私は嫌韓ではありませんが、常識的には日章旗は誰でも使って良いわけぢゃない筈で、高野聯よりも上の何らかの文部省とかの管轄下で日章旗を使はせてもらってるのですよね。勝手に許可なく「日本代表です」と自稱してるんぢゃありませんね。だとすれば、好き勝手に使ひたいときだけ使って、使ひたくない時に日章旗を取り下げるとかは許されないんぢゃありませんか。少なくとも常識的にはさうなります。文部省から指導を入れるべきですね。
 そして、ここで日章旗を背負ふことこそ絶大な教育的意義でせう。一度公式に日章旗を背負ったら、決まった期間は決まりの通りに日章旗を守りぬく。相手によって變へたりしない。以後も世界各地で戰ったり、野球をやめて後も世界で生きぬく。まさにその入り口の絶好の教育です。
 尖閣諸島も同じです。日本の領土であると明治二十八年に定めた以上、日章旗と同じく守りぬく。できれば、尖閣は何故日本なのか、500年の歴史を教育すべきですし、日章旗は何を象徴してゐるのかも教育すべきです。
 五大文明のユーラシアの最東端に日本がある。だから日章旗です。時差の計算をするとき、日本が一番先に太陽が昇る。倫敦と八時間差ならば、日本が八時間早い。主要國のどこよりも早い。それがユーラシア最東端といふ歴史的意義です。メソポタミア文明が最後に到達した偏隅の悲しい日本、それでも負けなかった日本、さういふ歴史の象徴が日章旗です。

高校野球日章旗

以下報導。
日の丸があしらわれたユニホームは、彼らにとって日本代表の誇りそのもの。
ユニホームだけでなく、移動などで着用するポロシャツにも日の丸があしらわれていたが、日本高校野球連盟は日韓関係の悪化を受けての安全面を考慮し、日の丸のついていないポロシャツを着用することに。「政治とスポーツは別」だが…
 日本高校野球連盟 竹中雅彦事務局長;「こういった情勢なので、日本というのを前面に押し出すのはやめたほうがいいのでは。スポーツと政治は別だと思うが、配慮できるところはした方が。」