沖繩の歴史は日本ではないといふ誤った言説が教科書にまで採用されてゐる。
 そもそも日本はある日突然生まれたのでなく、次第次第に形成されたのであって、沖繩だけが日本の外だったのではない。神武東征の傳説(近畿)、日本武尊の南征(熊襲)と東征(靜岡・關東)の傳説、坂上田村磨(奧州)、琉球(慶長十四年正式統合)、北海道(松前藩が正式統合)、とひろがった。

 日本だけではない。國家といふ制度は約五千年前にメソポタミアで生まれ、東西に擴散した。黄河流域では約三千七百年前に國家が生まれた。五大文明中で黄河とギリシャが遲い。メソポタミアから遠かったからだらう。國家といふ制度は人類十五萬年史の中で比較的に新しい。次第次第に發展した。日本だけではない。
 しかし驚くべきは北海道から與那國に至る繩文文化の統一性の高さだ。最近の遺傳子研究により證明される趨勢らしい。世界中で日本よりも廣域に統一性の見られる文化は、疑ふらく印歐語族だけだらう。勿論日本の統一性の中の多樣性を否定してはいけない。逆に共通度が高いからこそ、「我々の文化」として内部的多樣性を大切にしたい。
 一方、チャイナの長江文明は、漢字以前には黄河流域と全く異なる系統の文化だった。長江以南はチャイナの殖民地である。だから臺灣香港などで今でも反チャイナ運動が盛んだ。

 日本領土形成史を教科書で記述すべきだ。琉球だけを特殊な外國扱ひで差別せず、他の領土形成史と平等に扱ふ。一度でも外國の統治下になったのは長崎ポルトガル領だけであり、他の國土は全て固有の領土であることを正しく記述する。琉球と同じく日本各地の文化にも平等に言及する。

勅使河原彰縄文時代ガイドブック2013
 圖は勅使河原彰『縄文時代ガイドブック』2013より