- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

senkaku480 石井望。長崎純心大學准教授。笹川平和財團海洋政策研究所島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。内閣官房領土室委託尖閣資料調査事業特別研究員。 御聯絡は長崎純心大學(FAX 095-849-1894) もしくはJ-globalの上部の「この研究者にコンタクトする」  http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901032759673007 からお願ひします。 



The Historical Association (UK)

https://www.history.org.uk/events/calendar


The World History Association

https://www.thewha.org/



「Resigned Activism: Living with Pollution in Rural China」
Dr Anna Lora-Wainwright, Associate Professor in the Human Geography of China, University of Oxford
Date: 19 February 2018Time: 5:00 PM
Finishes: 19 February 2018Time: 6:30 PM
Venue: Russell Square: College Buildings Room: G3
https://www.soas.ac.uk/china-institute/events/19feb2018-resigned-activism-living-with-pollution-in-rural-china.html


https://doodle.com/poll/9m73ibkrxsbytiev
http://www.chinacentre.ox.ac.uk/talks-and-lectures/
「Cold War Variations in the Representation of China」oxford 
Monday, 19 February, 17:00 - 18:30 at Seminar Room 1
International History of East Asia seminar.
Hao Chen, University of Cambridge: ‘Contesting Representational Legitimacy in Hong Kong: the Chinese Nationalist, Communist and the “Third Force”, 1949-1962.’
Nelson So, University of Oxford: ‘A Trade-off of the Political Legitimacy? The Republic of China, Mongolia, and the Chinese Representation Debate in the United Nations, 1961.’



「The changing language worlds of Singapore」
Francesco Cavallaro (Nanyang Technological University, Singapore)
Date: 20 February 2018Time: 3:30 PM
Finishes: 20 February 2018Time: 5:00 PM
Venue: Brunei Gallery Room: B102
https://www.soas.ac.uk/linguistics/events/20feb2018-the-changing-language-worlds-of-singapore.html



Territoriality versus Internationalism?: Music Making in China's Treaty Ports
Yvonne Liao (University of Oxford)
Date: 20 February 2018Time: 5:45 PM
Finishes: 20 February 2018Time: 6:45 PM
Venue: Russell Square: College Buildings Room: G52
https://www.soas.ac.uk/music/events/music-public-seminars/20feb2018-territoriality-versus-internationalism-music-making-in-chinas-treaty-ports.html


Why Indigenous Voters of Taiwan Do Not Vote?
Dr Cheng-Hao Pao
Date: 20 February 2018Time: 7:00 PM
Finishes: 20 February 2018Time: 9:00 PM
Venue: Brunei Gallery Room: B102
https://www.soas.ac.uk/taiwanstudies/events/20feb2018-why-indigenous-voters-of-taiwan-do-not-vote.html


Amy Matthewson -
「Mr Punch and Chinamania: Blue Willow China and Consumer Consumption in 'Punch' Magazine, 1874-1880」
 February 20 @ 6:30 pm - 9:00 pm  
14 Stephenson Way, London, NW1 2HD, United Kingdom
http://royalasiaticsociety.org/event/amy-matthewson-mr-punch-and-chinamania-blue-willow-china-and-consumer-consumption-in-punch-magazine-1874-1880/


Feb 21
「China and the West - Crossroads of Civilisation」Peter Nolan
by Institute of Management Studies, Goldsmiths, University of London
https://www.eventbrite.co.uk/e/china-and-the-west-crossroads-of-civilisation-tickets-42783428386



「Party, Nation-State, Empire: Morphologies of Rule in China」oxford 
Thursday, 22 February, 17:00 - 18:30 at Lecture Theatre 1
China Centre Seminar - Week 6. Professor Vivienne Shue, University of Oxford

「Mandarin Forum」oxford 
Friday, 23 February, 13:00 - 14:00 at Seminar Room 1
To be confirmed
http://www.chinacentre.ox.ac.uk/am_event/mandarin-forum-7/
https://doodle.com/poll/9m73ibkrxsbytiev



「Did World War II in China matter?」oxford 
Monday, 26 February, 17:00 - 18:30 at Lecture Theatre 1
Hans van de Ven, is Professor of Modern Chinese History, University of Cambridge

「Reading as creative and social practice: Popular entertainment literature during the Cultural Revolution」
講者:Dr Lena Henningsen (Freiburg University)
Date: 26 February 2018Time: 5:00 PM
Finishes: 26 February 2018Time: 6:30 PM
Venue: Russell Square: College Buildings Room: Room G3
Organiser: SOAS China Insitute 倫敦大學。
Contact email: sci@soas.ac.uk
Contact Tel: +44 (0)20 7898 4823
https://www.soas.ac.uk/china-institute/events/seminars/26feb2018-reading-as-creative-and-social-practice-popular-entertainment-literature-during-the-cultur.html
https://www.soas.ac.uk/china-institute/events/chinese_forum/



Where: Society of Chemical Industry (SCI), 15 Belgrave Square, London SW1 [nearest tube Hyde Park Corner]
21 February 2018
Report back on the Society Tour to Sumatra
Mr Charles Humfrey will give the talk on the September 2017 tour to Sumatra
1.15pm start, finishing by 2.30pm. The sandwich lunch (from 12.30pm) must be ordered by Monday 19 February via the office.
https://rsaa.org.uk/lectures-and-events/whats-on/




https://botw.org.uk/News/Journalism/Organisations/


https://www.nuj.org.uk/contacts/
https://www.nuj.org.uk/where/international/


http://bajunion.org.uk/index.php/contact/



http://europeanjournalists.org/events/


.
https://www.questia.com/searchglobal#!/?keywords=senkaku

https://en.wikipedia.org/wiki/Category:American_online_magazines

https://en.wikipedia.org/wiki/Category:British_online_magazines


diplomat
https://thediplomat.com/2015/01/japan-and-china-spar-online-over-senkakudiaoyu-islands/



BACS: The British Association for Chinese Studies
http://bacsuk.org.uk/journal


European Association for Chinese Studies
http://chinesestudies.eu/?cat=58


national interest
http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-shocking-way-war-between-china-america-could-begin-19865

http://nationalinterest.org/feature/we-asked-joseph-nye-what-should-be-the-purpose-american-13630

http://nationalinterest.org/feature/china-vs-japan-asias-other-great-game-22769?page=8


CSIS
https://www.csis.org/analysis/japan-chair-platform-senkaku-islands-and-international-law


Perspectives on Histori (American Historical Association)
https://www.historians.org/publications-and-directories/perspectives-on-history

American Historiacl Review (American Historical Association)
https://www.historians.org/publications-and-directories/american-historical-review




National Review
http://www.nationalreview.com/article/439667/china-japan-senkaku-islands-dispute-headed-war


foreign affairs
https://www.foreignaffairs.com/search?qs=senkaku

https://www.foreignaffairs.com/articles/china/2014-04-10/history-wars-northeast-asia

https://www.foreignaffairs.com/articles/asia/1998-11-01/problem-memory

https://www.foreignaffairs.com/articles/east-asia/2010-11-15/beijing-s-coastal-real-estate


national Bureau of Asian Research
http://www.nbr.org/search.aspx?usterms=senkaku

George town   (p.88 Senkaku)
https://repository.library.georgetown.edu/handle/10822/1041835


International Policy Digest
https://intpolicydigest.org/2016/08/01/senkaku-islands-dispute/



economist
https://www.economist.com/blogs/economist-explains/2013/12/economist-explains-1


National Geographic
https://www.nationalgeographic.com/archaeology-and-history/magazine/2017/07-08/Alfred_Nobel_Founder_Prize/
1400 words
https://www.nationalgeographic.com/archaeology-and-history/magazine/2017/07-08/birth_of_Frankenstein_Mary_Shelley/
1500 words。


Naval History
https://www.usni.org/magazines/navalhistory/archive
https://www.navalhistory.org/


United States Naval Institute Proceedings
https://www.usni.org/Proceedings/proceedings.html




https://en.wikipedia.org/wiki/Category:History_magazines
https://en.wikipedia.org/wiki/GEO_(magazine)





December 26, 2017 12:19 pm JST
Jonathan Hillman
"Will China's Belt and Road stretch further?"
Beijing should focus on building good infrastructure on the ground, not on extending the initiative on paper
https://asia.nikkei.com/Viewpoints/Jonathan-Hillman/Will-China-s-Belt-and-Road-stretch-further?n_cid=NARAN012





"The Nine Dash Line and UNCLOS: Why China’s Strategists and International Law Don’t Get Along"
By Mapping China 21. July 2016
by Andreas Kechagias
https://mappingchina.org/2016/07/21/the-nine-dash-line-and-unclos-why-chinas-strategists-and-international-law-dont-get-along/
https://twitter.com/mappingchina




