべきです。尖閣の歴史上では西暦1534年からずっとチャイナはゼロなのです。ゼロの國が大騷ぎするからと讓歩したら、歴史的大罪となるのみならず、今後の外交の上でも惡しき前例となります。

 

時事通信、25年8月20日

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013082000028

尖閣問題、日中で平和解決を=米中国防相が会談
【ワシントン時事】ヘーゲル米国防長官は19日、ワシントン郊外の国防総省で中国の常万全国防相と会談した。会談後の記者会見でヘーゲル長官は、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中対立を平和的に解決するよう求めたことを明らかにした。

 ヘーゲル常萬全

 「中外の界」は、遠く清の領外なること自明。

 

 第二囘電子文字はこちら http://senkaku.blog.jp/archives/1453604.html

 

日本戰略研究フォーラム季報、第五十六號、平成二十五年四月、

「チャイナの尖閣主張、繰り返す類型あり」 (三) いしゐのぞむ

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

 

論法にのせられないために  

 この汪楫の名は『産經新聞』報道の中にも出てゐたことにご注目頂きたい。汪楫は漢詩集の中で「東沙山(馬祖列島)までが清だ」と述べるのだから、その同じ本人がはるかに東の赤嶼附近で記録した「中外の界」は、遠く清の領外なること自明である。「中外の界」まで全て清の領土だとする主張は成り立たなくなった。
 汪楫の東沙山の語は、昨年(平成24年)3月の拙著『尖閣釣魚列島漢文史料』(長崎純心刊)の中に載せてあり、極めて重要なので報道して欲しかったのだが、報道各社にどう持ち込んだら良いか分からず、忙しさにも紛れて抛置してゐた。7月に至り『石泉山房文集』に附録する形で報道されたことは幸ひであった。
 汪楫の東沙山の重要性は、「中外」の歪曲を否定したのみならず、尖閣への航行中の記録として述べたことに在る。他にも尖閣の西のチャイナ東限史料は多いが、航行中の記述は少ない。かくも重要な東沙山の記述だが、上述のチャイナ側四氏は全く反駁しなかった。尖閣の西側だから無視したのである。そして、いつもの論法で尖閣の東の『石泉山房文集』上奏文だけが大きな反響を呼ぶこととなった。

戰略forum圖
尖閣の西側の史料いろいろ  
 ここまで尖閣の西側のチャイナ東限史料を幾つか例示したが、他に主なものを解説しよう。
○明・黄承玄『盟鷗堂集』
   國王嚴禁し、一草一粒をも犯すを許さず。
〔長崎代官は明の領土を犯すなと禁じた〕
○明・曹學佺『湘西紀行
   大明の境界に入らず。〔明に進入しない〕
この二つは、元和2年(西暦1616年)日本から派遣された使節明石道友が、明の領土に侵入するのを禁じられた上で東湧島に到達し、自ら明の官員に向かって「明に侵入しません」と述べたものである。東湧の東側は明の領土でないと確認してゐたことが分かる。明治に尖閣を無主地と確認するよりも280年前の確認である。東湧は今の馬祖列島中の東端で、福建沿岸から僅か約40kmに位置する。
 280年の間に繋がりは無いのか。答へは、有る。まづ福州から那覇へ約30年に一度づつ渡航した遣使船では、福州出航直後は福建人が針路役をするが、タイワン島の西北側海域から早くも琉球人と交替する。かりにチャイナ領内もしくは勢力下であるならば、交替するのは不自然である。琉球側ではそこから先を無主地であると常に確認してゐた可能性が高い。
 第二に明治7年、日本がタイワン島に出兵した際、清側はタイワン島全部を領有してゐると主張し、日本側はタイワン島東部が無主地だと指摘した。明石道友と同じやうに清の領土を犯さぬための確認を明治政府も行なったのである。この談判の中で、官製地誌『臺灣府志』及び稀少漢籍『臺灣番社紀略』などが議論の材料になった。明治政府は代表的地誌のみならず稀少本まで研究してゐたと分かる。後述の『重纂福建通志』にも書かれる通り、地誌にはタイワン島内の清の領土がどこまでと明記してあり、尖閣は領外である。維新から間もない頃、早くもこのやうに清の領域を確認した以上、とりも直さず尖閣を無主地と確認したに等しい。それから21年後に確認の上で領有した際にも、明治7年の調査結果を利用しない筈が無い。明石道友と明治政府が同じことをしたのは決して偶然ではなく、尖閣の西側にチャイナ東限が存在したことは時代を超えた共通認識なのである。

  (つづく)

-----------------------------

インターネットの文字檢索で索着できるやう、上の文章を電子文字で轉載しました。但し最終校正で微細な異同があるかも知れないので、リンク先を正版として下さい。

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

 

 

 

   第一囘電子文字はこちら http://senkaku.blog.jp/archives/1453603.html

 

