女系天皇推進論者の主張「舊宮家復歸は、餘所者の闌入感があるので國民が受け容れない」。これは自己矛盾の主張だ。
 何故なら既に上皇后、皇后、皇嗣妃を完全に餘所者から受け容れてゐるではないか。受け容れられたわけは、ご婦人なるがゆゑである。男が外から皇族になるのを國民は受け容れない。外の男に皇室が乘っ取られるからだ。つまり國民は男系(父系)繼承を前提として、平民の外戚(女系氏族)を受け容れてゐる。
 昭和の前まで、皇后は藤原貴族及び皇別貴族から出てゐたが、前帝上皇陛下から三代連續して平民后妃を納れてゐる。その前提は父系繼承である。現上皇ご自身の壓倒的男系思想の下でこそ、平民后妃が可能となったのである。そこに男女平等思想は無い。左翼の婦人天皇論もまた、ウルトラ男系思想を前提としてゐるのだ。
 英王室のやうに、外戚(所謂女系)も藤原貴族か宮家の貴種であるならば、國民も幾分か受け容れ易いだらうが、それでもハプスブルグ天皇や藤原天皇が現實となれば國民の不滿が俄かに爆發するかも知れない。
 しかし昭和皇室が平民后妃を納れたため、英王室のやうな可能性も消滅した。このまま女系天皇となると皇統消滅に外ならない。即ち、平民皇后から次の女皇が産まれ、その夫はまた平民から皇室に這入る。そして平民の子が次の天皇となる。
 そもそも現代に於いて血統に意義はあるのか。血統は差別だといふ話ならばそもそも皇統は要らない。血統は要らないが象徴天皇だけ要るといふ話ならば、要するに天皇は國民の玩具となる。諸外國との交際の上で何やら高貴めいた天皇がゐると嬉しいな、といふ程度の婦人週刊誌的情緒に過ぎない。
 悠仁殿下に男子が産まれない場合、女子は宮家男子と結婚すれば、皇統は保たれる。つまり昭和以前に貴種を后妃とした傳統に回歸するどころか、奈良時代以前に囘歸するのである。憲法で婚姻は兩姓の合意にのみもとづくが、皇室には適用されない。何故なら皇族の結婚は天皇の裁可を經ねばならず、そもそも憲法を前提としてゐない。
 如上の考察にもとづけば、舊宮家復歸だけが唯一の穩當な方法である。評論家竹田氏は舊宮家の名聲を高めてゐないので、そろそろ廢業して頂くのが良い。







.