「シルクロードは、チャイナの絹の先進性に歐洲人が驚いた道だ」
そんな俗説を高校の授業で聞かされた人は多い。
しかし基本的にシルクロードは西方の文明を
チャイナ日本に齎した道であって、逆方向は量的に
極めて少ない。絹と磁器と改良パピルスだけしかない。
東から西へといふ一帶一路は大嘘である。

しかもその絹にしても、絶對的に東方が良質だったわけではない。
『三國志』に引く「魏略・西戎傳・大秦國」に曰く、
「有織成細布、言用水羊毳、名曰海西布。
亦用木皮或野繭絲作、
織成氍毹・毾㲪・罽帳之屬皆好、
其色又鮮於海東諸國所作也。」
(細布を織成する有り、水羊の毳を用ゐると言ひ、
名を海西布と曰ふ。亦た木皮或は野繭絲を用ゐて作り、
氍毹(くしゅ)・毾㲪(たふとう)・罽帳の屬を織成すること皆なよし、
その色また海東諸國の作る所よりも鮮やかなり)

この「海西布」は毛織物が基本だが、
「野繭絲」(やけんし)即ち野生のまゆの絹絲でも作られてゐた。
毾㲪は、ウィキペディアによれば波斯古語「taaftan」(縒り絲)ださうだ。
海東・海西の海とは、勿論東支那海ではなく、西アジアの何らかの海である。

注目すべきは、色が東方諸國よりも鮮やかだったのである。
東洋は、波斯大帝國に負けてゐた。その出土實例が、
ウルムチ博物館に藏せられてゐる。漢代の馬人と武士像。
パキスタンに近いホータン(于闐、うでん)の現洛浦縣の出土。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/archive/0/0b/20121220220040%21UrumqiWarrior.jpg
UrumqiWarrior2

UrumqiWarrior
ホータン人頭馬身と武人

http://www.sohu.com/a/211879143_100013415
http://news.sina.com.cn/c/2017-12-02/doc-ifyphtze3491653.shtml
上半の人首馬身ケンタウロスはただの裝飾だが、
下半の武士(兵士、戰士、武人)像の鮮やかさ。
深目高鼻、實に驚くべき高水準である。
ガンダーラ佛像に髣髴たる寫實性で、
漢魏にこの水準の美術は存在しなかった。
まさしく「海東諸國の作る所よりも鮮やかなり」。
東洋人は驚倒しただらう。
これより遙かに古いツタンカーメン黄金面具は、
かかる高度な文明ゆゑに出現した。
とてもとても、チャイナの希冀し得る水準ではなかったのだ。

ついでながら、漢文古書の西域傳に頻出する
「烏弋山離」(アレクサンドリア)の漢字音について。
烏は古音「あ」である。嗚呼(a ha、ああ、今音をこ)からも分かる。
烏の鳴き聲を模する。古音「あ」から「を」に轉じたので、
新たに鴉(あ)といふ字が生まれた。

「弋」(よく)は遊弋で馴染みだ。
式と同源の音であり、古音はrik乃至dik。
所謂三十字母の喩母字である。d,r,yと變化した。
喩母の羊・陽・姚・驛などが詳・場・兆・擇などと諧聲
であることからも分かる通り、舌音・齒音のs,z,t等に轉じ易い。

よって烏弋山離は「a rik san li」(アレクサンドリア)である。
略して烏弋國。
「那先比丘經」(ミリンダ王の問ひ)では「阿荔散」(あれいさん)に作る。