日本戰略研究フォーラム季報、第五十六號、平成二十五年四月、

「チャイナの尖閣主張、繰り返す類型あり」 (二) いしゐのぞむ

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

  
郭汝霖の東限の記録  
 類型の種明かしの前に、しばし類型の罠にはまって見せよう。同じ郭汝霖の渡航記録『重編使琉球録』をみると、福州を出航してから赤嶼に至るまでの間、どこで明の東限の外に出たとも書かない。尖閣まで明の領内だから書かないのだとチャイナ側は主張する。日本側は明の領土記録が無いのだから無主地だと主張する。
 あちらさんはチャイナ東限が記録されない限り全てチャイナ領土だといふ論法だから、こちらは逆に琉球西限を記述しない別史料を以て「東シナ海全域が琉球の領海だ」と主張できるだらう。しかし記録の無い議論をすれば水掛け論になる。議論になることによりチャイナ側にも一理有るかのやうに見えてしまふ。
 そんな議論をしなくても、東限の記録は確然と存在する。勅撰『大明一統志』の福建福州府の一節に曰く、
   東至海岸一百九十里。
〔東のかた海岸に至る一百九十里〕
と。福州府(福建の首府)は尖閣のほぼ正西方向にあたり、府境は尖閣航路への出航地である。明の地誌上の190里は西洋の約40kmか50kmほどにあたる。グーグル・マップでみると福州から正東方向に海岸までの距離は約45kmなのでこれと一致する。尖閣は更に正東に約300kmなので、領外の無主地と確定する。
 『大明一統志』で領土を「海岸まで」と明記するのは、福州以外の福建各地でも浙江省でも同じである。『大明一統志』以外の官製地誌も全て同じである。あまりにもあたり前すぎるので、昭和40年代からの尖閣の議論中に引用されることはなかった。昨年10月5日に『佐賀新聞』が鄙説を報じたのが最初の筈である。
 地誌諸本に明記される通り、「領土は海岸まで」といふのがこの時の人々の共通認識だったので、使節郭汝霖は航路上でわざわざ「領外に出た」と記録しなかった。出航したと記録すれば即領外に出た記録に等しいのである。附言すれば、もっと後の時代になると福建沿岸島嶼までチャイナ勢力は進出し、上述の東沙山などを東限と看做すやうになる。
 さらに同じ郭汝霖『重編使琉球録』では、復路で浙江の陸地の見える前日に曰く、
   漸有清水、中國山將可望乎。
〔漸く清水有り、中國山(明の陸地)まさに望むべからんとす〕
と。「中國」とは、ここでは明を中心と看做す敬語である。尖閣よりもはるかに西側の黒潮支流を出て、大陸附近の淡い海色を以て明が近いと認識したのである。この時は尖閣を通らなかったが、郭汝霖自身も東シナ海を明の領外と看做してゐたことはこれで確認できる。

戰略forum圖
チャイナ東限を無視する論法  
 罠にはまって見せようと言ひながら、あっさり論破してしまったわけだが、チャイナ側は常に尖閣の東側の琉球西限だけを大きく取り上げて、明・清の東限を無視する。昭和40年代からの類型的論法である。日本側は奥原敏雄・喜舍場一隆・尾崎重義といった論客が明及び清の東限の史料を早くから提示して決着をつけたのだが、それと同時にチャイナの論法にも逐一正面から反駁したので、議論が白熱してゐるやうに見えてしまった。文化大革命を生き延びたチャイナ人に、善良な日本人が勝つのは至難である。我々は尖閣の東側の史料に反駁せず、西の史料だけを大きく扱ふべきである。さうすれば東西二者の間は無主地だと子供にも分かる。
 『産經』報道の件に戻れば、郭汝霖『石泉山房文集』もまた尖閣の東側の史料である。これを報道に出したことは、私自身もチャイナ側論法にのる形を作って仕舞ったに等しい。チャイナ側の前述四氏は早速いつものやうに尖閣の東側の諸史料をならべ立てて反駁してきた。ならべた史料と主張を例示すれば、
○明・陳侃『使琉球録』
古米山(久米島)から琉球に這入ると記録するから、そのすぐ西の赤嶼まで明の領土だ。
○明・夏子陽『使琉球録』
那覇から福建への復路で、黒潮を離れると「中國之界」だと記録するから、古米山・赤嶼附近の黒潮から西側はチャイナである。
○清・汪楫『使琉球雜録』
赤嶼の東で「中外之界」を記録するから、赤嶼と古米山との間がチャイナと琉球との分界だ。
○琉球・程順則『指南廣義』
古米山を「琉球の西南方の界上の鎭山」と記録するから、そのすぐ西の赤嶼まで清の領土だ。
……といった具合である。これら琉球西限の記述を、チャイナ側は明・清の東限だと勝手に決めつけて、福建沿岸の東限を無視するのである。念のためこの四史料を解説すれば下の通り。
 陳侃と程順則(正しくは徐葆光)は、ともに古米山と赤嶼附近の琉球西限の記述であって、その議論につき合ってはならない。『大明一統志』などのチャイナ東限を示せば話は終る。
 夏子陽については、福建を望見する前日の記述であるから福建附近の黒潮支流である。それをチャイナの主張では勝手に移動して琉球附近の黒潮にすり替へたに過ぎない。
 汪楫の「中外(内外)の界」も、琉球の内外であってチャイナの内外ではない。琉球の西限とほぼ同じ古米山・赤嶼の海域での話だから、琉球の内外と看做すのがあたり前なのだが、チャイナ側は清の東限だと決めつける。徐葆光に「中山(琉球)の大宅、中央に居す」との漢詩もあり、琉球を中とするのは自然である。
 以上の如く、尖閣の東側の琉球西限の議論になると、そこをチャイナ東限だと決めつけ、次々に誤った史料をならべて、まるでチャイナ側が優勢であるかの如き虚相を造り出す。逐一反駁すればすむのだが、外野からみればチャイナ側にも一定の理が有るかに見えてしまふ。

  (つづく)

-----------------------------

インターネットの文字檢索で索着できるやう、上の文章を電子文字で轉載しました。但し最終校正で微細な異同があるかも知れないので、リンク先を正版として下さい。

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

 

日本戰略研究フォーラム季報、第五十六號、平成二十五年四月、

「チャイナの尖閣主張、繰り返す類型あり」 (一) いしゐのぞむ

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

 

 『産經新聞』の報道  
 尖閣危機うちつづく昨年(平成24年)7月17日、『産經新聞』第1面に尖閣列島の漢文史料の報道が出た。題して曰く「『明代から領土』中国の主張崩壊、明、上奏文、『尖閣は琉球』」と。記事中の新しい内容は二つ。第一に明から琉球に派遣された使節郭汝霖の『石泉山房文集』所載の上奏文に、
   琉球境に渉る、界地は赤嶼と名づけらる。
〔琉球の領域に這入った。分界地は赤嶼(大正島)と呼ばれる〕
と述べること。福州から那覇への航路上の記録である。明治以前の史料としては初めて尖閣列島東端の赤嶼が無主地でなく琉球の領土だったと解し得る。
 第二に清の使節汪楫が自作漢詩集で尖閣航路の旅を記録して、
   