China on the Sea
"How the Maritime World Shaped Modern China"
Zheng Yangwen, University of Manchester
Generations of Chinese scholars have made China synonymous with the Great Wall and presented its civilization as fundamentally land-bound. This volume challenges this perspective, demonstrating that China was not a “Walled Kingdom”, certainly not since the Yongjia Disturbance in 311. China reached out to the maritime world far more actively than historians have acknowledged, while the seas and what came from the seas—from Islam, fragrances and Jesuits to maize, opium and clocks—significantly changed the course of history, and have been of inestimable importance to China since the Ming. This book integrates the maritime history of China, especially the Qing period, a subject which has hitherto languished on the periphery of scholarly analysis, into the mainstream of current historical narrative. It was the seas that made Tang China a “Cosmopolitan Empire” (Mark Lewis), the Song dynasty China’s “Greatest Age” (John Fairbank), China at 1600 “the largest and most sophisticated of all unified realms on earth” (Jonathan Spence), and the reign of the three Qing emperors (Kangxi, Yongzheng and Qianlong) China’s “last golden age” (Charles Hucker).
http://www.brill.com/products/book/china-sea




George Wahington Univ. History news network
http://historynewsnetwork.org/article/133059
http://historynewsnetwork.org/article/159110
history news (George Washington Univ.)
http://historynewsnetwork.org/article/160970
   (Murata)
http://historynewsnetwork.org/article/159110

http://historynewsnetwork.org/article/155819



russia toady
https://www.rt.com/op-edge/china-japan-island-row-433/
https://en.wikipedia.org/wiki/RT_(TV_network)

Slate 
http://www.slate.com/articles/news_and_politics/view_from_chicago/2014/02/the_senkaku_or_diaoyu_islands_where_world_war_iii_could_start_because_of.html

https://en.wikipedia.org/wiki/Slate_(magazine)



Business insider
http://www.businessinsider.com/diaoyu-senkaku-dispute-everyones-an-expert-2012-9

http://www.businessinsider.com/china-japan-taiwan-and-us-four-to-party-in-diaoyutai-2012-12

http://www.businessinsider.com/china-japan-taiwan-and-us-four-to-party-in-diaoyutai-2012-10

http://www.businessinsider.com/diaoyu-senkaku-dispute-everyones-an-expert-2012-9


Japan times

https://www.japantimes.co.jp/news/2017/05/15/national/history/government-says-document-indicates-earliest-landing-senkaku-islands-ryukyu-royalty-1819/


ABC  australia
http://www.abc.net.au/news/2012-08-19/an-japan-china-timeline/4208770


counter punch
https://www.counterpunch.org/2012/09/27/inside-the-anti-japanese-protests-in-china/


.

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/083100053/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/8618/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/102600415/



.

石垣市に本社を置く八重山日報には、いつも拙い文章を載せて頂いてます。その甲斐あってか平成二十九年一月十四日には石垣市主催「尖閣開拓記念式典」にて講演させて頂きました。リンク:
http://senkaku.blog.jp/290114.html
さらに十二月一日には、石垣市役所にて尖閣研究會の研究報告をした際にも中山義隆市長來聽を得ました。同日の夜にはかの尖閣男・仲間均石垣市議とともに講演をしました。講演録は今年平成三十年一月一日の八重山日報に掲載されました。リンク:
http://senkaku.blog.jp/2018010174319169.html
石垣市地名を「字尖閣」もしくは「字登野城尖閣」に改正する議についても、石垣市議會に意見書を提出しました(非公開)。今年の一月十四日尖閣諸島開拓記念式典には都合で出席することができませんでしたが、
http://senkaku.blog.jp/300114dakara.html
中山義隆石垣市長開拓の日
その代りに祝電を送りました。友人の日の丸三宮商店の森岡女史やそのお友達もファックスで祝電を送って下さったさうです。リンク:
http://senkaku.blog.jp/300114.html
以上のやうな縁もあり、このたび石垣市の中山義隆市長から禮状を頂きましたので、勝手ながらここに披露します。來年以後も尖閣式典に前後して輿論が盛り上がることを期待します。
2018石垣市お礼状

中山義隆石垣市長



201802ベアフット

201803ベアフット

  ▲開店日程。左端が日曜日なのでご注意下さい。
   撮影後に日程が變更されることも有るので
   ご自身でお店にご確認下さい。開店時間は正午頃で、
   午後五時過ぎに閉店するのが通例のやうです。

 「喫茶去 Bare foot」(きっさこ、ベアフット)
壓倒的美味。コーヒー、ベーグル、定食。

〒852-8134長崎市大橋町10−33。電話095-848-6800。駐車場あり。
 長崎大學正門の斜め向かひ、長崎振興局から路面電鐵を隔てた正面向かひ。
 「村橋齒科醫院」と「おおや寫眞館」との間に小さな入り口。
そこから奧へ這入り、階段を下る。所謂「隱れ家的」。
https://www.google.com/maps/place/喫茶去+ベアフット/

https://www.facebook.com/271872699639787

http://blog.goo.ne.jp/nuts72722000/e/cd753123ed6c451313ad673d42e6e0e2

http://blog.goo.ne.jp/nuts72722000/e/f888597261ab62ca88b1da5bb5923249

https://ja.foursquare.com/v/5350a575498e16fe2ccf5019

http://blog.livedoor.jp/tosi19480527/archives/33190080.html

http://ameblo.jp/kasumi1016503/entry-11726374656.html

https://plus.google.com/107355902736654417293/

https://plus.google.com/108128478720928590291/

http://ameblo.jp/kasumi1016503/entry-11569942626.html

この喫茶店に拙著『尖閣反駁マニュアル百題』散らしを置いてます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4916110986

ベアフット庭

喫茶ベアフット

ベア
喫茶去2
喫茶去
喫茶去3


------------------------------
扶桑社表紙

http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077730
『中国が反論できない 真実の尖閣史』
石平 (著), いしゐのぞむ (史料監修)    ¥ 1,512(税込)

クオリティ・ペーパーとなった八重山日報。本日、琉球大學大城學教授「宮良當壯、人と業績」連載第三囘です。
http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamahontoban0180205.html
これまで計三囘は、平成三十年二月二日、四日、五日に掲載されてゐます。感動の物語です。
八重山日報大城學3

宮良當壯は、みやらたうさう、でなく、みやながまさもり。
http://senkaku.blog.jp/2017013069029746.html
八重山の偉大な學者。尖閣の和名「よこん・こばしま」を傳へた人です。

 そして仲村覺「眞發見!沖繩」連載第三囘も本日。毎週月曜です。チャイナがサンフランシスコ體制に割り込む離れ業を助けた日本。しかしチャイナはサンフランシスコ條約を承認してゐません。そして臺灣一周飛行の危險な挑撥。下圖は部分切り取り。
八重山日報300205仲村覺3

皆樣、しっかり有料で電子版を購入しませう。
http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamahontoban0180205.html




伊藤俊幸氏「尖閣接續水域の航行の自由は認めて、相互主義にせよ」  
http://www.sankei.com/column/news/180119/clm1801190006-n4.html
  大間違ひです。
 第一にチャイナ濳水艦は日本の領海に接近を意圖したのでなく、チャイナ領土としての尖閣に接近したのです。日本の領土を奪ふべく宣戰布告して接近するに等しい。これは民船、官船、軍船を問はず急迫不正の侵掠意圖です。そこを伊藤氏は無視してゐます。
 伊藤氏は單に武器を持った徘徊者としてゐますが、正しくはさうではなく、「俺自身の家にいつでも這入るぞ」と大聲で喚きながら武器を持ってゐます。相互主義ならば日本も「福建は俺の家だから這入るぞ」と喚かねばなりません。
 日本は尖閣先制防衞を國内制度として定めるべきです。侵掠意圖を明示する國の全船舶を所定水域侵入の瞬間に撃沈します。この制度が公布されるとチャイナは完敗するので、民間船すら接近しなくなります。インドネシアやベトナムでも撃沈してゐます。
 第二に假に相互主義ならば、前提として日本の軍艦が福建接續水域に頻繁に行かねば意味がありません。自衞隊は行ってません。まづ自衞隊が毎日福建に行く實績を積み重ねてから相互原則の交渉が始まります。行かないのに相互原則だけ作ったら實質的にチャイナの自由權だけが行使されます。

 しかも、相互主義の協定を結ぶ前提は尖閣を日本の領土とすることです。これを「武器を持った徘徊者」が認めるわけがありませんから、協定は成立しません。今の所謂「尖閣相互聯絡システム」なる茶番が尖閣を明文化できないのと同じことです。伊藤俊幸氏は完全に空論です。これが自衞隊幹部の水準です。

 何故自衞隊幹部や專門家が毎度こんな他愛も無い空論に陷るのでせうか。それは歴史意識が缺如してゐるからです。480年の歴史(下方にまとめ)を見れば、尖閣には確かに領土問題が存在せず、チャイナはゼロなのです。自衞隊幹部や專門家は、領土問題存在せずと口先では言ひながら、實質的に領土問題が存在するといふ思ひ込みを前提として議論する。だから誤るのです。


