英国内の主要な日本研究図書館はこちら から。
http://www.jlgweb.org.uk/union_cat.html

駐英大使館に広報文化センター図書館があるのですね。これは尖閣500年史の研究を寄贈せねばいけません。喧嘩するやうな内容でなく、日本の壯大にして悠久なる歴史ですから。
駐英大使館圖書館

------------------
https://ci.nii.ac.jp/library/FA026948
http://www.uk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/embassy.html
駐英大使館、広報文化センター図書館

広報文化センター図書館は、英国において日本の社会、文化に対する理解の促進を目的に設立された、どなたでもご利用頂ける施設です。
入館には身分証明書(パスポート,運転免許証等)をお持ち下さい。
開館時間

9:30-12:45、14:00-17:30 (大使館休館日を除く月曜日―金曜日)

各種行事及び図書整理のため開館日、開館時間が変更になる場合があります。 事前にご確認ください。
電話番号:020 7465 6541   info@ld.mofa.go.jp
蔵書内容

日英史、社会、文化関連書籍 約3800冊(英語、日本語)
外務省を中心とする政府発行の海外向け広報資料
朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、
朝日新聞 縮刷版1986˜/ Japan Times 縮刷版1980˜
定期刊行物
    

当館の蔵書は下記の国立情報学研究所/目録所在情報サービス(CiNiiBooks)のサイトから検索できます。National Institute of Informatics (CiNii) website

視聴覚ブース

DVD / ビデオ デッキ :日本紹介DVD(英語のみ)
貸し出し

どなたでも無料で図書の貸し出しをいたします。(5冊まで、2週間)
その際、現住所を証明できるもの(住所が記載されている電気、水道等の公金領収書)と共に現在所属されている団体の(学生であれば、担当教諭の)紹介状を提示し、当館のフォームに必要事項を記載していただきます。

恐縮ながらコピーサービスはご利用頂けません。