- 尖閣480年史 - いしゐのぞむブログ 480 years history of Senkakus

石井望。長崎純心大學准教授。笹川平和財團海洋政策研究所島嶼資料センター島嶼資料調査委員。日本安全保障戰略研究所研究員。沖繩平和協力センター受託尖閣資料調査事業特別研究員。 御聯絡は長崎純心大學(FAX 095-849-1894) もしくはJ-globalの上部の「この研究者にコンタクトする」  http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?JGLOBAL_ID=200901032759673007 からお願ひします。 

 私は八重山日報の石垣島電子版を購讀してゐます。下の寫眞は
https://pbs.twimg.com/media/DCaJZ9vUAAAIwKe.jpg
ツイッター友達から頂きました。そろそろ我那覇女史が歸國して記者會見をする頃なので、皆樣ご覽下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=TkStrzk_doQ


 さて八重山日報はとても眞面目で中立的なのです。このインタビューで私が記者氏に向かって笑罵したのは、チャイナといふ存在の輕さです。しかし眞面目な八重山日報で笑罵の語が記事になることはありません。ただ我那覇眞子女史の演説がチャイナに理解されなかったといふ印象だけを讀者に與へたかも知れません。
 私が言ひたいのは、彼らは價値ある演説を正確に理解するやうな人々ではない。ただ日々法螺を吹いて暮らしてゐるに過ぎない。そんなチャイナ人らが我那覇女史の演説を理解したか否か、我々は氣に掛ける必要も無い。チャイナが日本を批判する時、ほぼ全て日本の左翼メディアの報導を基本として、チャイナの獨自理解を加へて批判する。チャイナの新聞が自力で情報を獲得して報じることはほとんど無い。それだけ日本の左翼メディアは日本自身に害をなしてゐる。それが記者倶樂部制度で守られてゐる。
 またこのやうに程度の低い通譯の給與は國聯から支拂はれ、日本がかなりの部分を負擔してゐるといふことも問題です。

https://www.yaeyama-nippo.com/2017/06/16/

yaeyamaデビッドケイ3



.


Today's Handout Material Link:
https://drive.google.com/open?id=0B2MwcvRggQjpNzRkekpBR1YtQmc
download free.

What is Going On in Okinawa? --- Public Opinion, the Bases, and the Senkaku Islands

(ISHII Nozomu :

  The Long History of Ryukyu and Senkakus)

18:30, 13 June 2017   Hotel Bristol, Genève.      

Organized by  :  Association to Convey the Truth About Okinawa

 

標題純心夕陽

prior announcement

http://senkaku.blog.jp/2017061271327772.html


.


Handout material Link:
https://drive.google.com/open?id=0B2MwcvRggQjpNzRkekpBR1YtQmc


290613newspaper


What is Going On in Okinawa? --- Public Opinion, the Bases, and the Senkaku Islands

(ISHII Nozomu :

  The Long History of Ryukyu and Senkakus)

18:30, 13 June 2017   Hotel Bristol, Genève.      

Organized by  :  Association to Convey the Truth About Okinawa

 


標題純心夕陽

it is wrong. Landing and Surveying and Rescue in the long long history, not only linkage.

http://english.ryukyushimpo.jp/2017/05/25/27043/
New research finds Japan’s linkage with Senkaku Islands dating back to 1819
May 12, 2017 Ryukyu Shimpo

On May 12, the government published a research report for 2016 on Okinawa Prefecture’s Senkaku Islands and Shimane Prefecture’s Takeshima. The report included document(s) stating that Ryukyu royalty arrived on the shores of the Senkaku Islands in 1819. This is 26 years earlier than previously thought, according to the oldest disembarkation records by the English from 1845.

The government recognizes the document(s) as clearly reaffirming that the Senkaku Islands are, historically and by international law, a territory inherent to Japan. Jun Matsumoto, Minister in charge of Ocean Policy and Territorial Issues, made a comment during a press conference on May 12. He said, “Presenting objective evidence domestically and internationally is the Japanese way. (We) will continue to conduct (more) research.”

The disembarkation record(s) included in the report were found in the “Family Tree: Genealogy of Ryukyu” contained in the “History of Naha City” owned by the Okinawa Prefectural Library. The record(s) describes how Ryukyu royalty had drifted ashore on an island named Yukunkubajima Island in 1819 and subsequently searched for spring water. This island is believed to be a part of the Senkaku Islands.

The Meiji government integrated the Senkaku Islands in 1895. Now,having disembarkation record(s) listing a date more than 70 years before then, the Cabinet Secretariat said, “This goes to show that even before (the Senkaku Islands) were integrated, Japan had an ongoing relationship with the Senkaku Islands.”

The government researched Japan’s territorial rights over the islands via documents and literature owned by libraries and archives. Every year since 2015, the government has been publishing reports incorporating documents deemed to be vital. This time around, the government researched about 330 documents related to the Senkaku Islands and about 340 documents related to Takeshima.

(Original article by Nozomi Takeuchi of Mainichi Shimbun)

(English translation by T&CT and Chelsea Ashimine)

.

尖閣諸島琉球新報西村tsuyoshi
(From front to back) Minamikojima Island, Kitakojima Island, and Uotsurijima Island of the Senkaku Islands, taken in November, 2010 by Tsuyoshi Nishimura

http://english.ryukyushimpo.jp/2017/05/25/27043/

original japanese
http://ryukyushimpo.jp/mainichi/entry-494772.html

.


「Study: DNA of ancient Japanese different from other Asians」
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201609020070.html
By AKEMI KANDA/ Staff Writer
September 2, 2016 at 18:55 JST

Researchers have discovered that the DNA of Japanese from the Jomon period about 3,000 years ago is significantly different from present-day East and Southeast Asians on the continent.

The findings support the conventional theory that the origins of modern Japanese are a mix of people who lived in Japan during the Jomon Pottery Culture (c. 8000 B.C.-A.D. 300) and those who later came from continental Asia.

A team of experts from the National Museum of Science and Nature, the Sokendai graduate university and other institutions decoded the genome of cell nuclei extracted from the teeth of the remains of two individuals from about 3,000 years ago. The remains were excavated from the Sanganji Shell Mound in the northern part of Fukushima Prefecture.

“Our DNA decoding is an evidence that supports the conventional theory on the origin of Japanese people,” said Hideaki Kanzawa, a researcher from the museum of science and nature.

Among contemporary Japanese, the Ainu people of Hokkaido have the closest genetic characteristics to Jomons, followed by the Ryukyuan people of Okinawa and people living around Tokyo.

The research team’s findings were published Sept. 1 in the Journal of Human Genetics.

The team decoded about 115 million nucleic acids out of a total of 3 billion. It was the first time that genome decoding was conducted on Jomon period remains.

The team then compared the data with contemporary populations from around the world.

