bureau-des-longitudes-paris-france




八重山日報 連載「歐洲史料 尖閣獺祭録」第五囘。一月二十八日

フランス官製年鑑の人文的分類 尖閣は太平洋 チャイナはアジア ~~西暦千八百年 經度局『星候須知』(フランス)

  ▼圖11。
圖11_長崎1800年Connaissance des temps


1800年Connaissance des temps尖閣
  ▲圖12。


 ラペルーズ紀行には尖閣の經緯度が記載された(連載第三囘)。その出版から三年後、西暦千八百年至千八百一年(フランス共和暦九年)にフランスの經度局(けいどきょく)が刊行した官製年鑑『星候須知』(せいこうしゅち)の經緯度表には、早くも尖閣の經緯度が載る。
 まづ分かり易いのは、南京(Nankin、圖11)・淮安・崇明・澳門・上海等をChine(支那)と注記する。尖閣にもChineと注記するに足る空白は充分に有るが、注記しない(圖12)。尖閣はチャイナ外となってゐる。
 この書の經緯度表の地域分類として、「アジア及び附屬島嶼」(圖11)と「太平洋及び南海」(圖12)とがあり、長崎・南京・寧波・能登・北京・上海・カントン・マカオなどはアジアに配屬(はいぞく)されてゐる。日本が太平洋でなくアジア附屬島嶼となってゐるのは、自然地理的分類でなく、人文地理的分類である。
 一方で尖閣及びタバコシマは、アジアでなく太平洋に配屬される。人文地理的に「チャイナ外」と看做(みな)されたためである。日本がアジアに、尖閣が太平洋にといふ對(たい)照は、尖閣が無主地として扱はれたことを示………以下全文は八重山日報連載「歐洲史料尖閣獺祭録」第五囘(一月二十八日)でご覽下さい。
第五囘までの掲載日は、
第一囘、一月十四日木曜、
第二囘、一月十六日(土曜)、
第三囘、一月二十一日木曜、
第四囘、一月二十六日火曜
第五囘、一月二十八日木曜
です。新聞オンラインのバックナンバーからお搜し下さい。
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html


關聯リンク:
http://senkaku.blog.jp/archives/45813928.html