- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

senkaku480 石井望。長崎純心大學准教授。電子メールishiwi@n-junshin.ac.jp (全角@を半角にしてご使用下さい)。 電話090-5084-7291。 日本安全保障戰略研究所研究員。

American Society of Comparative Law, Works in Progress Conference, Venue: University of Missouri.
 Registration 50 dollars, deadline 4th October (I hear from the office of the conference), because of lunch.

Ishiwi Nozomu presentation in Panel H, Room 206, 17th October, 14:15 pm – 16:30 pm  
[Title] 
International Dispute Resolution by China on the Far Westside of the Senkaku Islands 400 Years Ago

[Abstract]   The People’s Republic of China has argued that the Senkaku Islands have been under the jurisdiction of China for several hundred years, to which modern international law cannot be applied retroactively. According to its argument, the history of Senkaku Islands is not associated with modern international law. However, as early as 1604, Hugo Grotius established the international law, which was already relevant to the Senkaku Islands. 
   During the middle 16th century, the Wakou (Japanese pirates) was most active, their attacks on islands extremely close to the mainland caused problems for China; however, by 1580, China developed a concept of defence that reached the furthermost coastal Islands, including Toyu Island (Tang-in, Ta-gen, today's Dongyin in Matsu), Ukyu (Wuchiu) Island, and the Pescadores Islands, that is similar to today's concept of sovereign waters.
   In 1592, the Japanese Imperial Regent Toyotomi Hideyoshi intended to conquer the Spanish Luzon. During the Toyotomi era, ships were sent between Japan and Spanish Luzon to negotiate terms for the mutual trade. Toyotomi's attempt laid the foundation for the Red Seal Ships (shuinsen) trade system.
   In the early 17th century, the Netherlands advanced to the East Indies, the waters were caught in a battle for hegemony between Japan, the Netherlands, Spain, and Portugal. China was put on the defensive in the ocean, it just attempted to fight for sovereignty over the coastal islands along Fukken (Hokkien, Fujian) Province.
   The Dutch admiral Wybrand van Warwijck occupied the Pescadores Islands in 1604. The court of China discussed whether China should allow the Dutch to occupy Toyu Island as the alternative, just as the Portuguese in Macau. China eventually notified the Netherlands of its claimed domain of the coastal sovereign waters.
   Since the authorities of China thought the Dutch and the Spanish were allied, they mistakenly believed that the Dutch had traveled to Japan as the Spanish had. Ukyu Island and Toyu Island had been the outermost areas of Japanese hegemony before this time, located midway between the Pescadores and Japan; hence, the authorities of China thought that Ukyu and Toyu belonged simultaneously to the hegemony of Spain and the Netherlands. 
   Toyu Island was precisely the westernmost entrance to the Ryukyu Senkaku seaway for trading. The Fukken Authority was cautious of offering Toyu Island to the Dutch. The court of China repeatedly discussed whether the accolading ceremony of the Ryukyu Lord should be held in Fukken rather than in Ryukyu. That is because if the royal envoy sailed to Ryukyu, smuggling may occur that would benefit the coalition of Japan, the Netherlands, and Spain, whereby Toyu Island may be acquired as a fixed trading point; a similar event had occurred in Macau.
   It shows that van Warwijck’s advance to the Pescadores Islands triggered the intensive argument about Toyu-Senkaku-Ryukyu seaway. This argument served to clarify that Toyu Island was the forefront zone between Japan and China. In other words, van Warwijck isolated China from the most western entrance of the Senkaku seaway. The Senkaku Islands were located to the far east of Toyu Island, namely, far outside the sovereign waters of China. 
   At that time, Grotius's famous work "De Indis" (On the [East] Indies) proposed the first international principle of the free sovereign seas. He was concerned with the activities of van Warwijck, because some "domains" in the East Indies were preventing Dutch trade. In 21th century, the Oxford University Library discovered the ‘John Selden Map,’ which precisely portrays the whole East Indies region including Senkaku sea area. This should be one of the sources John Selden had collected in order to use it to refute Grotius.
   In 1622, Batavia governor-general issued an instruction to commander of the Formosa expeditionary force, mentioning a place "Tangesan", possibly refers to Tang-in, Toyu, or Ta-gen in the historical materials of the red seal ships. "San" is land or even island. We should proceed from this to continue the investigation. 