下は伊藤氏が論説と同じ趣旨を語ったビデオ。14分から16分ほどまで。
https://www.youtube.com/watch?v=fXIAUQ6QS9A


以下は伊藤氏論説より。
「他人の庭に平気で入り込む中国軍には相互主義で対応せよ」伊藤俊幸
http://www.sankei.com/column/news/180119/clm1801190006-n4.html
 武器を持った徘徊者に等しい
 抗議の仕方を誤ると、日本も「航行の自由」を認めない国になってしまう。今回の日本政府の抗議は、「新たな形での一方的な現状変更で、事態の重大なエスカレーションだ」としたが、接続水域での軍艦の法的な取り扱いには一切言及していない。付言するならば、尖閣諸島の接続水域での活動に対して抗議したのであって、宮古島での活動は言及していないともいえる。
 日本の国有化宣言以降、中国は、尖閣諸島周辺海域に中国海警局の政府公船「海警」を遊弋(ゆうよく)させ、時には領海侵入さえしている。これは「この家は自分のものだ」と主張する他人が、家の前の道を頻繁に徘徊(はいかい)し、時々庭に入ってくる状態だといえる。
 他人が公道を歩くことは違法ではないが、この徘徊者が武器を持って公道を歩きだし、いずれは武器を持ったまま庭に入ってくるかもしれないと考えると、今回の中国の潜水艦と艦艇の行動を黙って見過ごすことはできない。
 では、どうすればよいか。それは「相互主義」で対応することである。「相互主義」とは「2国間で相手国内で認められた権利を自国内でも認める」考え方だ。日本政府も中国に対しては、領海内では「事前許可」を、接続水域や排他的経済水域では「事前通告」を求めることである。もちろん中国以外の国に対しては何もする必要はない。今こそ中国には「相互主義」の適応を宣言すべきである。


下は八重山日報、平成30年1月21日、「尖閣大航海時代」談話連載第14囘。

http://www.shimbun-online.com/product/yaeyamanippo0180121.html

八重山300121大航海時代14彩色電子


必要なのは悠久の歴史だ。有効手はただ一つ。
歴史百對ゼロの壓倒的悠久の正義を世界に理解させることだ。
「ああさうだったのか!尖閣では最初の1534年から琉球職員がチャイナ使節船を案内し、秀吉家康の朱印船は縱軸横軸で尖閣を航行し、1600年頃に日本が作った精確な尖閣地圖は十九世紀半ばまで世界最尖端であり續け、1604年には國際法の祖グロチウスが尖閣に言及しそこね、1617年には三浦按針がチャイナを避けつつ尖閣を航行し、同年には尖閣の西側入口の馬祖列島で日明間和平合意も成り、1660年には尖閣附近で坐礁したオランダ貨物を薩摩が運んで長崎奉行から出島オランダ商館に引渡し、1719年と1800年には琉球職員が馬祖列島から早くもチャイナ使節の水先案内をして尖閣に導き、1819年には琉球王族が尖閣で公式上陸調査し、1845年には八重山航海士がイギリス人を尖閣に案内し、1867年には歐洲製地圖で尖閣の西側に國境線が引かれ、明國清國は最初から最後まで尖閣と臺灣北方諸島とを混同したままで、釣魚臺を臺灣北方諸島の西側に置くチャイナ史料が歴代の半數を占め、1461年から1872年までずっと尖閣の遙か西方にチャイナ國境線を引いてゐて、1403年のチャイナ尖閣史料は實は琉球人に教はって1573年以後に編まれたに過ぎず、臺灣の地誌に出現する釣魚臺は尖閣ではない別の島であり、琉球風水思想では首里を中心として尖閣を外縁とし、臺灣の風水は基隆から南に伸びるが尖閣へは伸びず、、、、とにかくあらゆる史實が、1895年日本編入の正義に向かって動いてゐたのだ!今悟った!」
世界がさう氣づけば九割の支持を得て尖閣常駐できる。
國際法とか軍事とか地政學とかのチャチな話ではない。

.


「尖閣諸島問題と先住民族の権利 : 先住民族の視点から領土問題を考える」
 上村英明 恵泉女学園大学紀要26。ページ133 - 156 発行年2014-02
http://id.nii.ac.jp/1294/00000708/

文中に曰く、
「先占」の法理を考えれば,「尖閣諸島」はそもそもこの法理が適用可能な地域に位置するのだろうか。中国政府の主張によれば,「尖閣諸島」は1534年中国から琉球王国に派遣された使節である冊封使の記録『使琉球録』以来,その歴史的文献に現れている。また冊封使が,中国から琉球に最初に派遣されたのは,1372年のことであり,福州(図2参照)から那覇に至るその航路から考えれば,さらに古い時代から「尖閣諸島」がその標識島として使用されていたことは容易に想像できる。その点,「先占」の法理の適用そのものがまず,「尖閣諸島」を語る論理として不適切である。

と。これは奧原敏雄氏の昭和四十年代の論文を完全に無視してゐる。
故意に無視してゐるならば讀者に對する詐欺行爲であり、
無知であったならば恥ぢて訂正すべきだらう。

西暦1534年陳侃『使琉球録』には、琉球航海士が
册封船に乘り組んで導航したことが歴々と書かれてをり、
昭和四十年代に既に奧原敏雄氏が論及してゐる。
私も更に詳細にこれを論じた論文は、
上村氏よりもずっと早く刊行されてゐる。
1534年より以前は史料が無いが、上村氏流儀で想像するならば、
古來琉球人が航路の標識としてゐたことは容易に想像できる。

上村氏論文の「先占は成り立たない」といふ論點が全て
西暦千五百三十四年陳侃使録に頼ってゐるだけなので、
そこを訂正するならばこの論文を撤囘するに等しい。

また上村氏は、平成二十五年(西暦2013年)一月に
讀賣新聞全國版で大きく報導された『皇明實録』を知らない
のだらうか。『皇明實録』では明國海防限界線が
馬祖列島の東湧島までで盡きることを明記してゐる。
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2023.html
他にも膨大な史料の内容を上村氏は全く知らぬかの如くである。

今一つは、慶長年間以來、琉球全土を薩摩藩が統治してゐたことを
上村氏は完全に無視して、明治政府が沖繩縣を設置したことを不當として、
從って明治政府が尖閣を編入したのも不當だとする。
薩摩による統治が少々緩やかだったから無視するのだらうか。
かりにさうであれば、上村氏は近代中央集權的基準を
遡及適用したことになる。近代を否定しながら、一貫性も何も無い。
遡及適用でなく、單に無知だったならば訂正すべきだ。
そこを訂正すれば根本からこの論文は存在し得ない。

琉球が列強と外交を行なったことを上村氏は誇張するが、
ならば薩摩長洲は軍事を以て列強と交戰し、和議を成した。
外交よりも強力な國家的行爲であり、國權行使である。
その薩摩長洲が日本國内なのだから、まして薩摩統治下の琉球が
日本國内であったことは言ふまでもない。
そもそも琉米條約は、近代的軍艦で強制的に入港の上で交渉し、
琉球が自己の貿易法を制定することを制限した不平等條約である。
上村氏は都合の良い時だけ近代基準を遡及適用したり、
俄かに近代基準を否定したり、話にならない。


上村氏さらに曰く、
もし,「尖閣諸島」一帯が生活圏として使用されてきたとすれば,
台湾宜蘭県などの漁民,また伝統的な漁民である蘭嶼島の原住
(先住)民族であるタウ民族などが黒潮に乗って伝統的に利用していた可能
性も否定できない。そうであれば,ひとつのアイデアは,琉球
人民・民族と台湾原住(先住)民族の領土権を確認しながら,日本,中国,
台湾の各国政府が従来の領土論を取り下げ,先住民族の権利を尊重し,

云々と。
臺灣人が十九世紀末までに尖閣に到達した記録は一切存在しない。
遙かに蘭嶼まで持ち出すならば、
朱印船地圖と朱印船航路簿で蘭嶼はタバコシマと呼ばれ、
西暦十九世紀の歐洲人は「シマ」の名を以て
蘭嶼が日本の勢力圏だらうと推測した。そこを無視しては話が始まらない。

他にも根據無き妄言だらけの論文だ。逐一批判してゐては切りが無いのだが、ロバート・D・エルドリッヂ「だれが沖繩を殺すのか」(PHP研究所、平成二十八年)の中で、上村氏が國外で琉球ほぼ獨立論を助けてゐると知ったので、少々批判を書き留めておく。

關聯:
https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-238345.html
https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-248890.html
http://senkaku.blog.jp/2018012274621504.html
http://senkaku.blog.jp/archives/1453610.html



Botel_Tobago_1905_wikipedia
 
  ▲蘭嶼のドイツ製地圖。西暦1905年。ウィキペディアより。西暦十七世紀までの地圖では「Tabaco Xima」(タバコシマ)と出て來る。


.