The DNA of Chinese living in Beijing, indigenous people in southern China and Vietnamese were all closely related. However, the DNA of the Jomon remains was significantly different from these groups.

Scientists believe that modern Homo sapiens first reached Asia around 40,000 to 50,000 years ago, then branched off into different groups.

The DNA decoding revealed that the lineage of the Jomon population diverged 15,000 years ago at the latest. Current East Asian and Southeast Asian populations evolved from a different lineage, according to the research team.

Modern-day Japanese have long been considered to be a result of miscegenation between the Jomon people and continental populations that came to the Japanese archipelago during and after the Yayoi Pottery Culture (300 B.C.-A.D. 300).
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201609020070.html

asahi_shimbun

original Japanese : 
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Z5S0LJ8ZULBJ00M.html
「縄文人の核DNA初解読 東アジア人と大きく特徴異なる」
神田明美  2016年9月1日19時28分

 縄文時代に日本列島で狩猟採集生活をしていた縄文人の遺伝的特徴は、東アジアや東南アジアの人たちとは大きく離れていることがDNA解析でわかった。縄文人のルーツを考えるうえでの手がかりになりそうだ。総合研究大学院大学や国立科学博物館などのチームが、人類学の専門誌ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクスに1日発表した。

 福島県北部の三貫地貝塚で出土した約3千年前の縄文人2人の歯から、細胞核のゲノム(全遺伝情報)解読を試みた。約30億個ある塩基のうち、約1億1500万個の解読に成功した。縄文人の核DNAの解読は初めて。

 世界各地の現代人のDNAと比較したところ、中国南部の先住民や中国・北京の中国人、ベトナム人などは互いに近い関係にあるのに対し、縄文人はこれらの集団から大きく離れていた。

 現生人類ホモ・サピエンスは、4万~5万年前にアジア地域に到来し、その後、各系統に分かれたとされる。今回のDNA解読で、少なくとも1万5千年前よりも古い時期に縄文人につながる系統ができ、東アジアや東南アジアの集団は、別の系統の中から生まれたと考えられるという。

 日本人では、遺伝的にはアイヌ人が最も縄文人と近い関係にあり、沖縄の琉球人、東京周辺の人と続いた。

 頭骨と歯の特徴から、現在の日本人は、縄文人と、弥生時代以降に大陸から渡ってきた渡来人が混血して形成されたと、されていた。チームの国立科学博物館の神沢秀明研究員は「日本人が、縄文人と弥生系渡来人の混血という説が、DNA解読でも裏付けられた」としている。(神田明美)



「Genetic DNA of Okinawan people similar to people in the main islands of Japan」
http://english.ryukyushimpo.jp/2014/09/29/15386/
September 17, 2014 Ryukyu Shimpo

Modern people living in the Ryukyu Islands are genetically more closely related to those in the main islands of Japan than people in Taiwan or mainland China, a research team has found. The researchers announced their findings on September 16 after analyzing nuclear genomic DNA. The team consists of Takehiro Sato Ph.D, a research scholar of the University of the Ryukyus, who specializes in medical research, an associate professor of the university Ryosuke Kimura and researchers of the Institute of Statistical Mathematics of Kitasato University. According to the researchers, people started moving from the Ryukyu islands to Miyako and Yaeyama islands 10,000 years ago. The team concluded the Pinza-Abu Cave Man, which was found in Miyako Island and dated to 26,000 years ago, and the Shiraho saonetabaru Cave Man, dated to 20,000 years ago, of Ishigaki island, are not the main ancestors of the people living in Miyako and Yaeyama today.

Previous research results have also shown the people of the Ryukyu Islands are more similar to those in the main islands of Japan than mainland China or Taiwan from bones and DNA analysis of remains. However, this new analysis of nuclear genomic DNA got the same results.

The research results could help further study of the origin of the people of the Ryukyu Islands.

The team collected DNA from a few hundred of people from the main islands of Okinawa, Miyako and Yaeyama islands. The researchers analyzed 600,000 Single Nucleotide Polymorphisms in the human genome. The results showed the native people of the Ryukyu islands and those of Taiwan are in different genetic groups. According to the research results, the people of the Yaeyama islands are genetically not related to those living in Taiwan despite their geographical proximity.

A representative of the team said, “We analyzed the migrations of people of the Ryukyu Islands and Han in China after the Jomon Period. We found that it is highly possible that Minatogawa Man is not the main ancestor of the people in the Okinawa islands.” The researchers said further investigation was needed.

(English translation by T&CT)

ryukyu_shimpo

original Japanese : 
http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-231707.html
現代沖縄人DNAの遺伝系統「日本本土に近い」
2014年9月17日 10:19
 琉球大学大学院医学研究科の佐藤丈寛博士研究員、木村亮介准教授、北里大学、統計数理研究所の共同研究チームが、現在の琉球列島に住む人々の核ゲノムDNAを解析した結果、遺伝的に琉球列島の人々は台湾や大陸の人々とつながりがなく、日本本土により近いという研究成果を発表した。

琉球大学が16日、発表した。また、沖縄本島から宮古、八重山諸島へ人々が移住した時期をコンピューターで計算した結果、古くても1万年前以降と推定。宮古のピンザアブ洞穴人(2万6千年前)や石垣の白保竿根田原(さおねたばる)洞穴人(2万年前)は、現代の宮古、八重山の人々の主要な祖先ではないと結論付けた。
 これまで、骨や一部DNAの分析から、琉球列島の人々は中国や台湾より日本本土の人々と近いとする研究成果が発表されてきたが、今回、初めて全ゲノムを網羅した解析によって同様の結果が導かれた。今後の琉球列島の人々の起源を探る研究の一助として注目されそうだ。
 研究チームは、現在の沖縄、宮古、八重山諸島出身者数百人からDNAを採取し、ヒトゲノム全域に分布する60万個の単一塩基多型(SNP)を解析した。その結果、琉球列島の人々と台湾先住民は別系統の集団で、地理的に近接する八重山諸島の人々も台湾先住民との間に直接の遺伝的つながりがないと結論付けた。
 港川人についても同チームは「琉球列島の人々と漢族が分岐した年代が縄文時代以降であると推定されたことから、沖縄諸島の人々の主要な祖先ではない可能性が高いと思われる」と推測し、今後さらなる精査が必要としている。
.