Mierevelt_grotius_1608
google_english_ryukyu_Hokkien_formosa_senkaku

------------------
 Here are the possible social media posts (by conference office):

I’m speaking at #ASCL19 Oct. 17-19 at @MizzouLaw and would love to see you there! For more information about this important event for #comparativelaw and #disputeresolution visit:
https://law.missouri.edu/symposia/comparative-law

Who’s coming to @MizzouLaw #ASCL19 Oct. 17-19? I hope to see you there! For more details about the American Society of Comparative Law’s 2019 Annual Meeting and to register, visit:
https://law.missouri.edu/symposia/comparative-law

I would love to see you at #ASCL19 at @MizzouLaw! If you haven’t registered yet, be sure to check out the American Society of Comparative Law’s 2019 Annual Meeting details and don’t miss out


.
http://archive.fo/fhVZI


 末尾に曰く、「少数民族文化を「抹殺」しようとした文化大革命から既に半世紀を経ていながら、共産党は当時と同じ過ちを繰り返している。」

 文化大革命が今なほ終息してゐないのは、現代チャイナ研究者の共通の大前提であらう。古典分野の私でもそれくらゐ分かる。「過ち」ではなく、70年來の確信犯ファシスト政權がチャイナである。長年つづいた各地の民族淨化が今こそ最終局面を迎へつつあるのであって、いま新たに過去が復活してゐるのではない。近年の新しさは、ファシズムが輸出され始めたことだ。
 この著者はウィグルのために大變貢獻してゐると聞く。偉いと思ふ。私は何もできないし、香港も敗北だと私は思ってゐる。そしてファシズムは世界に輸出され、主に電子ビッグデータと遺傳子操作で世界を統治することになる。勿論、日本も敗北する。敗北の中から立ち上がる次世代を育てるにはどうしたら良いか。現状のぬるま湯では、育たないだらう。

 以下、勝手ながら全文。

タシポラット_ティップ_COURTESY OF TASHPOLAT TEYIP FAMILY
タシポラット・ティップ COURTESY OF TASHPOLAT TEYIP FAMILY

ウイグル民族の文化が地上から消される
Cultural Genocide in Xinjiang
2019年10月1日(火)18時20分
水谷尚子(明治大学准教授、中国現代史研究者)
ニューズウィーク日本版  

<元大学学長らに近づく死刑執行――出版・報道・学術界壊滅で中国共産党は何をもくろむ?>

新疆大学の学長だったタシポラット・ティップが中国・北京の空港で拘束されたのは2017年3月のこと。その後、「党に忠誠を尽くすよう見せ掛けて、実は民族主義者であるという『両面人(二面性を持つ者)』」などのレッテルを貼られ、「国家分裂主義者」として中国共産党から執行猶予2年付きの死刑判決を受けた。

ティップは日本の東京理科大学に留学し、博士号を取得した地理学と地質学の専門家だ。拘束から2年以上が経過した9月中旬、国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは家族や複数の情報源の調査の結果、ティップの死刑が近く執行される恐れがあると判断。即時の無条件釈放を呼び掛ける声明を公表した。

死刑執行が懸念されているのはティップだけではない。ロシアに留学し、ウイグル伝統医学の大家であった新疆医科大学のハリムラット・グプル元学長、新疆ウイグル自治区教育庁のサッタル・ダウット元庁長らも拘束後の消息がなく、安否が懸念されている。

新疆ウイグル自治区では、2017年から大々的に行われるようになった強制収容施設での不当な拘束が今も続いている。多数派民族である漢人以外の人々が収監されているが、その大部分はウイグル人だ。収監者数は100万人を超すともいわれる。

このところ中国共産党は、ウイグル人社会を担ってきた知識人を、文系理系を問わず強制収容所に送っている。ウイグル語やウイグル文化の消滅を目的としているとしか思えないほどの弾圧だ。中国におけるウイグル語の言論空間はこの2年で消滅した。表現の場にいたウイグル知識人が強制収容で社会から「消失」したからだ。

ウイグル書店が続々閉鎖

米ペンシルベニア大学東アジア研究センターのデービッド・デットマン副所長は今年春、「2018年春以降、(西部の)カシュガルやホータンでウイグル語専門書店が相次いで閉鎖されている」と、現地で撮影した写真入りでツイートした。

