米国の空母打撃群派遣を中国は間違いなく逆手に取る
“大義名分”を振りかざして南シナ海を軍事拠点化
2016.3.10(木) 北村 淳
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46287?page=4

北村氏の評論は常に尖鋭的だが、今日のこの文章だけはあまり中身が無い。チャイナが逆手に取るのは常態であって、それに對して日米はどう對處すべきかといふ展望が述べられてゐない。唯一末尾に曰く、
「今、アメリカ(そして日本)にとって必要なのは、新機軸の対中封じ込め戦略である。」
と。これだけである。
 素人の私から見れば、南支那海の滑走路をアメリカが爆撃破壞する以外に勝ち目は無い。チャイナがみづから軍事施設を撤去する筈が無いからだ。

北村淳