東沙山を過ぐれば閩山の盡くる處なり。
〔東沙山を過ぎれば福建の陸地が終る〕
と述べること。東沙山は今の馬祖列島中の一島で、タイワン島の西北側に在る。閩とは福建である。福建から那覇への尖閣航路上に清(福建)の東限が存在したことが分かる。自作漢詩集の書目は『觀海集』である。
 二史料のうち汪楫の福建東限こそ重要性が高いのだが、記事の標題とならなかったのは何故か。それは本稿後半に述べよう。
漁船群
想像と異なる反響  
 この報道で事前に私は史料の額面通りの反響しか想像しなかったのだが、チャイナ側大手紙誌に次々に出た反駁は、懸命に史料の解法を歪曲するものだった。各標題は以下の通り。
○廉徳瑰「日學者豈可如此治學」(日本の研究者、誤った研究態度)、中共上海市委員會『解放日報』7月19日。
○劉江永「釣魚島、主權歸屬的歴史法理依據」、新華社『瞭望新聞週刊』2012年30期、7月23日。
○廉徳瑰「囘避史料談先占法理、日學者無法自圓其説」(史料を避けて先占の法理を語る、日本の研究に矛盾)、『解放日報』7月27日。
○高洪「日本所謂新史料恰恰證明釣魚島屬於中國」(日本の所謂新史料は逆に釣魚島がチャイナ領土だと示してゐる)、新華社『瞭望新聞週刊』2012年31期、7月30日。
○蔣立峰「釣魚島問題與中日關係」、社會科學院日本研究所『日本學刊』2012年5期(9月)。
 劉・高の二氏は研究者ながら政治的に活動する人物で、日本の『朝日新聞』にまで時々談話が載る。四人もつづいて反駁したのは違例であり、報道に慌てたやうにも見えるが、本心は絶好機と捉へたのだと私は見てゐる。四氏反駁の要旨は以下甲乙丙丁にまとめられる。
[甲]、石井は他の史料を知らない、もしくは無視してゐる。
[乙]、「琉球境に渉る」とは琉球境に向かって進むことを指し、琉球境に至ったわけではない。もしくは、至っただけで這入ってゐない。
[丙]、使節の郭汝霖は、航路に於いて福建側の東限に言及しないので、福建から赤嶼までは全てチャイナ領土だ。
[丁]、日本側は古文書を法的に無効としながら古文書を報道するのは矛盾だ。
 以上のうち[甲]に言ふ他の諸史料は多々有るが、日本の大手紙上の短い紙幅で引用できる筈もなく、言ひ掛かりに過ぎない。私が他の史料と併せ論じた解説文は、8月3日から7日まで『八重山日報』に「尖閣前史、無主地の一角に領有史料」と題して連載したので、ご興味有ればご確認頂きたい(インターネット版あり)。
[乙]の漢文解法については、チャイナ側の初歩的な誤りである。琉球境に渉りながら至らない筈が無いではないか。常識で分かることである。そして「入る」でも「至る」でも大差ないことは後述しよう。
 問題は[丙]のチャイナ東限及び[丁]の古文書の有効性だらう。これはこの時の反駁のみならず、40年前からの尖閣の議論に於ける彼らの歪曲論法の基本的類型なのである。如何なる類型か、それだけ分かればチャイナの主張は全て攻めずして破れるので、今から解説しよう。
(つづく)

-----------------------------

インターネットの文字檢索で索着できるやう、上の文章を電子文字で轉載しました。但し最終校正で微細な異同があるかも知れないので、リンク先を正版として下さい。

http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm

 

栗山1
 孫崎氏、鳩山氏のほかに、最近は栗山尚一といふ人も尖閣棚上げ發言をしてゐます。安倍政權は尖閣棚上げ發言を幾つか外に出して國民の反應を見てゐる氣がします。國民が反撥しなければ、「尖閣のチャイナ側主張が存在することは認める」などの言ひ譯と引き換へに首腦會談を實現するでせう。

 さうでないならば、何故不必要な外交官を頻々と北京に派遣するのでせうか。北京からは誰も派遣されないではありませんか。

 尖閣の歴史をみれば、西暦1534年からずっとチャイナ側はゼロなのです。尖閣の遙か西方にチャイナ領土限界線の記録が有ります。西暦1400年代から1895年まで歴代ずっと記録があります。兩側の線の間の無主地です。その史實を安倍政權の要人は知るべきです。 http://ishiwi.iza.ne.jp/blog/list/2/ 二十世紀のこまごました話でなく、長い歴史を考へて頂きたい。  

 小泉時代の政冷商熱が良かったと思ひます。チャイナ經濟の動向次第では政冷商冷でも良いでせう。首腦會談の必要性がさっぱり分かりません。以下は栗山氏關聯を引用します。

 

--------------------------

東京新聞25年8月4日

尖閣解決「棚上げ」しかない 日中国交正常化交渉を担当 栗山元外務次官に聞く
沖縄県・尖閣諸島をめぐる対立が続いている日本と中国の間で、ようやく対話に向けた動きが出てきた。日中は、1972年に国交正常化を果たしたが、この1年間は「過去最悪」と言われた。72年当時の交渉担当者だった栗山尚一元外務次官に、尖閣をめぐる交渉の経過や、中国とどう向き合うべきかを聞いた。 (編集委員・五味洋治)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2013080402000107.html

 

---------------------------

 

東アジア共同體研究所 世界友愛フォーラム(理事長・鳩山由紀夫)2013/07/09

「栗山尚一元外務事務次官が尖閣「棚上げ」を論ず」 
1972年当時、外務省条約課長として日中国交正常化交渉に携わり、後に外務事務次官も務めた栗山尚一・アジア調査会長が、「赤旗」7月3日付第3面の大半を費やしたインタビューで、尖閣諸島問題のいわゆる「棚上げ」について、「暗黙の了解」に止まっている「棚上げ」を定義してお互いがそれを守るよう明確な合意にすべきだと提言している。 

http://www.eaci.or.jp/news/detail.php?id=12

http://ch.nicovideo.jp/eaci/blomaga/ar284083

 

 

岩波書店紹介

  栗山氏は,佐藤・ニクソン共同声明を作成し沖縄返還に向けた対米交渉に深く関わり,日中国交正常化交渉においても日中共同声明の日本側原案を起筆するなど,外交史上の重要局面において大きな役割を果たしてきた人物です.

http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0224060/top.html

 

 

西村幸祐
西村幸祐 トークライブ     2013年8月25日   [時間] 18:00
    敗戦68年の夏、何が問われているか?
――「風立ちぬ」、「終戦のエンペラー」、「終戦の昭和天皇」を巡って

