チャイナで古典文明は滅んだ。その一つ、「七種菜羹」。日本にだけ繼承されてゐる。

 一月七日を人日という。『荊楚歳時記』の人日の項には
「正月七日為人日」【一月七日を人の日とする】
として以下に、
以七種菜為羹、翦綵為人、
或鏤金簿為人、以貼屏風。
亦戴之頭鬢、又造華勝以相遺、登高賦詩」
【七草で羹を作り、綾絹を切って人の形を作り、金箔を貼って飾る。また髪飾りを作って互いに贈答し合ったり、高いところに登って詩を詠んだりする】
とある。登高といえば九月を考えるが、同じ登高でも春は家族や気の合う友人が、高いところに集って清遊を楽しむという、いわば踏青とかピクニックのようなもので、秋の登高とは起源や意義を異にする。

http://fukushima-net.com/sites/meigen/63
四字熟語・故事成語【七種菜羹】 しちしゅさいこう
 七種類の野菜の汁物を表わす四字熟語です。「七草がゆ」または「七種がゆ」のことです。
 中国で1月7日のことを「人日(ジンジツ)」と呼んで、その年の運勢を占っていました。同時に、七種類の野菜の羹(あつもの:スープ)を食べて無病を祈る風習もありました。これが「七種菜羹(しちしゅさいこう)」の始まりでした。
 七草の行事そのものは古くから日本にもありまして、平安時代頃は1月15日に行われていたそうです。 その時の七草は諸説ありますが、米・粟(あわ)・黍(きび)・稗(ひえ)・蓑米(みのごめ)・胡麻(ごま)・小豆(あずき)だったようです。
 その後「春の七草」として、芹(せり)・薺(なずな:ペンペン草)・御形(ごぎょう:母子草)・繁縷(はこべら:はこべ)・仏の座(ほとけのざ:田平子)・菘(すずな:かぶ)・蘿蔔(すずしろ:大根)となりまして、1月7日の朝 七草の入った粥を食べるようになりました。 これを食べると、邪気を払い万病を除くと言われ、現在では全国的なものになっているようです。 御節料理で疲れた胃を休めるのに丁度いいですよね。
 室町時代の初め頃、四辻善成(よつつじのよしなり)が「源氏物語」の注釈書『河海抄(かかいしょう)』二十巻を著しました。その第十三巻の「若菜」の注釈のなかで、いまの七草のことを記述しているのが、「春の七草」の初見とされています。
 誰が作ったかは不明ですが「春の七草」を読み込んだ短歌があります、
「芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種(ななくさ)」。

八重樫 一 (やえがし・はじめ)
【プロフィルと自己紹介】
・1943年3月1日生まれ、北海道大学工学部卒業
・2001年に漢字検定1級合格。以来、
・2014年の検定まで30回合格
・2014年 漢字教育士 資格取得。
 白川静記念/東洋文字文化研究所:認定
・福島県漢字同好会会長
・NHK文化センター郡山教室「知ってなっとく漢字塾」講師
・福島中央テレビ/ゴジてれChuの「知ってイイ漢字」出演中
・女性のための生活情報紙「リビング郡山」の
「か・ん・じ(漢字)」コラム連載中
・趣味は、中国古典(論語、史記、諸子百家など)、写真、俳句、純米酒



七草