 春分のやうな太陽運行の明確な節日は太古から祭られてゐた筈で、文字記録は無い。イギリスのストーンヘンジなど。
 では我が皇室の春分の日、春季皇靈祭の最古の記録はどうか。單なる春分でなく皇祖を祭る日となってゐる。「宮中三殿竝に祝祭日解説」(皇典講究所編、國晃館大正元年刊)の第百十三頁によれば、
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/909536/75
『日本書紀』神武四年二月二十三日(甲申)の記載を「起源とも言ひつべきなり」とする。斷定してゐない。『日本書紀』原文に曰く、
(神武)四年春二月、壬戌朔。甲申、詔曰、
「我皇祖之靈也、自天降鑒、光助朕躬。今諸虜已平、海内無事。可以郊祀天神、用申大孝者也。」
乃立靈畤於鳥見山中、其地號曰上小野榛原・下小野榛原、用祭皇祖天神焉。
現代の暦日計算では、この陰暦二月二十三日は陽暦の三月三十一日になるらしい(現行のグレゴリオ曆)。春分からかなりずれる。これを春季皇靈祭の最古の記録とするのは難しさうだ。鳥見山は、奈良盆地南部(橿原、大和三山など)のほぼ東方に位置し、奈良盆地と鳥見山との中間に三輪山がある。

 今一つの春分皇靈祭らしき記録は、崇神七年2月15日に詔して三輪山の大物主を祭ってゐる。『日本書紀』原文に曰く、
七年春二月、丁丑朔。辛卯、詔曰、
「昔我皇祖、大啓鴻基。其後聖業逾高、王風轉盛。不意今當朕世、數有災害。恐朝無善政、取咎於神祇耶。盍命神龜、以極致災之所由也。」
於是天皇乃幸于神淺茅原、而會八十萬神、以卜問之。是時、神明憑倭迹々日百襲姫命曰、
「天皇、何憂國之不治也。若能敬祭我者、必當自平矣。」
天皇問曰、
「教如此者誰神也。」
答曰、
「我是倭國域内所居神、名爲大物主神。」

と。ここで皇祖は大物主神だといふことになる。しかしこれも、現代の暦日計算では陽暦三月十二日になるらしい。確認を要するが、春分とするのは中々難しさうだ。神淺茅が原(今の櫻井市茅原の三輪山)に行幸したのが十日後だとすれば通じなくもない。三輪山は春分と關はりが深いとされる(昭和四十八年小川光三『大和の原像、知られざる古代太陽の道』、平成十一年鎌田東二『聖地への旅、精神地理學事始』第八十八頁など)。以上の神武崇神の皇祖祭は、日本書紀撰者の考索にもとづく暦日にそもそも合致してゐない可能性もある。關聯ブログ:
http://blog.goo.ne.jp/kuragesuke/e/5fc021c84d20e6c39cb168948bf2c31c
http://blog.goo.ne.jp/kuragesuke/e/6abb859230929202d942c2c16c958277
https://twitter.com/hifuminss/status/931985854196629504


 暦日が明確になるのは推古天皇十二年(西暦604年)からだとされる。下に國立天文臺ホーム頁「曆wiki、傳來から宣明曆まで」。
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/CEF2BBCB2FC6FCCBDCA4CECEF12F1.CEF1A4CEC5C1CDE8A4ABA4E9C0EBCCC0CEF1A4DEA4C7.html
平安時代中期の『政事要略』に引く「儒傳」など諸書に「推古天皇十二年正月朔、始用暦日」云々とある。この「始用暦日」は殘念ながら『日本書紀』に載ってゐない。
http://base1.nijl.ac.jp/iview/Frame.jsp?DB_ID=G0003917KTM&C_CODE=0257-011002&IMG_NO=186
http://base1.nijl.ac.jp/~kojiruien/hougibu/frame/f000316.html
 そして三年後の推古天皇十五年(西暦607)年、秋に小野妹子を派遣し「日出づる處の天子」と述べたその年の春、『日本書紀』卷二十二原文に曰く、
十五年春二月、庚辰朔、定壬生部。戊子、詔曰、
「朕聞之、曩者、我皇祖天皇等宰世也、跼天蹐地、敦禮神祇、周祠山川、幽通乾坤。是以陰陽開和、造化共調。今當朕世、祭祀神祇、豈有怠乎。故群臣共爲竭心、宜拜神祇。」
甲午、皇太子及大臣、率百寮以祭拜神祇。

と。岩波古典文學大系本の卷末校異によれば、この部分の諸本に異文は全く無い。
京都國立博物館、卷二十二古寫本、國寳。推古紀の最古とされる。推古十五年電子圖像未公開。
http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100273
宮内廳書陵部藏、古寫本(推古紀は第二に古いとされる)圖像リンク。
https://shoryobu.kunaicho.go.jp/Toshoryo/Viewer/1000077430006/4b1ef89e5dfc44d4b969f2370767674c?p=30
日本書紀の主な寫本一覽表リンク。
https://company.books-yagi.co.jp/wp-content/uploads/2018/02/72a070b9454dd0ccc8001f596c93ef66-1.pdf
https://company.books-yagi.co.jp/wp-content/uploads/2018/02/72a070b9454dd0ccc8001f596c93ef66.jpg
https://company.books-yagi.co.jp/archives/4212
http://www.ookuninushiden.com/newpage64.html

詔の戊子は陰暦二月九日。祭った甲午は陰暦2月15日。内田正男『日本暦日原典』(昭和五十年雄山閣)によればユリウス曆の3月18日に當る。現行のグレゴリオ曆に換算すると三月21日であるらしい。これは春分として間違ひ無いだらう。陰陽開和は獨特の言葉なので、「陰陽諧和」の音誤だなどと言ふ人もあるかも知れないが、「陰陽諧和」といふ言葉も近代以前に漢文世界で用ゐた人はゐない。「開和」は漢文として問題なく、しかし思想として獨特である。

推古春分祭の詔と、神武崇神の皇祖祭の詔とは、文面が非常によく似てゐる。神武崇神の時代の暦日は明らかでないので、矢張り春分であった可能性もあり、否定できない。

陰暦二月十五日は滿月、佛教の涅槃會となってゐる。そのため津田左右吉『日本古典研究』下册及び坂本太郎『聖徳太子』(吉川弘文館昭和六十年版、第九十九頁)では、推古十五年の詔が佛教流儀でないことを怪しみ、あらぬ臆測に這入り込む。ほぼ曰く、このとき推古天皇は佛を祭ったのだが、『日本書紀』撰者がそれを神道流儀に改竄したのだと。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2983655
しかし暦日研究の現代的成果としてこの日が春分であったとなれば、津田らの臆測は否定される。明治以後の春分で皇祖を祭る傳統は、本條を以て最古の記録とすることになる。改竄は必要無かったのである。畏くも詔をわづか百年後に任意に改竄するほどに日本書紀撰者の權力が大きかったならば、涅槃會の二月十五日といふ月日も改竄すれば良い。後人が古人の改竄を無闇に勘繰ると痛い目に遭ふ。

推古紀は佛教的記述ばかり多く、憲法十七條にも神道を述べない。その中で本條のみ神道を述べてゐる。よって平田篤胤は本條は佛教を重んじる聖徳太子の政に出るのでなく、佛教ばかり偏重せぬやうにといふ推古天皇自身の御心に出るのだとしてゐる。篤胤の門弟子飯田武郷の『日本書紀通釋』に見える(篤胤自身の著書は今未確認)。

平田篤胤は獨特の思想で知られるが、普通はそこまで穿鑿しない。明治四十五年、物集高見『勅語逢原』は、佛教を重んじる聖徳太子の政治でも神道を全廢しなかったことを本條が示すとする。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/759436/17
黒板勝美『聖徳太子御傳』(大正十二年初刊、昭和十四年『虚心文集』第二册重録)でも、本條は聖徳太子の神佛雙重の意を示してゐるとする。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/978635/66
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/978635/67
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1266363/66
高須芳次郎『大日本詔勅謹解』第四册(日本精神協會、昭和九年)もほぼ物集説と同じである。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1243170/24
太子の意であれ女帝の意であれ、いづれにせよ推古朝は神佛雙重であったといふことで平田説物集説は一致する。春分の現代的歷算は平田説物集説を助けるかの如くである。なほ、高須の文中の安積澹泊『推古帝論』とは、『大日本史論贊』(疑安積澹泊撰)であらう。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/951005/10
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/951005/36
推古天皇の崇佛を水戸儒者は惑溺と評する。

黄河文明の春分はどうであったか。孔穎達「禮記正義」卷四十七「祭義」に曰く、
「祭日於壇」、謂春分也。「祭月於坎」、謂秋分也。
と。日本で春分秋分に皇祖を祭るのは、周王の日月祭祀の禮にもとづくのではないやうだ。春分秋分はそもそも太陽暦であるから、周王が太陽を祭ったのは何ら特別ではない。また秋分に月を祭るといふのは太陽暦の秋分でなく、時期相前後する中秋の節句の俗が浸潤してゐるのだらう。ついでながら、敬老の日が九月十五日となってゐるのは、中秋の節句に源する。『禮記・月令』曰く、「仲秋の月、衰老を養ふ」と。八月十五日を陽暦で九月に移したのが敬老の日である。

