武漢臨時大量病床1
 上はまづ、急造病棟でなく、級別の低い人々の病棟。二月五日である。
以下は、一月二十五日の朝投稿。

-----------------
西村幸祐 @kohyu1952
この光景を見て病院の建設だと思う人は世界中にいない。それが普通の感覚だ。だが、これは超特急の大規模な土木工事だと思う人は多いはず。巨大な穴を掘っていると考える人は古代からのシナの歴史に詳しい人だ。収容所建設と考える人は文革や以前のサーズ騒動を知っている人だ

afp武漢急造病棟

 西村幸祐氏の至言に、俄かに宵夢が醒める。私がかつて住んだチャイナではこんなのが普通の感覺だったことを、少し忘れてゐた。この急造病棟に這入るのはどんな患者か。當然ながら選別される。チャイナ人民共和國では昔から病院に等級があり、黨幹部(大金持ち)らは立派な建物の特級病院に這入り、次の水準は一級病院。何級まであるか私も考へたことは無いが、無産階級は貧相な作りの建物の普通級病棟に這入る。普通級では廊下まで人が横たはったり寢たりしてゐる。昔からずっとその區別が當り前だ。今漏れ來る武漢のツイッター映像でも廊下に人が溢れる。いつか見た光景だ。
 ここで急造される太閤一夜城には、特級や一級の人々を入れる筈が無い。重篤な瀕死の普通級患者だけ集められるだらう。輸入の先進的醫療設備が急造で間に合ふ筈がない。つまり隔離病棟、事實上の死亡收容所だ。
 噂では人體實驗室が武漢にあるため、ウィルスが漏泄したのだらうとも言はれる。眞僞のほどは分からないが、あの國ではいかにもやりさうなことだ。そんなものは人體實驗と呼ばず、美名として自願試驗などと呼ばれる。ファシズムでは當り前のことだ。……と思ったら武漢に最高度危險ウイルス實驗室があることは、新華社が早くから自慢してゐた(下方リンク)。
 そもそもチャイナのファシズムは近年習近平が始めたことではなく、七十年間續いて來たことだ。今になって騷いでゐるのは、ファシズムが成功に近づいて、先進國にまで輸出され始めたからだ。國賓招聘もファシズム輸出の輝かしき成功例となるだらう。
 チャイナも蘇聯もナチスも、どれも社會主義でよく似てゐる。マルクスだか共産主義だか何だか知らないが、要するに狂氣の社會實驗家の空想を、大規模に實施してみたそれぞれの形態といふだけのことだ。チャイナは社會主義なのか資本主義なのかと分類を議論するのは愚かだ。
 ナチスの全盛期、人々の日常は悦びに滿ちてゐただらう。全ての建設が超速で進み、指導者の聲望は日々高まる。約三割の人々の痛苦と呻吟をよそに、幸ひに難を免れた人々は歡呼する。
 文革はまだ終ってないよと私は日頃から言ってゐたが、文革だけではない、革命以來のファシズムはまだ終ってないよ。革命尚ほ未だ終結せず、奴婢なほすべからく努力せよ。
-----------
一月二十五日夜追記。
 武漢封鎖は、脆弱な民主主義政府にはできない藝當である。今度の肺炎だけでなく、「チャイナ政府が強權統治してくれるので助かる」といふ説は從前から往々にして聞かれる。私はその説を否定するつもりはない。ファシズムを輸出さへしなければ問題は大きくならないとも言へる。