「日本は國際法に逃げ込むな」「二千年の歴史の虚構を暴け」 
やっと言ってくださる議員が出現しました。山田宏議員です。
平成二十九年六月一日、山田宏議員國會質問。九分十五秒より。
https://www.youtube.com/watch?v=_scUI5EHea4#t=9m15s


誰もが待ち望んでゐたので、インターネットでは多數コピーされてゐます。
https://www.youtube.com/watch?v=5HxYDbwWdWM#t=9m15s


https://www.youtube.com/watch?v=erlAFIx1VV0#t=9m15s



下のビデオでは九分四十秒から。
https://www.youtube.com/watch?v=idejlizatTI#t=9m40s


正規版リンクは
https://www.yamadahiroshi.com/pickup18.html
こちらです。


------------------
さらに併せてご覽下さい。南支那海二千年といふ歴史の嘘。
1  
http://senkaku.blog.jp/2016091565883977.html
2  
http://senkaku.blog.jp/2016070362768480.html
3   
http://senkaku.blog.jp/2016040257697412.html


上リンク三つは南支那海。一方の尖閣の歴史の嘘についてはこのブログ「尖閣480年史」の内に多數あります。
-----------------------------
 尖閣で日本ができる有効な方法は世界輿論を大きく轉換させることだけ。内外の輿論の九割が常駐支持となり、常駐しない安倍さんが強い批判にさらされれば、安倍さんは常駐します。支持率で動く人ですから。では輿論はどうしたら轉換するか。ルトワックさんとやらに良い智慧がありますか。多分ありません。有効手はただ一つ。歴史百對ゼロの壓倒的悠久の正義を世界に理解させることです。
「ああさうだったのか!尖閣では最初の1534年から琉球職員がチャイナ使節船を案内し、朱印船は縱軸横軸で尖閣を航行し、1600年頃に日本が作った精確な尖閣地圖は十九世紀半ばまで世界最尖端であり續け、1617年には尖閣の西側入口の馬祖列島で日明間和平合意も成り、1660年には尖閣附近で坐礁したオランダ貨物を薩摩が運んで長崎奉行から出島オランダ商館に引渡し、1719年と1800年には琉球職員が馬祖列島から早くもチャイナ使節の水先案内をして尖閣に導き、1819年には琉球王族が尖閣で公式上陸調査し、1845年には八重山航海士がイギリス人を尖閣に案内し、1867年には歐洲製地圖で尖閣の西側に國境線が引かれ、明國清國は最初から最後まで尖閣と臺灣北方諸島とを混同したままで、釣魚臺を臺灣北方諸島の西側に置くチャイナ史料が歴代の半數を占め、1461年から1872年までずっと尖閣の遙か西方にチャイナ國境線を引いてゐて、1403年のチャイナ尖閣史料は實は琉球人に教はって1573年以後に編まれたに過ぎず、臺灣の地誌に出現する釣魚臺は尖閣ではない別の島であり、琉球風水思想では首里を中心として尖閣を外縁とし、臺灣の風水は基隆から南に伸びるが尖閣へは伸びず、、、、とにかくあらゆる史實が、1895年日本編入の正義に向かって動いてゐたのだ!今悟った!」
世界がさう氣づけば九割の支持を得て尖閣常駐できます。國際法とか軍事とか地政學とかのチャチな話ではありません。



北村淳氏、いつもは鋭い論説だが、
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50147?page=5
今度のは單なる現状記述に終ってゐる。種切れである。南沙の歴史を
http://senkaku.blog.jp/2016091565883977.html
論じようとしないから種切れになるのだ。
http://senkaku.blog.jp/2016070362768480.html
北村氏は「九段線に根據無し」としながら、根據を論じない。南沙二千年といふ僞骨董屋の歴史を具體的に
http://senkaku.blog.jp/2016040257697412.html
論じない日米論壇は、實に實に愚かだ。

南シナ海米軍

北村淳「南シナ海問題、諸悪の根源は根拠のない九段線だ。トランプ政権がFONOPをようやく再開」 2017.6.1(木)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50147?page=5
(上略)……中国当局は、南シナ海の大部分に当たる「九段線」内の海域は「中国の主権的海域である」と主張している。その主張をもとに、「中国が主権を有する陸地から12海里内を航行使用とする全ての船舶は事前に中国当局から通行許可を得なければならない」(国際海洋法条約の規定に反している)としていることを忘れてはならない。




 日本政府內閣官房領土室五月十二日公布資料,內載西元1819年琉球王親登上「魚根久場島」,為現知最早登島紀錄,較之西元1845年八重山導航員引導英軍提督登島紀錄提早二十六年。
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/img/data/archives-senkaku03.pdf

 社會科學院近代史研究所台灣史研究室副研究員李理在中國評論新聞網反駁說,魚根久場島是慶良間久場島,不是尖閣久場島。
 李理研究員的說法在釣魚臺研究家鞠德源的著作中早就出現,三年前我已在論文中反駁過。道理很簡單,琉球王親登上的久場島無人、無水,隣近處沒有別島可呼救。而慶良間久場島與阿嘉島相隣,僅隔三公里,阿嘉島自古有人居住,可望見,可呼救。顯然不是琉球王親登上尋水的魚根久場島。


慶良間久場島

慶良間久場島2
 圖片借自「漕店」網。
http://www.souten-okinawa.com/tour/camptour/camptour.htm


以下是社科院研究員李理原文

中國評論新聞
中評關注:日本又撒彌天大謊來指鹿為馬
2017-05-22
http://hk.crntt.com/crn-webapp/touch/detail.jsp?docid=104679844
  中評社香港5月22日電(作者 李理)
 5月12日,日本政府公布了一份報告,其中包括約670份關於釣魚島(日本稱尖閣列島)及日韓爭議島嶼獨島(日本稱竹島)的“新史料”。日本稱這些史料“佐證了日本對相關島嶼擁有主權的合法性”。此次公布的關於釣魚島的史料中,包括清朝18世紀中期“未將釣魚島列入領土範圍”的官方地圖,以及琉球王族1819年登陸釣魚島群島中久場島(史載稱“魚根久場島”)的文字記述。日本政府利用民眾對史料的不了解,又開始了彌天大謊。

  日本方面曾強高,釣魚島與琉球的關係,最早起始於1873年,證據資料為收錄於“勵志出版社”與“刀水書房”聯合出版的《釣魚台群島(尖閣諸島)問題研究資料匯編》中的《向琉球藩轄內久米島等五島頒發國旗及律令的文書》。

  筆者在日本外交史料館找到其原件,其內容為日本明治政府在1872年10月單方面設立琉球藩後,於次年(1873年)3月6日,派外務省六等出仕伊地知貞馨,自行向琉球政府轄內久米島等五島,頒發日本國旗及律令書,其內容如下:

  琉球藩:無奈海中孤島,境界尚有不明之處,難以預料外國卒取之虞。此次,授與你藩大國旗七面,自日出至日落,高懸於久米、宮古、石垣、入表、與那國五島官署。此次交付與你為新制國旗,日後破損以藩費修繕。

  而琉球藩於同年(1873年)4月14日,向伊地知貞馨匯報:“懸掛於本職管轄內久米島及另外四島之國旗大旗一面、中旗六面,連同文書已順利交付完畢。”