カシュガルのジャナン街にあった書店は、当地のウイグル人が最も訪れる書店の1つだった。しかし中国当局により閉鎖され、米短波ラジオ放送「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が取材した地元住民の話では、「店主メメット・エリは強制収容所に送られた」という。

区都ウルムチの新疆大学の真正面にあり、ウイグル人学生のたまり場だった「トグルク書店」も閉鎖となり、経営者であった兄弟は、2017年初めに強制収容所に収監された。弟は懲役10年、兄の処遇は不明だという。

新疆全域のウイグル語出版は、現在壊滅状態になっている。新疆人民出版社の公式サイトを見る限り、同出版社は2017年以降、ウイグル語書籍を1冊も出していない。売ることが可能な書籍もなく、読もうとする人も街にはいないのだ。

本を出版しようにも、そもそも出版関係者が次々に強制収容されている。カシュガル地域で政治学習を担当する政府職員のRFAへの証言では、「カシュガルウイグル出版社は計14人(うち5人が女性)が拘束され、幹部経験のある高齢者まで強制収容所送りとなっている」という。同出版社の職員49人のうち、漢人幹部4人を除いた「少数民族」職員の3割が拘束されていることになる。

この政府職員は、「カシュガルウイグル出版社が過去に出版した600冊以上の書籍、新疆人民出版社が過去に出版した1000冊以上の書籍が有害書籍に仕分けされ、その著者や編集者、刊行に関わった全関係者が拘束された」とも証言する。

カシュガルウイグル出版社の元編集者で作家のハジ・ミリザヒッド・ケリミ(81)は、2018年に拘束され懲役11年の実刑が確定した。彼は自治区が主催する「天山文学賞」を2回受賞し、「21世紀のウイグル詩学に最も貢献した文化人」に選ばれた人物だが、11世紀の歴史人物ユースフ・ハース・ハージブについて描いた歴史小説が問題視された。同社編集者で女流詩人のチメングリ・アウット(45)も2018年に拘束された。

知識人根絶やしの効果

出版だけではなく、ウイグル語メディアや記者も「消滅」している。自治区西部イリで発行されていた「夕刊イリ」ウイグル語版とカザフ語版は、自治区政府の命令で今年から発行停止になった。評論家でジャーナリストのヤルクン・ルーズ(53)には「国家分裂主義者」として無期懲役が言い渡された。著名ジャーナリストで詩人でもあったワヒティジャン・オスマン(56)も消息不明になっている。長年にわたり小・中・高校のウイグル語教科書の編集も担当し、若いウイグル人なら誰もが彼の文章を読んだことがある、という人物だ。

学術界にも弾圧は広がっている。ニューヨーク・タイムズ紙によると、新疆大学人類学研究所教授ラヒレ・ダウットが北京で行方不明になったのは2017年12月。ダウットは北京師範大学で博士号を取得したウイグル文化研究の第一人者で、日本人研究者の菅原純と中央ユーラシアのイスラム聖者廟に関する研究書を出版した。新疆大学ではダウット含め、少なくとも56人の「少数民族」出身者が強制収容されていると言われている。

中国政府系シンクタンクの新疆社会科学院も例外ではない。200人を超える職員の中で、ウイグル人研究者は数人しかいなかったが、そのほとんど(在外ウイグル人組織が把握しているだけで5人)が拘束されている、と伝えられている。

著名なコンピュータープログラマーのアリム・エヘット(46)も行方不明だ。北京理工大学を卒業後、イースト・ロンドン大学に留学。ウイグル語・カザフ語・キルギス語のフォントや文章入力用キーボード、校正ツール、電子辞書を開発し、ウイグル人社会のIT化に最も貢献した人物として知られる。

誰もがウイグル人に生きる希望を与え、ウイグル人の文化が消滅しないよう先頭に立って尽力してきた人々だ。共産党の厳しい検閲をクリアして出版されてきたものが一転して有害書籍とされ、生涯かけて研究や表現活動をしてきた人々が、国家分裂主義者として死刑判決を受ける。極端な思想も、当局への抵抗意識も持っていないからこそ活躍の場を与えられていた知識人らが、「両面人」のレッテルを貼られ拘束されている。

「兄のような知識人を一掃すれば、再び育てるまでに30年から40年はかかる。逆に言えば、自治区は30年間静かになる」と、タシポラット・ティップの弟で現在はアメリカに暮らすヌーリ・ティップはかつて語った。少数民族文化を「抹殺」しようとした文化大革命から既に半世紀を経ていながら、共産党は当時と同じ過ちを繰り返している。

