中国軍の無人偵察機か、空自緊急発進…尖閣北方

 防衛省は18日、尖閣諸島(沖縄県)周辺の上空で今月10日午後に中国軍の無人偵察機とみられる航空機が飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。

 領空侵犯はなかった。日本周辺空域で国籍不明の無人機が確認され、空自機がスクランブルしたのは2013年9月以来2回目で、同省で警戒を強めている。

 発表によると、確認されたのは、中国が開発した無人偵察機「BZK―005」とみられる航空機1機。尖閣諸島(沖縄県)北方約160キロの日本の防空識別圏を南下しているのを、空自のレーダーが捉えた。空自機がスクランブルすると、同機は向きを変えて北上した。

2018年04月18日 22時22分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180418-OYT1T50103.html

300418無人機防衛省提供

 以上の讀賣記事の通り、日本の防衞は完璧である。日本は情報戰だけ完敗してゐる。悠久の歴史にもとづき、明日から尖閣上陸演習を行なひ、無期限とすべきである。合法的日常活動なので、探知されるまで公開しなくて良い。アメリカは瞬時に探知するだらう。チャイナは衞星で探知するまで數日かかるか。
 チャイナ船舶(官・民)は尖閣領海まで少しばかり侵犯するが、無人機は遙か遠方ですぐに逃げる。何故なら自衞隊は無人機をすぐに撃墜できるからだ。船舶を撃沈するには輿論の壓力がかかるので難しい。チャイナは輿論を利用してゐるに過ぎないことが、無人有人の差により分かる。

關聯:

https://jp.reuters.com/article/china-defense-idJPKBN1HP220
http://www.sankei.com/photo/daily/news/180418/dly1804180022-n1.html
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN1HP21Z.html

尖閣常駐の絶好機到來 賞味期限は四月中旬まで  
http://senkaku.blog.jp/2018031075278531.html

自衞隊周邊から毎度毎度出で來る。尖閣相互主義の嘘 
http://senkaku.blog.jp/2018020474791195.html

日本の先制を待つチャイナ 自衞隊常駐で問題は雲散霧消する 鍵は歴史だ
http://senkaku.blog.jp/2016071663528871.html

チャイナのドローンは尖閣に接近できず。常駐のためには悠久の歴史  
http://senkaku.blog.jp/2017091872662441.html

「五百年の尖閣史を棄てた合意文書――公約違反を赦すなかれ」
http://senkaku.blog.jp/archives/19452704.html

自民の高村氏が五年前の總裁選での尖閣談合を曝露 
http://senkaku.blog.jp/2017100272900140.html

尖閣防衞のウソ 箇條書き保存版 
http://senkaku.blog.jp/2016081565003071.html

尖閣から逃げるチャイナ海警船 仲間均議員と電話
http://senkaku.blog.jp/2017100272900425.html

チャイナには尖閣を取る軍事力は無い。  
https://www.youtube.com/watch?v=M24lhDckq6k#t=10m9s

周恩來が尖閣不干渉を宣言 事實を廣めてデマを阻止せよ 
http://senkaku.blog.jp/2017123174304105.html

「尖閣をめぐる米中合意」
http://senkaku.blog.jp/2017123074291313.html

尖閣防衞のために護憲せよ。 安倍首相は最もよく分かってゐる
http://senkaku.blog.jp/2017101373092405.html