鳥取の青谷上寺地遺跡は、純粹彌生人ミトコンドリア(母系)の骸骨ばかり出土する特殊性で知られる。ところがその青谷の骸骨の核DNAのY染色體男系遺傳子は繩文が多いといふ可能性が報じられてゐる。篠田謙一教授。まだ研究が始まったばかりだ。もしこの方向性が濃厚になると、一萬五千年の繩文文明を守るのが男系だといふ話になる。
 皇室も、歴史的に見てほぼ全面的彌生人だと考へられるが、實は皇室のY染色體は繩文人なのかも知れぬ、といふ話になる。科學は日進月歩、一時の淺智慧で皇室を女系(=別系。例として藤原朝)に入れ替へてはならぬ、といふ噂が本當になるかも知れない。

平成31年3月3日、毎日新聞。
「弥生人、母系は渡来系、父系は縄文系か DNA分析で判明」
 国史跡・青谷上寺地(かみじち)遺跡(鳥取市)で出土した弥生時代の大量の人骨=2世紀ごろ=のDNA分析の中間報告会が2日、同市のとりぎん文化会館であった。国立科学博物館の篠田謙一副館長が、まだ途中段階で不確かだと断った上で「(人骨の)父系の遺伝子は縄文系に近いグループ」に多くが位置付けられると説明した。父系の遺伝情報が分かる「核ゲノム」分析の成果。全国初となる弥生時代の人骨の本格的なDNA分析だけに、約430人が興味深そうに耳を傾けた。昨年11月の初回の報告会では、母系の遺伝情報が分かる「ミトコンドリアDNA」の分析により、人骨の大半は朝鮮半島や中国大陸などからの“渡来系”が多いとされていた。
 当時の青谷地域では多様な遺伝グループが存在したと考えられ、日本人の起源の分析につながる可能性もあるという。今後はDNA分析を進めて各個体の特徴を調べる方針。【園部仁史】

 平成31年4月5日、産經。
「核DNAは30億からなるため解析には時間がかかり、解析結果が公表されたのは今年3月だった。サンプルとして選んだ6人分の人骨について核DNAを解析し、4人からY染色体の塩基配列データが得られた。そのハプログループは大半の3人が縄文系だった。ミトコンドリアDNAの解析から母系は渡来系のハプログループが大多数だったのに対し、核DNAのY染色体の解析から父系は縄文系が多いという結果に。」


山陰中央新報。平成31年3月4日。
新たに父系の核DNAの分析結果について説明。父系も渡来系に偏ると想定して4個体のY染色体を分析したところ、3個体が縄文系で、渡来系は1個体だったとした。篠田副館長は「大陸系に偏ると思っていたが、そう単純なことではなかった」と述べた。


 鳥取縣による公式發表。平成31年3月2日の篠田教授らの講演を、3月15日に掲載したもの。「報告事項セ」。曰く、「男性4体のY染色体DNAが得られた。父系については3体が縄文系、1体は渡来系。」
https://www.pref.tottori.lg.jp/282754.htm

 事前預告と當日寫眞と散らしはこちら。
 第3回とっとり弥生の王国シンポジウム「倭人の真実 DNA・年代・環境 先端研究からのアプローチ」
1 テーマ 「倭人の真実 DNA・年代・環境 先端研究からのアプローチ」
2 主催   鳥取県埋蔵文化財センター
3 日時   平成31年3月2日(土)午後0時50分~午後4時30分
4 会場   とりぎん文化会館小ホール(鳥取市尚徳町101番地5)
5 内容
(1)記念講演1「DNAが語る青谷の弥生人」
 篠田謙一(国立科学博物館副館長・人類研究部長)
篠田謙一鳥取縣散らし青谷上寺地繩文1
篠田謙一鳥取縣散らし青谷上寺地繩文2
篠田謙一鳥取縣講演310302青谷上寺地繩文1
篠田謙一毎日新聞青谷上寺地繩文

男系の皇統と尖閣古史 西村幸祐『日本人に「憲法」は要らない』

 平成31年3月3日、NHKニュース。1:00から繩文。但し繩文が男系だといふ點を報じてゐない。肝心な處を報導しない自由といふわけだ。


 NHKサイエンスゼロ「弥生人のDNAで迫る日本人成立の謎(後半)」
 平成30年末の放送。7分から、繩文遺傳子。この番組ではまだ繩文が男系だとは言ってゐない。

-----------------------------
 つまり、彌生人だらけの青谷上寺地遺跡ですら、男系(の男女)は繩文だった。女が自力で渡來するとは考へにくいから、慣習として日本に運ばれて嫁入りして來たといふことになるだらうか。だとすると前提として、お嫁さんの供給元、即ち日本の覇權下、任那日本府のやうな場所が想定される。
 或は渡來する前から男女を問はず繩文Y染色體を持ってゐたとすれば、矢張り任那日本府附近から渡來したといふことになる。そして青谷のミトコンドリア彌生遺傳子はアジア各地から青谷に渡來したのではなく、任那で娶ったお嫁さんが既に新モンゴロイドの多元的混血だったといふことになる。
 なほ、古モンゴロイドが東ユーラシア全域を覆ってゐた時代の遺骨が青谷遺骨だといふ可能性は無い。それは時代を遡りすぎる。
 要するに、日本全體も青谷のやうに、男系によって繩文文明が守られて來たといふ可能性が出て來る。一見彌生顔だからとて、侮れない。皇室が天孫降臨の彌生系なら、わづか2600年あまりに過ぎない。皇室が出雲蝦夷熊襲を含む繩文系なら15,000年。全く異なる日本像、異なる國柄、異なる國體、異なるくにのかたち、となる。


關聯ブログ


一方、オウムの中澤新一氏がトンデモなことを書いてゐるらしい。
中沢新一「アースダイバー:二十一世紀の森の天皇」
女性天皇の誕生をもって、明治天皇にはじまる近代天皇制は、終わりをむかえる。そのとき北方ツングース的な男系原理にかわって、南方的・縄文的な双系原理が皇室の中によみがえり、文明開化や八紘一宇や経済大国などをみずから否定してのりこえていく、新しい『森の天皇』の生き方を象徴するものとなる。 



.