共産党によって押し込められた「ウイグル社会の宝」は今、劣悪な強制収容所の中で消えようとしている。

<本誌2019年10月1日号掲載>



Focusing on the northern origin of Ryukyu.
 Gregory Smits  "Maritime Ryukyu, 1050-1650", 
University of Hawaiʿi Press, c2019 

"Rethinking Early Ryukyuan History" - Japan Focus
 Gregory Smits  
https://apjjf.org/2019/07/Smits.html
 "My recent book, Maritime Ryukyu, 1050-1650, .....
  Maritime Ryukyu situates the Ryukyu islands within nautical networks extending northward through the Tokara islands, the Satsunan Islands 薩南諸島, coastal Kyushu, the islands of Iki 壱岐 and Tsushima 対馬, and the southern part of the Korean Peninsula.
  Ryukyuan culture and people did not spring from the soil of Okinawa. They came from northern locations, and Maritime Ryukyu highlights the deep Japonic roots of the Ryukyu islands. It also advances other new arguments about early Ryukyuan history.

maritime_ryukyu_smith

.

 
 住宅街の仁德天皇陵をヘリコプターで遊覽する計劃。畑の中の始皇帝陵でも砂漠のピラミッドでも、ヘリコプター遊覽は行なはれてゐない。何故日本はこんなことをするのか。何故を考へることが大切だ。精神喪失の現代日本の姿がここに見える。尖閣でも歴史的精神を喪失して島を守ってもあまり意味が無い。精神が無いから國民が尖閣を忘却する。尖閣の主役は歴史だ。
仁徳陵ヘリコプター日經

 「世界遺産の百舌鳥古墳群「ヘリ遊覧飛行」に暗雲!? 住宅密集地…“騒音”に苦情殺到」
 世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群。堺市は観光客を呼び込む新名物として、上空から眺めるヘリの遊覧飛行を企画していましたが、今、ある問題に直面しています。
 今年7月、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を受け、多くの観光客を呼び込もうとしている堺市。大小23基の古墳が密集しているのが魅力の百舌鳥古墳群には、世界遺産の登録から2か月経った今でも、大勢の人が訪れています。
 「世界遺産登録になったので見ておこうと思って。」(観光客)
 「いまはちょっと落ち着いたんですけど、今日も頻繁に観光バスで団体が来ていました。9月だと前年比で300%くらいですね。」(ボランティアガイド)
 しかし、盛り上がりを見せる堺市にある問題が浮上しています。それがヘリコプターの“騒音”です。全長486mと巨大な前方後円墳の全景などは高さ300m以上でないと眺めることができません。そのため、世界文化遺産に登録された直後には、ヘリで上空から百舌鳥古墳群を眺める遊覧飛行が行われました。そのときにヘリに乗った人は…
 「真上から(見るのは)初めてなので、とても素敵でした。」(利用者)
 「鍵みたいな形をしていて、教科書で見るより迫力があった。」(利用者)
 民間事業者が主体となり、市が発着場として貸し出した堺市内の公園からヘリが出発。3日間で約720人が搭乗し、利用者からは大好評だったのですが…
 「うるさかったですけどね。テレビを付けている音も消されるような時もありました。」(堺市民)
 「最初はびっくりしましたよね。何か落ちてくるのかなって。」(堺市民)
 古墳群周辺に住む市民らはヘリの騒音に悩まされていたのです。住宅地が密集したエリアにある百舌鳥古墳群、堺市に寄せられた苦情は約70件に及びました。堺市の委員会でも取り上げられたこの問題。
 「様々な問題があったのでこれを踏まえて、今後実施するのかどうか。今回のことが二度と起こらないように尽くしていきたい。」(堺市 永藤英機市長)
 ヘリツアーについて堺市に旅行会社などからの問い合わせが複数あり、本格的に始める予定でしたが、現在は企画がストップしています。
 「日中ひっきりなしに飛んでいのるのはやはりよろしくない。住民のみなさんのご理解いただくのが最優先だと思っています。」(堺市観光企画課 佐々木宏昌課長補佐)
 課題は他にも。市は大仙公園から気球を飛ばすことを検討していますが、150mほどしか上がらないため古墳群の全景を眺めることはできません。
 密集した市街地に今も残る百舌鳥古墳群。市民の暮らしと観光振興を両立させることはできるのでしょうか。