  從上份資料的內容分析來看,明治新政府要求琉球將日本國旗所懸掛之五島,為“久米、宮古、石垣、入表、與那國”,而這五島本為琉球之附屬,其中的所謂的“久米島”與“粟國島、慶良間島、渡名喜島”構成一個島群,本為琉球三十六島之一部分。

  這裡的“久米島”就是此次日本公布資料中所謂的“久場島”(久場島位於慶良間群島的最西端,位於座間味島西南約七公里的海面上。其面積1.55平方公里,周長6.82公里。該島南北較長,呈四邊形,最高點"久場島之岳",高270.1米,是慶良間群島最高峰。)本為琉球的領土。

  筆者通過日本檔案了解到,“久米島”即日本所謂的“久場島”與“釣魚島”中的“久米赤島(赤尾嶼)”根本是兩個不同的島嶼。即使琉球王族真的於1819年登陸該島,也只是登上自己的所屬地,而不是中國的釣魚島群島中的久為赤島。以下日本檔案中所載地圖為證:

  “久米赤島(赤尾嶼)”與“久米島”的距離,相差達七十多裡,故將此份資料,作為琉球擁有釣魚島的最初證據,完全是偷梁換柱,以普通人對歷史地理的不了解,混淆視聽來達到指鹿為馬之目的。

  (作者系中國社會科學院近代史研究所台灣史研究室副研究員)

https://www.facebook.com/getoutdpp/posts/1297768263676874


昨日の一般社團法人日本沖繩政策研究フォーラム講座「琉球王族尖閣上陸史料の真相」の配布資料です。PDFはこちらから
https://drive.google.com/open?id=0B2MwcvRggQjpZThzUFNPQlNEYzA
ダウンロードして下さい。講座ビデオは後日ユーチューブより配信致します。
下は、講座でご紹介した對蘭條目五箇條の第五條琉球附則です。
通航一覽243阿蘭陀琉球

『通航一覽』卷二百四十三より。詳細はPDF及び後日のビデオをご覽下さい。
事前の講座預告は下リンク:
http://senkaku.blog.jp/290527ikebukuro.html

0527講座内閣官房半




魚釣久場南北航空sankeinews2

魚釣久場南北航空sankeinews1


尖閣諸島、久場島側から魚釣島を遠望する映像。
産經ニュースSankeinews、一分二十二秒から。
https://www.youtube.com/watch?v=Wj5wYe0Mqsc#t=1m22s
標題「探訪 東シナ海尖閣諸島 空から見張る緊張の海」



久場島の映像は案外稀少です。兩島の距離の近さがよく分かります。
 .


0527講座内閣官房半


0527内閣官房公表尖閣史料徹底解説


緊急「歴史戦」講座
一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム

琉球王族尖閣上陸史料の真相
~平成28年度内閣官房が公表した新たな尖閣領有根拠~

平成29年5月27日(土) 18:30~(会議室601・602)
◎場所:豊島区生活産業プラザ
◎參加費:無料  
【講師】
石井望《長崎純心大學准教授(漢文學)》

<講師からのメッセージ>
今年(平成29年)5月12日、内閣官房領土・主権対策企画調整室は、平成28年度に沖繩平和協力センターに委託して尖閣史料を調査した結果を公表しました。その中に西暦1819年に琉球王族が尖閣で上陸調査した記録が採用され、各社が一齊報導しました。これに對し、「琉球王族は日本人ではない」などの歪曲の聲が、チャイナからも日本國内からも揚がってゐます。そもそも日本人とは、歴史的に如何に定義すべきか。調査に從事した特別研究員個人として、この歴史戰こそ避けて通れぬ最大の要所だと心得て、史料の眞相を解説いたします。

(講演内容は個人見解であり、事業主及び政府を代表するものではありません。)

https://www.facebook.com/events/1957373301216487/


.

眞榮平房昭先生とは、こちらリンクの委員會でも
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/report/senkaku.html
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/img/data/archives-senkaku03.pdf
ご一緒しましたが、多くの素晴らしい論文を書かれてます。
その一つを、勝手ながら以下に轉載します。

眞榮平房昭「17世紀の東アジアにおける海賊問題と琉球」
誌名『經濟史研究』第四號、第36至47頁。平成十二年三月。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000379563
http://www.osaka-ue.ac.jp/research/nikkeisi/lab/contents/04.html
http://www.osaka-ue.ac.jp/file/general/4218
http://ci.nii.ac.jp/els/contents110000379563.pdf?id=ART0000816937
最近pdfも公開されたやうです。以前コピーしてゐたので、以下に主要部分。

maehira01

maehira02

maehira03

maehira04

maehira05
 ▲ここで臣下だとしてゐるのは、琉球だけでなく清國及び李氏朝鮮の船をも含むのだらうか。長崎オランダ商館日記西暦1689年4月8日の原蘭文を確認してみたい。但し、オランダ商館がどう記述するにしても、琉球に對しては單なる「意識」でなく、實効統治が行なはれてゐた。清國及び李氏朝鮮に對して臣下とするのは、實効統治を伴なはぬ單なる「意識」であった。それは史實で誰でも分かることだ。
  追記。この個所の引用元を眞榮平先生は明記してゐない。出處を確認すると、ニコラース・ウィットセン(Nicolaas Witsen)著、生田滋節譯『朝鮮國記』(平凡社東洋文庫)第128頁の注39(第141頁)に引く長崎オランダ商館日記の生田滋譯であった。ウィットセンはオランダ東印度會社の幹部で、東洋の地理學を研究した。第128頁によれば、ウィットセンは日本のオランダ商館の1689年の記録を閲覽し、次の記述を見つけた。ほぼ曰く、「高麗や琉球は日本の臣下なので、高麗や琉球の船に損害を與へてはならぬと江戸幕府は要求した」と。そして生田氏の註39によれば、『出島オランダ商館』1689年4月8日に當該記述がある。眞榮平氏の引くのは生田氏の譯文そのままだ。この時、江戸幕府は五箇條の祖法をオランダ側に言ひ渡した。その第五條が眞榮平氏所引である。
  これにより分かるのは、ウィットセンの理解では、「かれらが日本の臣下だ」といふ語句は朝鮮及び琉球を指してをり、チャイナを含めてゐない。眞榮平氏はチャイナを含めると解してゐる。これについては原蘭文を確認する必要があらう。門外漢の私には少々手間が必要だ。しかし原文も代名詞であらうから、常識的にはウィットセンの理解が正しいといふ結論になることが預測される。
  眞榮平氏の解釋により、江戸幕府の祖法第五條は單に諸外國に對する優越意識とされた。しかし朝鮮及び琉球だけだとなれば、かなり色彩が異なる。しかもこの第五條は、眞榮平氏が上文で引く『通航一覽』などの條目と同一文書だと思はれる。出島オランダ日記だけが他寫本と異なって、朝鮮を對象として含んでゐるといふことだ。出島オランダ日記の記述に何らかの特殊事情があると疑はねばなるまい。
  そしてこの祖法第五條だけでなく、眞榮平氏の引く諸史料によっても、琉球に對しては實効統治が施行されてゐる。他の『鹿兒島縣史料』などの膨大な史料によっても實効統治は確認できる。一方、朝鮮に對して實効統治は確認できないが、制海權はどうだらうか、私はそこについて不勉強である。ともあれ出島オランダ日記所載の祖法第五條は、琉球に對する統治と、朝鮮に對する意識とを同一形式で述べたと解すべきだらう。まづは暇をみつけて原蘭文を探索したい。

