301027_AJER西村講演

Channel AJER 西村幸祐講演会
「平成日本の敗北と全体主義の襲撃」
https://www.facebook.com/events/1949520428416740/
 <特別ゲスト>
石井望  
岩田英哉(安部公房研究家/「もぐら通信」発行・編集人)
●日時 2018年10月27日(土曜日) 開場13時30分 開演14時
●場所 ナレッジソサエティ セミナールーム
    千代田区九段南1-5-6りそな銀行九段ビル 5階
    https://www.k-society.com/access/
●定員 60名
●会費 一般¥3,000 AJERプレミアム会員¥1,500
※事前申し込みが必要です。
---------
申し込みは上記フェイスブックもしくはチャンネルajerの電子メール
もしくは私の電子メール:
ishiwi@n-junshin.ac.jp
もしくは私の電話 090-5084-7291にどうぞ。
私は内閣官房9/14公表の報告書の西暦1617年史料を個人として解説します。
http://senkaku.blog.jp/1617.html
チャイナの大陸覇權と日本オランダ等海洋覇權との
境界線が臺灣海峽に存在した四百年前の歴史です。
今度のペンス副大統領演説を歴史的に助ける衝撃の史料です。
チャイナの電子データファシズム・遺傳子操作ファシズムによる
第三の敗戰が近づくことを恐れますが、ペンス副大統領演説とともに
反撃が始まり、そこに四百年前、西暦1617年の臺灣海峽が大きく
意味を持ち始めると思ひます。そんな話をさせて頂きます。
yaeyama301014電子


 なほ、長崎純心は本年度より全科共學となりました。