 「大山古墳、空から見たいけど…騒音苦情でヘリ遊覧ストップ 地元堺市、適地なく」
 世界文化遺産に登録された百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群の百舌鳥地域(堺市)上空をヘリコプターで遊覧飛行するツアー企画がストップしている。決定記念で開かれたイベントで、周辺住民から騒音への苦情が殺到したためだ。登録を堺への誘客に結びつけようと市内での離着陸をもくろんでいたが、人口83万人の政令市だけに、適地はほとんどない。観光業者からの求めにも応じることができないままで、堺市は頭を悩ませている。



800頁もあるなら、澳門長崎間の航路記述も含まれるかも知れない。日本に於けるポルトガルの活躍期はほぼ16世紀までだから、航路もこれまで不明瞭な記述しか無かった。16世紀末の蘭人リンスホーテンがポルトガル情報にもとづいた記述も不明瞭である。しかしこの1640年史料だと、新情報が含まれるかも知れない。
---------------------

長崎・ポルトガル関係2史料発見 鎖国、海防強化示す
2019/5/26 6:00  西日本新聞 長崎・佐世保版

 1639年、幕府が鎖国政策でポルトガルと断交すると、交易再開を求める船が2度にわって長崎にやって来る。それに関する史料が近年、国内外で相次いで見つかった。2点の新史料を通して、当時の関係者の心境や海防が強化される過程を読み解いた。

 幕府は島原・天草一揆でキリスト教への警戒を強め、ポルトガル船の来航を禁じた。当時、ポルトガルはマカオを拠点に、中国で仕入れた生糸を日本で売って利益を得ていた。1640年、マカオは交易再開を求めて使節団74人を日本に派遣するが、長崎・出島で収監されてしまう。幕府は61人を西坂で斬首、残り13人をマカオに帰国させた。

 新史料は、斬首された大使ゴンサロ・モンテイロ・デ・カルバーリョを殉教者として扱うよう、甥(おい)がローマ教皇庁に求めた約800ページの嘆願書で、マカオ側の動揺がうかがい知れる。東京大の岡美穂子准教授(対外関係史)が2年前、ポルトガル国立公文書館で発見した。カルバーリョの功徳や亡くなるまでの経緯、長崎の人々が使節来航に驚いた様子が記されている。

 後にイエズス会宣教師が残した記録を調べた流通経済大の日埜(ひの)博司教授(ポルトガル文献学)によると、大村藩が使節の監視役を務めた。「長崎の人々は利害関係や親近感があり、幕府が配慮したのでは」と日埜教授。過去に来日歴があるカルバーリョらマカオの人々は、日本の、長崎の激変に衝撃を受けたであろう。岡准教授は「この使節に関する史料は少なく、新史料は当時の様子を知る手掛かりになる」と話す。

 長崎交易が途絶えてマカオが衰退すると、1647年、再びポルトガル船が長崎に来航する。7年前の来航以来、福岡藩と佐賀藩が交代で長崎港を警備していたが、さらに九州諸藩から計約5万人が動員され、船を追い返したという。

 もう一つの新史料は、1647年の来航の約1カ月前に、長崎奉行の馬場三郎左衛門利重が熊本藩家老にあてた書状。長崎市長崎学研究所が2年前、熊本市の古書店で購入した。馬場は、カルバーリョらの来航時も長崎奉行だった人物だ。

 馬場はこの書状で、藩主の細川光尚が江戸で将軍と面会したことに対する祝辞や、長崎警備の担当が佐賀藩から福岡藩に代わったことを報告している。何げないやりとりではあるが、「幕府官僚の長崎奉行と熊本藩との親密さが読み取れる」と同研究所の藤本健太郎学芸員(日本近世史)は言う。長崎奉行がこうした関係性を九州諸藩と築いていたからこそ、5万人を動員することができたのだ。 

 1640年に長崎で処刑されたマカオ使節カルバーリョの甥が書いた嘆願書(岡美穂子准教授提供)
1640_Carvalho_西日本新聞

 中段に「Cidade de Nangasachi」(長崎の町)という文字。長崎の人々は使節の来航に驚いた、と書かれているという。
(Cidade=City)
Cidade_de_Nangasachi_西日本新聞