maehira06

maehira07
 ▲清國と鄭成功政權との間の爭ひだから、琉球は朝貢先の清國に保護を求めるのが筋だらう。しかし實際には薩摩に保護を求めた。薩摩は琉球の安全保障を實力で行なってゐたが、清國は全くそのやうなことを行なはなかった。といふより行なひ得なかった。なぜならそれは清國は琉球に自力で渡航することすらできず、中間の尖閣海域で琉球職員に案内されてゐたことからも分かる。
 朝貢は商務であり、政治形式である。薩摩に對しては實効統治に服屬してゐた。兩者は全く異なる性質であった。

maehira08

maehira09

maehira10

maehira11

追記。
西暦1630年ごろまでは確實に臺灣海峽まで日本の朱印船の制海權下だったことは、「尖閣獺祭録」で引いた史料からほぼ分かる。1627年濱田彌兵衞事件あたりからオランダに食はれて制海權を次第に失ひ、鎖國實施で完全に日本が消え去った。しかしその後も薩摩の制海權はしっかり與那國島まで貫徹してゐたので、オランダは1660年まで尖閣の地理を把握できないまま臺灣から撤退したことは、先日の八重山日報「國際法の始祖グロチウスと尖閣朱印船」で書いた。 
http://senkaku.blog.jp/2017051370891714.html  
西暦1833年、オランダ人フィッセル『日本風俗備考』によれば、臺灣北端から以北ではオランダ國旗を掲揚せよと、長崎側から命ぜられてゐたことはよく知られてゐる。十九世紀になっても、國旗次第で日本が管轄權を行使してゐた。その年代でも薩摩が琉球最西端まで制海權を持ってゐたことが伺はれる。但しそれは琉球諸島に沿ってであって、東支那海北半の制海權を鎖國時代の日本が握ってゐたとは考へにくい。

勿論、下リンクの調査報告の西暦千八百十九年與那國漂着の一件で
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/report/senkaku.html
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/img/data/archives-senkaku03.pdf
八重山の役人が北から與那國への漂着者を熟練の態で迎へたことからも、
與那國北方海域に琉球國の制海權が及んでゐたことを感じさせる。
制海權といっても現代のやうに緊密迅速ではなかっただらうが、
當時の水準で言へば相對的にやはり制海權と言へるだらう。
西暦1845年にベルチャー船長のサマラン艦が尖閣を探査するために
八重山パイロットを雇ったことも、尖閣海域への制海權を示してゐる。




http://archive.is/y7P39
https://web.archive.org/web/20170524125112/http://senkaku.blog.jp/maehira.html








上周五(5月12日),西元1819年首次登島紀錄由内閣官房公布入選,中華人民共和國外交部至今對此噤若寒蟬。

五月十四日。
http://www.fmprc.gov.cn/web/wjdt_674879/fyrbt_674889/t1461407.shtml
五月十六日。
http://www.fmprc.gov.cn/web/wjdt_674879/fyrbt_674889/t1462257.shtml
五月十七日。
http://www.fmprc.gov.cn/web/wjdt_674879/fyrbt_674889/t1462735.shtml
5月18日。
http://www.fmprc.gov.cn/web/wjdt_674879/fyrbt_674889/t1463148.shtml
5月19日。
http://www.fmprc.gov.cn/web/wjdt_674879/fyrbt_674889/t1463533.shtml
5月22日
http://www.fmprc.gov.cn/web/wjdt_674879/fyrbt_674889/t1464038.shtml
綜合。
http://www.fmprc.gov.cn/web/wjdt_674879/fyrbt_674889/


外交部發言人



0527内閣官房公表尖閣史料徹底解説



张量宇的博客
http://blog.sina.com.cn/s/blog_62e41eaf0102vwen.html

钓鱼岛问题新真相  (2015-03-16 21:27:13)
张量宇  2015年3月16日  新浪博客

日本向刚刚结束人大、政协两会的中国投下了一颗杀伤力巨大的重磅炸弹!
   
今晚7时23分,NHK新闻网报道日本外务省今天已更新网站,上载一幅中国国家测绘总局(现国家测绘地理信息局)于1969年制成、将中国从1971年开始主张拥有主权的钓鱼岛及其附属岛屿划归日本领土范围并以日本名称标记的地图  http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/pdfs/senkaku.pdf

事件经过是这样的。日本共同社3月6日报道,自民党5日在外交与经济合作总部等的联席会议上,向外务省递交了一份中国1969年发行的地图影印本,这份地图将尖阁诸岛即钓鱼岛标注为日本领土。同一天,日本外务省透露准备采纳这份地图,将之刊载于该省的官方网页上。

对此,中国方面迅速采取了反应。最早的是清华的刘江永在3月8日人民日报海外版发表了《日本赢不了钓鱼岛地图战》,紧接着3月11日单仁平在《环球时报》上发表了《输理的日本迷上旧货市场一地图》。

从时间上讲,这两篇文章实在谈不上“迅速”一词!

2月23日,自民党众议院议员原田义昭在众议院预算委员会上展示了中华人民共和国国家测绘总局于1969年发行的《中华人民共和国分省地图》。他随身携带了大开本的原件,从他准备的经放大了的《福建省、台湾省》局部地图看板,中国主张的钓鱼岛方位上标注了“鱼钓岛”、群岛则印有“尖阁群岛” 的日本名称,地图右上角印有“秘密”二字。NHK当天恰好因故没有直播国会会议实况过程。这可能是中国方面反应迟钝的最直接原因。


2015年2月23日众议院预算委员会会议原田义昭发言



1969senkaku_kokkai
2015年2月23日众议院预算委员会会议展示的地图看板


中国国家测绘总局1969年地图封面及毛主席语录

早在1月12日日本樱花电视频道节目上,作家兼媒体评论家水间政宪已经率先公开展现了相同版本的1969年中国分省地图。

2015年1月12日日本樱花电视频道

实际上,美国《Foreign Policy》杂志在2013年9-10月期刊“The Island Lobbyist”文章已刊载过同样的这版地图。该版地图由当时日本驻美外交官Akira Chiba所持有。Chiba早前是日本驻华使馆外交官员,他声称这份1969年原版地图是他驻华时期在北京购入,但拒绝透露来源。由于文章介绍Chiba职责之一是负责向美国国会游说日本领有尖阁诸岛的领土主张,有理由相信这份地图已接受过方方面面严格的实物验证,不仅可信度极高,也广泛地为美国政府、国会和各类智库所知晓。