新華社「中國首個P4實驗室正式運行。可研究世界上最危險病原體」2018-01-05 11:02:53

武漢國家生物安全(四級)實驗室(以下簡稱“武漢P4實驗室”)2015年成立於武漢市,中國的科研工作者可以在自己的實驗室裡研究世界上最危險的病原體與戰略病毒。


"China built a lab to study SARS and Ebola in Wuhan - and US biosafety experts warned in 2017 that a virus could 'escape' the facility that's become key in fighting the outbreak"
    --The Wuhan National Biosafety Laboratory is the only lab in China designated for studying dangerous pathogens like SARS and Ebola
    --Ahead of its January 2018 opening, biosafety experts and scientists from the US expressed concerns that a virus could escape the lab
    --In 2004, a SARS virus 'leaked' from a lab in Beijing
    --Experts say the coronavirus that's infected more than 800 people mutated in animals and became capable of infecting humans at the Wuhan seafood market
    --But a 2017 article warned of the unpredictability of lab animals that scientists at the Wuhan lab intended to inject with viruses
   By Natalie Rahhal Acting Us Health Editor   Published: 22:08 GMT, 23 January 2020 | Updated: 02:14 GMT, 24 January 2020


https://www.nature.com/news/inside-the-chinese-lab-poised-to-study-world-s-most-dangerous-pathogens-1.21487
Nature | News  "Inside the Chinese lab poised to study world's most dangerous pathogens" 
  Maximum-security biolab is part of plan to build network of BSL-4 facilities across China.    David Cyranoski
22 February 2017 Updated:    23 February 2017
 Wuhan, China


ゲイツ夫婦、SXSWで人類最大の脅威は“バイオテロ”と語る


二月三日附記。急造病院が完成した。




おや。プレハブながら病室に診療機器も入れてゐるではないか。普通級よりも良いのではないか。判定は暫時保留。
-------------------
二月五日附記。
上記急造病棟は矢張り普通級ではなかったやうだ。高級であった。だから宣傳してゐたのだな。以下の寫眞が普通級。いや普通級はこれよりも下で、そもそもこの體育館に入れてもらへないのではないか。
武漢臨時大量病床1

武漢臨時大量病床2

二月八日附記。
 この體育館は賓館(ホテル)と呼ばれてゐる。藥も無く、注射も無く、診療も無く、トイレは屋外二百メートル先に一か所を共用だと、報導にも市民映像にも出てゐる。浴室は聞かないが、多分無いだらう。このやうな體育館ホテルが武漢に十一か所ださうだ。ただ感染者を集めておく。隔離收容所といふほど立派なものですらない。地震の際の緊急避難所としてならば中々立派かも知れないが、私にとっても他人事(ひとごと)だから、その區別にまで考へが及ばない。急造病院は高級で、體育館ホテルが普通級だといふのは、あの國の國情を少し考へれば當り前だった。
 そしてこの體育館ホテルに如何にして患者を集めるか。どうも患者はここに來たくないらしい。それも私には他人事なので思ひ及ばなかった。來たくない患者を、病人狩りで連れ込むらしい。下が病人狩りの映像だ。ここ數日、病人狩りの映像が増えてゐる。病人捕獲運動が全國で始まったのださうだ。病人檢舉も獎勵されてゐる。他省では病人でなくとも湖北人は全部捕獲對象だ。多分體育館ホテルが開設されたから、病人狩りが始まったのだらう。開設前は、患者が溢れてむしろ病人追放、病人抛置だったのが、ここに來て病人狩りに轉換した。だから自動小銃を持って防護服を着用した軍人が動員されてゐるのだった。つまりチャイナ基準で言へば、状況は改善してゐるのだ。愚かな私はそこまで分かってゐなかった。

抓捕武漢人,聞鄂色變:







抓捕病人:


https://twitter.com/Robin352494828/status/1224825927613288448

https://twitter.com/COOOTV/status/1224180668671778816


下は一見すると靜かな映像だが、救急車でも貨車でもなく、箱である。そして映像末尾に絶叫。箱の中で強制脱衣、強制檢査でも始めたのだらうか。

逃げた患者は死刑に處すると新法を定めたさうだ。チャイナの新聞で堂々と報じられてゐる。
https://twitter.com/Lee93184179/status/1225228884502646784

いやまさしく、私の知る三十年前のチャイナそのものだ。思ひ出した。
.



 下はごみ燒却など色々。