 長崎奉行・馬場三郎左衛門利重の書状。長崎警備が佐賀藩から福岡藩に交代したことなどが書かれている
長崎奉行馬場_西日本新聞

 岡美穗子先生ブログより當該記事。
1640_Macau_西日本新聞
以上、西日本新聞。
-----------------------

 ポルトガル國立公文書館、トンボ閣。Arquivo Nacional Torre do Tombo。
Carvalho, Embaxador que fue de Macau....書誌情報無し。
大使名は「Gonçalo Monteiro de Carvalho」。

以下關聯論文。
「寛永17年(1640)ポルトガル使節団長崎受難事件-1-」
    松竹 秀雄    経営と経済 68(3), p59-99, 1988-12
http://hdl.handle.net/10069/28367

「寛永17年(1640)ポルトガル使節団長崎受難事件-2-」
    松竹 秀雄    経営と経済 68(4), p45-91, 1989-03

「ポルトガル人イエズス会士アントニオ・カルディンの修史活動 : 『栄光の日本管区におけるイエズス会の闘い』の成立・構成・内容をめぐって」
    阿久根 晋    歴史文化社会論講座紀要 (12), 75-105, 2015-02
http://hdl.handle.net/2433/197408


阿久根論文内の情報:
António Francisco Cardim
「Relaçaõ da gloriosa morte de quatro embaixadores
Portuguezes, da Cidade de Macao, com sincoenta, & sete
Christaõs da sua companhia, degolàdos todos pella fee de
Christo em Nangassaqui, Cidade de Jappaõ, a tres de
Agosto de 1640.」
『1640 年 8 月 3 日、日本の都市長崎においてキリストの信仰
ゆえに斬首されたマカオ市ポルトガル人使節 4 名ならびに
随行員のキリスト教徒 57 名の栄光ある死に関する報告』

マカオ市使節の日本渡航・殉教報告については、それぞれ以下で翻刻と翻訳が行われている。

Charles Ralph Boxer,
「Embaixada de Macau ao Japão em 1640: Relação contemporânea publicada e anotada」por C. R. Boxer(Lisboa: Imprensa da Armada, 1933) ;

日埜博司「1640 年にマカオから長崎へ派遣されたポルトガル使節に関する「報告」―その翻訳・註釈ならびに若干の問題点―」『長崎談叢』86(1997
年) 、12-96 頁。

次の研究は、カルディンが 1655 年にゴアで執筆したセイロン情勢報告の解題と翻刻を収録している。
「Mathilde Auguste Hedwig Fitzler, Ceilão e Portugal, O Cêrco de Columbo: Últimos Dias do Domínio Português em Ceilão. Rompimento das Hostilidades pelos Holandeses até à Rendição de Columbo(1652-1656)」(Coimbra: Imprensa da Universidade, 1928) .


 ブログ。  

.

延暦二十三年八月十日、空海が福建に漂着。
『日本後紀』卷十二。延暦二十四年六月乙巳の條。
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/jpeg/pdf2jpeg?item=2018/pdf/01370166000220/0001.pdf&p=15
 伴信友校訂、明治十六年、佚存書坊刊。國立公文書館藏。

前年(西暦804年)八月十日に「福州・長溪縣・赤岸鎮以南の海口に到る」。
長溪は明國の福寧州であり。清國から現在まで霞浦縣。

日本後紀卷12-14

詳細は今日(九月二十二日)の八重山日報。電子版あり。
http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamahontoban0190922.html



  「林鄭月娥懺悔,習近平沒料到」  安德烈
發表時間 05-09-2019 更改時間 05-09-2019  法廣 FRI。

林鄭月娥“私下談話”,近似懺悔錄,多少有點“悔不該……”,明示她給香港造成“不可原諒的”“巨大的破壞”,假如可以選擇,她會辭職。披露後,中國大陸媒體果如預料一概噤聲。這一談話與林鄭周三終於決定撤回修例有無一種因果關係?

林鄭與一些企業界人士談話錄音路透社公布後引起普遍驚訝,法國世界報就以“香港特首林鄭月娥不可思議的懺悔”開題。林鄭懺悔?為了什麼?