《Foreign Policy》,Sept-Oct 2013

1969年版地图的面世最早可以溯至2010年,当时正值晋江的中国渔船船长詹其雄侵犯日本领海而被日本执法机关逮捕侯查而令中日两国处于极度的紧张关系时期。同期的9月15日华盛顿时报(The Washington Times)刊载“Inside the Ring”文章,作者Bill Gertz首次披露了这份地图的存在。文章展示了地图局部放大的部分,鱼钓岛、北小岛、黄尾屿、赤尾屿以及尖阁群岛清晰可见。

Bill Gertz还特地在地图下方写上一段一针见血的附言。
1969senkaku_washingtontimes

    我很早就关注到华盛顿时报的这则消息,虽然Bill Gertz说地图标记“Confidential”,但由于整体地图欠奉,又无出版物封面,难以一窥全貌,尽管它是一家有分量的大报,我还是抱着“未悉是何意见,姑知之以俟后闻”的静观态度。

结合事件的前后经纬,我相信四者讲的和根据的都是相同版本的地图,只是不知是否仅有的一份地图由四人在不同时期分别使用,还是有多份相同版本的地图存在于世。不过,原田义昭所持有的这份地图,其本身的真实性看来是经得起包括科学鉴证手段在内的任何挑战。可能正是由于这个原因,行事严谨的日本外务省才积极地予以採信和录用。

1969年是影响东亚局势走向的关键一年。联合国远东经济委员会汇总的《黄海及中国东海地质构造及水文性质勘测报告》正是发表于1969年5月。这份由美国、日本、台湾和南韩四方专家共同执笔的报告中,调查海域的地形示意图标记的正是日文“尖阁”的英文拼法“Senkaku”。同年11月11日,气象地理学家竺可桢致函周恩来国务院总理,在介绍东海大陆棚结构以及毗连国家在海底开采矿产权力的国际惯例的基础上,认为应着眼于能源的长远考虑,建议“似乎此时我们应作一消息,声明钓鱼岛地区油田开采权应属于我所有,以为日后有必要时作为外交部正式抗议地步”。从竺可桢的建言仅仅着眼于海底石油矿产的开采权看,身为接近中国最高决策层的当时最高级知识分子之一的竺可桢本人并不认为钓鱼岛的主权是属于中国的,否则他在当时文化大革命反帝反修的大背景下完全可以要求中国政府保护国家领土主权完整,坚决反击美日蒋朴染指中国领土的狼子野心。

1972年9月27日在北京举行的中日两国关系正常化的首脑会谈中,面对日本首相田中角荣询问中方对尖阁列岛的态度时,中国总理周恩来回答道:“就因为那里海底发现了石油,台湾拿它大做文章,现在美国也要作这个文章,把这个问题搞得很大”。从这里,我们可以明显看到周恩来的官式回答与竺可桢的建议有着自然且直接的逻辑关系,只是周恩来使用“那里”来避开直白地使用“钓鱼岛”,而竺可桢在他1969年信函原件中是用什么名称指称“那里”的,毫无疑问是令人深感兴趣的。

根据我的研究,在公开和可以证实的中文原始资料(并非70年代以后新版或再版的出版物)中开始使用“钓鱼岛”名称的,大体发生在1970年4月以后。明清包括琉球的历史文献上出现的则只有钓鱼屿、钓鱼山和台湾1969年开始沿用的钓鱼台这三种名称。

竺可桢着眼的是海底石油矿产的开采权,中国政府却从更大的战略角度出发,在1971年12月30日第一次向国际社会正式宣称中国拥有钓鱼岛及其附属岛屿的主权。

这就是钓鱼岛问题在中国大陆方面起源真相的基本脉络。


.

八重山人骨、日本最古。  
https://www.yaeyama-nippo.com/2017/05/20/%E7%99%BD%E4%BF%9D%E3%81%AE%E5%85%A8%E8%BA%AB%E4%BA%BA%E9%AA%A8-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%80%E5%8F%A4-%EF%BC%92%E4%B8%87%EF%BC%97%E5%8D%83%E5%B9%B4%E5%89%8D-%E6%97%A7%E7%9F%B3%E5%99%A8%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AB%E8%91%AC%E9%80%81%E6%80%9D%E6%83%B3-%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E5%8F%B2%E8%A7%A3%E6%98%8E%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%81%8C%E3%81%8B%E3%82%8A/
  八重山日報第一面トップ。全文は新聞オンラインで。  
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

八重山日報人骨


ついでに。

0527内閣官房公表尖閣史料徹底解説




.

釣魚台風雲、台日學者觀點、陳永峰、石井望
日本觀點、投書、石井望、「此釣魚台非彼釣魚台──駁《中時》馬總統投書」

平成二十七年八月十三日、天下雜誌社『天下雜誌・獨立評論』
http://opinion.cw.com.tw/blog/profile/52/article/3197

圖:琉球國王尚貞,曾上疏康熙皇帝,説冊封使在釣魚台航線「絶無停泊之處」。攝自鎌倉芳太郎《沖繩文化の遺寶》,西元1982年,岩波書店。
尚貞鎌倉芳太郎沖繩文化遺寶

…………馬總統例行巡邏之說顯然不成立。除此系列外,釣魚台邊還有沒有船隻停泊的紀錄呢?有雖有,那是琉球船隻遭風暫泊的紀錄,例如具志川氏《向姓家譜》中記載西元1819年,有一位琉球王親,叫向鴻基,他的官船曾停泊三日以避風(說詳鄙撰〈尖閣最初の上陸記錄は否定できるか〉,收入《島嶼研究Journal》4(1))。歷代琉球朝貢船隻航經釣魚台海域的次數,十倍於明清冊封船隻,其遭風機會容易產生。

明國清國難道沒有一條泊船紀錄嗎?事與願違,答案是沒有。西元1534年,冊封使高澄東渡琉球,往返海程都遇到風浪,回國寫一篇《操舟記》,記載了水手謝敦齊的一句簡括之語:「琉球去閩萬里,殊無止宿之地。」亦即釣魚台航線無處可泊船。謝敦齊是漳州人,在琉球人導航之下,第一次去琉球,此語蓋實錄也。後來清國各冊封使往往加以引述,從不反駁。

西元1683年,琉球國王尚貞上疏康熙皇帝,說冊封船隻離開福州沿岸小島之後,「中道絕無停泊之處」,徑直到達琉球,見琉球國《歷代寶案》。當時清國汪楫東渡琉球,途中目睹釣魚台,回國後寫《中山沿革志》,亦收錄此疏。汪楫是欽命冊封使,琉球國王多管閑事,說冊封使不能在釣魚台停泊,可是汪楫並不疑惑。