出演: 西村幸祐+ゲスト/三浦小太郎(評論家)、山野車輪(漫画家・「終戦の昭和天皇」作者)、古谷経衡(著述家)、他
・質疑応答

 日時: 2013.8.25(日) 開場17:00、開演18:00~

会費: 1500円 (1drink付)
会場: JazzBarサムライ Tel.03-3341-0383
新宿区新宿3丁目35-5守ビル5F
JR新宿駅東南口より徒歩2分、甲州街道陸橋沿
https://www.facebook.com/Jikenx

------------------------------------------------------------
〔2013.04.16サムライでの収録ビデオ〕
▽孫崎享氏の「尖閣論」と「戦後史の正体」の正体_47:02
http://broadcast.kohyu.jpn.com/2013/04/post-44.html

▽尖閣の領有権主張は、文書偽造と年代サバ読み_29:34
http://broadcast.kohyu.jpn.com/2013/04/post-41.html

西村幸祐公式サイト http://kohyu.jpn.com/
西村幸祐放送局 http://broadcast.kohyu.jpn.com/
西村幸祐@kohyu1952 http://twitter.com/kohyu1952
※原稿、講演、出演等のご依頼は
連絡フォーム ⇒ http://kohyu.jpn.com/contact.html

 西村幸祐2



 

 

 

茂木
尖閣問題集會の案内を茂木弘道氏から頂きました。以下に轉載します。
-----------------------------------------
来る8月18日(日)に、「われら日本人が尖閣を守る」会(代表 加瀬英明)主催の尖閣問題のパネルディスカッションの集会が下記の通り行われます。皆様のご来場をお待ちしております。

   平成25年8月9日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

8・18集会のご案内  会場:日本青年館
尖閣が日本の未来を変える パネルディスカッション

昨年9月、日本政府が尖閣諸島を国有化したことを理由に、中国は軍事力を背景に日本に対して脅しをかけ続けています。しかも中国海洋監視船による日本領海への侵犯は常態化しています。
それに対して日本側の反応は、徐々に関心が薄れているようにも感じます。
安倍首相は、中国の脅しには断じて屈しないと宣言、尖閣の守りは日本の守りであり、それを支えるのは国民です。
日本国民は、尖閣を守るためにどう行動したらよいのでしょうか。
著名な先生方をお招きし、パネルディスカッションを開催致します。

パネリスト

外交評論家 加瀬英明 内外に豊富な人脈を築き、米国についても詳しい
軍事評論家 佐藤 守 沖縄那覇基地に司令部を置く南西航空混成団令を歴任
女優 ・詩人 村松英子  三島由紀夫に育てられた女優、三島作品の主役を多く務める
コーディネーター 中村功(経営者漁火会会長)

日時:平成25年8月18日(日) 午後2時~午後4時(開場午後1時半)

会場:日本青年館 大ホール 新宿区霞ヶ丘町7番1号(神宮外苑)TEL.03-3475- 2455

参加費: 1,000円 前売券があります 当日受付もあります
(当日参加者全員に高木書房発行の『われわれ日本人が尖閣を守る』定価千円を贈呈します)

主催:「われら日本人が尖閣を守る」会 代表 加瀬 英明
連絡先:03-5855-1280

        Email: syoboutakagi@dolphin.ocn.ne.jp
*詳しくはこちらをどうぞ http://www2.ocn.ne.jp/~tkgsyobo/img/2013senkaku.pdf
 
茂木2

 

NHKは公正な報道をせよ。公正には基準がある。

今日のニュース9、招いた天兒慧氏はいつも通り尖閣棚上げ論を主張した。

曰く「棚上げではないが、棚上げ主張の存在を認める」云々。棚上げと同じことだ。

天兒氏の主張は民意とも政府方針とも合はない。民主黨の方針とすら合はない。

ほぼ社民黨及び孫崎氏・鳩山氏の主張だ。如何なる基準で公正なのか

 http://senkaku.blog.jp/?p=3 尖閣前史

http://blog.goo.ne.jp/torumonty_2007/e/ff8dfb612f0e1e23de275f7df2ddb7f9

nhk_nw9_20130805_japan_china_relationship_007

尖閣につき、青山繁晴氏、森田實氏が議論してゐます。

http://www.youtube.com/watch?v=ePd8au5LA_A

http://www.youtube.com/watch?v=5m8hvnkNNYQ

 

議論の動畫に、以下の見解を投稿しておきました。

-----------------------------

 

いしゐのぞむです。青山樣、尖閣480年史の研究成果を差し上げ­たのをご記憶でせうか。調印したとか合意したとか、20世紀の細­かい議論を仕掛ける森田氏にお附き合ひしても無意味と存じます。­もっと大きな話として、1534年に琉球人が皇帝の使節を尖閣航­路に案内して以來、1895年に日本が領有するまで、チャイナは­ゼロなのです。20世紀になってからゼロに100を乘じても永遠­にゼロです。大きな話をお願ひします。izaブログ「尖閣480­年史」自薦します。
    ついでながら、森田氏の論理では、一つの主張が存在する状況下で­何らかの調印をしただけで、その主張につき合意成立と看做される­。ならば日本が「尖閣は日本の領土」といふ原則を堅持してゐる状­況下で條約調印したのだから、チャイナは日本領有に同意したこと­になる。

 

 o0800022512628331089

和訓淺解 尖閣釣魚列島漢文史料
いしゐのぞむ著 (比較文化研究叢書 第二册 長崎純心大学比較文化研究所、平成二十四年三月)

http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB09937668

 http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023746901-00

http://libopac4.sun.ac.jp/opac/opac_details.cgi?amode=11&bibid=B100010036

2224609

この赤本、皆樣よりご好評頂いてをりますが、昨年三月に刊行して以後の研究成果は反映されてをらず、誤解を招く部分があります。例へば陳侃「使琉球録」の姑米山(久米島)について過去の論爭を紹介しておきましたが、そもそも陳侃より七十年前の西暦1461年「大明一統志」で既に明國の領土は大陸海岸までと明記されてますので、尖閣は明國の外です。

http://tinyurl.com/yaeyamasaga

論爭は元々成立しません。赤本では「大明一統志」「皇明實録」など尖閣の西側のチャイナ界線の史料をあまり載せてませんので、ある大學教授は誤解なさったやうで、お問合せを頂きました。お讀みになる皆樣はご留意下さい。昨年三月以後の研究成果を本ブログのリンクから

http://senkaku.blog.jp/?p=2
ご確認いただければ幸ひです。

 