林鄭的表述難道只是為了贏得一把“同情淚”?在北京威逼下,她作為一個“高度自治”特區的特首,幾乎無法做出一個單獨的決定,林鄭這樣做是有點想告訴港人她的為難之處。談話被披露後引起輿論驚愕,林鄭便指責這是私下談話不應被公開報道。林鄭應知開放社會公眾人物與社會各界的談話不管採取什麼方式都存在被媒體披露的可能,林鄭代表公權力,更應清楚這些規則。她的解釋被指“虛晃一槍”。

一些分析則認為林鄭的用心其實在於不願意為香港目前的局面背黑鍋。林鄭的“私下談話”,細看內容,指向其實一點都不私下,很明確,林鄭想要說的是:香港走到今天這個地步,她作為特首,很痛心,在這裡,她明確表示,她知道自己的責任,願意為此辭職,但她不能夠。周三,林鄭又表示自己從未向北京提出過辭職之意,這應指的是,在正式的層面上,她還沒有這樣做。

九月四日,林鄭宣布,撤回修訂『逃犯條例』草案,算是對香港示威者五項訴求其中的一項做了回應,但被指做得太少,來得太遲。就為了這麼一個要求,港府一直拒絕,讓香港社會動蕩了這麼久! 林鄭周三宣布這一消息時應預料到香港社會會有這種反應,因此,之前的錄音更像是一種鋪墊,她無法做得更多,雖然來遲了,她至少答應了其中一項訴求,她能做到僅僅就是這些了?

根據一些媒體之前的報道,林鄭早就想向示威者做更大的讓步,比如成立獨立調查委員會,比如徹底撤銷修例而不是暫停,但是北京不允許。那麼,林鄭“私下談話”說自己不可原諒包含兩層意思,一是確實對她主持的港府推行修例後悔,至少對沒料到修例的後果 會發生連自己也下不了台的近乎革命式的局面感到後悔;二是說她不是不知錯不改,而是權限全捏在北京手裡,她已無能為力,只有藉機道歉。

九月四日全面撤銷修例的結果會不會是林鄭“私下談話”“擠牙膏”式推動的結果?也就是說,林鄭用這種特殊表達方式讓北京被迫向後退卻?或者說,這一決定並非像多數分析所指出的,是北京同意做出的決定,而是林鄭自己做出的一項決定?

林鄭私下談話的內容並不完全新鮮,但路透社公布錄音後林鄭並未否認來看,衝擊力不小,而這股衝擊力首先是衝著北京而去的。林鄭的欲說還休讓世人看出,香港的一國兩制已被侵蝕到何等嚴重的程度,連特首也言不由衷。

林鄭接下來的話就更有深意,她說她有兩個主子,一個是北京,一個是港人,讓她左右為難。北京不讓她後退半步,而港人則步步緊逼。核心的原因仍然是一國兩制,林鄭的重心指向在這裡更清楚地直指北京。如果北京落實直選承諾,香港的事情不會鬧到今天這種地步,港人也不會讓她這位特首如此為難。

林鄭還披露了幾點很重要的細節,一是北京不會逼迫香港在十一國慶節前平息“動亂”,二是按照一國兩制,北京不會出兵干預香港。這兩件事其實都是香港輿論乃至國際輿論非常擔憂的。那麼,北京到底怎麼辦?林鄭點出北京的策略其實就是拖、耗。很難想象,林鄭以上談話,事先得到了北京的許可。林鄭為什麼這樣說,有人分析:“假如中共像鎮壓六四那樣出兵香港,她可能會選擇做趙紫陽”,會這樣嗎?值得疑問。

至少林鄭在這裡撂下一句話,中國花了很長的時間才建立起那種國際形象,北京今日已爭得全球第二大經濟體的地位,來之不易,人們說,它還是一個負責任的經濟大國。難道竟以軍事干預既毀掉香港也毀掉中國的前途嗎,林鄭在這裡與其說是在披露北京的立場,不如說是在以香港“父母官”的身份向北京發出勸告。

林鄭談話披露後,從中國官媒噤聲的尷尬表現,顯示出習近平當局完全沒料到,這一沒料到的實質背後其實也是黨國獨裁製度與香港半民主制度的重大區別。

在香港的反對派看來,林鄭無非是北京的傀儡,但是,林鄭能以如此吐露形式“泄露天機”,顯然她仍有某種程度的表達自由,如果她想表達,北京奈何她不得,北京之所以意想不到林鄭會這樣做,是因為北京錯把聽話的香港特首當作“我黨幹部”,或者如中國網民譏諷的“某省省委書記”可以隨意擺布,他們僅僅需要反映北京立場,“遵守紀律”事事“請示彙報”,等到“黨中央批准”後才可對外談話,那想到林鄭就這樣以私下談話形式一股腦兒端給外界了。連林鄭也不是絕對順從,香港還能找到一個順從的人嗎?這就是兩種制度的區別,林鄭被逼急的時候,仍然可以以某種方式說話,而共黨的幹部,即使地位再高,也只能“服從黨的決定”了。由此,習近平似應明白,這就是一國兩制,香港本無事,香港有示威、反對的自由,言論的自由,司法的自由,北京只需按照自己當年承諾的守信,遵守承諾,香港一切都好。