 日本書紀の暦日は、小川清彦の研究にもとづき内田正男が整理し、現代の定本となってゐる。近年木庭元晴(自然地理學)もこれを高く評價する。

關聯:
木庭元晴「飛鳥時代推古朝による天の北極及び暦数の獲得」(關西大學博物館紀要22。西暦2016年刊)。木庭氏文中で推古十一年(西暦603年)の春分をグレゴリオ暦にもとづき三月19日としてゐるが、實際にはユリウス暦にもとづいてゐるので要注意。
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/handle/10112/11175

飯田武郷『日本書紀通釋』第四册。大鐙閣    大正11-15
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933891/370

「聖徳太子の鴻業」  坂本太郎[著]  岩波講座日本歴史 1934.6
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1240334
https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN08203958
國會遠隔送信。

津田左右吉『日本古典の研究』 下册    岩波書店    1950
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2983655
國會遠隔送信。



唐臼山小野妹子神社

https://web.archive.org/web/20180209154300/http://senkaku.blog.jp/2018012874700117.html


中原中也詩。
http://zenshi.chu.jp/mobile/?p=329
http://nakahara.air-nifty.com/blog/2012/04/post-062a.html
http://mukei-r.net/poem-chuuya/soudai-sina.htm
http://www.junkwork.net/txt/mikanshihen/1930-1932/24.SnakeInBell
支那といふのは、吊鐘の中に這入つてゐる蛇のやうなもの。
 日本といふのは、竹馬に乗つた漢文句調、いや、舌ッ足らずの英国さ。

今二(ふた)ァ人(り)は事変を起した。
 国際聯盟は気抜けた義務を果さうとしてゐる。

日本はちつとも悪くない!
 吊鐘の中の蛇が悪い!

だがもし平和な時の満洲に住んだら、
つまり個人々々のつきあひの上では、
 竹馬よりも吊鐘の方がよいに違ひない。

あゝ、僕は運を天に任す。
 僕は外交官になぞならうとは思はない。

個人のことさへけりがつかぬのだから、
 公のことなぞ御免である。

---------------------
以下、門外漢の解。反戰でなく厭戰である。未刊稿。釣鐘は清國の所謂「内地十八省」
http://apjjf.org/data/1911ChinaTRZ1.jpg
http://a1.att.hudong.com/37/68/20200000013920144725688173844.jpg
即ちチャイナ本土、China properの形状だらう。滿洲モンゴルチベットは含まれない。甘肅省が釣り繩だらう。鐘の蛇は安珍清姫の逆で、解し難い。

一方、竹馬は日本列島の形状である。三枚舌と評されてゐた英國に較べて、日本外交が拙劣だから「舌足らず」と自嘲してゐる。

近年、水無田気流(詩人)といふ人は、平成二十二年『文藝春秋』8月號「的中した予言50」で
http://d.hatena.ne.jp/cool-hira/20100728/1280264809
竹馬が「威丈高に背伸びする日本」を示すと解してゐるらしい。まあそれでも良いだらう。では蛇をどう解するのか。中原氏は釣鐘が良いと言ってゐるが、蛇が良いと言ってゐない。多分惡い形象だらう。

また、平和な時の滿洲から日本及び支那を交際相手として觀てゐるので、滿洲はもともと支那の外だといふ前提である。

要するに今の一部の人々のやうに、「支那を惡く言ってはならぬ」「支那の主張に配慮せねばならぬ」といふ遠慮は、中原中也には無かったのだらう。專門家に訊ねてみたい。



中原中也



China_proper2

China_proper4

China_proper4

China_proper

https://archive.is/VBJNk


https://web.archive.org/web/20180129095459/http://senkaku.blog.jp/2018012874705646.html

.



アベマTV。宮臺眞司氏が「クヅ」といふ罵語を繰り返してゐる。注目は、ビデオ6分20秒から宮臺眞司氏曰く、「琉球王朝はチャイナが作った」。
https://www.youtube.com/watch?v=aEMpgeSIXaA
https://snjpn.net/archives/41488
違ひます。宮臺氏は如何なる定義で言ってゐるのか。考へられるのは三つ。
1、チャイナからの影響で琉球人が國家意識を持ち、三山が生まれ、後に統一琉球國となった。
2、明國の册封を受けて琉球國の國號が生まれた。
3、三山を統一した中山王尚巴志の時代、歸化人家系の三十六姓の人々を重用した。

反駁。
1、國家といふ制度が生まれたのは、メソポタミア文明に始まり、後の諸文明の諸國家は全てその影響を間接的に受けてゐる。日本が國家として統一されて行ったのも、周邊に國家といふ制度が先に到達してゐたため、その影響を受けたと考へられる。朝鮮もチャイナも西方文明からの影響を蒙らずに成立した國家は無い。そのやうな間接的影響を「誰々が王朝を作った」とは呼ばないのが一般常識である。
 琉球は繩文時代以來、日本文化の地域であり、日本の南北朝の各地勢力が亂立する時代に中山國を産み出した。源氏などの武士が南九州から南下して中山國を作ったといふ傳説も濃厚に存在し、無視できない。一方でチャイナ人が西から來て琉球を作ったといった傳説は皆無である。民俗學的な方向性としては、琉球は日本から生まれたとしか言ひやうが無い。

2、琉球國が最初に册封を受けた記録は『皇明實録』洪武五年(西暦1372年)に見えるが、琉球といふ國號を下賜したとは書かれず、册封使を琉球に派遣したと書かれてゐる。「琉球」は中山國(沖繩)側の自稱にもとづく可能性が高い。
http://senkaku.blog.jp/2017031970019415.html
明國からわざわざ國號を下賜したならば、下賜したといふ書き方になる筈だ。後に西暦1429年に三山が統一されたが、『皇明實録』宣德四年(西暦1429年)以後に國號琉球を下賜した記載も無い。洪煕元年(西暦1425年)に册封使柴山が尚巴志を册封した記述でも、琉球といふ國號を下賜したと書かず、琉球國中山王を嗣ぐやう册封したと書かれてゐる。
 後に『中山世譜』卷三の察度王紀には、洪武皇帝が「瑠求」を「琉球」に改めたと書かれてゐるが、もとの『皇明實録』はさう書いてゐないので、『中山世譜』の附會に過ぎない。『中山世譜』はチャイナの記録から衍生する附會の多い書である。例へば元朝が侵掠した琉球即ち臺灣西南部を、沖繩であるとして、中華に親近することを喜ぶが如くである。『中山世譜』のチャイナ關聯記述はこの傾向が強いので、史實として信頼することはできない。

3、三十六姓は王ではなく臣下である。また、三十六姓は福建人(含客家人)であり、民族としてチャイナ人ではない。リンク:
http://senkaku.blog.jp/archives/19112464.html

以上、反駁終り。

附記。琉球の正史『球陽』に引く『遺老傳』によれば、尚巴志時代から歴仕した國相懷機は、尚金福王の二年(西暦1452年)に長壽神社(浮島神社)を創建し、天照大神を祭ったと書かれてゐる。琉球で創建年代の記録の殘る最古の神社である。懷機は三十六姓だとされる。三十六姓の大臣が天照大神を祭った。それは何を意味するか。あとはそれぞれ理解すれば良い。

附記二。
ビデオの後ろの方で(分秒失念)、宮臺氏は「周邊國の信頼釀成」の後に重武裝すると言ってゐる。これは空論だ。周邊國が信頼できないから現状の危機に立ち至ったのである。宮臺氏の言ふ重武裝は永遠に實現しない。宮臺氏自身も永遠に實現しない前提で格好をつけてゐるだけだ。「クヅ」を繰り返した自信家がこんなものか。

附記三。
9分40秒から12分50秒まで、琉球及び尖閣についてトンデモ發言が相繼いでゐる。別途書くのでお待ち頂きたい。







中西輝政氏。斷片だけ切り取った方が本音が見えます。  
http://www.gentosha.jp/articles/-/8847  
「できるだけ中国との友好関係の維持につとめながら」
「古い中華帝国の再浮上をいかに抑え込むか」
「生まれ変わった新しい中国にアジアと世界の原動力になってもらって、それをどう利用するか」

……色々書いてますが、要するにチャイナの顔色を
窺ひつつ生きぬくのが日本の正しい未來なのださうです。
中西氏は中華帝國の過去を過大に評價してゐます。
そもそも沿岸航行しかできなかった鄭和は、インド洋では
イスラム航海士に頼ったに過ぎません。
まして南沙に進出などしてません。
過去に無かったことを有ったと勘違ひしてる中西さんは、
未來のチャイナについても勘違ひ。「再浮上」などと形容します。
チャイナが民主化すれば良くなるから、日本は支援すべきださうです。
チャイナに對して凄まじい性善説の夢を見てゐます。