乾隆間冊封使周煌東渡琉球,也目睹釣魚台,後作《琉球國志略》,同樣收錄此疏,並無微辭。

嘉慶年間冊封使齊鯤、費錫章《續琉球國志略》云:「自閩出五虎門,至彼國姑米山,始有山可寄碇。」五虎門是福州河口的小島,姑米山是琉球久米島,意謂兩國中間的釣魚台無法停泊。這是冊封使親自寫的官方定論,不是琉球國王對天朝領土妄下論斷。

黃叔璥《台海使槎錄》的釣魚台與此五者背道而馳,居然可泊十艘船。黃叔璥好像沒看過高澄、汪楫的著作,周煌又好像沒看過黃叔璥的書,齊鯤、費錫章對於後來相承不易的「可泊巨舟」之說又好像不聞不見,互不相干似的。馬總統保釣四十年,對此必有卓解。

全文見「天下雜誌・獨立評論」電子原版:
http://opinion.cw.com.tw/blog/profile/52/article/3197

臺灣「當代日本研究學會」轉載。
http://www.tsjs.org.tw/admin/news5/front/index2.php?id=53



更多參考:
http://senkaku.blog.jp/1819tendabana.html
http://senkaku.blog.jp/1819yaeyama_nippo.html
http://senkaku.blog.jp/yaeyama_mainichi1819.html
http://senkaku.blog.jp/senkakus_1819.html
http://senkaku.blog.jp/1819_senkakus.html
http://senkaku.blog.jp/1819ronbun.html
http://senkaku.blog.jp/kanbou_houdou_290516.html


0527内閣官房公表尖閣史料徹底解説


https://twitter.com/Tsukurukai/status/864654966517972992
通州事件アーカイブズ設立基金主催
「通州と尖閣に見る【歴史戦ブーメラン】現象」
講師:いしゐのぞむ氏
5月26日(金)16:30~
会場:新宿区神楽坂6-42 
神楽坂喜多川ビル5階
美し国会議室 参加費:千円(事前申込不要)

290526通州1

290526通州2

290526通州3


 ついでに翌日の情報。
0527内閣官房公表尖閣史料徹底解説


『釣魚嶼史三議』いしゐのぞむ 撰. 2016.3.
(東京財團、中華人民共和國社會科學院日本研究所第四囘東シナ海問題研究會發布資料,平成二十八年二月二十五日午後一時,湘南國際村)
いしゐのぞむ撰竝自印,平成二十八年三月十日補訂字誤。
http://id.ndl.go.jp/bib/027315769
第十六頁:
 凡是針路紀録中出現釣魚嶼,都必然到達琉球,等信風半年後囘歸。沒有一次紀録顯示船隻曾到釣魚嶼返航,不往琉球。因此熟悉釣魚嶼海道者,必然熟悉琉球海道。封舟需要琉球人做嚮導,是漳人不熟悉琉球海道,必然也不熟悉釣魚嶼海道。釣魚嶼海道應包含在謝杰所謂夷道之中。倘以嚮導者的海域來分界,釣魚嶼屬於琉球海洋文化之界,界線位於臺灣海峽,與島嶼的模糊國界線相類似。
 反觀日本人及琉球人渡過釣魚嶼航線,是否同樣必然先到達明國、清國呢。那是多此一舉。上述(皇明實錄)西元一千六百十六年,有若干艘日本船駛近浙閩,不速之客,惹是生非。最好該像明石道友,到東湧就乖乖囘航,不犯一草一粒。其餘很多朱印船毎年經過臺灣海峽到東南亞貿易,都不必然進入「大明境界」。船隻從南方囘到東湧之後,既可横絶東海,直達長崎,亦可渡過釣魚嶼海域,經由琉球返囘内地。歴史上的針路分界,就在臺灣海峽。



國會釣魚嶼三議納本





https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20170513_24/amp.html
https://article.wn.com/view/2017/05/15/Government_says_document_indicates_earliest_landing_in_Senka/
http://www.japantimes.co.jp/news/2017/05/15/national/history/government-says-document-indicates-earliest-landing-senkaku-islands-ryukyu-royalty-1819/
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20170513_24/
http://m.wanhuajing.com/d773305
https://china.kyodonews.net/news/2017/05/d7014ba4d08a.html
http://mil.chinaiiss.com/html/20175/13/a8bacd.html

http://www.48hnews.com/2017/05/13/japan-sends-an-island-report-hit-china-and-south-korea-expert-to-call-day-to-start-controversy/
http://junshi.xilu.com/xrjd/20170515/1000010000990541.html
http://www.backchina.com/news/2017/05/14/492498.html
http://world.huanqiu.com/exclusive/2017-05/10660770.html
http://www.sankei.com/politics/news/170512/plt1705120043-n1.html
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051201379
https://mainichi.jp/articles/20170513/k00/00m/010/069000c
http://www.asahi.com/articles/ASK5D5S0VK5DUTFK00T.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170513/k10010980281000.html
http://military.people.com.cn/BIG5/n1/2017/0513/c1011-29272694.html
http://hk.crntt.com/doc/1046/7/8/2/104678210.html
http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2066576
http://www.ettoday.net/news/20170512/923482.htm
http://www.zcsfnw.com/zxgg/2017/0513/6739.html
http://www.51wxjz.com/119321
http://www.chinatimes.com/realtimenews/20170513002131-260408
http://news.10jqka.com.cn/20170512/c598557236.shtml
http://news.jschina.com.cn/scroll/guoji/201705/t20170513_497680.shtml
http://sd.people.com.cn/GB/n2/2017/0515/c172839-30181486.html

http://news.ifeng.com/a/20170513/51086367_0.shtml

http://military.people.com.cn/n1/2017/0513/c1011-29272694.html
http://news.sina.com.cn/o/2017-05-13/doc-ifyfecvz1176945.shtml
http://mil.huanqiu.com/observation/2017-05/10661104.html


網民
http://www.pixpo.net/post116018
http://www.1949er.org/chat/index.php?read+1494776641
http://news.discuss.com.hk/viewthread.php?tid=26652127
-

nhk_senkaku

ついでに。
0527内閣官房公表尖閣史料徹底解説




五月十二日から、四囘連載。「國際法の始祖グロチウスと尖閣朱印船」。 
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban.html
單なる1819年の漂着や明治28年の編入よりずっと前から、分厚い歴史がありました。八重山日報オンライン、有料です。ご興味あればどうぞ。
grotius連載1


五月十三日、連載第二囘。「國際法の始祖グロチウスと尖閣朱印船」(二)。 
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban.html
文中の東湧は、尖閣航路東西一本道の西端の入口です。八重山日報オンライン、有料です。ご興味あればどうぞ。
grotius連載2



