福島香織女史論説
南シナ海仲裁判決、中国の「次の一手」に備えよ 「判決無視」を許せば、世界は暴走を止める術を失う
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/071800056/

下方にコメントしました。
------------------
 危機を解決する唯一の有効手は武力でチャイナの侵略を排除することだが、日米ともその氣配は無い。何故武力行使に出られないのか。それは日米右翼左翼全國民の九割の強い支持が無いからだ。何故九割に屆かないのか。それは何となく歴史的にはチャイナに理があるとの印象を人々が抱いてゐるからだ。
 今度の判決でも歴史の具體的虚構を暴かず、ただ歴史は法的に無効だとするばかりだった。贋物は贋物だと明らかにせねば勝てない。
 例としてチャイナが二千年前と稱する古書「異物志」の原文には「外國船が南海島嶼航行を試みた」と書いてある(參照:石井望「南沙自古在界外」、『天下雜誌獨立評論』2016-06-27電子版)。
http://senkaku.blog.jp/2016070362768480.html
 今度の判決で唯一論及された『元史』所載の黄岩島に於ける天文觀測も、同じ『元史』に觀測地點はベトナムだと書いてある(參照:石井望「仲裁庭不反駁元國測緯之説」、『風傳媒』2016-07-24電子版)。
http://senkaku.blog.jp/2016091565883977.html
 これら歴史の嘘を百パーセント暴かない限り、チャイナにも少しばかり理がありさうに見えて、亂暴な武力に訴へるには氣が引けてしまふ。今、近代以前の歴史戰こそが鍵を握る。二千年の歴史戰は文明戰そのものだ。考へて頂きたい。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/071800056/?ST=viewcomment
掲載されました。


Nemi羅馬船wikipedia
  ▲カリギュラの鐵甲船模型。ウィキペディアより。
.