中西輝政夕刊フジ
寫眞は週刊ポストより。
https://www.news-postseven.com/archives/20180119_640286.html

 昨年(平成二十九年)は、田久保忠衞氏、中西輝政氏ら保守派大物が次々に轉向し、チャイナと仲良くすべきだと主張し始めた年でした。それに相呼應するかのやうに、政府内でもアジア投資銀行及び一帶一路を支持する発言が相繼ぎ、舵を切ったと報じられてゐます。
 責任の大きさを分かってゐるのでしょうか。アジア諸國はチャイナに對抗する役割を日本に期待してゐます。日本が一帶一路支持に囘ると、アジア諸國はもう劣勢やむなしと見て雪崩を打ちます。日本はその形勢を觀望して、さらにチャイナへの傾斜度を強めてゐます。
 一帶一路とは、陸海シルクロードをチャイナが支配した歴史を再現するといふプロパガンダです。そもそもシルクロードはインド、イスラム、ポルトガルなどの洪水のやうな文明を、チャイナが輸入した道です。まれに陶磁器や絹など輸出品もありましたが、現チャイナはそれを擴大解釋して、チャイナが主役だったといふ逆イメージを作り上げてゐます。そんな虚構に日本政府が協力を表明するのは、よほどチャイナに遠慮してゐるのでせう。となると尖閣で遠慮するのも必然です。
 では、いしゐのぞむは日本はどう生きぬくべきだと言ふのか、と問はれるでせう。日本は自身の國力を高めるべきなのは誰もが一致するでせう。生きぬくにはまづそれが基本です。そして若者はチャイナ以外のアジア諸國に出て行って、現地のアジア人やチャイナ人と喧嘩すべきです。
 さういった基本の上で、國家として誰と仲良くするかといふ問題。私はひたすら正義を貫くことしか考へません。損得勘定で動かない。正義を貫く以上、チャイナと融和することは永遠に有り得ません。
 中西氏は、早い話がアメリカから離れてチャイナにくっつくのが良いと言ってます。損得勘定しか見えて來ません。私は正義の孤獨で良いと思ひます。それでも十分に生きぬくことはできます。相手が誰であらうと、正しいものは正しい、誤りは誤り、さうはっきり物を言ふ國として生きぬく。當り前ではありませんか。チャイナは尖閣でも明らかな通り、虚構の歴史を國是としてゐます。中華思想とは歴史虚構思想に外なりません。チャイナが中華思想を捨てる日は永遠に來ませんから、日本は永遠に反チャイナで生きてゆく。中西氏の言ふやうに、民主化すれば中華思想も消えるのか。甘い。
 なほ、歴史上の日本は、常にチャイナ包圍網を構成する一國ででした。今後も繼續すべきです。關聯リンク。
http://livedoor.blogimg.jp/ishiwi/imgs/c/1/c1119810.jpg
http://senkaku.blog.jp/2016032757304880.html
http://senkaku.blog.jp/2016042659002822.html
鄭和については拙著「尖閣海域史辨妄」、平成二十九年 長崎純心大學大學院『人間文化研究』十五號
https://ci.nii.ac.jp/ncid/AA1184559X


追記。田久保氏の言説は以下の通り。

「日本は日米同盟一辺倒ではなく、中国とも良好な関係を構築する必要に迫られてくるのだ。安倍首相は早急に中国との対話を強化して、戦略的互恵関係を再確認し、協調路線を進めなければならない。」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/171215/soc1712150026-n1.html

「安倍さん自らが訪中して話をつけるべく接触すべきです。中国とも握手すべきです。」
https://dot.asahi.com/wa/2017032100085.html?page=3



NHKスペシャル「中國文明の謎」第一輯「中華の源流、幻の王朝を追ふ」
https://www.nhk.or.jp/special/china-civilization/
の再放送を見た。河南省の「二里頭」が夏朝の遺跡であるかのやうに懸命に宣傳し、いかにもチャイナは古いぞと言ひたげであった。まさしくチャイナ共産黨「夏商周斷代工程」
http://senkaku.blog.jp/2017112673794368.html
の虚構のお先棒をかついでゐる。しかし二里頭(西暦紀元前十八世紀から紀元前十四世紀前後)が夏朝だといふのは、夏朝の地點を擬する諸説の一つに過ぎない。
 以下に素人程度の理解でNHKを否定して置かう。二里頭文化の後半期は、青銅の禮器(爵など)が出現し、その形状は明らかに商朝の特色である。漢字創製が紀元前十四世紀頃で、商朝の中期であるから、二里頭後期と商の前期とは年代が重なる。普通に考へれば二里頭後半は夏朝ではない。二里頭前期までは、ほかにも黄河流域に樣樣な原始的文化遺跡があり、どれがチャイナなのか分からない。といふよりもチャイナは存在しなかった。ただ諸民族の諸文化が存在しただけである。
 史書によれば商朝前期は各地に遷都を繰り返し、もとは山東省から出自したのである。二里頭後期とはそもそも位置が異なる。漢字の出土する殷墟は二里頭の近隣である。要するに漢字以前の文化といふのは樣樣に入り亂れて、どれがどれだか分からない。
 一方、繩文文明は一萬五千年だ。ほぼ現代日本の領土と重なる。チャイナのやうに侵掠と擴大と斷絶を繰り返した大陸文明とは大いに異なる。チャイナ三千餘年のやうな「若い文明」から較べれば繩文文明は遙かな大先輩だから、夏か殷商かと細かな年代の議論をするまでもない。奇跡の繩文文明こそ、外務省補助金「主權領土歴史」研究の中で一つの柱とせねばならない。
 外務省補助金「主權領土歴史」 VS チャイナ共産黨「夏商周斷代工程」。
http://senkaku.blog.jp/20170829hojokin.html
http://senkaku.blog.jp/20170827hojokin.html

 NHKはもう一つ、山西省の陶寺村の太陽觀測遺跡が二十四節氣と一致するから、現代まで繋がってゐるといふ妄説を強く支持した。しかしこれも、節氣が二十四種揃った遺跡ではなく、ただ夏至冬至、春分秋分および幾つかの日の出の方向を觀測してゐたといふだけに過ぎない。
 夏至冬至、春分秋分は、近い時期のイギリスのストーンヘンジでも觀測され、ちっともチャイナ文化ではない。後の二十四節氣のやうに細かく分ければ、陶寺村の太陽の方向のどれかに近似的にあてはまるのは當り前だ。
https://kknews.cc/news/g2yza9e.html
http://page.palmtrends.com/show.php?id=l3dwl3l3SsM74
何でも誇張したがるチャイナ人ですら「陶寺には二十の節氣だけしか無く、漢代の二十四節氣とは異なる」といふ考古學者の判斷を否定できずに載せてゐる。二十から二十四へ進歩したといふ問題でなく、そもそも同一系列の文化だといふ根據が無い。これではちっともチャイナ文化ではない。
 しかもイギリスは現存だが陶寺は復元だ。八千年の古代オリエント文明から較べれば子供だ。このやうに、少しばかり古いものは無理やり何でもチャイナだと牽強傅會するのが現代チャイナの常である。NHKはチャイナ放送東京支局か。

二里頭青銅爵





「古琉球期の琉球王国における「海船」をめぐる諸相」  岡本弘道
    東アジア文化交渉研究 1, 221-248, 2008    関西大学
(再録:琉球王国海上交渉史研究、榕樹書林, 2010)
https://ci.nii.ac.jp/naid/110006944091
http://gajumarubook.jp/?pid=50035837
凄い論文。十年後にこれを讀む私は隨分迂闊者だ。榕樹書林のを昨年純心で購入し、抛置してゐた。

琉球の半印勘合。琉球獨自の勘合制度。明國勘合貿易や月港の船引、秀吉家康の朱印船などとならぶ。

明國から下賜された船名を琉球獨自に改名してゐた。

琉球から明國への進貢船の大きさ。西暦1520年から急に小さくなる。小船は小囘りを重視。

琉球から明國などへの歴年進貢船一覽は先行研究を補ってゐる。

他にも色々と有益なことが書いてあるやうだ。反復熟覽せねばならない。ウーマン村本氏「琉球をチャイナから奪ったんでせう」といったイメージは實の處、學界にも廣がってゐて、學界の責任も大きい。そのイメージを正すために必要な重要論文の一つに違ひない。書中の他章と併せてよく讀まう。