林鄭關於北京不會出兵的說法應該說在某種程度上讓北京不快,北京當局的要害在於一切都不能說透,要在模稜兩可之間,才可保留威嚇的神秘,虛張的壓力,林鄭這麼一“交底”,豈不等於“捅氣球”?這就有了港澳辦周二出面急急聲稱,即便解放軍干預香港也不等於不符合一國兩制。港澳辦這個說法讓人感覺太明顯的打腫臉充班子。

在觀察者眼中,林鄭的吐露手法並不高明,但是北京向香港施壓的手法更其拙劣。透過一個已經在香港極大地失去民意的特首的一番表白,讓世人感受到更多的是北京政權的面目比較猙獰。在兩岸三地頗有影響的作家龍應台二日在臉書更是直言不諱:“大國之所以為大國,不在於導彈、金錢和權力”,她將香港喻為“花園地上的一顆雞蛋”,北京應以包容的氣度、長遠的目光輕輕拾起,捧在手心,萬萬不能摔破。“如果中國把香港當敵人對付,用武力處理,那恐怕不是香港背叛祖國,而是他的祖國背叛香港”。

習近平沒想到,林鄭也有被逼急的時候。也許,習近平真正沒想到的是,年初他搬出幾個諸如“黑天鵝”“灰犀牛”很生硬的比喻警告防範重大風險之後,五四百周年,六四三十周年等重大紀念日都一一平安度過,正準備好迎接建政七十周年大慶,偏偏一個至今對中國起着不可或缺作用的全球金融中心,獨立貿易區,然而已回歸中國二十二年的香港發生了重大事變。
http://trad.cn.rfi.fr/auteur/%E5%AE%89%E5%BE%B7%E7%83%88/
-----------------

「自由時報」
林鄭錄音帶「懺悔」 法媒解讀:習近平沒料到
2019-09-05 08:52
〔即時新聞/綜合報導〕香港反送中抗爭3個月,終於迫使香港特首林鄭月娥宣佈撤回送中條例,但港民似不領情,認為太晚了,民陣揚言抗爭持續,不過,這一宣佈的背後,似有多種角力,在法媒觀察中認為,林鄭前一天流出的錄音帶,主要內文雖可能是北京示意,但其中的「懺悔」情節可能是林鄭被逼急後嗆北京,這一點可能是中國國家領導人習近平始料未及。
 《法廣》 解讀,林鄭月娥的錄音檔流出,隔天即宣佈撤回送中條例,當中疑有因果關係,而一如預料,中國媒體一概噤聲,也代表中國官方態度。
 報導引述法國世界報的觀點認為,林鄭錄音檔最特殊的一點是,她的「懺悔」,應該不止是為了搏取同情,而是在對外控訴,她做為一個「高度自治」特區的特首,卻無法單獨做一個決定,她也有撇清讓香港陷入困局責任的意味,控訴受到北京壓力。

據解讀,林鄭「懺悔」內涵,可能是她對港府提送中條例感到後悔、而衍發重大抗爭後想撤回,無奈北京不准,又在事發後想辭,但北京又不准只能吞苦果,也就是,她想撇清所有反送中引發重大抗爭的責任,但由於一切被捏在北京手裡,也只能藉機道歉。另外一層意思是,外界有問題請找北京。

林鄭錄音帶指北京不會出兵香港、不會逼在十一國慶前平息,也就是點出北京對香港策略是以拖待變,暫時將問題留到十一國慶之後再處理,而「洩露天機」很可能讓北京不爽,雖然從香港反對派的看法,林鄭表現就是表明自己是傀儡,但當中的懺悔情節,也疑似被逼急後向北京嗆聲,只是手法上是哭訴而怒吼。

-----------------
  安德烈  法廣記者

HY_Amdre_FRI