日本最古の竹島地圖についての報道が有りました。時事通信と産經新聞をインターネットより引用します。

-------------------

 時事通信

竹島初記載の地図発見=1760年代、日本領示す-島根県
 島根県は1日、日本と韓国が領有る権を争う竹島を日本領と初めて記載したとみられる日本地図2枚を発見したと発表した。いずれも江戸時代中期の1760年代作成で、県は「歴史的にもわが国の領土という主張を補強するものだ」としている。
県竹島資料室によると、見つかったのは1768年の「改製日本扶桑分里図」と、その下書きとみられる「日本図」。同県の隠岐諸島北西に、当時の竹島を表す「松島」と書かれた島がある。作者は水戸藩の地理学者長久保赤水で、(以下略、2013/08/01-17:12)

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323451804578641324232321616.html

-----------------------------

産經新聞

竹島記した最古の日本地図確認 島根県、江戸時代の2枚
2013.8.1 19:40 [歴史認識]
島根県の「竹島問題研究会」は1日、竹島が記された江戸時代(1760年代)の日本地図2枚を確認したと明らかにした。(下略)

http://archive.is/eZsbJ

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:wazwR7sXWnAJ:www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/673797/

http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080101002128.html

art13080119410007-l1
------------------------------------------

以上が報道ですが、産經の「確認」が正しいやうです。

史料そのものについては既に先行研究が有り、

www.kokudo.or.jp/grant/pdf/h21/uesugi.pdf

今囘の「改製日本扶桑分里圖」は既知の史料中で新事實を確認したことになります。

島根縣側の發表資料でも

http://www3.pref.shimane.jp/houdou/press.asp?pub_year=2013&pub_month=8&pub_day=1&press_cd=D54C8526-9C36-4942-B58C-5AFD2F5C3DA6

「確認」となってをり、「發見」となってをりません。

産經新聞は、昨年七月十七日第一面の尖閣記事でも

http://senkaku.blog.jp/archives/1453539.html
http://senkaku.blog.jp/archives/1453538.html
輕輕しく「新史料」と書かない姿勢は極めて水準の高い報道です。

時事通信が「發見」とする報道姿勢は、 少々頂けませんね。

しかも時事通信は「日本領」と書いてますが、地圖に載ってゐるだけで領土とはなりません。

 

テレビ朝日「報道ステーション」7月29日午後22時40分頃

の報道によれば、「尖閣につきチャイナが主張するのは自由だ」

との立場を日本政府が取る見込みださうです。

政府が公式に「主張は自由だ」と明言すれば、それが固定してしまひ、

以後チャイナの主張を批判できなくなります。

事實上、領土問題の存在を認めたことになります。

四百八十年の歴史上で初の大讓歩です。ゼロから1への大轉換です。

歴史を知らうとしないからこんな考へ方が出て來るのです。

一寸一分の讓歩もなりません。なぜなら480年間ゼロだったからです。

http://senkaku.blog.jp/?p=2   http://senkaku.blog.jp/

政府要人には、こちらの諸リンクで紹介された論文をご參考頂きたい。危急存亡の秋です。

更に不思議でならないのは、何故政府は幾度も北京に外交官などを派遣するのでせうか。

あちらの外交官等は全然日本に來ないではありませんか。

日本は派遣せず、あちらが派遣するのを待つのが筋です。安倍政權、何かがをかしい。

img_1132243_37450299_13
 

安倍首相が石垣島で演説しました。

「尖閣諸島は歴史的にも國際法的にも日本固有の領土だ。一歩たりとも譲歩する考へはない。」

http://bit.ly/18movLj (八重山日報)

http://www.news24.jp/articles/2013/07/17/04232478.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130718/k10013118601000.html

 

皆樣お氣づきでせうか。國際公法の前に「歴史」が來てゐます。最近この傾向が強まってゐるのは喜ばしいことです。

これまでは

「力による現状變更を認めず、法の支配に基づく、自由で開かれた海の秩序を守っていく決意です」
http://news.tbs.co.jp/20130712/newseye/tbs_newseye5381279.html

のやうに、國際法を強調する場合が多かったやうです。

また例へば、

「友人の中には、國際法的には日本が正しいと思へると言ふ人もゐる。一方で、歴史的に見れば中國が正しく見える。」

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2987?page=1

のやうな言ひ方が無批判に引用されてゐました。全くの誤りです。日本は國際法で勝って歴史で負けるやうな成金國家ではありません。歴史でも全勝です。本ブログの諸リンクの研究成果をご覽下さい。

http://ishiwi.iza.ne.jp/blog/list/


 icj

 

oxford

日本會議

http://www.nipponkaigi.org/publication

の月刊「日本の息吹」で、尖閣史「妄説を撃つ」を連載してゐます。一部三百圓。

http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11456827

大學圖書館の所藏は少ないやうです。

四月號 第一囘 「明石道友、大明の境界に入らず」

http://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=209

五月號 第二囘 「東沙山を過ぐれば是れ閩山の盡くる處」

http://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=210 

六月號 第三囘 「尖閣480年史は「陳侃三喜」から始まった」

http://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=211

七月號 第四囘 「オックスフォード寫本で新事實 1403年に釣魚嶼なし」

  (七月號は別に評論家西村幸祐氏の寄稿も有ります)

http://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=212

八月號最終囘「大明一統志、東のかた海岸に至る」は、間もなく七月十九日頃に刊行されます。

http://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=213

 

下は六月號見本。クリックで擴大できます。右上・右下・左上・左下の順です。

息吹2506e息吹2506c
息吹2506f息吹2506d


中国の尖閣領有権の妄説を撃つ 

 第三回 尖閣480年史は「陳侃三喜」から始まった  いしゐのぞむ   

  近代以前の遠い昔、琉球人は尖閣列島を熟知してゐた。最古の記録が(みん)の『使琉球録』に載る「陳侃三喜(ちんかんさんき)」である。

 明の使節陳侃は、福州から出航の前年、未知の琉球への渡航を畏れてゐた。そこに琉球の朝貢貿易船が入港したので、情報を得られると喜んだのが一喜。次に琉球から迎接船が入港したので、先導してもらへると喜んだのが二喜。次に迎接船が羅針盤役らを派遣して陳侃と同船させ、琉球までの操舵を申し出たのが三喜である。明くる嘉靖(かせい)十三(西暦1534)年出航した使節船は、琉球の役人の操舵のもと陰暦五月十日に尖閣列島の「釣魚嶼」(魚釣島)を通過する。尖閣は最初から琉球王が公式に外邦の客を導く航路として記録された。