琉球進貢船圖




Takezo氏、日章旗演舞感語。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1592163484178769
 初めて1月14日の尖閣諸島開拓記念日に石垣島の古賀辰四郎開拓記念碑前で開催される尖閣諸島を守る会主催の宴で日の丸演舞を披露したのは3年前でした。その時は初対面の当日に押し売りにも関わらず自らが作詞した尖閣諸島の歌を歌う仲間均石垣市議との共演でバックダンサーを勤め、その絵は翌日の八重山日報に掲載されました。
 2年目は歌い手さんが参加されていたので一緒に舞台を勤めました。3年目の昨年は全員で尖閣諸島の歌を合唱する企画だったのでやらない方が良いのか戸惑っていたら、「どうせ誰も歌わないんだからアンタが踊った方がマシ」とありがたいけど身も蓋もない観客目線のお言葉に背中を押されて舞い踊り、来年は尖閣諸島で開催しましょうと提案しました。
 しかし私にとって4回目となる今年の第8回尖閣諸島開拓記念日制定の宴もまた同じ場所での開催となりました。

 元来密教ノリ気質の私には今現代日の丸舞踏家を有効活用出来る唯一の日本男児であります仲間均石垣市議が代表を務めます尖閣諸島を守る会主催のこの宴が日の丸演舞を一般大衆に披露する数少ない貴重な晴れ舞台なのですが、ここまで同じ場所での足踏み状態を強いられると屈辱の舞台という気さえしてきます。私でさえそう感じるのだから拉致被害者とそのご家族の無念さたるや計り知れないものがあるのでしょう。
 それでも4年連続ともなれば名前を覚えてくれている人がいたり、「今日も見れると思って楽しみにしてました」など芸人冥利に尽きるお言葉を頂戴したり、主催の仲間均石垣市議も到着して挨拶するなり「婦人部の踊りのあと最後の合唱の時に踊ってくれ」と当たり前のように仰ってくださり、受け入れられている感じがありがたくて、とにかくこうして実際に日の丸演舞を人様に披露することで熱気を帯びたうねりを生み出し日本を覆う閉塞感を打ち破る突破口を切り開かなければとの想いが一層強くなる。そしてその先にしか尖閣諸島へと至る道のりは切り開けない。

 尖閣諸島の歌の前奏が会場に鳴り響き、いつものように日の丸を両端に装着したシングルスタッフ(1本の棒)を掲げて古賀辰四郎開拓記念碑に正対し偉大なる先人に感謝を捧げて舞い踊る。来賓席に向き直って踊っていたら片方の日の丸の紐が1本外れてしまい、しばらくなんとか誤魔化せる技で時間を稼いで間奏に入るや否やダブルスタッフ(2本の棒)に道具を持ち替えました。今回は片方に日の丸もう片方に沖縄県旗を装着したスタッフを2本使う日の丸沖縄県旗演舞で、沖縄を日本から切り離す分断工作が活発な今のイチ押しアイテムなのだけれど、最前列の中央に列席されていた石垣市長は満面の笑みでした。
 曲が3番に突入したので、使うかどうか分からないけど一応準備していたフラッグポイに持ち替えました。ファイアーポイではチェーンに繋がれた火の玉を振り回しますが、それの旗ヴァージョンです。今回の旗はZ旗でした。

 皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ。

 道具を片付けて司会進行役の長山家康石垣市議にお礼を述べると「また来年も宜しくお願いします」と言われ、最後に仲間均石垣市議にお礼の挨拶をすると又々「また来年も宜しく」と言われたので、「来年こそは尖閣諸島で開催しましょう」とお答えしました。
 石垣市が尖閣諸島に関する事柄で何か行動を起こそうとするとアメリカ様の言い付けなのか中国様を刺激するなとの理由で政府が妨害してくるのが定番の習わしになっています。確かに現状は厳しいでしょう。でもそれは能力ではなく意志の問題でしょう。断固とした意志を行動で示すことなく小賢しい処世術でこの国難を乗り切ることなど出来ません。サラミがスライスされる度にしわ寄せが現場に押し寄せ負担が重くなります。決断が遅れれば遅れるほど後々に支払うリスクとコストが高くなります。もうあまり時間はありません。そろそろ本気になりましょう。

takezo日の丸1


takezo日の丸2


https://www.youtube.com/watch?v=s-ueGba1B-o

.


「尖閣諸島開拓の日」記念式典及び講演会のご案内
日 時:平成30年1月14日(日)15時~
場 所:石垣市民会館 中ホール ※入場無料
講演会:琉球大学名誉教授 高良倉吉 氏による講演会「琉球史から見た尖閣諸島」を行います。
http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/home/kikakubu/kikaku/index.htm#p2018010901

伊是名島で生まれ、大東島で育った高良氏。のちに仲井間縣政で副知事も務めます。式典の前に、まづは素晴らしいビデオをどうぞ。面白いお話が聞けます。
https://www.youtube.com/watch?v=paD47GvVdos


私は出席できませんが、祝電を送りました。リンク。皆さんも是非。
http://senkaku.blog.jp/300114.html

そして、
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1553962051354339
午前十一時半からは、尖閣諸島を守る會「開拓の日を祝ふ宴」もあります。石垣港のそばの尖閣開拓記念碑前にて。舞蹈家Takezo氏の日の丸演舞が披露され、尖閣まぐろも振舞はれる見込みです。中山石垣市長は例年こちらにも出席します。



昨年の私の講演はこちらリンク。
http://senkaku.blog.jp/290114.html


.

一月十四日は尖閣諸島開拓記念の日です。
私は昨年、式典記念講演をしましたが、
http://senkaku.blog.jp/290114.html
今年は都合により出席できないので、祝電を送りました。
まづは日章旗の臺紙を搜しました。
https://hinomaru-sannnomiya.amebaownd.com/
日章旗と言へばリンクの三宮商店。
日章旗三宮商店
しかし祝電用は殘念ながら見つからず。
愛國者コシノジュンコ富士山の臺紙はソフトバンクで見つかりましたが
https://hot115.jp/celebration/basic/102-082/
コシノジュンコ富士山
石垣島がソフトバンクの配達範圍に這入ってませんでした。
已むを得ず、富士山もあきらめて、
普通のデザインの郵便局のレタックスを選びました。
https://webyubin.jpi.post.japanpost.jp/webyubin/elx/DYFR210Flash.do
リンクです。皆さんも送ってみませんか。
石垣島の皆さんに喜ばれる筈ですし、
「祝電殺到!」とかのニュースになるかも知れません。
ファックスでも可能のやうです。
多分式典會場に貼り出されると思ひます。
下は私の文面です。宛先は役所なので、
金曜夕方までに到着するやう指定しました。
土曜到着で式典で貼り出されるかどうかは分かりません。
貼り出されなくても喜ばれることは間違ひありません。

〒907-8501 石垣市美崎町14
石垣市役所 企劃部 企劃政策課 企劃係御中
TEL0980-82-1350 FAX0980-83-1427
明治二十八年、尖閣諸島が正式に日本の領土と
なるまでの悠久の歴史の重みを感じつつ、
尖閣諸島開拓の日をお祝ひを申し上げます。

長崎純心大學准教授
内閣官房領土室委託尖閣調査事業特別研究員
いしゐのぞむ」
   
--------------------------
また、同じ一月十四日の午前十一時半から、
石垣港そばの尖閣開拓記念碑前で、
「尖閣諸島開拓の日を祝ふ宴」
が行なはれます。こちらにも祝電を送りました。
こちらは舞蹈家Takezo氏の日の丸演舞が披露され、
尖閣まぐろも振舞はれる見込みです。
昨年はこちらの宴にも中山義隆石垣市長が出席してゐました。
以下は私の祝電文面です。

〒907-0022石垣市大川40番地 電話0980-83-1568
仲間均議員事務所氣附 尖閣諸島を守る會御中
數百年にわたる悠久の歴史を經て、
明治二十八年、尖閣諸島が正式に日本の領土と
なったことを記念し、
「尖閣諸島開拓の日を祝ふ宴」をお慶び申し上げます。

長崎純心大學准教授、
内閣官房領土室委託尖閣調査事業特別研究員
いしゐのぞむ」   

そもそも、祝電の臺紙など、慶祝用品に日の丸や富士山がほとんど無いといふのは悲しいことではありませんか。郵便局やNTTには、日の丸と富士山を採用するやう求めたいですね。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1553962051354339
尖閣祝宴仲間均


明治大學蘆田伊人文庫。
蘆田伊人

地球萬國山海輿地全圖説;地球萬國[図]説 全(元題簽) / 常陽水府 赤水 長玄珠述
    -- -- 木版(彩色) -- 1舗 -- 52.5×58.1cm(19.5×10.3cm)
「大清図」「朝鮮図」を付す。図の赤道径55.1cm, 南北径27.4cm。
裏表紙に「山形縣羽前国東置賜郡上郷村大字長手千六百六十四番地
 亀吉持主 明治廿五年旧四月大吉撰日求之」と墨書あり。
http://www.lib.meiji.ac.jp/perl/ashida/search_detail?detail_sea_param=loc,4,35,0
http://www.lib.meiji.ac.jp/ashida/display/each/04/04-035/04-035-0-2.04.026-l.jpg


