「中国から日本に謝謝、ウイルス去ったら日本に応援に行くの声も」  2020年2月6日 16:48  東方新報といふチャイナ系媒體(AFP轉載)。

 2020年02月05日 10時41分 JST「非常に感動した、中国外務省局長、日本からの声援や支援に謝意」 朝日新聞二件。

https://diamond.jp/articles/-/227960
「新型肺炎が猛威をふるう中国で、日本の対応がやたらと称賛される理由」  王青  Diamond Online  2020.2.6 5:20

「10日から始まる春節後。新型ウイルス対応で高まった中国の日本への好感度」
    陳言     Feb. 07, 2020, 05:35 AM

 自分は筋金入りの反日だった・・・だが留学で「思いがけない人生」に=中国
2020年2月6日 9時12分  livedoor 

-------------------

 ここ數日、チャイナ政府及び半官製メディア(含朝日新聞)の親日攻勢が俄かに強まってゐる。異例である。習近平が懸命に日本に行きたがって、指令を出してゐるのではないか。何故なら武漢研究所で研究してゐた蝙蝠コロナウィルスが漏泄した疑惑が噂され、また十二月上旬の發生から月餘も湮敝しながら共産黨幹部だけは十二月中に肺炎情報を得て脱出してゐたとか、色々なことで批判が集まってゐる。長年のファシズムの失策がここに集中して、政權維持は危機的だ。
 ここで訪日がつぶれたら、習近平はメンツ丸つぶれで政權が崩潰する可能性が高まってゐる。だから慌てて指令して役人に親日發言をさせたり、親日記事を連續掲載してゐるのだらうと推測される。記事の著者でなく掲載側が指令を受けてゐるのではないか。
 習近平がそれだけ懸命だとなると、日本は何が何でも習近平訪日を阻止すべきである。日本人が友好攻勢に弱いことを、チャイナ側はよく知ってゐる。前天皇(現上皇)陛下のチャイナ訪問もそんな一環として利用された。肺炎もまたファシズムに利用される。

 この一月まで訪日反對の運動に對して、私は疑問を感じてゐたが、
http://senkaku.blog.jp/2020011581955207.html
しかし今から轉換したい。私は習近平訪日に反對する。

武漢石正麗蝙蝠2018上海


------------------------
ついでながら、華春瑩は一月三日からアメリカに武漢肺炎について通報してゐたと、二月三日にうっかり曝露したとのこと。
 石平氏が語ってゐるので、初耳と思ってインターネットを見ると、臺灣香港等では報じられてゐるが、日本では皆無だ。日本のマスコミどうなってるのか。

 武漢肺炎/北京當局鬆口1月3日早通報美國疫情 國人卻被蒙在鼓裡 02月04日, 2020




----------------------

 さらについでながら、漏泄疑惑を議論する以前に事實檢證は簡單だ。武漢ウイルス研究所が、研究試料の蝙蝠コロナウイルスなどの遺傳情報を全部公開すれば、武漢肺炎と同一か否かすぐ分かる。日本政府は武漢研究所に公開させるやう、抗議聲明を出すべきだ。まあチャイナは公開しないだらうが、抗議することに意義がある。
 下記の大紀元記事の中でも研究者石正麗の試料を全部提出させるべきだとか書いてゐるが、まさにそれだ。といっても既に慌てて破棄したかも知れないが。

蝙蝠コロナウイルス研究 

https://www.epochtimes.com/b5/20/2/4/n11844639.htm


武漢石正麗蝙蝠2018上海


 香港の討論番組。
https://www.youtube.com/watch?v=1qmttAqaG8o