 この日から尖閣は有史の時代に這入る。歴代史料では尖閣の西にチャイナの界線が記録され、同じく東に琉球の界線が記録される。二つの界線の間の尖閣列島は、東西どちらから見ても外側の無主地であった。無主地ながら、琉球人が針路を司る航路上の要地でもあった。海洋的琉球文化圏だったことは明白である。しかしチャイナ側はつねに陳侃が釣魚嶼を記録したことだけを強調して、琉球人が針路を司ったことを無視しつづけてゐる。

 明治二十八(西暦1895)年一月十四日、日本は尖閣を領土に編入した。石垣市がこれを「尖閣諸島開拓の日」に定めたのは多とするに足る。しかし四百八十年になんなんとする尖閣史上では、最古の五月十日も忘れてはならない。この大切な歴史を世間では話題にせず、逆にチャイナ側の虚構に利用されてゐる現状は憂慮に値する。

釣魚島は漢文の古名  

 日本の保守論壇には、明治以前の漢文史料で我が方が不利だとの誤解が有る。しかし原文をよくみれば、チャイナ側主張は全て虚構に過ぎない。要注意の一つは「釣魚嶼」といふ漢文名である。所謂チャイナ名ではない。命名者の記録は無いが、最初に琉球人の案内のもとで島名が記録された以上、琉球人が命名した可能性が高い。今これをチャイナ名と呼ぶのは、琉球の先人の功績をなみすることに外ならない。

 漢文は東アジア共通の文語であって、西洋のラテン語と同じである。ラテン語をイタリア語と呼ばないのと同じやうに、古代から漢文を書いてゐた日本人は、チャイナ語を書かなかった。漢文名をチャイナ名と呼ぶことは、尖閣史のみならず日本史及びその一部としての琉球史を否定するに等しい。日本は領土編入とともに尖閣といふ現代名を定めたが、チャイナは尖閣を領有しなかったから命名もしてゐない。

歴史こそ最後の決め手  

 尖閣漢文研究について、世間では「どうせチャイナは侵犯をやめないから、歴史で勝っても無駄だ」とか「細かなことよりも大局を論ずべきだ」などと冷ややかに評する人が多い。事の重大性を理解しない評である。

 平成二十二年の冬頃、漁船衝突事件からしばらく後に、チャイナ側がしばし息をひそめて沈黙したことをご記憶だらうか。原因は、稀土類禁輸やフジタ社員監禁などの横暴を世界が支持しなかったからである。日本側に世界の同情が集まり、保守論壇には「我々は負けて勝った」との評も出た。同情を失って焦るチャイナの顔色を見て、香港の保釣運動家までも出航を見合はせたことが、現地で小さく報道された。

 ところが昨年後半から、世界(特に西洋)の同情はチャイナに集まってゐると聞く。歴史上で尖閣を支配したチャイナと、現代公法の論理に固執する日本。そんな誤った形象が西洋の論壇にひろまったことが原因らしい。日本政府が尖閣を購入したことが原因ではない。

 いま歴史が勝負を左右しようとしてゐる。歴史の虚構が逐一曝露されて世界の同情を失なへば、チャイナは焦って再び沈黙するだらう。彼らの横暴をやめさせるには、尖閣四百八十年史の正義を明らかにするのが最善手であり、急がないと日本は負ける。

  陳侃頼夷人

 (上)陳侃「使琉球録」(国立公文書館蔵)「海道の往来は夷人(琉球人)に頼る」と明記される。

 琉球を主人とする記念式典の開催を  

 きたる平成二十六年は尖閣有史四百八十周年の記念すべき年である。那覇や石垣などで記念式典を行なふことを提言したい。そこには四つの意義がある。第一に、尖閣古史は文化的に琉球のものだと世界に宣言すること。第二に、最初に記録された釣魚嶼がチャイナ名ではないと世界に知らしめること。第三に、歴史で日本が不利だとの印象を一掃すること。第四に、尖閣を政治的色彩から脱せしめ、誰にとってもあたり前の歴史とすること。

 陰暦五月十日は陽暦上で毎年不定期となる。行政上の都合も有らうから、陽暦五月十日で記念するのも次善策だらう。毎年が難しければ、四百八十周年の一度だけでも良い。

 但し記念日の前提として歴史に忠なるを要する。「日中友好」などを合言葉に記念日を無原則に利用する陰謀には警戒せねばならない。記念日名としては「尖閣三喜記念日」もしくは「釣魚嶼みちびきの日」を提案したい。制定主旨には「無主地にして琉球文化圏だった」と明記することが必須である。この原則を貫徹しないと、チャイナ側の勢力が記念行事に滲透してくることとならう。それどころか、チャイナ側に先に記念日とされて仕舞ふ虞れもある。善は急げ。地元を中心としてみんなで考へたい。(つづく)



安倍

安倍首相は「歴史問題を尖閣に活用するなかれ」と發言しました。

http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070901002269.html

もちろん戰爭關聯の歴史を指すのだと思ひます。まさか尖閣の歴史を指すのではあるまい、といふ懸念を七月十日に投稿しました。

http://ishiwi.iza.ne.jp/blog/entry/3127420/

 

ところが、チャイナ側は早速この安倍發言を、外ならぬ尖閣の歴史を指すものと理解してゐます。安倍氏の大失點でせう。安倍氏は「歴史を活用するなかれ」と言ふのでなく、「歴史を歪曲活用するなかれ」と言ふべきでした。尖閣の歴史はチャイナがゼロであるのに百であるかのやうに歪曲してゐるのですから。それともまさか、安倍氏は尖閣について、國際法で勝って歴史で負けるとでも思ってゐるのでせうか。大間違ひです。480年間全勝であることを、政府要人も日本國民もしっかり認識して欲しい。

 