上記刊本の手寫着色が下圖。

地球萬國山海輿地全圖説;山海輿地全圖(序) / 常陽水府 赤水 長玄珠述
    -- 手書図 -- (彩色) -- 1枚 -- 111.0×160.3cm
    刊本の写図。南北径 68.8cm, 赤道径 147.3cm。「長久保氏藏版 東都 山崎金兵衛 浪速 淺野弥兵衛」。
http://www.lib.meiji.ac.jp/perl/ashida/search_detail?detail_sea_param=loc,4,56,0
http://www.lib.meiji.ac.jp/ashida/display/each/04/04-056/04-056-0-1.013.042-l.jpg


明治大學は掲載手續きが少々嚴しいので、
これまで論文で取り上げるに間に合はなかったのだが、
ここで圖を切り取らずにリンクだけでブログに出して置かう。

尖閣附近に「レイシ」とある。
他の朱印船古海圖では尖閣に「レイス」とあり、
朱印船航路簿(寛文航海書など)では尖閣に「レイシ」
とあるので、この圖のレイシは航路簿の情報を
取り入れたのかも知れない。但し、問題がある。
與那國島附近の島に「ケイラ」と書かれてゐる。
臺灣島最北端の鷄籠(ケラン)とは位置が全く異なる。
オランダの情報にもとづく地圖では、
臺灣島の東岸に「Gaelay」「Gillira」といふ島があるので、
この「ケイラ」はオランダ式の圖から取った可能性が高い。
ところがオランダ式の地圖では尖閣の位置を捉へてゐない。
しかもこの赤水の圖ではレイシの西側に
臺灣北方諸島が無い。
さうなると、この赤水のレイシは尖閣なのか否か確定できない。
とても殘念だ。
「Gaelay」「Gillira」については、拙著「尖閣海域史辨妄」
(長崎純心大學大學院『人間文化研究』第十五號)參照。

https://web.archive.org/save/http://senkaku.blog.jp/2018010974442265.html
http://archive.is/JNb1t

https://t.co/NIfbJPLRjU

http://archive.is/ONRfj
八重山20121006
  .
明国地図、尖閣は「国外」 中国公式見解を否定 石井准教授「具体的反論を」
2012/10/06  八重山日報
   插圖:籌海図編の「沿海山沙図」(四庫全書、台湾商務印館)。
   尖閣諸島は中央上部にある。赤色は石井准教授が挿入。

 尖閣諸島(石垣市登野城)が明代(1368年~1644年)の中国の「管轄範囲」だったことを示す証拠として、中国政府が公式見解に採用している明国の軍事書の島嶼(とうしょ)図が、実際には国外であるだけでなく、海防範囲外を示していることが分かった。中国の主張に対する有力な反論になりそうだ。石井望・長崎純心大准教授(漢文学)がこのほど、佐賀県で開かれた講演で明らかにした。
   插圖:大明一統志 天順本(統一印刷公司)より、福建省福州府の項目。

 明国で一五六二年に書かれた軍事書「籌海図編」(ちゅうかいずへん)には「沿海山沙図」(えんかいさんさず)という大陸沿岸の島嶼図を収めている。「山沙」とは島嶼を指す。その中に尖閣諸島の古名「釣魚嶼」などが記載されている。

 「籌海図編」が軍事書であることを根拠として、中国政府は一九七〇年代から、尖閣諸島を明国の海防管轄範囲と主張。最近では今年9月25日に中国国務院新聞弁公室が発表した「釣魚島領有白書」などで、この見解が公式採用されている。これに対し、日本の研究者はこれまで「尖閣が管轄内との記述はなく、ただの航路のしるべだ」と反論してきたが、管轄外と明記する文献を示していなかった。

 石井准教授が9月30日に行った講演によると、1461年、明国で勅命により刊行された「大明一統志」(だいみんいっとうし)には、福建省と浙江省の東端が「海岸まで」と明記されており、尖閣諸島は明確に国外だった。

 一例として福建省福州府の項には「東のかた海岸に至る一百九十里」と記されている。百九十里(現在の約百キロメートル)は、福州の本府所在地から海岸までの距離を示しており、明国の領土は海岸まで、尖閣は国外であったことが分かる。「大明一統志」だけでなく、明国で編纂された各地方志の「疆域」(領域)の記述も同様だという。

 石井准教授は「海岸以東が国外である以上、『山沙図』即ち島嶼図の定義そのものが国外図というに等しい」と話す。石井准教授によると、明国では海岸を守るための駐屯地を、国外の近海島嶼に点在させていたという。

 国外の駐屯地は、中国主張の根拠とされる「籌海図編」に「福建兵防官考」の項目で列挙され、ほぼ銅山(どうざん)、浯嶼(ごしょ)、南日(なんにち)、烽火門(ほうかもん)、中左(ちゅうさ)(厦門)、金門(きんもん)、烈嶼(れっしょ)、壁頭(へきとう)、五虎門(ごこもん)(官母嶼)の9カ所だけ。いずれも沿岸10数キロメートル以内の範囲であり、福建から約4百キロメートルの尖閣諸島は明らかに範囲外だ。

 遠く台湾との間にある澎湖群島(ほうこぐんとう)も、例外的に一時期駐屯地となっていたが、それでも福建沿岸から約2百キロメートルの位置に過ぎず、尖閣諸島までの距離の半分だ。

 これまで日本側は、明国の公式地理書に尖閣が載っていないと主張するだけだった。石井准教授は「これからは『明国の国内はここまで、国外の駐屯範囲はここまで』と具体的に確定して指摘するべきだ」と話している。

--------------
以上、八重山日報記事。
『大明一統志』は、めでたく平成二十八年度
く内閣官房委託尖閣調査報告書に
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/img/data/archives-senkaku03.pdf
採用されました。


南日本語派(琉球を含む)と東日本語派(八丈を含む)の提唱
  2017年12月24日   五十嵐陽介
https://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=150257
 
五十嵐陽介氏の最新の研究は
https://researchmap.jp/yos_igarashi/?lang=japanese

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-26770143/

https://researchmap.jp/mu90vd43k-1856949/#_1856949

何やら凄さうだ。琉球語と九州語は確かにかなり近縁性を感じる。


五十嵐陽介(2016)「琉球語を排除した「日本語派」なる系統群は果たして成立するのか?
―「九州・琉球語派」と「中央日本語派」の提唱―」国際日本文化研究センター共同研
究会「日本語の起源はどのように論じられてきたか-日本言語学史の光と影」第 3 回共
同研究会. 2016 年 8 月 30 日.  京都:国際日本文化研究センター.


五十嵐陽介「九州・琉球同源語調査票」  
https://researchmap.jp/mu90vd43k-1856949/
九州の言語と琉球列島の言語のみが共有している語(形態素)のリスト。PDF。
曰く「球列島の言語と九州の言語の「近さ」を指摘した先行研究。琉球列島の言語と「最も近い関係」にあるのは九州の言語であるとの指摘は、古くは伊波普猷(1911) 、服部四郎(1979)によってなされており、その後も野原三義(1979-83) 、上村幸雄(1997)などによってなされている。最近でも狩俣繁久(2002; 2016)、風間伸次郎(2012) 、五十嵐陽介(2016)が琉球列島の言語と九州の言語の近さを主張している。ただし、従来の研究は、ほとんどの場合、両者の類似性を指摘するにとどまり、
両者が系統的に近縁であることを示す証拠を必ずしも提出していない。」

伊波普猷(1911)「琉球人の祖先に就いて」 伊波普猷『古琉球』沖縄:  沖縄公論社.  pp.  1-60.

上村幸雄(1997)「琉球列島の言語(総説)」亀井孝・河野六郎・千野栄一(編著)『言語学大辞典セレクション:日本列島の言語』東京:三省堂. pp. 311-354.

風間伸次郎(2012)「琉球諸語研究の視点―類型的・歴史的観点から―」若手研究者育成セミナー「消滅危機言語としての琉球語研究の意義と目的」東京:東京外国語大学.

狩俣繁久(2002)「琉球列島の下位区分」北原保雄(編)『朝倉日本語講座 10:方言』東京:朝倉書店.

狩俣繁久(2016)「日琉祖語はどのように語られてきたか」国際日本文化研究センター共同研究会「日本語の起源はどのように論じられてきたか-日本言語学史の光と影」第 3 回共同研究会. 2016 年 8 月 30 日.  京都:国際日本文化研究センター.

野原三義(1979-83) 「琉球方言と九州諸方言との比較」(Ⅰ-V)『沖縄国際大学文学部紀要:国文学篇』  8(1), 1-16; 9(1-2), 1-20; 10(1), 1-16; 11(1-2), 1-16; 12(2), A1-A14.

服部四郎(1979) 「日本祖語について 21-22」『言語』8(11): 97–107; 8(12): 504–516.



https://twitter.com/YosukeIgarashi/status/945131329921806341
https://twitter.com/YosukeIgarashi/status/945131642678534145


https://twitter.com/manadia_ad/status/847403406918537216

五十嵐陽介twitter2