0527内閣官房公表尖閣史料徹底解説


緊急「歴史戦」講座
一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム

琉球王族尖閣上陸史料の真相
~平成28年度内閣官房が公表した新たな尖閣領有根拠~

平成29年5月27日(土) 18:30~(会議室601・602)
◎場所:豊島区生活産業プラザ
◎參加費:無料  
【講師】
石井望《長崎純心大學准教授(漢文學)》

<講師からのメッセージ>
今年(平成29年)5月12日、内閣官房領土・主権対策企画調整室は、平成28年度に沖繩平和協力センターに委託して尖閣史料を調査した結果を公表しました。その中に西暦1819年に琉球王族が尖閣で上陸調査した記録が採用され、各社が一齊報導しました。これに對し、「琉球王族は日本人ではない」などの歪曲の聲が、チャイナからも日本國内からも揚がってゐます。そもそも日本人とは、歴史的に如何に定義すべきか。調査に從事した特別研究員個人として、この歴史戰こそ避けて通れぬ最大の要所だと心得て、史料の眞相を解説いたします。

(講演内容は個人見解であり、事業主及び政府を代表するものではありません。)

https://www.facebook.com/events/1957373301216487/


.


本日(平成29年5月12日)、内閣官房領土・主權對策調整室は
沖繩平和協力センターに委託した尖閣資料調査事業の
28年度調査結果を公表しました(リンク)。
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/report/senkaku.html
http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/img/data/archives-senkaku03.pdf
第一番の「向氏家譜・具志川家」(報告書pdf、第9至10頁)
の解説では與那國島の天蛇鼻・オランダ石にも
言及してゐます。明治維新以前の史料は初入選です。
昨年十一月、與那國島を訪問して、
新嵩喜八郎氏(與那國海底遺跡發見者)に
ご案内頂いて天蛇鼻を實地檢分しました。
以下、つたない自家撮影寫眞二枚を披露します。

P2210674
上:天蛇鼻より祖納港を望む。
下:祖納港より天蛇鼻を望む。
P2210697


關聯:
http://senkaku.blog.jp/1819yaeyama_nippo.html
http://senkaku.blog.jp/yaeyama_mainichi1819.html
http://senkaku.blog.jp/1819ronbun.html
http://senkaku.blog.jp/daimin_itto.html
http://senkaku.blog.jp/daishin_itto.html
http://senkaku.blog.jp/senkakus_1819.html
http://senkaku.blog.jp/1819_senkakus.html

ついでに。
0527内閣官房公表尖閣史料徹底解説

.

『大清一統志』。
西暦1744年刊。福建省臺灣府の正式な領土線は
東に臺灣中央山脈の西麓まで、
北に臺灣島最北端の鷄籠(けいろう、ケラン、キールン、現基隆)まで
と明記されてをり、尖閣諸島はその遙か外側に位置してゐた。
特に鷄籠を「界」と明記する地圖が分かり易い。
以下は鷄籠界の擴大畫像。まづ國立公文書館藏、いしゐのぞむ撮影。
大清一統志内閣文庫鷄籠石井撮影

次にハーバード藏本。
https://www.worldcat.org/oclc/786426541
https://iiif.lib.harvard.edu/manifests/view/drs:428230742$14i
http://ids.lib.harvard.edu/ids/view/28497537?buttons=y
http://ids.lib.harvard.edu/ids/view/28497537?width=2400&height=2207
大清一統志ハーバード鷄籠

この『大清一統志』は西暦十七世紀末の『臺灣府志』から承け繼がれた二次的記述である。
『臺灣府志』記載の國境線の外に尖閣が位置することについては、
昭和四十年代から奧原敏雄氏が論じてをり、既に定説となってゐる。
 また『大清一統志』は後に第二版、第三版も製作されたが、領域はほぼ初版と変わらない。

.

RYUKYU ROYALS WERE FIRST TO LAND ON SENKAKU ISLANDS
The discovery was made by Professor Ishiwi of Nagasaki Junshin Catholic University

(translated from Yaeyama Mainichi newspaper– May 16, 2015)
 (original Japanese : http://senkaku.blog.jp/2016043059187100.html )


(Naha, Okinawa) - Associate Professor Ishiwi Nozomu of Nagasaki Junshin Catholic University, age 49, publicized his research on what he believes to be the earliest Japanese landing on the Senkaku Islands at an afternoon press conference of the Okinawa Prefectural Government Press Club on May 15. According to Professor Ishiwi's findings, a member of the Ryukyu royal family landed on the Senkaku Islands in 1819 in search of fresh water. Professor Ishiwi had first revealed his discovery in an essay published late last year.

八重山毎日石井
Professor Ishiwi Nozomu of Nagasaki Junshin Catholic University points to a map of Senkakus and explains how a member of the Ryukyu royal family was the first Japanese person to land on the Senkaku Islands.
(May 15 noon, Okinawa Prefectural Government Press Club)

Professor Ishiwi examined a variety of historical sources, including "The Sho Family Geneology - Sho Koki of the Twelfth Generation", composed by the Gushikawa family, a branch of the royal family of the Ryukyu Kingdom, which was a part of Japan since 1609 or earlier. This record is held by the Naha City Museum of History. Kuniyoshi Makomo, a research fellow at the Okinawa University Institute of Regional Studies who carried out earlier research on the subject, pointed out the record's apparent reference to the Senkaku Islands with the Ryukyuan name "Yokon Koba Island." Professor Ishiwi focused on it, and carefully studied Preceding and following sentences.

He notes that, according to the record, the ship of Ryukyu royal family member Sho Koki, which was going to the Japanese province of Satsuma (now Kagoshima) on official business, was blown southwest during a rainstorm and ended up on "Yokon Koba Island". He spent three days there looking for drinkable water, but found nothing, and was once more cast adrift in a rainstorm that brought him to the shores of Yonaguni Island three days later.

Professor Ishiwi argued that "Yokon Koba Island" can only be one of the Senkaku Islands, either Koba Island or Uotsuri Island, because, among other reasons, these are the only uninhabited and Isolated islands close to Yonaguni Island and are full of a variety of fan palm called "koba" (Kuba) in the Ryukyu dialect.

Professor Ishiwi stated that, "They were searching for water, but would not have been able to see any on the island from the sea. It is 99% certain that they went ashore. Because Sho Koki was travelling on official business, we could call this the first record of an onshore survey of the Senkaku Islands. It is very likely that the Ryukyuans gave the Senkaku Islands their name."

Until now, the first Japanese people to land on the Senkaku Islands were believed to have been the team sent by Senkaku Islands developer Koga Shinshiro (Tatsushiro) in 1885. However, Sho Koki's landing predates it by sixty-six years.

八重山毎日2015年0516粗




.