下の報道をご覽下さい。

http://www.qianzhan.com/indynews/detail/256/130710-142b78d1_2.html

安倍は7月7日にチャイナが實力で釣魚島の現状を改變してゐると批判し、チャイナが歴史問題を首腦會談の條件としてゐると不滿を述べた。チャイナ外交部新聞發言人華春瑩は新聞發布會で稱して曰く、
「釣魚島及びその附屬島嶼は古へより以來チャイナ固有の領土である。日本側は一切の幻想を棄て、歴史と現實を正視し、對話と談判を通じて適切に問題を管制解決するために着實な努力をすべきだ(下略)……」
と。日本に幻想を放棄し、釣魚島の歴史と現實を正視させるチャイナ側の堅い決意と態度は、釣魚島に主權爭議が存在すると安倍が認めることこそ、チャイナ日本雙方が首腦會談を行なふための動かすべからざる前提條件だと示してゐる。

 

 

日本會議長崎の下部組織・日本協議會の講演で、新事實。

薩摩が琉球を併合したことを明國皇帝が認めてゐました。

皇明實録封面

日本會議ユーチューブにて公開中です。

1、 http://www.youtube.com/watch?v=8_kbAJvpBOQ  (琉球併合新事實)

2、 http://www.youtube.com/watch?v=kExnIDfjoDY (尖閣史紹介)

3、 http://www.youtube.com/watch?v=BB3AdlfabQ0 (針路簿解説)

八重山日報及びチャンネル櫻も。

http://senkaku.blog.jp/archives/1453579.html

 

日本會議長崎のブログでも紹介されてゐます。

http://ameblo.jp/nkn-jj/entry-11539086637.html

http://ameblo.jp/nkn-jj/entry-11561610566.html

http://ameblo.jp/nkn-jj/entry-11517313839.html

 

 前日の谷内正太郎氏「尖閣の主張の存在を認める」報道につき、菅官房長官が否定談話を出しました。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013070900311

http://18754633dakkan.at.webry.info/201307/article_31.html

 しかし、不充分です。共同通信に對し、事實無根の報道を撤囘せよと要求すべきです。假に谷内發言が事實であれば、谷内氏を罷免する迫力が必要です。

 要人はちょっとした失言で罷免されるのが常です。この重大事で罷免しないやうではいけません。

 

 安倍政權がこれほど弱氣な原因は、尖閣の歴史について自信が無いのではあるまいか。尖閣の歴史を知れば、十二分の自信を持つ筈です。ブレーンの皆樣は尖閣史について勉強不足なのではあるまいか。自信が無いから避けて學ばないのでせうか。

 菅官房長官

  さらに安倍首相は「歴史問題を尖閣に活用するなかれ」と發言しました。

http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070901002269.html

もちろん戰爭關聯の歴史を指すのだと思ひます。まさか尖閣の歴史を指すのではあるまい。尖閣史につき、チャイナ側は虚構と歪曲は有り得ても、歴史を活用することは有り得ません。なぜなら尖閣史でチャイナは480年間にわたり完全にゼロなのです。白紙なのです。本ブログの諸リンクの研究成果をご覽になれば分かります。 

http://senkaku.blog.jp/?p=2
 

 以下は報道の引用です。

http://jp.wsj.com/article/JJ12808602977092043997516826529162717182551.html

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013070900311

http://18754633dakkan.at.webry.info/201307/article_31.html

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、沖縄県の尖閣諸島をめぐり日本が中国に対し「外交問題として扱い、中国による領有権の主張は妨げない」と提案していたとする共同通信の報道について、「外交当局で意思疎通しているが、日本から指摘の提案をした事実はない」と否定した。
その上で、「尖閣諸島はわが国固有の領土であり、現に有効に支配している。解決すべき領有権問題はそもそも存在しない」と語った。(時事通信)

 

 

http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070901002269.html

「尖閣で歴史問題活用と中国を批判 安倍首相がTBS番組で」
安倍晋三首相は9日のTBS番組で、沖縄県・尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す中国をめぐり「中国は尖閣で海洋権益を増やすために歴史認識問題を活用している」と批判した。
歴史認識と外交との関係について「別問題だが、相手はそれを活用する。(歴史認識を外交問題化し)尖閣問題で(日本に)譲歩させようということが起こり得るという現実がある。われわれは妥協するつもりはない」と強調した。
尖閣諸島周辺での中国の海洋活動に関し「力による支配で現状を変えようとしている」と指摘。その上で「ルールによる支配で秩序をつくっていく」と述べ、中国との領有権問題を抱える関係国との連携を強化し、対抗する考えを示した。

 

 

報道を見て、下の意見を首相官邸及び内閣官房・外務省等のネット意見頁から送りました。

何としても動きを阻止せねばなりません。歴史上、初の危機です。

 谷内正太郎

--------------------------------

谷内樣:尖閣の歴史研究結果チャイナ側はゼロなので讓歩を取り消して下さい

報道によれば、谷内氏が尖閣で讓歩してしまったさうです。
しかし尖閣の歴史480年間で、チャイナは完全にゼロなので、
「主張を認める」だけでも駄目です。歴史に大きな傷を殘します。
480年といふ長い歴史を考へて、讓歩を取り消して下さい。急いで下さい。
歴史については下ブログの諸リンクから研究成果をご覽下さい。
http://ishiwi.iza.ne.jp/blog/

以下は共同通信の報道です。

http://www.47news.jp/47topics/e/243277.php

http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070801002069.html

日本「外交問題」として対処 尖閣、中国の領有権主張妨げず

沖縄県・尖閣諸島の領有権をめぐり日中が対立している問題で、日本政府が先月、中国政府に「領土問題の存在は認めないが、外交問題として扱い、中国が領有権を主張することは妨げない」との打開案を提示していたことが8日、分かった。複数の日中関係筋が明らかにした。
昨年9月の尖閣国有化後、「日本が領土問題の存在を認める」ことを首脳会談の条件としてきた中国側に対する「回答」の形だが、“満額”ではないため、受け入れられるかどうかは未知数だ。
打開案は先月訪中した谷内正太郎内閣官房参与が示した。日中関係の障害となっている「外交問題」として扱い、事態の沈静化を図るのが狙い。

 

本日は沖繩慰靈の日。戰歿者ご冥福をお祈りします。
さて新刊「島嶼研究ジャーナル」2-2號
 

http://www.amazon.co.jp/dp/4905285216/

http://www.naigai-group.co.jp/_2013/06/post-22.html

海洋政策研究財團の島嶼資料センター編。内外出版。¥1000圓。

ジャーナル表紙
諸先生の著作とともに拙著
も掲載されてをります。目次は以下の通り。

 

