西部邁 矢吹晉
長い長い尖閣の歴史を無視して話が盛り上がる二人。實に醜惡な日本人像である。現代の枝葉末節がそんなに面白いか。
https://www.youtube.com/watch?v=UTsqahJHeNE




矢吹晉氏の著書『尖閣問題の核心』は、歴史を無視するのみならず、所説は全て核心から外れてゐる。第二百二十九頁では、尖閣に先住民がゐたかの如く述べる。尖閣の遙かに西方の臺灣海峽から早くも琉球人が水路案内をしてゐたことは、完全に無視されてゐる。いやそもそも尖閣史など勉強したことは無いだらう。研究者ではない。ただの煽動屋である。