吉成直樹氏の「琉球王國誕生」第57頁に
對馬の宗氏と沖永良部を結びつける一言がありますね。
倭寇が掠奪した馬を沖永良部で牧畜し、明國に賣り捌いてゐたと。
「永良部世の主由緒」にも名馬を奪ふ下りがあり、馬の文化の島
だったことを示すのでせう。近代の沖永良部産馬といふのがあれば、
對馬の對州馬とDNA比較すれば近縁性が分かるかも知れません。

沖永良部島昔話    岩倉市郎 著    1940 
第218頁「天の庭」(きいちゃ殿の話)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453732/125
 (現代書き換へ)
http://suwa3.web.fc2.com/enkan/minwa/seisin/7_01.html
この民話はまさに倭寇そのもので、沖永良部は馬の大産地だったやうですが、
沖永良部に久志檢(ぐしけん)といふ地名があります。
沖繩西北部の具志堅は馬場であり、首里に近い識名園の識名は
具志堅の主が取り立てられて移住した場所で、
同じく馬場として知られます。


關聯: 

長濱幸男「​宮古馬のルーツを探る」『宮古島市総合博物館紀要』第16号、2012年3月、 1-25​頁。
https://www.city.miyakojima.lg.jp/soshiki/kyouiku/syougaigakusyu/hakubutsukan/files/kiyou16-01.pdf

宮古島市総合博物館紀要 第24号(2020年3月)
    宮古島の牧と沖縄北部のマキ(続)−まきょ(マキ)と牧−/長濱幸男
https://www.city.miyakojima.lg.jp/soshiki/kyouiku/syougaigakusyu/hakubutsukan/kankoubutsu.html
https://www.city.miyakojima.lg.jp/soshiki/kyouiku/syougaigakusyu/hakubutsukan/files/2nagahama.pdf


「九州在来馬の研究」(1) 「トカラ馬について」
林田 重幸, 山内 忠平  日本畜産学会報
1955年 26 巻 4 号 231-236 
(昭和29年調査で沖永良部産馬無し、喜界馬が沖永良部に少數生存。)
https://doi.org/10.2508/chikusan.26.231

喜界馬