1 論説

○尖閣諸島と日本の領有権(緒論)(その3・完)

尾﨑 重義

 

○元禄竹島一件をめぐって――付、明治十年太政官指令

塚本 

 

○国際条約にみる島の制度(その1)

寺﨑 直通

 

○中国の海洋政策

"海洋強国"目標への軌跡と今後―

竹田 純一

 

2 インサイト

○中国の『釣魚島白書』と領有権の主張

髙井

 

○前導者と記録者、東西二界の間にて―ニューヨークタイムズの邵氏の文に駁す―(嚮導者與執筆者,在東西兩界間~駁紐約時報邵氏文章)

いしゐ のぞむ

 

○中華思想から読み解く島嶼問題―研究事業「東アジア海域の安全保障環境」を振り返って―

秋元 一峰

 

3 島嶼問題コラム

○明の史料にみる海防の東限―尖閣のはるか西に列島線あり―

いしゐ のぞむ

 

○国際判例紹介(3

領土及び海洋紛争事件(ニカラグア対コロンビア)20121119日国際司法裁判所本案判決)

岩石 順子

 

 

 

テレビ朝日
テレビ朝日の報道。講演會でチャイナの研究員が尖閣を棚上げせよと言ったと。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000007322.html

http://www.youtube.com/watch?v=YMPKTCkDJMY

實際は講演會でなく、記者向けの官製座談會。

http://news.xinhuanet.com/zgjx/2013-06/18/c_132464686_2.htm

發言した張蘊嶺といふ研究員はあまり大物ではない。

http://renwu.hexun.com.tw/figure_2460.shtml

出席したのはチャイナ國内及びチャイナの國外宣傳媒體、

及びアメリカ、イギリス、日本(朝日讀賣)、フィンランド、マレーシアの記者。

海外で報じたのはマレーシアのbernamaといふ社と日本だけ。

内容の報じ方に違ひがある。

チャイナ官製媒體は釣魚島に言及せず。通例の發言だから取り上げるまでもなかったのだらう。

http://news.xinhuanet.com/zgjx/2013-06/18/c_132464686.htm

http://tv.people.com.cn/n/2013/0618/c39805-21876148.html

http://v.ifeng.com/news/world/201306/f0674c45-cfde-4bf0-86af-8487ac789f74.shtml

http://www.chinadaily.com.cn/china/2013-05/30/content_16548208.htm

マレーシアも釣魚島を取り上げず。

http://www.bernama.com.my/bernama/v7/ge/newsgeneral.php?id=956693

臺海網といふ臺灣向けのチャイナ御用媒體は釣魚島を取り上げた。

http://www.taihainet.com/news/twnews/bilateral/2013-06-18/1086324.html

そして日本はテレビ朝日が釣魚島だけを取り上げた。

こんな小さなニュースをなぜわざわざ取り上げるのか。極めて疑問だ。

 

尖閣をまもる秘策あり(下) 日本でなく福建の領土問題を論じよう 

                いしゐのぞむ   
              (八重山日報、六月十八日第五面寄稿

 この六月三日の共同通信電によると、「中國國家圖書館」は「釣魚島文獻圖籍録」といふ史料集を編纂出版するさうである。この種の宣傳(せんでんせん)に 多くの日本國民は困惑してゐる。反駁すれば領土問題が存在することになるし、反駁しなければ言はれ放題となる。日本も對抗して四百八十年にわたる尖閣史料 集を出版すれば良いのだらうか、それとも無視すれば良いのだらうか。
實は、徹底的に反駁して且つ日本の領土問題にしない妙方がある。それは尖閣史料を論ぜず、福建の海防史料だけを論じることである。チャイナ領土を論じるのだから、日本の領土問題にならない。

以下はこのリンクの八重山日報ホームページ無料版をご覽下さい。

http://tinyurl.com/fukkenryodo (短縮アドレス)

 崇武古城
紙面全文はshimbun online (有料)の八重山日報をご覽下さい。

http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamanippo0130618.html

 。

 

 

 

八重山日報 六月十六日 第五面 寄稿。

「尖閣をまもる秘策あり(上)  四百八十周年が横取りされる」
--           いしゐのぞむ   
  尖閣は國際公法の上で疑ひなく日本のものだが、實際の防衞のためには世界の支持が必要である。チャイナ側は尖閣の歴史を前面に出してをり、そこに世界の同情も集まりつつある。既倒の狂瀾を返すために、日本は歴史でも完勝せねばならない。いま歴史を弘報するために二つの秘策を披露したい。一つは尖閣四百八十年史上最古の記念日、今一つは福建海防史料集の編纂である。

以下、八重山日報ホームページの原文リンクでご覽下さい。

http://tinyurl.com/480shunen (短縮アドレス)

金門千戸所
紙面全文はshimbun online(有料)でご覽下さい↓

http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamanippo0130616.html

 

こちらのブログに五月二十五日に投稿したのですが、

http://ameblo.jp/81420097/entry-11305328738.html

掲載して頂けなかったので、保存のため自分のブログに載せます。以下投稿の文。

---------------------------------------------------

今晩は。腹立たせて濟みません。
當該記事には新史料だとは書いてありませんし、

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/577043/

http://archive.is/Z8KE9

「四庫全書存目叢書」(莊嚴文化公司)と注記されてますので

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/577043/slideshow/492705/

http://archive.is/DOfKR

 新史料でなく新事實としての位置づけです。

「知ってゐても、尖閣問題とあへて結びつけなかっただけである」
とのことですから、誰も論じなかった新事實であることはお認めですね。
近代以前に領土領界が存在しなかったとのお説には何か學術的根據ありますか。
私の知る限り有りません。ついでに嚴崇は、嚴嵩ですね。
當方のブログをご笑覽下さい。
http://senkaku.blog.jp/archives/1453551.html

石泉山房文集についての見解は下のリンク
http://tinyurl.com/sekisen (短縮アドレス)
http://www.jfss.gr.jp/kiho%20ok/kiho56/17~21%20page.htm
などをご覽下さい。

 産經240717九州切取

 http://archive.is/yOKF6